1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. SUMMER SONIC 2009@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月7日(金)

サマーソニックに行ってまいりました。
SUMMER SONIC 2009はサマソニ開催10周年のメモリアル。
というわけで、サマソニ史上初の3日間の開催となりました。

その初日、8月7日(金)の日記。

金曜日ということでド平日。
なので、私も仕事を無理やり終わらせて夕方から参戦してきました。

海浜幕張に到着し、チケットをリストバンドに交換するためにマリンスタジアムへ。

各1日券は幕張メッセでも交換できたのですが、3日通し券はマリンのみ。
なんじゃこりゃこりゃ。
やっぱりクリエイティヴマンはよくわかりません。
(混雑回避ならもっと別のことを考えてくれ)


とまぁそんなことは置いておいて、一路マリンスタジアムへ直行。

メインステージであるMARINE STAGEではBOOM BOOM SATELLITESの演奏中でした。
後半ちょっとしか見れませんでしたが、もうさすがと言える貫禄のステージ。
やはり日本人バンドとしては破格ですね。


ブンブン終わりでそのままマリンに居座り、前方で待機。
もちろん、次は初日のお目当てのNINE INCH NAILS

なんてったって、2009年いっぱいのワールドツアーをもってナイン・インチ・ネイルズとしての活動を休止すると発表されているだけあって、NINを観る最後の機会になるかもしれないので。


マリンステージMCのサッシャが客をあおり(トリのマイケミファンよりナインチファンのほうが多かった)、期待も高まる。

で、時間になり、照明が落ち、ついにNIN登場。
"Somewhat Damaged"から始まった東京(千葉だけど)でのラストライブは怒涛のセットリスト。
2曲目が終わったあたりでトレントがギターを後ろに放り投げた!!
ヤバイ。
個人的なハイライトは"March of the Pigs"〜"Closer"の流れ。
やっぱり『The Downward Spiral』の曲はテンションあがります。

と、ここで急激に空模様があやしくなり、ついに大粒の雨が。。
まさにゲリラ豪雨。
マリンステージから客が引いていく…
せっかくのラストライブ(大阪も残ってるけど)。
もうNIN見れないんだよ?!
と、思いつつ私も前方から少し引いてスペースのあるところに移動し、もってたポンチョを着こみ、ズボンのすそをまくりあげる。

客は若干減ったけど、ここからがすごかった。
ストロボのようなライトと、それ以上の光を放つ稲光。
雨に打たれながら盛り上がる客。
後々に伝説として語り継がれるであろうシチュエーション。
そして次々と放たれる名曲たち。

"I'm Afraid Of Americans"とか"Wish"とか聞きたい曲もほぼ全部聞けたし、超満足。
そして、ラストを飾る超名曲"Hurt"が始まる頃には先ほどの豪雨がうそのように小ぶりに。
なんというドラマチックな展開。

曲が終わり、最後に"Thank you, Good night"と一言だけ言ってトレントは去って行きました。





大満足のNINが終わり、マリンスタジアムの外へ。
すると、うちの姉の友人と遭遇。
彼女はびしょ濡れで「ナインチ良かったねぇ」って言ってた。
ほんとこのライブはびしょぬれになっても見る価値のあるものでした。

で、ちょっと時間が空いたのでビーチステージにTahiti 80でも観に行ってみようかなぁと思ったら、なんと先ほどの豪雨で一時中断(のち、中止)。
というわけで腹ごしらえ。
コロナ飲みながらプルコギ丼を食す。

お腹もいっぱいになったところでマリンステージに戻る。
初日のトリであるMY CHEMICAL ROMANCEを観る。
正直今日は途中からしか参加できなかったので、NINだけしか頭になく、後はほぼ消化試合です。
ちなみにMOUNTAIN STAGEのトリであるKASABIANも見たかったけど、カサビアンは何度かライブは見たことあったので、ここはたぶん単独公演に行かないであろうマイケミをこの機会に見ようと思って。

マリンに戻るとサマソニ特番かなんかの撮影で高樹千佳子がいました。
ちなみに彼女は私と生年月日が全く一緒で、勝手に親近感をもってます。


てか、マリン客が少ない。。。
たぶんマイケミが人気あるとかないとかそういう次元ではなく、金曜でチケットが売れてないためだと思います。
ちょっとかわいそう。


そうこうしているうちに時間になりいよいよマイケミ登場。
ステージには幕が掛かっており、その幕にシルエットが映って演奏が始まるというべただけどカッコイイもの。
そして幕が落ちると、バックには「マイ・ケミカル・ロマンス」とカタカナでバンド名が書かれてた。

演奏もなかなかかっこよく、個人的に聞きたかった2ndからの曲なども聞けてよかったんですが、いかんせん客数が…
正直、金曜日はアーティストがかわいそうなので、土日開催のほうがいいんじゃないかと思ったり…

で、やっぱり一番盛り上がったのは"WELCOME TO BLACK PARADE"。
この曲のスケールは彼らの曲の中で群を抜いてますね。

ライブも進みアンコール。
アンコールでは、ジェラルドがステージ真ん中のせり出し部分に登場し"CANCER"を。
そしてラストは"HELENA"。
この曲、彼らの曲で一番好きです。

花火も上がり、マリンステージの初日は終わって行きました。


その後は、シャトルバスに乗って幕張メッセへ移動。


急いでSONIC STAGEへ移動し、Aphex Twin
NINの次に見たかった。
(仕事さえなければ、Mercury Revが超見たかったんですが・・・)

いやぁやっぱりリチャードは変態でした(笑)
音のほうはさすがにはじめて聞いた時ほどの衝撃はなかったですが、映像がやばかったですね。
昔、10年くらい前にフジロックにエイフェックスが出た時に、昼間、会場でリチャードが歩いてるのを間近でみたんですが、普通の外国人の好青年って感じだったんですが…




そんなエイフェックス・ツインが終わり、隣のDANCE STAGEのGhostland Observatoryをチラ見してから帰宅。
その後のゆらゆら帝国も超見たかったんですが、まぁ初日なので泣く泣くあきらめました。
(後でセットリストを調べたら1曲目で"ミーのカー"をやってたみたいで、1曲だけでも聞いて帰ればよかったと後悔しましたが・・・)


そんな初日。
ま、当然ベストアクトはNINE INCH NAILSです。


サマソニ2009@千葉 セットリスト集 初日 8月7日(金)


●過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 05 Tokyo1日目
SUMMER SONIC '06 1日目
SUMMER SONIC '06 2日目
SUMMER SONIC 07 1日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 07 2日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part3
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part3
サマソニ08@千葉 セットリスト集 初日8月9日(土)
サマソニ08@千葉 セットリスト集 2日目8月10日(日)


【サイト内関連記事】
Welcome To The Black Parade / My Chemical Romance (Welcome To The Black Parade 収録)
FAMOUS LAST WORDS / MY CHEMICAL ROMANCE (THE BLACK PARADE 収録)

All The Love In The World / NINE INCH NAILS (WITH TEETH 収録)
Perfect Drug / NINE INCH NAILS (PERFECT DRUG Versions 収録)
Survivalism / Nine Inch Nails (Year Zero 収録)

Heliosphan / Aphex Twin (Selected Ambient Works 85-92 収録)
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年08月07日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. サマソニ2009@千葉 セットリスト集 初日 8月7日(金)

SUMMER SONIC 09 初日8月7日(金)の千葉マリンスタジアム、幕張メッセ公演のセットリストです。

分かり次第、徐々に追加予定。

感想はこちら
SUMMER SONIC 2009@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月7日(金)


●サマーソニック09 SETLIST

MY CHEMICAL ROMANCE@MARINE STAGE
1. THIS IS HOW I DISAPPEAR 2. CEMETARY DRIVE 3. I'M NOT OKAY
4. THE DRUGS(新曲) 5. GIVE'EM HELL KID 6. DEAD!
7. I DON'T LOVE YOU 8. (新曲)DEATH AFTER DISCO 9. DESOLATION ROW
10. MAMA 11. WELCOME TO BLACK PARADE 12. TEENAGERS
13. KISS THE RING(新曲) 14. YOU KNOW WHAT THEY DO TO GUYS
15. LIKE US IN PRISON 16. FAMOUS LAST WORDS
---encore---
17. CANCER 18. HELENA


NINE INCH NAILS@MARINE STAGE
1. Somewhat Damaged 2. Terrible Lie 3. Heresy 4. March Of The Pigs
5. Closer 6. The Frail 7. I'm Afraid Of Americans 8. Burn
9. Gave Up 10. The Fragile 11. The Big Comedown 12. Wish
13. Survivalism 14. THTF 15. Hurt

(参考)大阪セットリスト
1. Home 2. 1,000,000 3. Terrible Lie 4. Disciplene
5. March Of The Pigs 6. Something I Can Never Have
7. The Becoming 8. Head Down 9. Burn 10. Non-Entity
11. Wish 12. The Hand That Feeds 13. Head Like A Hole 14. Hurt




BOOM BOOM SATELLITES@MARINE STAGE
1. BACK ON MY FEET 2. Morning After 3. Moment I Count
4. Dive For You 5. ALL IN THE DAY 6. DRESS LIKE AN ANGEL
7. Kick It Out


KASABIAN@MOUNTAIN STAGE
1. Underdog 2. Shoot The Runner 3. Cut Off 4. Processed Beats
5. Empire 6. Where Did All The Love Go? 7. Fire 8. Fast Fuse
9. The Doberman 10. Club Foot
---encore---
11. Vlad The Impaler 12. The Stuntman 13. L.S.F.


the HIATUS@MOUNTAIN STAGE
1. Ghost In The Rain 2. Lone Train Running 3. Centipede
4. Silver Birch 5. 堕天 6. Little Odyssey 7. The Flare
8. Storm Racers 9. 紺碧の夜に
10. ユニコーン 11. Twisted Maple Trees


Phoenix@MOUNTAIN STAGE
1. Lisztomania 2. Long Distance Call 3. Consolation Prize
4. Lasso 5. If I Ever Feel Better 6. Armitice
7. Love Like A Sunset Part1.2 8. Run Run Run
9. Rome 10. 1901


MOGWAI@SONIC STAGE
1. i'm jim morrison, i'm dead 2. hunted by a freak
3. mogwai fear satan 4. i know you are but what am i?
5. you don't know jesus 6. travel is dangerous
7. friend of the night 8. 2 rights make 1 wrong 9. batcat


Mercury rev@SONIC STAGE
1. Snowflake in a Hot World 2. The Funny Bird
3. You're My Queen 4. People Are So Unpredictable
5. Holes 6. The Dark Is Rising 7. Sense On Fire


KYTE@SONIC STAGE
1. Boundaries 2. Secular Venturese 3. Bridges In The Sky
4. Sunlight 5. Two Speaks 6. Creating Our Reality
7. Eyes Lose Their Fire 8. We Dream Too Much


ゆらゆら帝国@MIDNIGHT SONIC
1. ミーノカー 2. 男は不安定 3. 蜂と蜜 4. できない
5. 学校へ行ってきます 6. 3×3×3 7. 次の夜へ 8. 無い



●過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 05 Tokyo1日目
SUMMER SONIC '06 1日目
SUMMER SONIC '06 2日目
SUMMER SONIC 07 1日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 07 2日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part3
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part3
サマソニ08@千葉 セットリスト集 初日8月9日(土)
サマソニ08@千葉 セットリスト集 2日目8月10日(日)
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年08月07日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. SUMMER SONIC 2009 初日 備忘録 #サマソニ

今年開催10周年を迎えるサマソニ、そんなSUMMER SONIC 2009の初日に行ってきたので後日日記を更新するための備忘録をば。

初の3日間開催となって、その初日は初の金曜。
というわけで、仕事終わりで17時半くらいから参加。

3日通し券はマリンステージのとこのみリストバンド交換可。

・BOOM BOOM SATELLITES
久々ブンブン。
こうはんちょこっとだけ。

そのままマリンに残る。
この時間帯に放水は要らない。
てか、ウザイ。

・Nine Inch Nails
最後の来日。
ギターを投げた。
途中から豪雨。
照明より激しい稲光。
"March of the Pigs"〜"Closer"
"HURT"で終了。
雨が弱まる。
サンキュー、グッナイと言って去っていった。

マリンのシートの上はすごい水溜り。
マリンから外に出たとこで、姉の友人に遭遇しビビる。
ビーチにTahiti 80観に行こうとしたら雨の影響で中止。
コロナ飲みながらプルコギ丼。

マリンに戻る。
高樹千佳子を目撃。

・My Chemical Romance
幕にシルエットが映って開始。
マイ・ケミカル・ファッキン・ロマンス。
カタカナでバンド名が出る。
男はシャツ脱いで、女は脱がずにタオルを振り回せ的なMC。
でも、客にはうまく伝わらず。。
アンコールは真ん中のほうで。

マイケミ終わりでバスでメッセに移動。

・Aphex Twin
映像がグロい。
さすが、リチャード!!
なつかしのドリルンベース的な音も。

・Ghostland Observatory
チラ観。
レーザー光線。


会場を後にし、電車乗って、帰宅。


初日のベストアクト、当然ナイン・インチ・ネイルズ。

トレント、やめないでー!


さて、2日目は昼から参加予定です。


●過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 05 Tokyo1日目
SUMMER SONIC '06 1日目
SUMMER SONIC '06 2日目
SUMMER SONIC 07 1日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 07 2日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part3
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part3
サマソニ08@千葉 セットリスト集 初日8月9日(土)
サマソニ08@千葉 セットリスト集 2日目8月10日(日)
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(4) K 
2009年08月07日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009 3日目@国営ひたち海浜公園 8月2日 感想&セットリスト

茨城はひたちなか市にある国営ひたち海浜公園にて行われた、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009の3日目に参加してきました。

ロック・イン・ジャパンに参加するのは2006年以来2度目です。
まぁ日本人のアーティストは普段からみようと思えば観れる人ばかりなのでロキノンフェスへの参加はいつも見合わせていましたが、今年は私の大好きなユニコーンが出演するというので行って来ました。

ちなみに、この日、私は午前中まで仕事が入っていたので、仕事が終わってすぐに特急とバスを乗り継いで行って、14時半くらいに会場に着きました。

前述のように、最悪UNICORNだけみれればいいかなぁって思って参加を決めたのですが、その後、なんとあの矢沢永吉の出演が決定!
永ちゃんが観れないのだけが、超心残りです。
永ちゃんのライブはヤバイからねぇ。
観たことない人は絶対生きてるうちに一度は見たほうがいいです!

あ、後は渋谷陽一社長の顔を拝めなかったのも残念。


というわけで、観たものを簡単に。

会場にバスが着き、入場ゲートから入るとすぐのところにある2ndステージ的な役割のLAKE STAGEでは、ちょうどSHAKALABBITSが始まったところでした。
おぉ若人たちが盛り上がってるなぁとおっさん丸出し(私、今年三十路を迎えました)の感想を持ちながらフラフラ会場散策。

お昼を食べてなかったので、まずは飲食エリアにあったタイラーメン屋で汁なしのタイラーメンを購入し、少し進んだところにあるステージ、SOUND OF FORESTにてTheピーズを観る。
おっさんはおっさんらしくおっさんバンドを見る。
Vo.はるのおっさん丸出しのMCとか聞くとなんか安心する。
「早く終わらせて真心(ブラザーズ)見に行きたい」とか言ってるし。
音のほうはもはやいぶし銀ともいえるロックンロールを聴かせてくれてました。
メジャーからインティーズに戻った彼ら、「これからはインディーズだ!」って永ちゃんも言ってたそうです。
そういや、モニターアンプのとこにE.YAZAWAタオルがかかってましたね。


ピーズを後にし、移動開始。
すると後ろのほうでホフディランワタナベイビーがピーズを普通に聴いてて面白かった。


で、そのまま一気にメインステージであるGRASS STAGEへ移動。
途中、PARK STAGEからはB-DASHの「マニュアル通りに生きたって、何もはじまらな〜い♪」って曲(←曲名ド忘れ。。)を聴きながら。

移動中、GO!GO!7188のドラムのターキーとすれ違った。
出演はしてないので、客で着たんでしょうね。

そしてグラスにつくと、先ほどはるもMCで言ってた、真心ブラザーズが始まってた。
そういや3年前に来たときも観たなぁ。
(強烈なデジャヴ感。てか毎年あんまり出演者代わり映えしないですね。。。)

10周年目のロッキンに今年20周年の真心。
(てか、今年20周年っていう邦楽バンドいっぱいいる気がするのですが、気のせいでしょうか?)
もはや大御所って感じ。
ピーズのパンクなロックな感じと比べて、王道ロックってたたずまいですね。
「短い曲やります」って言った瞬間に何やるかわかる"どか〜ん"はやはり盛り上がる。
後は、今度出る新曲"Song of You"の盛り上がり方を桜井が説明したりしてたのは面白かった。
だって、イントロはこうだからここで手拍子!みたいなってイントロを曲やる前に弾いて見せたりとか普通やらないっしょ(笑)
そして、お待ちかねの"ENDLESS SUMMER NUDE"を聴いて、満足したので、グラスステージを後に。


もうちょっと会場散策しようと思い、DJブースをのぞいたり、ひたちなか市場みなと屋をのぞいたりして、Seaside Stageへ行ってみようと移動開始。
・・・したのですが、結局どこにあるのか分からず行けなかった。。。
ま、特に観たいのがあったわけではないのでいいんですが・・・
先述のように基本いつでもみれるアーティスとばっかりなので、絶対ここで観なきゃいけないって気持ちがない分、心にゆとりがあって良いです。
フジロックやサマソニじゃこうは行かないもんね。


シーサイドが見つからないので、仕方なく、というか迷いついでに遊園地みたいになってるところとかを一通り見て回って、PARK STAGEへ行って、avengers in sci-fiを2曲ほど聴いて、またすぐ移動。

もちろんお目当てはレイクステージ行われる、グループ魂
レイクに着くと、人が会場からあふれ出すほどの大盛況。
3年前にロッキンでもグラスで超人集まってたしね、レイクの器じゃないかも。

グラスでやってるエレファントカシマシも気になりつつ行ったら、港カヲル皆川猿時永遠の46歳!)が開口一番
「俺が客だったらエレカシを見る」
とか言っちゃうし(笑)
てか、マイケル・ジャクソン(しかもスリラーの時期)の格好してるし!

やっぱ魂を選択して正解。
今日は正直、魂とユニコーンさえ観れればいいです。

港カヲルだけでもやりたい邦題なのに、その他のメンバーも全員登場してからはさらにやりたい放題!
暴動宮藤官九郎)は結構黙々とギターを弾いてる場面が多いんだけど、破壊阿部サダヲ)はヴォーカルな分、言いたい放題。
途中、あまりに下ネタがひどすぎて自分自身で笑っちゃってたし。

彼らのライブの場合、MCの内容とかステージの内容をいちいち文章にすること自体がナンセンスなので、一度ライブを観てくださいとしかいいようがないですね。

ピックのごとく飛ばしまくってたスリッパが欲しかったなぁ・・・


笑いまくりの魂の後は、WING TENTに移動し、つしまみれを観た。
「ここに来て大正解だと思います。一緒に新しい時代を作っていきましょう。私たちは今日、永ちゃんを観るために朝5時におきてここに来ました」
って言ってた。
まぁ音の方は悪くはないんだけど、なんか中途半端だったかなぁ。
ミドリあたりを薄めた感じっていうか。
これじゃ新しい時代は作れないような・・・
ま、今後に期待。


途中でテントを出て、またすぐ隣のレイクへ。
フジファブリックを観る。
港カオル曰く、富士サファリパ〜ク!
フジファブは今年に入って何度か観てるので、今日は後ろのほうで座ってマッタリと。
で、マッタリ観ようと思ったらいきなり"銀河"からスタート。
おぉそうきたか。
後にMCで「皆さんに楽しんで帰ってもらおうと思うんで、全曲盛り上がります」って言ってたように、アッパーなナンバー中心のセットリストでした。


フジファブのあたりから徐々に次のレイクのトリ、the HIATUSのTシャツ(若干エルレも)を着てる人が増えてきたところで、最後の曲"Sugar!!!"を聴きながら、私は移動開始。
またすぐ隣のウィングテントへ。

8ottoをチラ観。
ほんとはチラ見じゃなくてガッツリ見たかったんだけど、今日の私はそうはいかないのです。
だって、グラスに移動して愛するあのバンドを見なきゃいけないから。

というわけで一気にグラスへ大移動。

今日のお目当て、10周年のロック・イン・ジャパンの大トリを飾るバンド、ユニコーン。

というわけで、感想。
・・・といきたいところですが、ユニコーンは別格なので、別記事で。

ユニコーン@国営ひたち海浜公園 8月2日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009 感想


大興奮のユニコーンを終え、花火が打ち上がり、10年目のROCK IN JAPAN FES.は終了。

友人と合流し、帰路に着きました。


2009.08.02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009@国営ひたち海浜公園 3日目 セットリスト
・シャカラビッツ Setlist
01. COMEBACK ANYTIME
02. SO EXCITED!
03. pivot
04. head-scissors
05. ローラーコースター
06. RECOVERY
07. MONSTER TREE
08. G☆S☆G

・Theピーズ Setlist
01. 生きのばし
02. 底なし
03. とどめをハデにくれ
04. でいーね
05. ロンパリンラビン
06. 絵描き
07. サイナラ
08. 焼きめし
09. ノロマが走ってゆく
10. 体にやさしいパンク

・BーDASH Setlist
01. SE・GO GO BーDASH!
02. Kids
03. 平和島
04. カマたまご
05. ハーコー
・Scott Murphy登場
06. ドラえもんのうた
07. what if
・スコットはける
08. やまびこ
09. ちょ
10. 炎

・真心ブラザーズ Setlist
01. 拝啓、ジョン・レノン
02. サティスファクション
03. 新しい夜明け
04. どか〜ん
05. スピード
06. Song of You(新曲)
07. 空にまいあがれ
08. ENDLESS SUMMER NUDE
09. EVERYBODY SINGIN’ LOVE SONG

・avengers in sci-fi Setlist
01. Beats For Jealous Pluto
02. Ibiza Sunset
03. Sci-Fi Age Riot
04. Homosapiens Experience
05. NAYUTANIZED

・グループ魂 Setlist
01. 港カヲル前説
02. おっぱい元気?
03. ペニスJAPAN
04. アイサツはハイセツよりタイセツ
05. くるま売りたいな
06. コント
07. クン兄さんVSアン姉さん
08. スシ食うな!
09. 君にジュースを買ってあげる
10. High School
11. 沖縄行きたい
12. モテる努力をしないでモテたい節
13. 就職しやがれ!
14. 港カさん後説

・つしまみれ Setlist
リハ:ハイパースイートパワー、海老原眞治
01. 岩壁の上の一本指総長
02. タイムラグ
03. まつり
04. エアコンのリモコン
05. ストップ&ゴー!
06. おじいちゃんのおズボン
07. バカ元カレー
08. 脳みそショートケーキ

・フジファブリック Setlist
01. 銀河
02. Merry-Go-Round
03. Surfer King
04. All Right
05. TAIFU
06. 虹
07. Sugar!!

【サイト内関連記事】
ROCK IN JAPAN FES. '06 2日目
ROCK IN JAPAN FES. '06 3日目
COUNTDOWN JAPAN 06/07@幕張メッセ 初日
COUNTDOWN JAPAN 08/09@幕張メッセ1〜8ホール・イベントホール 3日目

銀河 / フジファブリック (シングル 収録)
桜の季節 / フジファブリック (1st フルアルバム 収録)
赤黄色の金木犀 / フジファブリック (フジファブリック 収録)
茜色の夕日 / フジファブリック (FABFOX 収録)
記念写真 / フジファブリック (TEENAGER 収録)
フジファブリック×FUJIFABRIC@赤坂BLITZ
Sugar!! / フジファブリック (Sugar!! 収録)
FACTORY LIVE 0411@フジテレビV4スタジオ(フジファブリック、lostage、MASS OF THE FERMENTING DREGS、THE BAWDIES)

サマーヌード / 真心ブラザーズ (B.A.D.〜MB’s・シングル・コレクション 収録)


カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年08月02日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009@横浜アリーナ 2日目(スピッツ、Ben Folds、HARD-Fi他) 感想&セットリスト

横浜アリーナにアジカン主催のフェス、ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009の2日目に参戦するために行ってまいりました。

2日目の出演者&タイムテーブルは以下。
12:00〜 FARRAH
12:45〜 サカナクション
13:40〜 NADA SURF
14:30〜 THE YOUNG PUNX!
15:20〜 ユニコーン
16:30〜 BEN FOLDS
17:50〜 スピッツ
18:40〜 HARD-FI
19:45〜 ASIAN KUNG-FU GENERATION

個人的には、MANIC STREET PREACHERSのキャンセルはすごく痛かったですが・・・

で、感想・・・といきたいところですが、この日は仕事の都合で、会場に着いたのが15:20。

そして、私にとってUNICORNは別格なので、別記事で。
ユニコーン 感想

というわけで、ベン・フォールズから。
アジカンのメンバーのMCの後、ベンさん登場。
ユニコーンの後に一気に客が引いてしまったので、ちょっとスタンディングエリアの入りは少なめだったけど、そんなこと気にならないくらいよかった。

中腰でピアノを叩きつけるように弾くスタイルは相変わらず。
ピアノ・ベース・ドラムって編成もBEN FOLDS FIVEを彷彿とさせます。
そして、客の乗せ方も上手いですよねぇ。
会場全体でコーラスさせるのも超盛り上がったし。
日本語で歌う"Hiroshima"もやってくれたし。
最後は、ピアノにイスを投げつけて去っていきました。


ベン・フォールズ終わりで、スタンディングエリアは次のSPITZファンが押し寄せてきたので、それと入れ替えるようにスタンドの一番上のほうに移動し、座ってみることに。
途中、飯を購入し、かるく腹ごしらえもすませて。


しばらして、スピッツ登場。
MCで言ってたけど、横浜アリーナでやるのは初めてだそうです。
そういやスピッツって人気の割にはでかいとこでやらないんだよね。
さいたまスーパーアリーナでやったときかなり話題になってたもんね。

で、1曲目は意外にもハードなナンバー""。
おぉロックだねぇ。
てか、終始ベースの人の激しいアクションが面白くてかなりツボでした。

でもやっぱりスピッツといえば、"チェリー"〜"スパイダー"の流れはテンション上がるよねぇ。
特に"スパイダー"は個人的にとても好きなので、これが聞けただけでもよかったです。


スピッツの後は、またまたアジカンのメンバーが出てきてMC。
今回、マニック・ストリート・プリーチャーズがキャンセルになって残念でならないという話を。

そして、映像をなんとか手に入れたので、それを流しますって言って3曲ほどライブ映像を流した。
1999〜2000年の年越しかなんかの彼らの地元ウェールズはカーディフでのスタジアムライブの様子らしい。
その頃って言ったら、もうまさにマニックスが一番乗りに乗ってる時期ですね。

で、流れたのは、"Everything Must Go"〜"Motorcycle Emptiness"〜"A Design For Life"の3曲。
もう鉄板ですね!
あー、ライブ観たかったなぁ。


マニックスの映像の後は、HARD-FI。
そういや、ハード・ファイもベン・フォールズも去年のフジロックで観たな。

私はハードファイは結構好きなんですが、明らかに次のアジカン待ちであろう人でギュウギュウのスタンディングエリアではアウェイだろうなぁって思いつつもライブスタート。
でも意外や意外、結構盛り上がってた。
アジカンファンって音楽好きなんだなぁってなんか嬉しくなった。

そしてそれに答えるようにバンドも熱の入った演奏で、特に"Suburban Knights"辺りで一気に客をつかんで、続く"Hard to Beat"も盛り上がって最後までいい感じでした。
"Stars of CCTV"とかアコースティックなナンバーも予想外の盛り上がりでとてもよかったです。


最後は主催者のアジアン・カンフー・ジェネレーション。
アジカン、初期は結構ライブとか行ってたんだけど、最近はご無沙汰。
最近の曲もほとんど知らない。。。
なので、まぁ今日も期待値もあまり高くなく・・・(というかユニコーン狂なのですみません。。。)

でもやっぱりメインだけあって、盛り上がってました。
かく言う私も初期の曲にはやはり熱くさせられました。

"遥か彼方"とか"君という花"とか。
そして、アジカンで一番好きな"羅針盤"が聴けたので満足です。


ゴッチもMCで言ってたけど、こういう洋楽とか邦楽の垣根のないイベントはぜひ続けて言って欲しいですね。
自分の好きなものしか聴かない人も中にはいると思うけど、知らないものを知るきっかけになってくれれば。


しかし、あのステージ横にあったでっかいパネル(あの鳥だかなんだかわからんロゴのやつ)、あれは要らんと思う。
邪魔で仕方なかったです。
それだけが不満点です。


以下、セットリスト(分かるだけ)

2009.07.20 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009@横浜アリーナ Setlist

・サカナクション Setlist
01. Ame(B)
02. ラストダンス
03. ネイティブダンサー
04. セントレイ
05. アドベンチャー
06. ナイトフィッシングイズグッド

・スピッツ Setlist
01. 今
02. 放浪カモメはどこまでも
03. チェリー
04. スパイダー
05. ガーベラ
06. 8823
07. 俺のすべて
08. 僕のギター

・ASIAN KUNG-FU GENERATION Setlist
01. 夜のコール
02. 稲村ヶ崎ジェーン
03. リライト
04. 羅針盤
05. 絵画教室
06. 夏の日、残像
07. 藤沢ルーザー
08. 遥か彼方
09. 暗号のワルツ
10. 惑星
11. Re:Re:
12. アンダースタンド
13. 君という花
14. 転がる岩、君に朝が降る
---encore---
15. ループ&ループ
16. ワールドワールドワールド
17.新しい世界

【サイト内関連記事】
ネイティブダンサー / サカナクション (シンシロ 収録)
サンプル / サカナクション (NIGHT FISHING 収録)
Brick / BEN FOLDS FIVE (WHATEVER AND EVER AMEN 収録)
楓 / SPITZ (フェイクファー 収録)
夜を駆ける / スピッツ (三日月ロック 収録)
EVERYTHING MUST GO / MANIC STREET PREACHERS (EVERYTHING MUST GO 収録)
A DESIGN FOR LIFE / MANIC STREET PREACHERS (EVERYTHING MUST GO 収録)
YES / MANIC STREET PREACHERS (THE HOLY BIBLE 収録)
Peeled Apples / MANIC STREET PREACHERS (JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS 収録)
Hard To Beat / HARD-Fi (STARS OF CCTV 収録)
リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION (ソルファ 収録)
羅針盤 / ASIAN KUNG-FU GENERATION (崩壊アンプリファー 収録)

カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年07月20日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. J-WAVE PLATOn LIVE(くるり、the pillows、サカナクション)@Zepp Tokyo 感想&セットリスト

Zepp TokyoにJ-WAVE主催のイベントを観に行ってきた。
「哲学しよう!」を合言葉に、世の森羅万象の真理を徹底探求するプログラム「PLATOn」(月〜木22:00〜23:45)のイベントらしい。

で、その番組のMCをやってる渡部建(アンジャッシュ)・中野めぐみを司会に。

出演は、サカナクションくるりthe pillowsの3組。

まずは司会の2人が出てきて軽くトークして、ライブ。

トップバッターはサカナクション
前回見たとき同様に、"Ame(B)"のダフトパンクばりのエレクトロなイントロに乗ってメンバー登場。
キーボードの女性の服!!
なんか宇宙服みたいの着てるよ・・・
前回はグイグイ前に来てたベースの人に釘付けでしたが、今日はキーボードの人で決まり!(←何が?)

"Ame(B)"に続いて"セントレイ"。
こちらもイントロからアゲアゲ。

ヴォーカル山口によるMC。
今日の出演者と競演できて嬉しいって話をしようとしてピロウズの名前をど忘れして顰蹙買ってた。
ま、そういうことってあるよね。

なんだかんだあったけど、とりあえず個人的に今年ハマッタ歌、TOP3に確実に入る"ネイティブダンサー"が聴ければオールOK。


そんなサカナクションはあっという間に終わり、またまたMC2人登場。
出演者にいろいろアンケートをとったらしく、その回答を発表。

で、毎回決まったテーマを哲学する番組の内容にあわせて、今回も「ロックとは?」とかいう抽象的なアンケート。
「心象スケッチ」って答えたサカナクションの山口は絶対ナルシストだと思うんですがどうでしょう?

ちなみにくるりの岸田の「ロックとは魔法である」という回答にグッと来ました。

そして、MCが次は誰がでるんでしょう?って言いながら去ってったけど、ステージにセッティングされているものを見れば一目瞭然。

2番手はくるり
つい数週間前に同じくゼップで見たばかりですが。(ゼップ3DAYSの2日目)
今回もメンバーは3人。
サポートドラマーはボボさんです。
ってボボって誰だよって前回思ったんだけど、54-71の人なんですね。
54-71のライブ観たことあるし、結構好きなのに分からなかった。。。

お、今回、岸田はコンタクトじゃなくてメガネじゃんって思った。
やっぱメガネでなくっちゃ。

1曲目はこの前は聞けなかった"ワンダーフォーゲル"。
そこからラストの"東京"まで代表曲のオンパレード。
魂のゆくえ』が出たばかりなのに、2曲しかやらないし・・・

でもその最新作収録の"かごの中のジョニー"が良かった。
後半でブルース風のアドリブに突入し、「おたま(じゃくし)がどうたらこうたらで、口をあけて上を向いてたら口に入って苦かった」的なわけの分からん歌詞が面白かったです。

演奏にも熱がこもってて、ウィンドミル奏法まで飛び出し、ついでにメガネも吹っ飛んだ!!
最後の"東京"でも吹っ飛びましたね!

ちなみに、この前は"青い空"で思わずモッシュしちゃいましたが、今日は汗かく心構えができてなかったので、自粛しました・・・

そんな熱いくるりの後は、またまたMCをはさんで、いよいよトリ。

the pillows登場。
高校生の時から知ってるから、もう十数年以上知ってるのに、ライブを観るのは初。
別に避けてたわけじゃないのに、タイミングが合わなくて。

ってか、ピロウズっていつからこんなに人気者になったんでしょう。
盛り上がりまくり。

もちろん曲が良くて、演奏が熱いから、もりあがってあたりまえですよね。
それに拍車を掛けるようにヴォーカル山中さわおがあおりまくり。

曲はまぁ数曲しかまともに知らなかったけど、楽しかったです。
聴きたかった"ハイブリッド レインボウ"が聴けただけでも満足です。

ちなみにMCも良かったです。
ドラムの佐藤シンイチロウのパチンコの話とか。
(あ、佐藤シンイチロウだけはO.P.Kingやらザ・ピーズでライブを何度か観てますね)

後、客から「さわおさーん、あーそーびーまーしょー」って言われて、
「帰ってよし!」ってやりとりしてたのもおもろかったな。

ピロウズは今年で結成20周年だそうです。
「先日、小さい頃からのアイドルであるサイモン&ガーファンクルのライブを観にいって、70歳ちかくになる2人がギター1本で5万人と対峙してる姿に感動した」的な話をしてた。

ま、70までやれとは言わないけど、もっともっと続けて欲しいですね。
そして、またライブを観にいきたい!

あ、ちゃんと次はもっと予習して行きたいと思います!

以下、セットリスト。

2009.07.14 J-WAVE PLATOn LIVE@Zepp Tokyo Setlist

・サカナクション Setlist
01. Ame(B)
02. セントレイ
03. アドベンチャー
04. ネイティブダンサー
05. ナイトフィッシングイズグッド

・くるり Setlist
01. ワンダーフォーゲル
02. river
03. 青い空
04. トレインロックフェスティバル
05. かごの中のジョニー
06. natsuno
07. 虹
08. 東京

・the pillows Setlist
01. カーニバル
02. Wake up! dodo
03. New Animal
04. バビロン 天使の詩
05. サードアイ
06. Ladybird Girl
07. Thank you,my twilight
08. 0MY FOOT
09. Funny Bunny
10. この世の果てまで
11. ハイブリッド レインボウ
---encore---
12. サリバンになりたい
13. Nightmare

【サイト内関連記事】
ハイウェイ(Alternative) / くるり (ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
東京 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
WORLD'S END SUPERNOVA / くるり (THE WORLD IS MINE 収録)
BABY I LOVE YOU / くるり (BABY I LOVE YOU 収録)
ばらの花 / くるり (TEAM ROCK 収録)
虹 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
三日月 / くるり (三日月 収録)
くるり@Zepp Tokyo くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜
Ame(B) / サカナクション (シンシロ 収録)
ネイティブダンサー / サカナクション (シンシロ 収録)
サンプル / サカナクション (NIGHT FISHING 収録)
version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST

カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年07月14日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. NATSUMEN presents Endless Summer Jam Special Vol.6@代官山UNIT(guest:渋さ知らズ踊舞変)

代官山UNITにNATSUMENの自主企画ライブ・イベント、『Endless Summer Jam Special Vol.6』を観にいってきました。

ナツメンの対バンのお相手は渋さ知らズ踊舞変です。
yudayajazz(DVJ)も)


まずは、渋さ知らズ。
渋さ知らズオーケストラよりは小編成だけど、それでも演奏者だけで10人以上。
さらにそこにパフォーマーも加わって、UNITの狭いステージは人で一杯でした。

メンバーが登場し演奏が始まったところでふと右を向くと、すぐそばの台のとこで全身白塗りで頭にダンボールを被ってパンツしかはいてない男2女2のパフォーマーが登場しビックリ。
近くにいた女性客は若干引いてた・・・

ま、渋さといえばこれだよね。

キャバレーダンサーも登場し、演奏もどんどん熱のこもった激しいものに。
ホーン隊はもちろんかっこいいんだけど、ギターがすごいアグレッシブでかっこよかったです。

最後にリーダーの不破大輔が一言挨拶して、短い曲をやって終了!


渋さが1時間あって、セットチェンジが大体45分くらいで、イベント主催者のNATSUMEN登場。
前から気になっていたのですが、今回が彼らを見るのは初です。

女性のギタリストのAIN(アイン)は最近バンドに復帰(というか今日が記念すべき復帰後初のライブっぽい)とかなんとかで、客席からも「おかえりー」的な声がたくさん飛んでた。
(あ、アインからホインに改名したとかなんとかってニュースを見ました)

そんなアインは登場するなり、客席にタオルをたくさん投げ込んでたけど、あっちゃこっちゃに飛びまくってましたね。。


で、ライブのほうですが、もう圧巻でした。
ギター×2、ベース、ドラム、キーボードに、アルトサックス・テナーサックス・トランペットのホーン3本、全てがフリーキーに暴れまくり。

特にAxSxE(アセ)はギターを振り回しまくって、ギター壊れてたし。
KO1 TSUTAYA(蔦谷好位置)もキーボードこねくりまわしてた。。

MCで「元気な曲としっとりした曲どっちがいい?」
って聞いて、客から
「両方」
って言われたりしてた。


先日見たくるりは両方といわれ2曲ともやったけど、NATSUMENは「元気な曲」を3連発やりました!
"元気な俺達"〜"元気な俺達Part2"〜"元気な俺達Part3"
と。
(実際の曲名は知りません。。)

圧巻の本編を終え、アンコールで1曲。
タイトルは"夏のポケモン"。
(だから実際の曲名は?)


鬼気迫る演奏とMCのギャップがすさまじかった。


とにかく楽しかったです。
でも、現在、耳が痛くて大変です。。。

【サイト内関連記事】
火男 / 渋さ知らズ (渋旗 収録)


カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年07月01日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. くるり@Zepp Tokyo くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜 感想&セットリスト

くるりのワンマン、『くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜』を観にZepp Tokyoへ行ってきました。

今回のツアーではこのゼップ3DAYSに加え、追加公演で6月10日にすでにゼップでやったみたいで、東京はさらに7月に日本武道館でもやるみたいですね。
個人的にくるりはフェスとかで1年に1回くらいのペースで見てるのですが、単独公演は5年くらい前の武道館以来なので、久しぶりです!

では、ライブの感想。

開演時間ちょい遅れくらいで岸田&佐藤とサポートドラムのボボ(?)登場。

ナニがペットボトル並みにでかすぎてズボンのチャックがしまらないという岸田の横縞のロングTシャツからのぞく右手の手首にはサポーターが。
なんか昨日のライブでは手首を気にしていたとか言う噂がチラホラ。

心配になるも、演奏が始まってしまえば全然気にしてない様子で(MCのときとかたまに曲げたりしてたけど)一安心。

最新作『魂のゆくえ』が出たばかりなのでそれ中心。
なのに、シングル曲以外聴いてない。
ごめん、くるり。
でも、楽しかった。

"かごの中のジョニー"が始まる前に、ヒバリがやりまくってどうのこうのと軽く下ネタ入ったMC(というか語り)があったけど、コンセプトアルバムかなんかですか?


でもやはり昔の曲は盛り上がる。
"青い空"では、かなり前で見てたので、ついモッシュに参加してしまった。。

もちろん「こんなーことはー、いいたくーなーいのさー♪」とか口ずさみながら。

それにしても岸田の飄々としていて、かつ変態的なMCはいいなぁ。
とりあえず、岸田はフケがすごくてシャンプーをパンテーンからサクセスに変え、佐藤とボボのロン毛組はメリット派ということが分かった。

てか、岸田さん、30代だからフケが出るんじゃなくて、それはあなたの体質の問題です(笑)

ライブは進み、"さよならストレンジャー"から、「速い曲やります」的なMCからの"トレイン・ロック・フェスティバル"〜"すけべな女の子"の流れはヤバカッタ。

でもそれ以上に、次の"飴色の部屋"のときの照明がよかったなぁ。
虹のような七色の光に包まれたステージと曲がぴったりでした。


開放的なメロディが素敵な"ロックンロール"、シャバダバダな(?)"ホームラン"、そして""ですよ。
やっぱ"虹"いいわぁ。
正直『さよならストレンジャー』からこんなにやるとは思わなかった。
初期の、岸田・佐藤・もっくんのころの雰囲気が大好きな私には堪らない。
ボボもなかなかいい味だしてましたけど。

本編最後は新作から"デルタ"でシメ。


で、一旦下がってすぐライトがついたと思ったら、佐藤社長が1人登場し、物販を宣伝。
さすが社長。
Tシャツは複数枚買えとのことです。
グッズにパンツもあるみたいです。
結局最後は下の方に話が行ってましたが・・・


そんな宣伝の最中に岸田も出てきて、アンコール。

アンコール前半はアコースティックセットで、"魂のゆくえ"〜"夜汽車"。
そして、同じく新作から激し目の曲"リルレロ"をやって、アンコールラストへ。


「後1曲やります」
って言って、客からリクエストを取り、
"ブレーメン派"と"東京派"に分かれた時、ブレーメン派が多少多く、ブレーメンに決まりかけた瞬間、
客の1人の
「両方やって」
って声に反応して、岸田が
「空気の読めない客がいるな。今年の目標は空気を読まないなので、両方やる」
的なこと言って、急遽2曲やりました♪

てか、11年前、高校時代から毎日のように聴いてたNHK-FMの某番組のエンディングで"東京"を聴いて以来、自分にとって、くるりと言えば"東京"というくらい好きな曲。

そして、やはり今日も"東京"は名曲でした。
チェスの盤のようなポロシャツを着た佐藤のコーラスがまた泣かせるくらい素晴らしかったです。

"ブレーメン"も今日のライブを観て好きになりました。
これぞライブの醍醐味ですね。


昔、「すごぞ、くるり」なんてキャッチフレーズがありましたが、「まだまだすごいぞ、くるり」なライブでした。

あ、個人的には岸田は眼鏡の方がいいです。

以下、セットリスト。


2009.06.23 くるり@Zepp Tokyo Setlist

01. LV45
02. 愉快なピーナッツ
03. 太陽のブルース
04. Natuno
05. かごの中のジョニー
06. つらいことばかり (交響曲第九番)
07. 青い空
08. ベベブ
09. 鍋の中のつみれ
10. さよならストレンジャー
11. トレイン・ロック・フェスティバル
12. すけべな女の子
13. 飴色の部屋
14. 七月の夜
15. ロックンロール
16. ホームラン
17. 虹
18. デルタ
---encore---
19. 魂のゆくえ
20. 夜汽車
21. リルレロ
22. ブレーメン
23. 東京

【サイト内関連記事】
ハイウェイ(Alternative) / くるり (ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
東京 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
WORLD'S END SUPERNOVA / くるり (THE WORLD IS MINE 収録)
BABY I LOVE YOU / くるり (BABY I LOVE YOU 収録)
ばらの花 / くるり (TEAM ROCK 収録)
虹 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
三日月 / くるり (三日月 収録)


カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年06月23日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST 感想&セットリスト

新木場のSTUDIO COASTへ、サカナクションOGRE YOU ASSHOLEthe telephonesの出演したイベント『version 21.1』に行ってまいりました。
イベント名の由来は良く知りません。。。

ちなみにセットチェンジの間は前田博章なる人がDJしてました。

会場に入って程なくしてライブスタート。

スクリーン(というか幕?)にトップバッターである「サカナクション」の文字が。

MCで言ってたんだけど、昨年金沢でこの3組で一緒にライブをやって、それでまたやろうって話でこのイベントが開催されたそうで、出演順はジャンケンで決めたんだって。
で、ジャンケンで勝ったサカナクションが1番手。
なんでも、機材とかが多いので、セットチェンジの時間短縮でトップを選んだとか。

で、ライブは、"Ame(B)"に乗ってメンバー登場。
ベース草刈のぐいぐい前に出てくるステージングが面白かった。
全体的にアップテンポなナンバーが中心で、後半の"ネイティブダンサー"〜"セントレイ"の流れはヤバカッタですね!
シンシロ』の曲が中心だったかな。

ヴォーカルの山口のMCはなんか気取った感じしてちょっとアレだけど、意外と最近の若手バンドでこういうナルシスティックな人っていないから逆に新鮮でした。


セット転換の間、ドリンクを引き換えたりして戻ると次のOGRE YOU ASSHOLEが始まるとこでした。
ちなみに今回の3組で、オウガだけライブを一度も観たことなかったので、期待して観た。

てか、ここ数日ちょっとはまってて、調べてみると「オウガ・ユー・アスホール」(←すいません、ちょっと前までオグレだと思ってました・・・)っていう変わったバンド名は、USのインディーバンド、MODEST MOUSEモデスト・マウス)のEric Judyが名付け親だってことを知りました。

なんかそれ聞いて、絶対ライブはカッコイイと勝手な思い込みで臨んだところ・・・やはり良かった♪
CDとかの数倍カッコイイ。
このバンド、ヴォーカル出戸学の声が特徴的なんだけど、それがライブでの爆音との相性の良いこと!
スタジオ音源だと牧歌的な感じもあるんだけど、ライブではそれをライブならではのハードな音になってたのが良かったかな。
先週見たDeerhunterのライブに通じるものがあったな。

最後の"ネクタイ"は圧巻で、若干意識が飛んだ!


そして、再びDJでBlack KidsやらMGMTやらThe Ting Tingsなどが流れた後、いよいよトリのthe telephones
ジャンケンで負けてトリになったそうです。

もうね、これは盛り上がりがハンパなかった。
フロアはかなりのカオスな感じになってた。
まぁあんな音を鳴らされたらカオス状態になるのはしかたないね!

"Love&DISCO"で始まって"urban disco"でしめるという終始アゲアゲなセットリスト。
ミラーボールが良く似合う!
シンセの江頭2:50・・・じゃなかった岡本伸明が相変わらずほとんどシンセ弾かずに踊り狂ってたし。
でも意外とちゃんとシンセ弾いてた"HABANERO"が一番かっこよかったかも。

あ、後、ヴォーカルの石毛輝は結構マジメなMCする人なんですね。
音楽は素晴らしい的なことを連呼してました。
同感!

アンコールもあって、"FREE THROW"をやりました。

で、最後は全出演者が出てきて記念撮影。
写メもとり放題でした。
ま、たいした写真撮れませんでしたが・・・

さ、この3組が2010年代を引っ張る3組かは分かりませんが、楽しみではあります!

以下、セットリスト。

2009.06.13 version 21.1@新木場STUDIO COAST Setlist

・サカナクション Setlist
01. Ame(B)
02. ライトダンス
03. インナーワールド
04. サンプル
05. minnanouta
06. ナイトフィッシングイズグッド
07. ネイティブダンサー
08. セントレイ
09. アドベンチャー

・OGRE YOU ASSHOLE Setlist
01. コインランドリー
02. フラッグ
03. しらない合図しらせる子
04. J.N
05. サカサマ
06. アドバンテージ
07. かたっぽ
08. ピンホール
09. ひとり乗り
10. ネクタイ

・the telephones Setlist
01. Love&DISCO
02. DaDaDa
03. RIOT!!!
04. Monkey Discooooooo
05. Beautiful Bitch
06. electric girl
07. D.A.N.C.E to the telephones!!!
08. 新曲
09. fu〜shit!!!
10. HABANERO
11. sick rocks
12. urban disco
---encore---
13. FREE THROW

【サイト内関連記事】
Ame(B) / サカナクション (シンシロ 収録)
ネイティブダンサー / サカナクション (シンシロ 収録)
サンプル / サカナクション (NIGHT FISHING 収録)
FACTORY LIVE 0119@フジテレビ(PE'Z、B-DASH、サカナクション、鶴、suzumoku)
urban disco / the telephones (We are the Handclaps E.P. 収録)
FACTORY LIVE 0216@FUJI-TV V4 STUDIO(東京スカパラダイスオーケストラ、the telephones他)


カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年06月13日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. monobright@SHIBUYA-AX LIVE TOUR ブライトンロック2009 〜NIPPON TWO-LLING〜 感想&セットリスト

monobrightモノブライト)のLIVE TOUR『ブライトンロック2009NIPPON TWO-LLING〜』のSHIBUYA-AX公演に行ってきました!

ちなみにNIPPON TWO-LLINGはパンクバンド、THE CLASHの名盤『LONDON CALLING』をもじったものだそうです。


2年位前にイベントで見たことありますが、ワンマンでは初です。
(そのイベントでの感想観たらボロクソ書いてました私。ごめん。。。)

白ポロシャツに、黒ぶちメガネ、黒ジーンズから脱皮してカラフル(?)になってからはもちろん初。

ではライブ。

定刻より10分くらいたった頃にバックのスクリーンにメンバーが映り、ステージ後方のちょっと高くなっているところからメンバー登場。
登場SEは2nd『monobright two』からの"SGS"!!

そして1曲目は、アルバムのリード曲"踊る脳"。
のっけからハイテンション!

3曲目"WARP"が終わってMC。
「おはようございます!monobrightです」
って挨拶とか、
「変態(客)がこんなに集まって」的なMCも含め、
Vo.の桃野陽介面白い。

てかライブは終始モモオンステージって感じでした。

中盤には、白ポロシャツ時代の曲をまとめてメドレーで。
「メドレーなんて7,8枚出した大御所がするものなのに、2枚でやっちゃいました(笑)」
って。

さらに上京直前の話(これも面白かったけど、割愛です)をして、"涙色フラストレーション"。
この曲好きなんだよねぇ。
ライブで聴くとなおさら良かった。


そして、桃野がバックの高台でグダグダなダンスをした後は、
「音楽はダンスミュージックだ!これまでは全部、嘘」
といって始まった"モーニングスターター"からライブは一気に加速。

登場SEだった"SGS"もフルでやり、"頭の中のSOS"〜"アナタMAGIC"と、怒涛の展開を見せて最後は"music wonder"でシメ。


さらにアンコールでは、個人的にお待ちかねの"未完成ライオット"。
この曲はダントツで好きです。

そしてラストは"紅色ver.2"でした。

久々に観たけど、こんなに楽しいバンドだったっけ?って思うくらい楽しかったです!!


ちなみにアンコール始まるときにメンバー1人ずつしゃべるとこがあって、ギターの松下省伍が「武道館でやりたい」的なことを言って、その後、桃野が「東京ドームでやります。嘘です」って言ってた。

ま、あんまりでかい会場でやる図が浮かばないけど、フェスのメインステージとかで観て見たい気がするね。
(ってそれはもうやってる?邦楽フェスにちょっと疎いんで・・・)

あ、今年の10月18日(日)に日比谷の野外音楽堂でのワンマンが決まったそうです。
野音でモノブライト。なかなか面白そうです!

以下、セットリスト。

2009.06.11 monobright@SHIBUYA-AX Setlist

00. SGS(登場SE)
01. 踊る脳
02. 週末アンセム
03. WARP
04. あの透明感と少年
05. 物語
06. The 2
07. メドレー
(メドレー内訳)
20th Century Lover's Orchestra 〜 バタフライングリップス 〜 魔法のライター
〜 道標側ソウル 〜 少年 in the sun 〜 music wonder 〜 20th Century Lover's Orchestra

08. 歌も僕との妄想
09. 涙色フラストレーション
10. 別の海
11. モーニングスターター
12. ヒーローヤング
13. SGS
14. 頭の中のSOS
15. アナタMAGIC
16. music wonder
---encore---
17. 未完成ライオット
18. 紅色ver.2

【サイト内関連記事】
FACTORY LIVE 0526@お台場フジテレビ(サンボマスター、Base Ball Bear、monobright) 感想&セットリスト
未完成ライオット / monobright (monobright one 収録)
アナタMAGIC / monobright (monobright two 収録)
FACTORY LIVE 0911@フジテレビV4スタジオ(OGRE YOU ASSHOLE、monobright、ART-SCHOOL、のあのわ、ねごと) 感想&セットリスト
COUNTDOWN JAPAN 10/11@幕張メッセ国際展示場 2日目 Part1 (MO'SOME TONEBENDER、MONOBRIGHT、ゴダイゴ、スキマスイッチ 他)

カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年06月11日(木)

Related Posts with Thumbnails