1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Wicked Games / The Weeknd (Trilogy 収録)

 カナダはオンタリオ出身のAbel Tesfaye(アベル・テスファイ)によるユニット、The Weekndザ・ウィークンド、weekendではないです)がコンピレーションアルバム『Trilogy』をリリース。これは2011年にフリーダウンロードリリースした3つのMix Tapeアルバム、『House of Balloons』・『Thursday』・『Echoes of Silence』をリマスターし、それぞれ新曲を1曲ずつ追加しまとめたもので、彼自身のレーベルXOとメジャーのUnivarsal Republicによる共同リリース。

 "Wicked Games"は『Trilogy』からのリードシングル(オリジナルは『House of Balloons』に収録)としてリリースされ全米81位(2012/11/22現在)を記録。ダウンテンポなトラックの上にハイトーンなヴォーカルが乗るナンバー。後半にかけて徐々に盛り上がって行くところがカッコイイ。

 YouTubeで彼の楽曲が軒並み数百万回の再生回数を誇っていて、その人気の高さがうかがえます。その期待に応え、アルバムが2012年11月にリリースされるやいなや全米チャート初登場4位を記録。アルバム3枚で全30曲あるけどずっと聴いていられるくらい良い。James BlakeやBon Iver辺りを想起させられたけど、彼らよりも個人的には好きかも。

 まずはメジャーでの完全なる新作を早く聴きたい!

The WeekndTrilogy』収録曲
[Disc 1]『House of Balloons
1. High For This
2. What You Need
3. House of Balloons / Glass Table Girls
4. The Morning
5. Wicked Games
6. The Party & The After Party
7. Coming Down
8. Loft Music
9. The Knowing
10. Twenty Eight(新曲)

[Disc 2]『Thursday
1. Lonely Star
2. Life of the Party
3. Thursday
4. The Zone (Feat. Drake)
5. The Birds Part 1
6. The Birds Part 2
7. Rolling Stone
8. Gone
9. Heaven or Las Vegas
10. Valerie(新曲)

[Disc 3]Echoes of Silence
1. D.D.
2. Montreal
3. Outside
4. XO / The Host
5. Initiation
6. Same Old Song (Feat. Juicy J)
7. The Fall
8. Next
9. Echoes of Silence
10. Till Dawn (Here Comes the Sun)(新曲)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2012年11月23日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Evolve Or Be Extinct / Wiley (Evolve Or Be Extinct 収録)

 しばしばKink of GrimeやGodfather of Grime等と称されるグライムの第一人者、Wileyワイリー)の『Evolve Or Be Extinct』(全英86位)のタイトルトラック。

 私はあんまり英語が得意ではないので歌詞の内容はよくわからないけど、「進化しろ、さもなくば絶滅しろ」とでも訳すであろうタイトルが、2011年に『100% Publishing』、『Chill Out Zone』とアルバム2枚をリリースしたのにも関わらず、さらに今年2012年初頭に2枚組となる今作をリリースしちゃう多作なワイリーのアーティストとしての生きざまを象徴してるような曲なんじゃないかと思った。

■Wiley 『Evolve Or Be Extinct』
Disc 1
1. Welcome To Zion
2. Evolve Or Be Extinct
3. Link Up
4. Boom Blast
5. I'm Skanking
6. Weirdo
7. Scar
8. Can I Have A Taxi Please ?
9. Miss You
10. Money Man
11. Customs
12. Immigration
13. I'm Only Human feat. Cashtastic and Tereza Delzz
14. This Is Just An Album

Disc 2
1. Ya Win Some, Ya Lose Some
2. Fire
3. No Love Lost
4. Cheer Up , It's Christmas
5. Life At Sea
6. Daiquiris
7. Confused feat. Manga
8. High And Lows

・Wileyの『Evolve Or Be Extinct』を試聴&ダウンロード⇒Evolve or Be Extinct - Wiley

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2012年04月16日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Creep / Macy Gray (Covered 収録)

 Macy Grayメイシー・グレイ、本名ナタリー・マッキンタイア)が通算6枚目のアルバム『Covered』をリリース。アルバムタイトル通りカヴァー集になっています。まずはトラックリスト。

■Macy Gray『Covered』
1. Here Comes The Rain Again (Eurythmics)
2. Creep (Radiohead)
3. You Want Them Nervous (skit) ft. J.B. Smoove
4. Smoke 2 Joints (The Toyes/ Sublime)
5. La La La (Teaching The Kids) ft. Layann Al Saud, Avery Albert, Happy Hinds & Siena Stelber
6. Teenagers (My Chemical Romance)
7. The Power of Love ft. Hugh Salk
8. Nothing Else Matters (Metallica)
9. Sail (AWOLNATION)
10. I Try Is Cool And All But… (skit) ft. Nicole Scherzinger
11. Maps (Yeah Yeah Yeahs)
12. Love Lockdown/Buck (Kanye West/Nina Simone)
13. Mel Rap ft. Mel Hinds
14. Bubbly ft. Idris Elba (Colbie Caillat)
15. Wake Up (Arcade Fire)
16. Really? (skit) ft. MC Lyte

 見てのとおり、ユーリズミックスマイ・ケミカル・ロマンスヤー・ヤー・ヤーズアーケイド・ファイア、果てはメタリカまでとメイシーのイメージからはちょっと遠いロック系のアーティストのカバーが中心でなかなか面白い選曲になってます。カニエ・ウェストとかもこれできたかーっていう意外な選曲。

 個人的な注目はやっぱりレディオヘッドの"Creep"。歪んだベース音と荘厳なキーボードの音がカッコイイ。メイシー独特のハスキーな歌声が意外と曲の雰囲気にあってて面白い。この曲の目玉であるあのギターフレーズもちょっとひねって使ってて印象的なアレンジになってます。

 それにしても個人的にはツボを突かれまくりの選曲でどれも聴きごたえがあって面白い。"Nothing Else Matters"とかカッコよすぎ。メイシーは今年で45歳らしいけど、比較的最近の曲も取り上げたりなんかしてて面白いですね。AWOLNATIONとか初めて知りました。

 このアルバムの曲や他のカヴァーだけやるライブとかあったら見てみたい!



【サイト内関連記事】
Lotus Flower / Radiohead (The King Of Limbs 収録)
ALL I NEED / RADIOHEAD (IN RAINBOWS 収録)
Where I End and You Begin (The Sky is Falling in.) / Radiohead (Hail to the Thief. 収録)
ANYONE CAN PLAY GUITAR / RADIOHEAD (PABLO HONEY 収録)
POP IS DEAD / RADIOHEAD (POP IS DEAD 収録)
PROVE YOURSELF / RADIOHEAD (PABLO HONEY 収録)
my iron lung / RADIOHEAD (the bends 収録)
There There. (The Boney King of Nowhere.) / Radiohead (Hail to the Thief 収録)
RADIOHEAD Japan Tour 2008@さいたまスーパーアリーナ 2日目

sweet dreams (are made of this) / EURYTHMICS (greatest hits 収録)
ONE / METALLICA (...AND JUSTICE FOR ALL 収録)
METALLICA@さいたまスーパーアリーナ World Magnetic Tour (guest:FEAR FACTORY、THE SWORD)
FAMOUS LAST WORDS / MY CHEMICAL ROMANCE (THE BLACK PARADE 収録)
Welcome To The Black Parade / My Chemical Romance (Welcome To The Black Parade 収録)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)
Zero / Yeah Yeah Yeahs (It's Blitz 収録)
Date With the Night / Yeah Yeah Yeahs (Fever To Tell 収録)
Honeybear / YEAH YEAH YEAHS (Show Your Bones 収録)
gold lion / YEAH YEAH YEAHS (Show Your Bones 収録)
RICH / Yeah Yeah Yeahs (Fever To Tell 収録)
YEAH YEAH YEAHS@品川ステラボール
Ready To Start / Arcade Fire (The Suburbs 収録)
Neighborhood #2 (Laika) / Arcade fire (Funeral 収録)
THE ARCADE FIRE@新木場STUDIO COAST
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2012年04月04日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. You da One / Rihanna (Talk That Talk 収録)

 バルバドス出身のシンガー、Rihannaリアーナ)の2011年11月リリースの6枚目のアルバム『Talk That Talk』(全英1位・全米3位)からの2ndシングルでアルバムの1曲目を飾る曲、"You da One"。US14位、UK16位。

 英米で1位をとったCalvin Harrisをフィーチャーしたアッパーな1stシングル"We Found Love"とは一転、ミドルテンポのリアーナ独特のちょっと粘っこいヴォーカルが堪能できるバラード。まぁ歌詞はありきたりなラブソングですね。

 相変わらずアルバムもキャッチーな曲が多い。個人的になお気に入りは、"Drunk On Love"とか、アルバムからの3rdシングルとなるJay-Zをフィーチャーしたタイトルトラック"Talk That Talk"とかかな。初期作品のようなダンスホール系の曲もまた聴きたいところだけど・・・(あえて言えば"You da One"はちょっとその要素あるけど。後、ちょっとのダブステップ要素も)

 リアーナと言えば、何といっても今年のSUMMERSONICに出演が決定(ヘッドライナー?)。日本と海外の人気格差が大きいだけにワンマンはちょっときついと思ってたからサマソニに期待してたんだよなぁ。裏のステージが誰だろうが観る気満々です。

■Rihanna 『Talk That Talk』
1. You Da One
2. Where Have You Been
3. We Found Love (ft. Calvin Harris)
4. Talk That Talk (ft. Jay
5. Cockiness (Love It)
6. Birthday Cake
7. We All Want Love
8. Drunk On Love
9. Roc Me Out
10. Watch N' Learn
11. Farewell

・Rihannaの『Talk That Talk (Deluxe Edition)』を試聴&ダウンロード⇒Talk That Talk (Deluxe Edition) - Rihanna


【サイト内関連記事】
Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2012年02月12日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. I Hate That You Love Me / Diddy-Dirty Money (Last Train to Paris 収録)

 Diddy-Dirty Moneyディディ − ダーティ・マネー)の2010年(UKや日本では2011年)リリースのデビューアルバム『Last Train to Paris』(全米7位、全英24位)。

 まずは、Diddy-Dirty Moneyのメンバー紹介。
Sean "Diddy" Combsショーン・"ディディ"・コムズ
Dawn Richardsドーン・リチャーズ) 元Danity Kane(ダニティ・ケーン)
Kalenna Harperカリーナ・ハーパー

 まぁ要するにBad Boy Records総帥のP.Diddyさんが作った新しい3人組ユニットってことです。もちろんリリース元はバッド・ボーイ。ディディのアルバムとしては通算5枚目になります。

 "I Hate That You Love Me"は『Last Train to Paris』収録曲。なんといってもピアノのループがむちゃくちゃカッコイイ。シンプルなフレーズで高揚感を生み出し、そこに少しずつうわもののリズムが加わっていくのが心地よいです。歌メロもGOOD!パフィのライムもなかなかイケてます。PVの方はシンプルなんだけど、それが曲の雰囲気に合っててカッコイイ。

 アルバムの方は、「ロンドンからパリへの失った愛を取り戻す旅」というのがコンセプトのようです。ディディ自ら"electro-hip-hop-soul funk"と形容するサウンド通り、エレクトロの要素が多く含まれています。Felix da HousecatErick MorilloDeep DishDJ Hellからの影響があるのだとか。どちらかというと"I Hate That You Love Me"は異色な部類に入るかも。

 結構気合が入ったのか、"Angels"(116位。以下すべてBillboard Hot100の順位)、"Hello Good Morning"(27位)、"Loving You No More"(91位)、"Coming Home"(12位)というシングル曲以外も、どの曲でもシングルカットできそうな楽曲が揃ってて、何気に捨て曲がないです。

 ゲストも、Swizz BeatzThe Notorious B.I.G.Chris BrownDrakeJames FauntleroySkylar GreyGrace JonesWiz KhalifaBilalRick RossSeven (of Richgirl)、Trey SongzT.I.Lil WayneJustin TimberlakeUsherと豪華。てか、ノトーリアスB.I.G.って(泣)

 旬が過ぎた感は否めないですが、Diddyさんまだまだイケます!カニエ・ウェストの『my beautiful dark twisted fantasy』なんかと比べてもそんなに遜色ないくらいかも。

・Diddy - Dirty Moneyの『Last Train to Paris (Deluxe Version)』を試聴&ダウンロード⇒Last Train to Paris (Deluxe Version) - Diddy - Dirty Money

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年03月11日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Check It Out (feat. will.i.am) / Nicki Minaj (Pink Friday 収録)

 本名Onika Tanya Maraj(オニーカ・タニヤ・マラージ)というインド系トリニダード人の女性ラッパー、Nicki Minajニッキー・ミナージュ)が、2010年にリル・ウェインのレーベル、Young Money Entertainmentよりデビューアルバム『Pink Friday』(全米1位)をリリース。

 "Check It Out"は、そのデビュー作からのシングル曲。The Black Eyed Peasザ・ブラック・アイド・ピーズ)のwill.i.amウィル・アイ・アム)をフィーチャーしたこの曲は、The Bugglesザ・バグルス)の"Video Killed the Radio Star"(ラジオスターの悲劇)をサンプリングしています。ニッキー・ミナージュの強烈なポップ性が原曲の雰囲気にマッチしてますね。

 私が通っているスポーツジムでも一時期頻繁に流れていて、初めて流れてるのを聴いたときは、バクルスの「アーウ、アーウ」って部分がすごく耳に残ってたけど、聞いているうちにニッキーのラップのフロウにハマってしまいました。なんか勢いに乗ってた時期のMissy Elliottを彷彿させられました。

 『ピンク・フライデー』には、ウィルの他にも、RihannaDrakeKanye WestNatasha Bedingfield等の豪華なゲストがフィーチャーされています。その中でもEMINEMをフィーチャーした"Roman's Revenge"が個人的にお気に入りかな。

 ちなみにニッキーのAlter-ego(分身)として、Roman Zolanskiローマン・ゾランスキ)というものがあるらしい。曲によって「Nicki Minaj」と「Roman Zolanski」を使い分けているんだとか。なんかエミネムで言うところの「Eminem」「Marshall Mothers」「Slim Shady」みたいですね。

 まぁ末永く活躍するかはわからないけど、「レディー・ガガとかにそろそろ飽きたなぁ、何か新しいのないかなぁ」とか思ってるような人にオススメです。

 最後に、共演・客演した様々なアーティストからのコメントを紹介。

マライア・キャリー:
「彼女とコラボできてとてもよかったと思ってるわ。彼女がビッグになる運命というのを感じたわ。私、彼女のスタイルとかフロウのファンなの。「フェイス(Up Out My Face)の曲を一緒に共演して楽しかったし、また何か一緒にやりたいと思っているわ。私、ヒップホップが大好きだし、将来また(彼女と)やりたいと思ってるの。前のもうまくいったし、彼女素晴らしいアーティストよ。人間的にもとてもクールな人だし、彼女の成功を心から喜んでいるわ。」

カニエ・ウェスト:
「ニッキーは歴史に残るアーティストになる可能性が高い。正直オレはイマ彼女が一番怖いと思う。」、「彼女は史上で2番目のラッパー(エミネムの次)になる可能性がある」

ウィル・アイ・アム:
「彼女はフレッシュだし、人としても素晴らしいよ。なんといっても音楽好きだし、表現力がすごいと思う。彼女は本物のアーティストだよ、自分で全て考えている。」

リアーナ:
「彼女には以前から一緒に仕事がしたいってオファーをしていたのよ。ラッパーだからラップを送ってくると思っていたら、実際に聴いたらとても素晴らしくて、暖かいバラードだったの。彼女の才能を感じて、彼女とはもっと曲を作りたいと思ったわ。」

ブルース・ウィリス:
「ニッキーがオレの名前を曲(「ユア・ラヴ」)に入れてくれて嬉しいよ。」
Regis & Kelly:
「アナタはガガ以上に成功するかもしれないわね」

リル・ウェイン:
「ニッキーはヴィジョンがはっきりしている。オレは彼女みたいなアーティストが自分のレーベルにいてくれて感謝しているぜ。オレが面倒見るはずなのに、それどころかオレは彼女からモチベーションを貰うことが多いんだ。」

ドレイク:
「彼女はフレッシュで本物のMCだよ。ニッキーにはいつも人を驚かせるクリエイティヴィティ(想像力)があるから大好きなんだ。」

・Nicki Minajの『Pink Friday』を試聴&ダウンロード⇒ピンク・フライデー - ニッキー・ミナージュ


【サイト内関連記事】
I Gotta Feeling / THE BLACK EYED PEAS (THE E.N.D. 収録)
DON'T PHUNK WITH MY HEART / THE BLACK EYED PEAS (MONKEY BUSINESS 収録)
THE BLACK EYED PEAS 「The E.N.D. World Tour」@さいたまスーパーアリーナ
The Real Slim Shady / EMINEM (THE MARSHALL MATHERS LP 収録)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)
Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年02月26日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

 2010年リリースのKanye Westカニエ・ウェスト)の傑作5th『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』(全米1位、全英16位)からの2ndシングル"Runaway"。ClipsePusha Tがフィーチャーされています。シングルチャートでは全米12位、全英56位を記録しています。Rolling Stone誌では2010年のベストソングのNo.1に選ばれています。

 全編にわたり鳴り続け強い印象を残すピアノの短音、ブーストするようなベース音(シンセベース?)、Backyard Heaviesの"Expo 83"からサンプリングされたドラム音からなるトラックの上をカニエの祈りにもにたラップ、というか歌が感動的な曲。「あなたと一緒にいたい」という気持ちと「愚かな自分から全力で逃げろ」という気持ちのせめぎ合いが歌われているのでしょうか。

 いたるところで絶賛されているこの5作目ですが、そのハイライトを飾っているとも言えるのがこの"Runaway"で、35分にも及ぶ同名のショートフィルムも制作されています。フィルムのストーリーとしては、人間とフェニックスの叶わぬ恋って感じでしょうか。カニエ自身が監督も務めているみたい。出来もかなりのものでカッコイイんだけど、そこが逆に私なんかは観ててちょっと笑ってしまいました。。これを大真面目に作れるカニエさんは、ホント大物だよって変な感心の仕方をしてしまいました。

 ここ3回連続、『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』からの曲を紹介してきて、アルバムの完成度もハンパなく、曲単体としても素晴らしい曲ばかりでもっと続けたいところですが、この辺で止めときます。あえてもう1曲選ぶとすればBon Iverがフィーチャーされた"Lost In The World"かな。そこからラストの"Who Will Survive In America"へ繋がっていくのとかカッコ良すぎです。

(参考)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

・Kanye Westの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を試聴&ダウンロード⇒My Beautiful Dark Twisted Fantasy - Kanye West


【サイト内関連記事】
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年01月23日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

 "POWER"は、Kanye Westカニエ・ウェスト)の2010年リリースの5作目『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』(全米1位、全英16位)からの1stシングルとしてリリースされ、全英36位・全米22位を記録している曲。ソウルシンガーのDweleをフィーチャーしています。

 何と言ってもこの曲で耳をひくのは、King Crimsonキング・クリムゾン)のプログレ史上に残る傑作"21st Century Schizoid Man"の大胆なサンプリング。あまりにも大ネタ過ぎて誰も使わなかったこの曲を使うところがカニエさんらしい。大ネタといえば90年代のPuff Daddy(現P.Diddy)にも通じるところがあるけど、パフィよりカニエの方がもっとスマートな使い方をしてる気がする。

 "21世紀のスキッツォイド・マン"以外にも、"POWER"には、フレンチディスコグループ CONTINENT NUMBER 6の"Afromerica"、Cold Gritsの"It's Your Thing"が使われています。"Afromerica"は下手すると"21世紀の〜"より効果的に使われてるかも。

 歌詞の方もなかなかカッコ良いのですが、その歌詞の中で米NBCのサタデー・ナイト・ライブについて批判してるんだけど、実際にこの曲をSNLに出演した際にその部分を変更して歌ったというエピソードがなんか妙にカニエっぽくて面白かったです。

 サンプリングついでに、『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の他の曲に使われてるサンプルや引用もまとめてみた。ロック好きとしては、"Hell of a Life"のブラック・サバスの"アイアン・マン"とか聞いてすぐ反応してしまいました。

・M1."Dark Fantasy"
 「"In High Places" - Mike Oldfield
・M2."Gorgeous"
 「"You Showed Me" - Gene Clark and Roger McGuinn
・M3."Power"
 「"It's Your Thing" - Cold Grits」, 「"Afromerica" - Continent Number 6」, 「"21st Century Schizoid Man" - King Crimson
・M7."So Appalled"
 「"You Are – I Am" - Manfred Mann’s Earth Band
・M8."Devil in a New Dress"
 「"Will You Still Love Me Tomorrow" - Smokey Robinson
・M9."Runaway"
 「"Expo 83" - Backyard Heavies」, 「"Rick James ‘Live at Long Beach, CA’1981"」
・M10."Hell of a Life"
 「"She’s My Baby" - the Mojo Men」, 「"Stud-Spider" - Tony Joe White」, 「"Iron Man" - Black Sabbath
・M11."Blame Game"
 「"Avril 14" - Richard JamesAphex Twin)」
・M12."Lost in the World"
 「"Soul Makossa" - Manu Dibango」, 「"Think (About It)" - Lyn Collins」, 「"The Woods" - Bon Iver」, 「"Comment No. 1" - Gil Scott-Heron
・M13."Who Will Survive In America"
 「"Comment No. 1" - Gil Scott-Heron

 YouTubeで聴き比べてる動画があった。これおもしろい。

(参考)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

・Kanye Westの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を試聴&ダウンロード⇒My Beautiful Dark Twisted Fantasy - Kanye West


【サイト内関連記事】
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)

21ST CENTURY SCHIZOID MAN including MIRRORS / KING CRIMSON (IN THE COURT OF THE CRIMSON KING 収録)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年01月22日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

 2000年代の音楽シーンを代表するプロデューサー/ラッパー/シンガー、Kanye Westカニエ・ウェスト)の2010年リリースの5作目『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』。全米1位、全英16位。

 リリース当初からPitchfork Mediaで10点満点、Rolling Stone誌でも5点満点を獲得し、年末のリリースにも関わらず、前述の2メディアを含め、Spin誌やBillboard誌の他多数のメディアで年間チャートの1位を記録して話題になってます。

 その評価に違わずなかなか聴きどころの多い作品で、ある意味過剰すぎて、どの曲を紹介していいのかわからなかったので、とりあえず過剰ついでに、過剰なまでに豪華なアーティストがゲスト参加したこの"All Of The Lights"を紹介。

 まずはこの曲の参加アーティスト一覧(クレジットには表記されてません)
John Legend(ジョン・レジェンド)
The-Dream(ザ・ドリーム)
Ryan Leslie(ライアン・レスリー)
Tony Williams(トニー・ウィリアムス)
Charlie Wilson(チャーリー・ウィルソン)
Elly JacksonLa Roux)(エリー・ジャクソン)
Alicia Keys(アリシア・キーズ)
Fergie(ファーギー)
Kid Cudi(キッド・カディ)
Rihanna(リアーナ)
Elton John(エルトン・ジョン)

 どんだけ過剰なんだ?って(笑)アルバムではこの曲の前にピアノとストリングスだけの"All of the Lights (Interlude)"が有るくらいの凝りよう。そこも過剰。正直どこで出てきてるのか分からない人もいたりしますが、この中でもリアーナのフィーチャーっぷり際立ってて、この曲の核になってますね。

 ホーンの音がすごく効いてて、印象的な高速ビートも相まってすごく高揚感があります。そして、カニエ自身のラップがこれまたカッコイイ。リリックに"MJ gone...our nigga dead!"なんてのも出てきますね。あぁマイケル。。

 この曲は、アルバムからの4枚目のシングルとして2011年1月18日にリリースされています。2011/01/22付けの最新全米シングルチャートでは88位ですが、これからどんどん上昇していくことでしょう。また、ミュージックビデオもリアーナをフィーチャーして撮影が行われているそうです。(2011.02.20追記:PV完成しました)

(参考)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

・Kanye Westの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を試聴&ダウンロード⇒My Beautiful Dark Twisted Fantasy - Kanye West


【サイト内関連記事】
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)

Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)

Girlfriend / alicia keys (songs in A minor 収録)
You Dont Know My Name / Alicia Keys (The Diary of Alicia Keys 収録)
Fallin' / alicia keys (songs in A minor 収録)

Bulletproof / La Roux (La Roux 収録)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年01月20日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)

 バルバドス出身のシンガー、Rihannaリアーナ)の2010年リリースの5thアルバム『LOUD』(全米3位、全英1位)からリードシングル曲"Only Girl (In the World)"。US・UKともにシングルチャートで1位を記録しています。この曲で4年連続UKシングルチャートで1位獲得(さらに年が明けて"What's My Name?"が全英・全米で1位獲得で5年連続)の快挙を達成してます。第53回グラミー賞で「the Best Dance Recording」部門にノミネート中(発表は2月23日)。

 "Only Girl (In the World)"はシンセの効いたダンスポップナンバーで、手掛けたのは、3rd『Good Girl Gone Bad』収録で世界中で大ヒットした"Don't Stop The Music"と同じくノルウェーのプロダクションチームStarGateで、"ドンド〜"にも通じるアッパーなサウンドが気持ちいいですね。「世界に私一人しか女性がいないかのように感じさせてほしいの」と歌われるラヴソングで、"be my prisoner for the night"(私の夜の囚人になって)っていうフレーズとかいいですねぇ。 

 アルバムは、この曲や、1曲目の"S&M"などStarGate作品以外にも、"Complicated"などのアップテンポなナンバーがあったり、DrakeをフィーチャーしたAvril Lavigneの"I'm With You"を使った"What's My Name"、銃声を表してたユニークなコーラスが印象的な"Man Down"とか、ミドルテンポの曲もかなりポップで耳馴染みの良い仕上がりになってると思います。Nicki Minajをフィーチャーした初期のリアーナが歌ってそうなダンスホールっぽい"Raining Men"も個人的に好き。

 そして、やはり注目は"Love the Way You Lie (Part II)"。リアーナをフィーチャーしたEMINEMの『Recovery』収録の大ヒット曲を、逆にエミネムをフィーチャーしてリアーナの歌をメインにしたバージョン。Jay-ZとAlicia Keysそれぞれの"E
mpire State of Mind"みたいな感じ。これかなり良いです。iTunesではこれのピアノヴァージョンも購入できます。

 前作『Rated R』はそれこそ『R指定』な大人の魅力を押しだした作品で、たしかに悪くはないけどちょっと地味な印象はあって、やっぱり今作のようなリアーナを期待してた人は多いのかも。発売2カ月ほどで、すでに前作のセールスを上回る勢いのようだし。モノクロでクールな前作のジャケットと今作の真っ赤な髪と口紅のリアーナのジャケット写真がその作風の違いを顕著に表していますね。

・Rihannaの『Loud (Bonus Track Version)』を試聴&ダウンロード⇒Loud (Bonus Track Version) - Rihanna


【サイト内関連記事】
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2011年01月19日(水)

Related Posts with Thumbnails