1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '20
  3. フジロック2020「ROOKIE A GO GO」出演者一覧まとめ #fujirock #キープオンフジロック

FUJI ROCK FESTIVAL '20フジロック2020)、新人の登竜門的ステージ『ROOKIE A GO GO』(ルーキー・ア・ゴー・ゴー)の出演者一覧です。

フジロックのROOKIE A GO-GO

今年は残念ながら新型コロナ禍の影響でフジロック自体の開催が来年へと延期されてしまったため、オーディションを勝ち抜いたのに出演できないと言うなんとも悔しいことになりましたが、本来開催予定だった日程で行われるYouTube配信『FUJI ROCK FESTIVAL'20 LIVE ON YOUTUBE』内の「ROOKIE A GO-GO 2020 LIVE」枠で紹介されることが決定。

事前に都内のライブハウス、リキッドルームで撮影された映像が流れるそうです。
以下、その出演者を一覧にまとめます。

尚、来年のフジロックのメインステージへの出演権利をかけた投票企画「来年目指すはメインステージ」もWEB投票で行われるので参考にどうぞ。(投票期間 8月21日(金)配信開始〜10月31日(土)まで)

各アーティストごとに1曲ずつですが、動画を貼り付けておきます。
(プロフィールはフジロックオフィシャルサイトより引用)

【ROOKIE A GO-GO@フジロック2020 一覧】


■初日・8月21日(金) 22:10頃~

Bearwear


Member
Vo. Kazma Kobayashi, Ba. Kou Ishimaru ライブメンバー:Gt. Kato Mitsuki, Gt. Ayumu Sugiyama, Dr. Yuya Takahashi
Profile
Bearwear は2016年に Kazma(Lyric/Vo)、kou(Music/Arrange/Ba)の2人を中心に結成されたインディ/エモバンド。様々なジャンルのバンドからサポートメンバーを迎え、フレキシブルな体制で活動をしている。

2018年春にリリースしたシングル「e.g.」はUS インディーロック からの造詣深いサウンドアプローチに、ポップなボイスワークが目に光る楽曲達はチルホップさも兼ね備え、ネット上のインディ・ファンの間で注目を浴びる。エモシーンのみならず、ハードコア、インディロック、ポップスシーンなどからも注目を集める。エコーチャンバー現象をモチーフに現代社会を切り取ったセカンドミニアルバム『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』を2020年3月にリリース。

Twitter:@bearwear_jp
Instagram:bearwearjp
note: https://note.com/bearwearjp
・Bearwear - e.g. (Official Music Video)


SARM


Member
Vo: SARM
Profile
唯一無二のヴィンテージボイスとパワフルなライブパフォーマンスで魅了するシンガーソングライター。 自らの歌のルーツであるJAZZ , Blues , Soulを活かし、最新の音楽を融合させる新しい音楽スタイルを確立し、注目を集めている。国内に留まらず、台湾、香港、タイなどのアジア圏やオーストラリアでのライブも盛況に収めた。また音楽のみならず、独自のスタイルを表現したファッション性も評価され、2020/1/12に配信された1st EP” I don’t wanna do “では、ファッション誌Commons & Senseの編集長、佐々木香とタッグを組みMVを制作するなど、各方面で活動中。

オフィシャルサイト:https://www.sarm.jp/
・Muscari


[スポンサードリンク]


■2日目・8月22日(土) 21:40頃~

GAME CENTER


Member
Vo: 水野雄基 Gt/Cho: Michimaru
Profile
2018年結成。水野(Vo)とMichimaru(Gt/Cho)からなる2ピースバンド。ライブメンバーが複数存在しており、ライブごとに様々なメンバーが入れ替わり演奏する。1st EP 「I HAVE TO GO HOME」を自主レーベル PURE ARROW Recordingsからリリース。USインディ/エモから強く影響を受けた作品で現在は完売。2020年にTOKEI RECORDSに移籍し1st Single 「さよならサバーバン」をリリース。USインディの影響は残しつつも、日本詞や日本のフォークに影響を受けた新たな方向性を示す一作となっている。

オフィシャルサイト:https://tokeirecords.com/artists/game-center
・GAME CENTER ”さよならサバーバン” (Official Music Video)


MÖSHI


Member
Rap, Vo
Profile
NY在住のミュージシャン、ファッションデザイナー。
ロンドンのセントラルセントマーチンズ芸術大学を卒業後、UNIQLOからスポンサーシップを得て、ニューヨークのパーソンズ美術大学院に在学中。ミュージシャンとしては4月から7月までTOWER RECORDSによるウェブメディアTOWER DOORSにてPOWER PUSHアーティストに選ばれ、Mikiki等で特集される。「出れんの!?スパソニ!?」最終LIVE審査通過中。9月発売予定のULTRA-VYBEによる新世代コンピレーションアルバム「S.W.I.M.」にも参加。ファッションデザイナー、アーティストとしては装苑賞で2度の入選、LUMINE meets ART AWARDアートインスタレーション部門ファイナリストなど。現在はNY、London、東京の芸術大学生が中心となり発足したコレクティブLaastcの中心メンバーとして活動している。

Twitter:@the_moshi
Instagram:moshi_the
Instagram:laastc
・MÖSHI - Back And Forth (Prod by Pause Catti) | TOWER DOORS


[スポンサードリンク]


■3日目・8月23日(日) 20:25頃~

草田一駿


Member
草田一駿(pf)宮地遼(b)井口なつみ(ds)窪田想士(vib)朝田拓馬(gt)
Profile
1999年生まれ。 5歳よりクラシックピアノを始める。 13歳よりジャズやロック等を聴き始め 同時に作曲も始める。2016年、Seiko Summer Jazz Camp 2016にてBest Composition and Arrangement Award 受賞。2019年、ディズニーの、映画「ライオンキング」のオフィシャルソングを担当した同い年のR&BシンガーRIRIと共演。2020年「出れんのスパソニ」最終候補に選出。

オフィシャルサイト:https://www.kazutoshisohta.com/
・Kazooshi - Ideal


American Dream Express


Member
Tomas(Vo) Yo(Syn&per) Kaito(Gt) Hibiki(Gt) Go(Ba) Natsuki(Dr)
Profile
2019年1月下北沢結成。紅一点多国籍6人組サイケデリックロックバンド。
ボーカル、トマースの叙情的リリックとメランコリックな唄い。
西海岸サイケデリックロックシーンを彷彿させる空気感。
シンプルでダンサブルなビートにヘンテコで破滅的なギターサウンド。
ジャパンからワールドへ。
ダンスミュージックをサイケデリアの中で追及するユニバーサルな新時代のロック。

Twitter:@adexpress_band
Instagram:americandreamexpress
・AMERICAN DREAM EXPRESS - Make Me Stoned (official video)


参考までに過去の歴代出演者を一覧にまとめておきます。

【フジロックROOKIE A GO-GO 歴代出演者一覧】


【2019年】
KOTORI
E.scene
HOPI
paranoid void
mildrage
ゆうらん船
君島大空
森永陽実とイル・パラディソ
YAZEKA
World Maps
AGATHA
んoon
揺らぎ
MIRRROR
dodo

【2018年】
東京塩麹
底なしのバケツのようにざらざら
paionia
東郷清丸
突然少年
THE RODEOS
RiL
ANYO
1inamillion
裸体
Manhole New World
阿佐ヶ谷ロマンティクス
いーはとーゔ
NOT WONK
GLARE SOUNDS PROJECTION

【2017年】
イロハオーケストラ
CHAI
ヘンショクリュウ
踊Foot Works
NENGU
バレーボウイズ
tatara
MINAKEKKE
バスクのスポーツ
落差草原 WWWW / Prairie WWWW
おとぼけビ〜バ〜
THE GURL
fornow
King Gnu
ディープファン君

【2016年】
踊る!ディスコ室町
LOVE SPREAD
The Taupe
Nao Kawamura
yahyel
50/50's
Gi Gi Giraffe
Wanna-Gonna
polloca
Gateballers
HERO COMPLEX
SIX LOUNGE
羊文学
South Penguin
MONO NO AWARE

【2015年】
SABANNAMAN
DAM
オールドローズ
Atomic stooges
Walkings
THE FULL TEENZ
told
D.A.N.
Hysteric Picnic
BOMBORI
Tempalay
Taiko Super Kicks
ampel
umber session tribe
Two Lead

【2014年】
Manic Sheep
Yogee New Waves
吉田ヨウヘイgroup
Cubetone
Dizzy Sunfist
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
SHOKA OKUBO BLUES PROJECT
The fin.
ARTIFACT OF INSTANT
Wedance
Potlucks
Suchmos
Creepy Nuts(R-指定 & DJ 松永)
odol
秘密のミーニーズ

【2013年】
静カニ潜ム日々
Homecomings
爆弾ジョニー
ircle
ミツメ
MONSTER大陸
ENTHRALLS
森は生きている
My Hair is Bad
水中図鑑
THE OTOGIBANASHI'S
bacho
溺れたエビの検死報告書
音の旅crew
鬼の右腕

【2012年】
STERUSS
Tam Tam
下山
NINGEN OK
ヤセイ・コレクティブ
KETTLES
思い出野郎Aチーム
アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
THE MASHIKO
deepNow
THE KEYS
ばけばけばー
NOA
ボトルズハウス
マクマナマン

【2011年】
cero
SiM
TADZIO
空きっ腹に酒
ヤーチャイカ
ZeZeZaZa
NOKIES!
mOt
股下89
AWAYOKUBA
KING COLUMBIA
THE XXズ
The kingstompers
Super Spreaders
ヘルメッツ

【2010年】
女王蜂
快速東京
踊ってばかりの国
HEY-SMITH
The SALOVERS
99RadioService
宇宙人
core of bells
go chic
THE RICH
carib jams
HIGURASHI RECORDS INC.
ALT
アラゲホンジ
カンタス村田とサンバマシーンズ

【2009年】
SuiseiNoboAz
撃鉄
JariBu Afrobeat Arkestra
壊れかけのテープレコーダーズ
nenem
泰山に遊ぶ
レイト
KATE SIKORATHE CENTERHITS
THE DESCRIPTIONS
animanimus
Harp On Mouth Sextet
打首獄門同好会
ボウズマンズ
マヒルノ

【2008年】
mudy on the 昨晩
OLEDICKFOGGY
YOLZ IN THE SKY
24-twofour-
テングインベーダーズ
でぶコーネリアス
乍東十四雄
AFRICAEMO
太平洋不知火楽団
MOTHER
imamon 
カルマセーキ
うつぼ
SUBMARINE
Charlie Brown&Baseball Team

【2007年】
THE BAWDIES
avengers in sci fi
a flood of circle
group_inou
サイプレス上野とロベルト吉野
GELLERS
LITE
KINGDOM☆AFROCKS
mass of the fermenting dregs
DOIMOI
BO-PEEP
The Jerry of Beat's
Nikujaga
THE SPYZZ
soul dimension

【2006年】
ザ50回転ズ
ズクナシ
オレスカバンド
sister jet
ヤパニ!
SAMURAI HIGH
VENI VIDI VICIOUS
THE BAND OF GREMERS
swan
TEX&the Sun Flower Seed
六畳人間
OHIO101
Moody☆Rudy
TEGWON
CLARABELL

【2005年】
The Cherry Coke$
STAN
ワッツーシ ゾンビ
マッカーサー・ア・コンチ
Herish
ロザンナ
MOTOR MUSTANGQUATTRO
Lucky13
understatements
かまボイラー
pocketLife
dub'n'rush
the CHICKEN masters
ジャズネコ

【2004年】
アナログフィッシュ
風味堂

SAKE ROCK
FLUID
ダムダム団
サザンハリケーン
ソープランド揉美山
東京リズム
ザ・サーキュレーターズ
HOLSTEIN
The Sushi Cabaret Club
THE HOMESICKS
POMERANIANS
Empty Black Box

【2003年】
サンボマスター
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Limited Express(has gone?)
SABROSURA DEL SONIDO
rallypapa & carnegiemama
ラウンドスケープ
BOTH CHEESE
ピンクフラミンゴMG
Dogggy style
コンタクト
FANTASY★S CORE
田中雄一郎
BLUE?
グランド・モナーク
MOCMOCREW

【2002年】
ART-SCHOOL
SPARTA LOCALS
DOPING PANDA
Spinna B-ill & The Cavemans
JET MARIE GO-AROUND
MERENGUE
Bivattchee
惑星
インビシブルマンズデスベッド

【2001年】
セツナブルースター
monoral
babamania
サンプリングサン
ザ・マーガレットラブランジェリー
COCK ROACH


フジロック2018「ROOKIE A GO-GO」出演アーティストまとめ
フジロック2019「ROOKIE A GO-GO」出演アーティストまとめ

※2000年以前の情報募集中

出演者の予習はAmazon Music Unlimitedがおすすめ。30日無料です。
Amazon Music Unlimited

FUJI ROCK FESTIVAL '20
日時:2020年8月21日(金)、22日(土)、23日(日)
場所:新潟県湯沢町苗場スキー場

フジロック2020の最新情報はこちらで更新していきます。
Fuji Rock Festival '20

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '16
Fuji Rock Festival '17
Fuji Rock Festival '18
Fuji Rock Festival '19
カテゴリ : Fuji Rock Festival '20 ・ comments(0) K 
2020年08月20日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. 【随時更新】2020年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系 #ヒップホップ #テクノ

2020年のおすすめ洋楽の楽曲をつらつらまとめていきます。(2020.09.22最終更新)
2020年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系

HIP HOPヒップ・ホップ)/R&BTechnoテクノ)/Houseハウス)系を主に紹介します。

以下、ジャンル別にまとめてます。
HIP HOP / R&B / Soul
Dance / Techno / House
Reggae

ROCKやPOP系はこちら
2020年のおすすめ洋楽曲 ROCK・POP系

邦楽はこちら。
2020年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト

※詳細があるものはタイトルがクリックできます。
※曲名 / アーティスト名 (収録アルバム名)
※YouTubeの埋め込みを使ったらページが重くなりすぎたのでやめました。
下記ボタンがYouTubeへのリンクになっています。
youtube start

HIP HOP / R&B / Soul

CTRL / M.I.A.


M.I.A.の新曲。曲と同時に「ウィキリークス」共同創設者ジュリアン・アサンジを支持するメッセージも出しています。
youtube start

Brown Skin Girl / Beyoncé (The Lion King: The Gift 収録)


ビヨンセ、映画『ライオン・キング(原題:The Lion King)』のインスパイアアルバムからBeyoncé, Blue Ivy, SAINt JHN, WizKid名義の曲。
youtube start

Point The Finger feat. Riley Gale / BODY COUNT (Carnivore 収録)


ラッパー、ICE-T率いるヘヴィメタル/ハードコア・バンド、ボディ・カウントの3月6日リリースのアルバム収録曲。Power Tripのライリー・ゲイルをフィーチャー。
youtube start

Call My Phone Thinking I'm Doing Nothing Better / The Streets (None of Us Are Getting Out of This Life Alive 収録)


ザ・ストリーツ、7月10日リリースのMIIX TAPEから、Tame Impalaをフィーチャーした曲。
youtube start

Come & Go / Juice WRLD ft. Marshmello (Legends Never Die 収録)


昨年亡くなったラッパー、ジュース・ワールドがマシュメロとコラボした曲。死後にリリースされたアルバムに収録。
youtube start

Ego Death / Ty Dolla $ign


タイ・ダラー・サインのカニエ・ウェスト、FKAツイッグス、スクリレックス、サーペントウィズフィートといった豪華アーティストが参加したシングル。
youtube start

Ooh LA LA feat. Greg Nice & DJ Premier / Run The Jewels (RTJ4 収録)


Killer MikeとEl-Pによるデュオ、ラン・ザ・ジュエルズの6月3日リリースの4作目からのリード曲。【曲詳細
youtube start

Wash Us In The Blood / Kanye West


カニエ・ウェスト、トラヴィス・スコットをフィーチャーしたシングル。
youtube start

Savage Remix (feat. Beyoncé) / Megan Thee Stallion


アメリカのラッパー、メーガン・ザ・スタリオンのEP『Suga』に収録されていた曲のビヨンセをフィーチャーしたリミックス。全米1位。
youtube start

Toosie Slide / Drake


ドレイクの新曲。楽曲のリリース前からダンスが話題になっていました。ビデオではドレイクの自宅も公開。
youtube start

Say So / Doja Cat (Hot Pink 収録)


カリフォルニア出身のシンガー/ラッパーのドージャ・キャット、2019年リリースのアルバムからシングルカットされた大ヒット曲。
youtube start

Time / Childish Gambino (3.15.20 収録)


俳優としても活動するDonald Gloverによる音楽プロジェクト、の通算4枚目となるアルバム収録曲。アリアナ・グランデをフィーチャー。【曲詳細
youtube start

Blinding Lights / The Weeknd (After Hours 収録)


ザ・ウィークエンド、3月20日リリースのアルバムからの全米1位ヒット曲。
youtube start

The Box / Roddy Ricch (Please Excuse Me for Being Antisocial 収録)


カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、ロディ・リッチの昨年リリースのアルバムからの4thシングル。全米11週連続No.1を記録。
youtube start

Life Is Good ft. Drake / Future


フューチャーとドレイクのコラボシングル。ミュージックビデオには21 Savageなどがカメオ出演しています。
youtube start

Stop This Flame / Celeste


BBC Sound of 2020で1位を獲得したUKのシンガー、セレステのシングル。彼女初のUKチャート入り曲。
youtube start

To Die For / Sam Smith (To Die For 収録)


イギリスのシンガー、サム・スミスの3年ぶりとなる3rdアルバムのタイトルトラック。
youtube start

Darkness / Eminem (Music To Be Murdered By 収録)


エミネム、1月17日リリースの通算11枚目のアルバム収録曲。サイモン&ガーファンクルの"Sound of Silence"のメロディが使われています。ラスベカスで起こった銃乱射事件を題材にラップ。
youtube start

Underdog / Alicia Keys (Alicia 収録)


アリシア・キーズのエド・シーランなどと共作したシングル。プロデュースはスノウ・パトロールのメンバーでもあるジョニー・マックデイド。
youtube start

[スポンサードリンク]


Dance / Techno / House

Synthesizer (feat. Nathan Ball) / Faithless (All Blessed 収録)


UKの電子ユニット、フェイスレスの10月23日リリースの約10年ぶりのアルバムからのリード曲。
youtube start

I'm In The Doorway feat. Oh Land / Tricky (Fall To Pieces 収録)


トリッキー、9月4日リリースの4年ぶり通算14作目のアルバム収録曲。ポーランドのデンマークのアーティストOh Landをフィーチャー。
youtube start

My Only Love / Moby (All Visible Objects 収録)


モービー、5月15日リリースのアルバム収録曲。アルバムの売り上げは全て慈善団体に寄付されます。
youtube start

No Concept / Matmos (The Consuming Flame: Open Exercises in Group Form 収録)


米ボルティモアの電子音楽デュオ、マトモスの8月21日リリースのアルバム収録曲。デヴィッド・グラブスがゲスト参加。アルバムには計99人のゲストが参加しています。
youtube start

Swarm / Asian Dub Foundation (Acces Denied 収録)


エイジアン・ダブ・ファウンデイション、5月29日リリースの約5年ぶりのアルバム収録曲。
youtube start

Views / Noga Erez


イスラエルのエレクトロニックアーディスト、ノガ・エレズの2月リリースのシングル。Ori Roussoとアメリカのラッパー、Reo Cragunをフィーチャー。【曲詳細
youtube start

Nonbinary / Disclosure (ENERGY 収録)


ディスクロージャー、8月28日リリースの約5年ぶりとなるアルバムのタイトルトラック。
youtube start

Nonbinary / Arca (KiCK i 収録)


ベネズエラ出身のトラックメイカー/プロデューサーのアルカ、今年リリース予定のアルバムからのリード曲。
youtube start

Get Out On The Dancefloor / Groove Armada


エレクトロニックデュオ、グルーヴ・アルマダ、今年リリース予定の10年ぶりのアルバムからのリード曲。
youtube start

You're Too Precious / James Blake


ジェイムス・ブレイク、4月24日デジタルリリースの新曲。
youtube start

Deal Wiv It with slowthai / Mura Masa (R.Y.C. 収録)


ムラ・マサの1月17日リリースの2ndアルバムからのシングル。英ラッパー、スロータイフィーチャー。【曲詳細
youtube start

Teenage Headache Dreams / Mura Masa (R.Y.C. 収録)


エレクトロニックミュージック・プロデューサー/マルチインストゥルメンタリストのムラ・マサの1月17日リリースの2ndアルバムからのシングル。英オルタナロックバンド、Wolf Aliceのエリー・ロウゼルをボーカルにフィーチャー。【曲詳細
youtube start

Baby (Feat. Ellie Goulding) / Four Tet (Be Up A Hello 収録)


キーラン・ヘブデンのソロプロジェクト、フォー・テットの3月リリースのアルバムからエリー・ゴールディングをフィーチャーした曲。
youtube start

Terminal Slam / Squarepusher (Be Up A Hello 収録)


スクエアプッシャー、1月31日リリースの15枚目のアルバム収録曲。ミュージックビデオは東京で撮影。
youtube start

Hawk Kings (Oseberg Buddhas Buttonhole) / The Orb (Abolition Of The Royal Familia 収録)


アレックス・パターソン率いるジ・オーブ、3月27日リリースのアルバムからのリード曲。
youtube start

Reggae

Three Little Birds (feat. Ziggy Marley) / Toots and the Maytals (Got to Be Tough 収録)


レゲエのレジェンド、トゥーツ・アンド・メイタルズの10年ぶりのアルバムからボブ・マーリーのカバー。しかも、ボブの息子、ジギー・マーリーをフィーチャー。
youtube start

Rasta Nah Eat Pork / Horace Andy (Pick Me Up Off The Floor 収録)


Massive Attackとのコラボでも知られるレゲエシンガー、ホレス・アンディのEP収録曲。
youtube start

JAZZ

I'm Alive / Norah Jones (Pick Me Up Off The Floor 収録)


ノラ・ジョーンズ、5月8日リリースのアルバム収録、Wilcoのボーカリスト、ジェフ・トゥイーディーとの共作曲。
youtube start

twitterで@ksmusicを見る
feedlyに登録

[スポンサードリンク]


【サイト内関連記事】
2020年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト
2020年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
2019年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
2019年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
2018年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
2018年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
2018年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
2017年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
2017年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
2017年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
2020年08月15日(土)