1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Happy / Pharrell Williams (G I R L 収録)

 Pharrell Williamsファレル・ウィリアムス)の大ヒット曲"Happy"。四の五の言わずにとりあえずYouTubeで動画と一緒に聴いてください。ハッピーになれます。

・Happy / Pharrell Williams


 一応簡単に説明しておくと、プロデューサーとしても大活躍のファレル・ウィリアムスの8年振りとなるソロアルバム『G I R L』(全米2位、全英1位)からのシングル曲。元々は映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』(原題『Despicable Me 2』)に使われて、全米/全英だけでなく世界各国のシングルチャートでNo.1を獲っています。効果的に使われる手拍子がこれまた幸せな気分になりますね。

 ちなみにこの曲のビデオは24時間それぞれのバージョンが作られていて、「24hoursofhappy.com」で公開されています。また、世界中で各国バージョンが作られてYouTubeとかにいっぱい上がっているので良かったら探してみてください。

 超余談ですが、今日は私の結婚記念日(1周年)なのでこの曲を今日の1曲にします。

■Pharrell Williams 『G I R L』収録曲

1."Marilyn Monroe" (written by Williams and Ann-Marie Calhoun)
2."Brand New" (duet with Justin Timberlake)
3."Hunter"
4."Gush"
5."Happy" (from Despicable Me 2)
6."Come Get It Bae"
7."Gust of Wind"
8."Lost Queen" (includes hidden track "Freq" with JoJo)
9."Know Who You Are" (duet with Alicia Keys)
10."It Girl"


【サイト内関連記事】
FRONTIN' / PHARRELL FEATURING JAY-Z (THE NEPTUNES PRESENT... CLONES 収録)
Get Lucky (featuring Pharrell Williams) / Daft Punk (Random Access Memories 収録)
Blurred Lines (Ft. T.I. + Pharrell) / Robin Thicke (Blurred Lines 収録)
Spaz / N*E*R*D (SEEING SOUNDS 収録)


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年04月29日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. It’s On Again / Alicia Keys featuring Kendrick Lamar (Music from and Inspired by The Amazing Spider-Man 2 収録)

 R&BシンガーのAlicia Keysアリシア・キーズ)がラッパーのKendrick Lamarケンドリック・ラマー)をフィーチャーした曲"It's On Again"を発表しました。

・Alicia Keys - It’s On Again (from The Amazing Spider-Man 2) ft. Kendrick Lamar


 この曲は映画『アメイジング・スパイダーマン2』のサウンドトラック『Music from and Inspired by The Amazing Spider-Man 2』からのリードシングルで、映画のエンディングテーマにもなっています。アリシア・キーズとケンドリック・ラマーの他に、映画の音楽を担当したHans Zimmerハンス・ジマー)と、プロデューサーを務めたPharrell Williamsファレル・ウィリアムス)によって書かれています。

 アリシア・キーズとケンドリック・ラマーが共演!ってことでかなり期待して聴いたんですが、ケンドリックが登場するのはイントロの部分だけで、基本的にはアリシアの曲って感じ。映画音楽のハンス・ジマーが関わってるということで、まぁ割とベタな要素もありつつって感じでしょうか。楽曲的には平均点な気はしますが、映画の世界観を踏襲したビデオで見目麗しいアリシアさんと、演技をしてるファレルが見れるのが評価ポイントかな。個人的にはもっとガッツリとタッグを組んだ作品を待ってます。

 それにしてもファレルの仕事量の多さに脱帽です。


V.A. -『Music from and Inspired by The Amazing Spider-Man 2』収録曲リスト
1. "I'm Electro"
2. "There He Is"
3. "I'm Spider-Man"
4. "My Enemy"
5. "Ground Rules"
6. "Look at Me"
7. "You Need Me"
8. "So Much Anger"
9. "I Need to Know"
10. "Sum Total"
11. "I Chose You"
12. "We're Best Friends"
13. "Still Crazy"
14. "You're That Spider Guy"
15. "It's On Again"
16. "Song for Zula"
17. "You Know You Like It (Trap Remix)"
18. "Here"
19. "Honest"
20. "Electro Remix"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Fallin' / Alicia Keys (Songs in A Minor 収録)
You Don't Know My Name / Alicia Keys (The Diary of Alicia Keys 収録)
Girlfriend / Alicia Keys (Songs in A Minor 収録)
Swimming Pools (Drank) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)
Poetic Justice (featuring Drake) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)
i / Kendrick Lamar (To Pimp a Butterfly 収録)



(2017.11.11最終更新)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年04月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Same Love featuring Mary Lambert / Macklemore & Ryan Lewis (The Heist 収録)

 現地時間2014年1月26日(日本時間1月27日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた第56回グラミー賞で、主要部門の1つ、最優秀新人賞(Best New Artist)を含む計4部門を受賞したMacklemore & Ryan Lewisマックルモア&ライアン・ルイス)。その授賞式でも披露された曲"Same Love"を紹介。

(参考)
第56回グラミー賞、受賞者/結果まとめ

 デビューアルバム『The Heist』からの4枚目のシングルとして2012年の7月にリリースされ全米チャート11位を記録しています。

 曲のテーマは「同性愛」。同性愛者である叔父を持つマックルモアの経験をふまえつつ、キリスト教的社会、ヒップホップ界で特に差別の対象となるテーマに切り込んだ作品になっています。この曲がリリースされた年の暮れに彼の出身地であるワシントン州では同性婚が法的に認められたり、ラッパーのFrank Oceanフランク・オーシャン)がカミングアウトしたりと、この曲の影響という訳ではないと思うけど、まさに名曲がしかるべきときに産み落とされたという感じでしょうか。

 この曲を感動的にしている要素の一つであるコーラス部分は、自身も同性愛者であるシンガーのMary Lambertメアリー・ランバート)によるもの。このパートはわずか2時間で書き上げたそうです。"She Keeps Me Warm"(『Welcome to the Age of My Body』収録)という曲でこのパートから派生した曲を発表しています。

 歌詞の内容については国内盤がリリースされていないため(全米2位を始め、世界中で大ヒットしているにも関わらず・・・)、自分でがんばって和訳するなり、ググれば訳してくれているサイトもあるのでそちらを参照してください。と、いいつつ、まずはこの曲の素晴らしいミュージックビデオを観てください。曲の本質を見事に描ききったPVになっています。男女で愛し合う事、親子/家族で愛し合う事、そして同性同士で愛し合う事、つまるところ全て等しく愛であることだと思います。

・MACKLEMORE & RYAN LEWIS - SAME LOVE feat. MARY LAMBERT (OFFICIAL VIDEO)


 惜しくもノミネートされていた最優秀楽曲賞(Song Of The Year)は逃したこの曲ですが、授賞式でのパフォーマンスも感動的でした。メアリー・ランバートと、トロンボーン・ショーティーをゲストに迎え曲が始まり、曲の途中で性別、人種など様々な組み合わせのカップルが指輪の交換をし愛を誓い合う場面をクライマックスに、なんとあのMadonnaマドンナ)まで登場し、彼女の"open your heart"を挟み込むというステージを見せました。いつまで公開されているかわかりませんが、下に動画を貼っときます。

・Macklemore & Ryan Lewis, Mary Lambert & Madonna performing - The Grammy's 2014


 さすがにこれだけ話題になれば国内盤は当然出るでしょうが、それより一足先に来日公演が決まっています。2014年3月26日(水)SHIBUYA-AX(OPEN 18:00 / START 19:00)の1公演のみのプレミアム公演となるので時間のある人は絶対観ておいた方がいいと思います。



【サイト内関連記事】
Thrift Shop featuring Wanz / Macklemore & Ryan Lewis (The Heist 収録)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年01月28日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. The Monster (featuring Rihanna) / Eminem (The Marshall Mathers LP 2 収録)

 2000年代、世界で最もCD/レコードを売り上げたアーティスト、Eminemエミネム)が、アメリカだけで1千万枚(世界で2千万枚)売り上げた、自身の本名を冠した2000年作『The Marshall Mathers LP』の続編となる8枚目のアルバム『The Marshall Mathers LP 2』をリリース。当然のように英米で初登場1位を獲得。アメリカでは初週で79万枚のセールス。

 "The Monster"はそんなアルバムからの4枚目のシングル。Rihannaリアーナ)をフィーチャーした曲で、シングルチャートでも英米共に1位の大ヒット曲。タイトルにもなっている"モンスター"はエミネムという破格の才能、一人の人間マーシャル・マザーズからある意味一人歩きして大きくなっていくパブリックイメージであるエミネム、様々な意味を含んでいそうですね。前作『Recovery』でも"Love the Way You Lie"で共演し大ヒットさせ、この曲に花を添えるリアーナもまたモンスターという感じ。エミネム自身も彼女の事を大絶賛しています。

・Eminem - The Monster (Explicit) ft. Rihanna


 この"The Monster"やFun.Nate Ruessを迎えた"Headlights"なんかはさすがにメジャー感あふれる音になってますね。それ以外にもリック・ルービンをプロデュースに迎えた1stシングル"Berzerk"(ルービンを迎えてBeastie Boysへのオマージュを捧げるなんて泣ける!)や15秒間に97単語をぶち込んだまさに神のようなラップスキルを披露した"Rap God"など硬派な曲も良いです。話題のラッパー、ケンドリック・ラマーを迎えたコミカルな"Love Game"もいい。

 さすがに時代を象徴するってアーティストではもう無いかもしれないけど、まだまだ健在って感じの作品です。


■Eminem 『The Marshall Mathers LP 2』 クレジット
1. "Bad Guy" Part 1 produced by S1, M-Phazes Part 2 produced by StreetRunner, Vinny Venditto
2. "Parking Lot" (skit) Eminem
3. "Rhyme or Reason" Rick Rubin, Eminem
4. "So Much Better" Eminem, Luis Resto
5. "Survival" DJ Khalil
6. "Legacy" Emile
7. "Asshole" (featuring Skylar Grey) Alex da Kid, Eminem
8. "Berzerk" Rick Rubin
9. "Rap God" DVLP, Filthy
10. "Brainless" Eminem, Luis Resto
11. "Stronger Than I Was" Eminem, Luis Resto
12. "The Monster" (featuring Rihanna) Frequency, Aalias
13. "So Far..." Rick Rubin
14. "Love Game" (featuring Kendrick Lamar) Rick Rubin
15. "Headlights" (featuring Nate Ruess) Emile, Jeff Bhasker, Eminem
16. "Evil Twin" Sid Roams, Eminem



【サイト内関連記事】
The Real Slim Shady / EMINEM (THE MARSHALL MATHERS LP 収録)
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)
You da One / Rihanna (Talk That Talk 収録)
Swimming Pools (Drank) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)
Poetic Justice (featuring Drake) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)



カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(2)  
2013年12月22日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Thrift Shop featuring Wanz / Macklemore & Ryan Lewis (The Heist 収録)

 シアトル出身のラッパー、Macklemoreマックルモア)とプロデューサー、Ryan Lewisライアン・ルイス)からなるヒップホップ・デュオ、Macklemore & Ryan Lewisの大ヒット曲"Thrift Shop"。インディーズからのリリースながら全米2位、全英25位を記録した2012年のアルバム『The Heist』からの最後のシングルとして昨年8月にリリースされたものが、徐々にランクを上げて今年頭にかけてUSチャート1位にまで上り詰め、UKでも1位、その他10カ国以上でNo.1になっています。

 タイトルにもなったスリフトショップとはリサイクル店や古着屋を指し、ブランドショップで高いお金を出して服などを買って、しかも同じような物を着てる人がいっぱいいるようなことになるより、そういうところで時間をかけて自分にとって本当に良い物を探し当てる楽しさについてリリックが綴られています(←中古レコードを漁るDJ文化にも通じる物がありますね)。金ピカの装飾品を身につけ金持ってるアピールをする黒人ラッパーへの皮肉も込められてるのだとか。そういや彼らを有名にしたシングル"Same Love"が同性愛についての曲で、同性愛に嫌悪を示す事の多いヒップホップ文化の中に一石を投じたものになっていて、それに通じる物がありますね。

 音の方はサックスのループが効果的に使われていて、すごく耳に残ります。黒人シンガー、Wanzの歌うフックの部分も曲の中にそんなに頻繁に出て来る訳じゃないのに、とてもインパクトがあります。もちろんマックルモアのラップも良いです!実際にThrift Shopで撮影したシーンも出てくるPVもとても楽しいですね。YouTubeでこれを書いてる8月末時点で再生回数4億回というわけのわからん数をたたき出しています(笑)

 この曲(ビデオも含め)、同じく全米1位を獲得した"Can't Hold Us"等の印象が強いためか、アルバムもパーティーアルバムになってるんじゃないかと思ったら、先述の"Same Love"の様にシリアスというか、哀愁のあるサウンドを聴かせる曲が意外と多いのが意外でした。結構深みがあって何度でも聴きたくなる作品になっていると思います。

■Macklemore & Ryan Lewis 『The Heist』収録曲
1. Ten Thousand Hours
2. Can't Hold Us
3. Thrift Shop
4. Thin Line
5. Same Love
6. Make The Money
7. Neon Cathedral
8. Bombom
9. White Walls
10. Jimmy Iovine
11. Wings
12. A Wake
13. Gold
14. Starting Over
15. Cowboy Boots

・マックルモア&ライアン・ルイスの『The Heist (Deluxe Edition) 』を試聴&ダウンロード→

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年08月24日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Blurred Lines (Ft. T.I. + Pharrell) / Robin Thicke (Blurred Lines 収録)

 米ロサンゼルス出身のシンガー/ソングライター、Robin Thickeロビン・シック)の大ヒット曲"Blurred Lines"。全米/全英を始め世界20カ国近くで1位を獲得し現在(これを書いているのは2013年8月22日)もNo.1を独走中。この曲が1曲目に収録されている、ロビンの6枚目となるアルバム『Blurred Lines』も英米で1位を獲得しています。

 ラッパーのT.I.とシンガー/プロデューサーのPharrell Williamsをフィーチャーしているセクシーかつダンサブルで楽しい曲になっています。俳優の父Alan Thickeと女優の母Gloria Loringを持つ長身で碧眼の伊達男ロビンがT.I.とファレルを引き連れ、美女(モデルのEmily Ratajkowski、Elle Evans、Jessi M'Bengue)を侍らすミュージックビデオを地でいくような歌詞もいい感じ。PVは2バージョンあって、先述の3人がヌードを披露するunrated versionは必見。"ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪"というなんともな邦題もこの曲なら良いかなって思います。

 ちなみにこの曲、ロビンがファレルにMarvin Gayeの“Got To Give It Up”のようなフィーリングの曲を作りたいと言って2人で約1時間半で作り上げたんだとか。しかし、それが原因か、マーヴィンの遺族から曲が似ていると著作権侵害で訴訟を起こされたとか。ま、個人的には雰囲気は似てるけど、メロディをパクったとかではないと思う。これで侵害だったらビートルズとか裁判だらけですね・・・。

 同じくFunkadelicの"Sexy Ways"を引用してるとして、その権利を持つ音楽出版社Bridgeport Musicも訴訟を起こしているらしい。でも当のジョージ・クリントンは「ロビン・シックの“Blurred Lines”に、ファンカデリックの“Sexy Ways”は使われていない。俺たちはロビン・シックとファレルをサポートする」とツイートしてるんだとか。器が違いますね。きっとマーヴィンも生きてたら笑って済ますと思うんだけど。

 何はともあれ、この曲を始めアルバム全体を通して、ファンキーかつソウルフル、そしてセクシーな曲が詰まってて、とても楽しい作品になってます。こりゃ流行るわ!

■Robin Thicke 『Blurred Lines』収録曲
1. Blurred Lines [feat. T.I., Pharrell]
2. Take It Easy On Me
3. Ooo La La
4. Ain't No Hat 4 That
5. Get In My Way
6. Give It 2 U [feat. Kendrick Lamar]
7. Feel Good
8. Go Stupid 4 U
9. 4 The Rest Of My Life
10. Top Of The World
11. The Good Life
12. Pressure
13. Put Your Lovin On Me

・Robin Thicke の『Blurred Lines』を試聴&ダウンロード→
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年08月23日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Black Skinhead / Kanye West (Yeezus 収録)

 Kanye Westカニエ・ウェスト)が、Jay-Zとのコラボ作『Watch the Throne』(2011年)をはさみ、ソロとしては傑作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』以来3年ぶり、6枚目となるスタジオアルバム『Yeezus』(イーザスと読みます)を6月(日本盤は7月)にリリース。エグゼクティブプロデューサーはリック・ルービン。全米・全英ともに1位を獲得。

 "Black Skinhead"は『Yeezus』からの1stシングル。アルバムに先駆けてマーティン・スコセッシ監督の『The Wolf of Wall Street』のトレイラーで使用された他、Saturday Night Liveにて披露されていました。マリリン・マンソンの"Beautiful People"を連想させる(サンプリング?)ドラムビートが鳴り響くダークなロックサウンドが印象的。この曲ではDaft Punkの2人をプロデュースに迎えてますが、エレクトロ色が薄めなので面白い。KKKを連想させるシングルのジャケットも含め、パンクなアティチュードが全編に漲ってます。

 アルバム全体の第1印象としては「暗い」し、かなりアーティスティックなもの。詳しく歌詞を理解できなくても、伝え聞く話や曲のタイトル、そして曲調からして非常にコントラバーシャルな作品になっているのがよくわかります。もうちょっと今流行のEDMとかダブステップに寄った音作りをするかなと思ったけど、その要素を取り入れつつもその一つ上の次元に存在してますね。白眉は、曲名からして挑戦的な"I Am A God"とニーナ・シモンがビリー・ホリデイの"奇妙な果実"をカバーしたものをサンプリングした"Blood On The Leaves"かな。

 「ただリアルな音楽を作ったのみだ」とカニエ自身が語るようにアルバムカバーなどの装飾も一切なし、そしてこの曲調だと結構聴くのに体力がいりますが、アルバムの最後にメロウな"Bound 2"がくると妙にホッとしますね。

 アルバムには、前述のダフト・パンク、 前作にも関わっていたボン・イヴェールのジャスティン・バーノン、Hudson Mohawke、Frank Ocean、Kid Cudi、No.I.D.等多数のアーティスト、プロデューサーが参加。全リストは英語版のwikipedia等で確認してください。

■Kanye West『Yeezus』収録曲
1."On Sight"
2."Black Skinhead"
3."I Am a God" (featuring God)  (vocals by Justin Vernon)
4."New Slaves"  (vocals by Frank Ocean)
5."Hold My Liquor" (vocals by Chief Keef and Justin Vernon)
6."I'm in It" (vocals by Justin Vernon and Assassin)
7."Blood on the Leaves"
8."Guilt Trip" (vocals by Kid Cudi)
9."Send It Up" (vocals by King L)
10."Bound 2" (vocals by Charlie Wilson)

【サイト内関連記事】
THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
I still love H.E.R. feat.KANYE WEST / TERIYAKI BOYZ (I still love H.E.R. 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)
All Of The Lights / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年07月06日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Bring the Noize / M.I.A. (Matangi 収録)

 M.I.A.エム・アイ・エー)が新曲"Bring the Noize"を公開しました。この曲はリリースが延期になっている4枚目のアルバム『Matangi』に収録予定。プロデュースは元Major LazerのSwitchとSurkin。UKシングルチャート151位。

 高速ビートのって繰り出される高速リリック。相変わらずチープと言えばチープなサウンドだけど、言葉の強度だけで有無を言わさぬパワーを発信できるのはさすがの一言。2種類あるミュージックビデオも、M.I.A.らしいと言えばらしいものになっています。

 2010年の『Maya』以来、2012年にシングル『Bad Girls』はあったものの、途中来日キャンセルなんてものもあったし、新作『Matangi』も当初は2013年1月、そして4月とアナウンスされつつも6月現在未リリース。で、秋にはリリースされるらしいけど・・・。とにかくサマソニは絶対来てね!2007年に渋谷のクアトロで観たのが懐かしい。

 ちなみにアルバムタイトル『Matangi』は彼女の本名のMathangi "Maya" Arulpragasam(タミル語表記:மாதங்கி 'மாயா' அருள்பிரகாசம்)から来てます。基本的に彼女のアルバムタイトルは名前シリーズですね。"Matangi"と"Mathangi"で微妙に違うのが気になりますが。

【サイト内関連記事】
PULL UP THE PEOPLE / M.I.A. (ARULAR 収録)
GALANG / M.I.A. (ARULAR 収録)
PAPER PLANES / M.I.A. (KALA 収録)
M.I.A.@渋谷クラブクアトロ
Born Free / M.I.A. (/\/\ /\ Y /\ 収録)
XXXO / M.I.A. (MAYA 収録)



カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年06月29日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Poetic Justice (featuring Drake) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)

 2012年の各メディアの年間ベストアルバムの上位にランキングされたKendrick Lamarケンドリック・ラマー)の2ndアルバム『good kid, m.A.A.d city』(全米2位・全英16位。「m.A.A.d」は"My Angry Adolescence Divided"と"My Angel's on Angel Dust"のダブルミーニング)からの3rdシングルとして1月にリリースされた曲、"Poetic Justice"。全米シングルチャート26位。プロデュースはScoop DeVille。

 カナダのラッパー、Drakeドレイク)がフィーチャーされたこの曲は、Janet Jacksonジャネット・ジャクソン)の"Any Time, Any Place"を使用したメロウな曲。DeVilleとのスタジオセッションの時にたまたまこの曲がラジオから流れてきたのがきっかけで選んだらしい。ちなみにジャネットがあのTupac Shakurと共演した映画のタイトルが『Poetic Justice』。日本語にすると「勧善懲悪」や「因果応報」ってことらしいけど、ちょっと歌詞の内容との関連性は英語のニュアンスの問題か、あまりよくわかりませんでした。。。よくわからんけど「詩的正義」って響きがいいね。

 ちなみに彼の出身地であるコンプトンは貧困層の多い地域で全米でも有数の犯罪率を誇る土地で、Dr.Dre(このアルバムにも参加してます)を輩出したことでも知られるギャングスタのメッカ。でも、あまりケンドリックからはギャングスタな匂いはしないですね。ギャングスタな生き様を誇るというよりも、その世界から抜け出そうとしてる感じでしょうか。アルバムはそんな彼の半生を描いたコンセプトアルバムになっているので、通しで聴くと良いですね。

 というわけで、"Swimming Pools (Drank)"に続き2曲連続でケンドリック・ラマーを紹介。2012年の作品だけど国内盤は今年リリースだし、フジロックにもやってくるし、要チェックです。Black Hippyブラック・ヒッピー)というラップ・グループにも参加してるらしので、そちらも聴いてみたいです。

■Kendrick Lamar 『(good kid, m.A.A.d city』収録曲
1. Sherane a.k.a. Master Splinter’s Daughter
2. Bitch, Don't Kill My Vibe
3. Backseat Freestyle
4. The Art of Peer Pressure
5. Money Trees (featuring Jay Rock)
6. Poetic Justice (featuring Drake)
7. good kid
8. m.A.A.d city (featuring MC Eiht)
9. Swimming Pools (Drank) (Extended Version)
10. Sing About Me, I’m Dying of Thirst
11. Real (featuring Anna Wise)
12. Compton" (featuring Dr. Dre)

・Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city (Deluxe)』を試聴&ダウンロード⇒good kid, m.A.A.d city (Deluxe) - Kendrick Lamar


【サイト内関連記事】
Swimming Pools (Drank) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年04月16日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Swimming Pools (Drank) / Kendrick Lamar (good kid, m.A.A.d city 収録)

 カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、Kendrick Lamarケンドリック・ラマー)。2012年10月リリースのメジャーデビュー作(通算2作目)となるアルバム『good kid, m.A.A.d city』からの2ndtシングル曲"Swimming Pools (Drank)"。全米シングルチャート17位、全英57位を記録。アルバムには"Extended Version"として収録。

 テーマはアルコール依存。アルコール中毒であったケンドリックの祖父がそれが元で亡くなったこと、そして、その事実がケンドリックをアルコール依存に走らせたのだとか。アルコール依存を止めようとする人物(彼の良心)が登場するも、結局は酒に溺れてしまう様が描かれています。酒で満たされたプールに沈み込むような暗く重いトラックが印象的。コーラス部分が特にカッコイイですね。フジロック'13での来日も決まっているので、"drank"の部分だけでもコールできると盛り上がるかも。

 全米2位、全英16位を獲得したこの『good kid, m.A.A.d city』はBBCやピッチフォークでの年間ベストをはじめ、各メディアでも上位を獲得し、2012年を象徴するアルバムとされています。次の曲紹介もこのアルバムからもう1曲選ぼうと思います。
(追記)Poetic Justice (featuring Drake) / Kendrick Lamar

■Kendrick Lamar 『(good kid, m.A.A.d city』収録曲
1. Sherane a.k.a. Master Splinter’s Daughter
2. Bitch, Don't Kill My Vibe
3. Backseat Freestyle
4. The Art of Peer Pressure
5. Money Trees (featuring Jay Rock)
6. Poetic Justice (featuring Drake)
7. good kid
8. m.A.A.d city (featuring MC Eiht)
9. Swimming Pools (Drank) (Extended Version)
10. Sing About Me, I’m Dying of Thirst
11. Real (featuring Anna Wise)
12. Compton" (featuring Dr. Dre)

・Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city (Deluxe)』を試聴&ダウンロード⇒good kid, m.A.A.d city (Deluxe) - Kendrick Lamar
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2013年04月15日(月)

Related Posts with Thumbnails