1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Rain Come Down / Vince Staples (Big Fish Theory 収録)

 カリフォルニアはロングビーチ出身のラッパー、Vince Staplesヴィンス・ステイプルズ)の2017年6月リリースの2ndアルバム『Big Fish Theory』(全米16位・全英58位)の最後を飾る曲"Rain Come Down"。

・Vince Staples - Rain Come Down


 アルバムでも半数近くの曲を手がけるZack Sekoffによる不穏なエレクトリックビートに、Ty Dolla $ignタイ・ダラ・サイン)による「Rain come down」のリフレインが印象的な曲。サウンドも歌詞も近年のHIP HOPのサウンドの流行りからかけ離れた雰囲気がある。2017年のベスト・ヒップホップ・トラックはKendrick Lamarの"Humble."で間違いないと個人的は思ってたけど、この曲の中毒性はそれを超えそう。

 意味深なミュージックビデオは、同じく『Big Fish Theory』から先行でシングルリリースされヒットした"Big Fish"の続きなのかな?続編があるのか気になるところ。

・Vince Staples - Big Fish


 アルバムにはTy Dolla $ignの他にも、Bon Iverことジャスティン・ヴァーノンやKilo Kish、Gorillazで共演したデーモン・アルバーン、ケンドリック・ラマーやA$AP Rocky、Rick Rossなど錚々たるメンツがゲストで参加。プロデュースも先述のザック・セコフの他、Christian RichやGTA、Sophie、Flumeなどが手がけています。メンツからもなんとなくわかるけど結構Electronic musicよりの人選になっています。デトロイトテクノ的なものにしたかったらしい。イギリスのグライムっぽいところもありますね。全12曲で36分しかない潔さも良いです。本作リリース時はまだ23歳のヴィンス・ステイプルズ。今後も期待!


Vince Staples -『Big Fish Theory』収録曲リスト
1. "Crabs in a Bucket"
2. "Big Fish"
3. "Alyssa Interlude"
4. "Love Can Be..."
6. "Ramona Park Is Yankee Stadium"
7. "Yeah Right"
8. "Homage"
9. "Samo"
10. "Party People"
11. "BagBak"
12. "Rain Come Down"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2017年10月01日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. Arma / Grapevine (Roadside Prophet 収録)

 2017年、デビュー20周年を迎えたGrapevineグレイプバイン)がリリースしたシングル"Arma"。作詞・田中和将、作曲・亀井亨。オリコンシングルチャート20位。

・GRAPEVINE - Arma(Music Video)


 おおらかなメロディを奏でるギターロック。イントロから鳴り響くホーンが20周年を祝うようでもありつつ、バインならではの憂いも感じるサウンドになっているのがイイ!歌詞の「このままここで終われないさ」とか「物語は終わりじゃないさ」というフレーズが20年よりさらに先への決意を歌いながら、「無限にあるはずの未来が 掴みかけてはまた遠ざかる 手を伸ばせもっと 届かないのもそれがご愛嬌」と目標や野望があるようでいて、それが実現できなくても別にいいじゃんという飄々とした感じがまたバインらしい。

 この曲は2017年9月6日にリリースされた彼らの15枚目のアルバム(ミニアルバムは除く)『Roadside Prophet』(オリコン15位)にも収録されています。インタビューでは20周年感を出したのはこのシングルだけで、アルバムはあまり意識せずに作ったとのこと。前作『BABEL, BABEL』が割と異色作でしたが、今作はセルフプロデュースだし、亀井作曲の曲が多数を占めるという事もあってか王道のグレイプバイン節が聞ける作品になっていて、正直私のめっちゃ好みの作品です。

 それにしても、20年でフルアルバム15枚、ミニアルバムもリミックスアルバムなんかもあって、それってすごい事だと思う。しかも、ハズレなし。さっきの歌詞の話じゃないけど、バンド全体のゆるい佇まいが私の大好きな奥田民生に通じるところがありますね。というか、20周年記念で行われたツアー『GRUESOME TWOSOME』で対バンした民生率いるユニコーンとは、もともと友達同士が集まったバンドじゃないってとこもそっくりだなぁ。

 10月からはアルバムを引っさげてのツアーもあります。久々にワンマンも見てみたいな。

Grapevine -『Roadside Prophet』収録曲リスト
01. Arma
02. ソープオペラ
03. Shame
04. これは水です
05. Chain
06. レアリスム婦人
07. 楽園で遅い朝食
08. The milk(of human kindness)
09. 世界が変わるにつれて
10. こめかみ
11. 聖ルチア

・20th Anniversary Limited Edition (CD+DVD+ピクチャーフレーム仕様)
(DVD収録内容) 「GRAPEVINE VIDEOS 2017 – 20th Anniversary Limited Edition −」
GRAPEVINE STUDIO LIVE 2017
01. 覚醒
02. EAST OF THE SUN
03. KOL(キックアウト ラヴァー)
04. Arma
05. スロウ
06. CORE
07. 吹曝しのシェヴィ
08. 放浪フリーク
「Arma」music video
「RECORDING DOCUMENT 2017」
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
JAPAN CIRCUIT Vol.20 in SHIBUYA-AX(アナログフィッシュ、ART-SCHOOL、GRAPEVINE、エレファントカシマシ)
その未来 / GRAPEVINE (d e racin e 収録)
GRAPEVINE@Shibuya-AX「tour 2005 sweet home adabana」 感想&セットリスト
光について / Grapevine (Lifetime 収録)
Grapevine@赤坂BLITZ 感想&セットリスト
長田進 presents bar MALPASO@品川ステラボール (guest:GRAPEVINE、奥田民生、KUMI&NAOKI (LOVE PSYCHEDELICO)、他)
真昼の子供たち / GRAPEVINE (真昼のストレンジランド 収録)
Grapevine@SHIBUYA-AX TOUR 2011
GRAPEVINE × plenty@品川ステラボール 感想&セットリスト
MISOGI / GRAPEVINE (MISOGI EP 収録)
GRAPEVINE Club Circuit 2012@渋谷CLUB QUATTRO (グレイプバイン、アナログフィッシュ)
GRAPEVINE / くるり 『MUSIC COMPLEX 2014 winter』@豊洲PIT 感想&セットリスト
GRAPEVINE@Zepp Tokyo (guest:ユニコーン) 『GRUESOME TWOSOME』 感想&セットリスト

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2017年09月26日(火)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails