1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '17
  3. フジロック2017、出演者第1弾発表!ビョーク、エイフェックス・ツイン、The xxなど23組決定 #fujirock

Fuji Rock Festival 17フジロック2017)の出演者第1弾発表がありました。

・FRF'17 出演アーティスト第1弾発表!


第1弾で発表されたのは以下の23組。

■Fuji Rock Festival '17 出演アーティスト 第1弾

Aphex Twin
Bjork
LCD Soundsystem
Lorde
Major Lazer
Queens Of The Stone Age
The xx
Asgeir
Bonobo
Catfish And The Bottlemen
Eden
Elvin Bishop
Father John Misty
Goldroom
The Lemon Twigs
Lukas Graham
Maggie Rogers
The Marcus King Band
Rhye
Sampha
Sturgill Simpson
Temples
Western Caravan
[スポンサードリンク]


フジロック第1弾きましたね。
まずはビョーク。これはGreen Stageのトリの1組であることは間違いないでしょう。
後2日分のヘッドライナーはこの中にいるのかはわかりませんが、個人的にはThe xxあたりはトリにしてもおかしくないのではないかと思います。(ホワイトのトリがグリーンのトリ前が濃厚かもしれないけど)

その他の見所としては、再結成したLCDサウンドシステムQOTSAなどの大物ロック系、前回の出演で話題をさらったロードの再登場などなど。

ダンス系ではメジャー・レイザーボノボ、何と言ってもエイフェックス・ツインが熱い!
もしかして、エイフェックスはグリーンのトリ?
ボノボは最新作にフィーチャーされていたライも出るってことで共演もあるかも。

その他、キャット・フィッシュ・アンド・ボトルメンテンプルズと言ったバンドに、個人的に第注目のサンファなど若手もしっかりおさえているところがさすがです。
昨年"7 years"を大ヒットさせたルーカス・グラハムあたりもこれを機に日本でも人気がでるかも。

なんだか個人的にはサマソニの第1弾がガッカリだったので、やっぱフジロックだよなぁっていう思いのする第1弾でした。

(参考)
サマソニ2017第1弾

最新情報はこのブログでもお伝えしていきます。
Fuji Rock Festival '17

FUJI ROCK FESTIVAL '17
日時:2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日)
場所:新潟県湯沢町苗場スキー場

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '16

カテゴリ : Fuji Rock Festival '17 ・ comments(0)  
2017年02月10日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave/Post Punk
  3. Grain By Grain / Arto Lindsay (Cuidado Madame 収録)

 Arto Lindsayアート・リンゼイ)が2004年の『Salt』以来13年ぶりとなるソロアルバム『Cuidado Madame』(邦題:『ケアフル・マダム』)を2017年1月6日にリリース。"Each To Each"はアルバムの1曲目。

・GRAIN BY GRAIN - Arto Lindsay | Cuidado Madame (2017)


 グシャッとしたビートにポストパンク的なベースにノイズ。そこからオリエンタルなメロディが入り優しげなアートの歌が始まる。すごくヘンテコな曲なんだけど、ポップ。アルバムを再生して一番最初の出だしの部分で一気に心を持ってかれた。

 アルバムの参加メンバーは、以前からよく活動を共にしてきたメルヴィン・ギブス(ベース)に加え、ポール・ウィルソン(キーボード)、カッサ・オーバーオール(ドラムス)、パトリック・ヒギンズ(ギター)、マイク・キング(オルガン)という若手のジャズ系のミュージシャンを起用。

 録音はニューヨークとリオデジャネイロ。エレクトリックなサウンドとジャズ的アプローチ。アヴァンギャルドでキレのいいギター、そして全体に流れるブラジルのエッセンス。アート・リンゼイと言えば、No Waveを代表するバンド、DNAだったり、フェイクジャズ・The Lounge Lizards、Ambitious Loversから始まる自身のルーツであるブラジル(3歳から17歳まで住んでいて、現在も在住。カエターノ・ヴェローゾやガル・コスタ、マリーザ・モンチなどのプロデュースも行っています)音楽と、様々な顔を持っていますが、本作にはそのどれも入っていて、アートリンゼイ入門としても最適な1枚なのではないでしょうか。本作と同時に廃盤となっていた『Prize』、『Invoke』、『Salt plus Two』も再発されたらしいので、気に入った方はそちらもチェック。

 以下、トリビア。アルバムタイトル「Cuidado Madame」は1970年に作られたJúlio Bressane監督によるブラジル映画(英題:「Beware, Madame」。日本版のタイトルと微妙に違いますね。。。)から取られたもの。YouTubeに上がってたので貼っておきます。ポルトガル語がわかる方はどうぞ。

・Cuidado Madame (Julio Bressane, 1970)


 またアルバムジャケットに映る美術品は、タイ王国現代アート芸術家のRirkrit Tiravanija(リクリット・ティーラワニット)のものだそうです。
 

Arto Lindsay -『Cuidado Madame』収録曲リスト
1. GRAIN BY GRAIN
2. EACH TO EACH
3. ILHA DOS PRAZERES
4. TANGLES
5. DECK
6. VÃO QUEIMAR OU BOTANDO PRA DANÇAR
7. SEU PAI
8. ARTO VS. ARTO
9. UNCROSSED
10. UNPAIR
11. PELE DE PERTO
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


カテゴリ : New Wave/Post Punk ・ comments(0)  
2017年02月07日(火)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails