1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. 青白い月 / fra-foa (宙の淵 収録)

 青白い月笑ってるよ ここのあざは もう 消えないけど♪

 今年解散したfra-foa(フラホア)の2ndシングル"青白い月"(1stアルバム『宙の淵』収録)。幼い頃に亡くなったVo.三上ちさこ(作詞作曲)の兄について歌われてる曲です。ゆっくり静かな出だしからサビにかけてノイジーなギターが爆発していく、かなりグランジな曲。この曲はあのスティーブ・アルビニによるプロデュースでなるほどなって感じ。サビの「青白い♪」ってとこの声がなんとも言えない。

・fra foa - 青白い月 (Aojiroi Tsuki) PV


 やっぱこのバンドといえば三上ちさこなんだけど、ソロになって最近アルバムもでましたね。試聴した感じだとプロデューサーがROVOの益子ってこともあり、なんだか人力トランスって感じで、fra-foaとはまた違った感じになってました。あーfra-foa時代にライブ見たかったなぁ。


【サイト内関連記事】
light of sorrow / fra-foa (13 leaves 収録)
小さなひかり。 / fra-foa (13 leaves 収録)
カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0) K 
2005年10月25日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. FAST AS YOU CAN / FIONA APPLE (WHEN THE PAWN 収録)

 Cuz I'm tired of whys, choking on whys, Just need alittle because, because♪

 先日約6年ぶりのアルバム『extraordinary machine』を発表したFIONA APPLEフィオナ・アップル)のその前作にあたるアルバム『WHEN THE PAWN』収録曲"FAST AS YOU CAN"。この曲は彼女のボーイフレンドに対する警告ソングだそうです。彼女自身のピアノとすごく軽やかでノリのいいドラムが印象的な曲。

・Fiona Apple - Fast As You Can


 この曲はテンポのいい曲だけど、アルバム全体的にはゆったりめの曲が多く、彼女の伸びのあるしっとりした歌声から、時にはパティ・スミスのようなドスの効いた声までいろんな側面を見ることができます。あー、新作も聞きたくなってきた。そしてライブも見てみたいなぁ。

 ちなみにアルバムタイトル「真実」は正式には

 「WHEN THE PAWN HITS THE CONFLICTS HE THINKS LIKE A KING WHAT HE KNOWS THROWS THE BLOWS WHEN HE GOES TO THE FIGHT AND HE'LL WIN THE WHOLE THING 'FORE HE ENTERS THE RING THERE'S NO BODY TO BATTER WHEN YOUR MIND IS YOUR MIGHT SO WHEN YOU GO SOLO, YOU HOLD YOUR OWN HAND AND REMEMBER THAT DEPTH IS THE GREATEST OF HEIGHTS AND IF YOU KNOW WHERE YOU STAND, THEN YOU KNOW WHERE TO LAND AND IF YOU FALL IT WON'T MATTER, COZ YOU'LL KNOW THAT YOU'RE RIGHT」

です。長っ!!ちなみに訳すと

 「戦場に赴く歩兵は 王様のように考えるの 戦いの中では 知識こそがとどめをさせるから そして彼はリングに上がらずとも すでに勝利を手に入れているわ 知性を武器にしたとき 叩きのめす相手など存在しないのだから だから独りで歩き出すときには 自分を信じて 自分を深めることだけが、頂上へと導いてくれるのだと覚えていなさい そして自分が何処に立っているかを分かっていれば 何処に向かえばいいのかも分かるはず もしも途中でつまずいたとしても、大したことじゃない だってあなたの中にこそ”真実”はあるのだから」

 このタイトルは音楽史上最長らしい。
カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0) K 
2005年10月24日(月)

Related Posts with Thumbnails