1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Bills / LunchMoney Lewis (Bills EP 収録)

 アメリカはマイアミ出身のソロアーティスト、LunchMoney Lewisランチマネー・ルイス、本名:Gamal Lewis)のヒット曲"Bills"。『Bills EP』収録。

・LunchMoney Lewis - Bills (Official Video)


 一度聴いたら耳から離れないちょっとコミカルなサウンドと歌声がクセになりますね。私は結構、全米ヒットチャートをチェックしてるんですが、この数ヶ月そのチャートには入ってないこの曲を有線かなんかで毎日のように聴いててずっと気になってたんですが、どうやら全英チャートでは2位、オーストラリアでは1位を記録するほどの大ヒットのようです。最近になってやっとビルボードでもランクアップしてきてるみたい。

 この人は見た目もなかなかファニーな感じで(ちっちゃい小錦みたい)、ちょっと一発屋的にヒットしたのかなって思ったりもしましたが、Nicki MinajやJessie Jなどに曲を提供していたりとソングライターとしての実績もあるようで、この曲以外も気になるところですね。

 ちなみに彼のお父さんと叔父さんはレゲエを代表するバンド、Inner Circleのメンバー、Ian LewisとRoger Lewisだそうです。夏に向けて日本でも人気が出そうなので、今のうちにチェック!


Lunchmoney Lewis -『Bills EP』収録曲リスト

・LunchMoney Lewisの『Bills EP』を試聴&ダウンロード

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2015年06月10日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. 3 O'Clock Blues / B.B. King (Singin' the Blues 収録)

 B.B. KingB.B.キング)ことRiley Ben Kingが2015年5月14日に89歳で亡くなりました。哀悼の意を込めて彼の代表曲"3 O'Clock Blues"(Three O'Clock Blues)を紹介。

・BB King - Three O' Clock Blues


 1952年にリリースされ全米R&Bチャートで1位を獲得した、彼にとっての最初のヒット曲。56年のデビューアルバム『Singin' the Blues』に収録。オリジナルは48年にリリースされたLowell Fulsonによるもの。2000年にはエリック・クラプトンと共作した『Riding with the King』でもこの曲を取り上げています。

・BB King & Eric Clapton Three o'clock Blues


 フレディ・キング(76年)、アルバート・キング(92年)に続き、所謂ブルース界の3大キング最後の一人、B.B.キングもいなくなってしまいました(ちなみに同じく今年4月30日に亡くなった「スタンド・バイ・ミー」にお馴染みのベン・E・キングはブルースシンガー/ギタリストではないのであしからず)。まさに巨星墜つ。一度でいいからライブを見てみたかった。合掌。

B.B. King -『Singin' the Blues』収録曲リスト

1. Please Love Me
2. You Upset Me Baby
3. Every Day I Have The Blues
4. Bad Luck
5. 3 O'clock Blues
6. Blind Love
7. Woke Up This Morning
8. You Know I Love You
9. Sweet Little Angel
10. Ten Long Years
11. Did You Ever Love A Woman
12. Crying Won't Help You
---CD Bonus Track
13. Whole Lotta Meat
14. I'm Cracking Up Over You
15. I Stay In The Mood
16. When My Heart Beats Like A Hammer
17. Jump With You Baby
18. Lonely And Blue
19. Dark Is The Night Pt 1 (Aka The Blues Has Got Me)
・B.B. Kingの『Singin' the Blues』を試聴&ダウンロード




カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2015年05月16日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Earned It / The Weeknd (Fifty Shades of Grey Original Motion Picture Soundtrack 収録)

 The Weekndザ・ウィークエンド)の"Earned It"。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラック『Fifty Shades of Grey Original Motion Picture Soundtrack』(全米2位・全英1位)収録。

・Earned It (Fifty Shades Of Grey) (From The "Fifty Shades Of Grey" Soundtrack)


 上記のサントラからエリー・ゴールディングの"Love Me like You Do"に続く2ndシングルとしてリリースされ、シングルチャートでUS3位 UK4位の大ヒットを記録中。歌詞はまぁいわゆるラブソングなんですが、ミュージックビデオや映画の前知識があると少し変わった男女関係を思わせますね。

 そんなPVは映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の監督であるSam Taylor-Johnsonサム・テイラー=ジョンソン)によるもので、美しく見入ってしまうものに仕上がっています。ちなみにビデオに出てくる縛られて吊るされている女性は映画の主人公である女優のDakota Johnsonダコタ・ジョンソン)本人です。

 それにしても、フリーリリースされたミックステープを集めた『Trilogy』を出した頃のザ・ウィークエンドはなんかはすごくアングラなイメージだったんですが、一気にメジャーになっちゃいましたね。アリアナ・グランデの"Love Me Harder"にフィーチャーされた時は、ウィークエンドを売り出すためにコラボさせたって話を聞いたことがあったんですが、そのコラボの全米7位の記録を抜いちゃいました。ま、2013年に出したアルバム『Kiss Land』もアメリカで2位になってますが。

 こうなってくると2013年のサマソニで一旦出演が発表されるも結局キャンセルになってしまったのが悔やまれる。来日キャンセルが続いて未だに来日してないアデルみたいなことにならなきゃいいけどね。


 最後に映画のほうにも軽く触れておくと、E・L・ジェイムズによる小説(いわゆる官能小説)が原作で、小説もベストセラー、映画も大ヒット。内容のほうはざっくり言うと女子大生と富豪のBDSM(Bondage Discipline Sadism & Masochism)的関係を描いたもの。ま、とりあえず予告編でも貼っておきます。

・映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ティザー予告映像


 サントラがなかなか良いメンツなので要チェック。

Fifty Shades of Grey Original Motion Picture Soundtrack』収録曲リスト

1."I Put a Spell on You" - Annie Lennox
2."Undiscovered" - Laura Welsh
3."Earned It" - The Weeknd
4."Meet Me in the Middle" - Jessie Ware
5."Love Me like You Do" - Ellie Goulding
6."Haunted" (Michael Diamond Remix)Beyoncé
7."Salted Wound" - Sia
8."Beast of Burden" - The Rolling Stones
9."I'm on Fire" - Awolnation
10."Crazy in Love" (2014 Remix)Beyoncé
11."Witchcraft" - Frank Sinatra
12."One Last Night" - Vaults
13."Where You Belong" - The Weeknd
14."I Know You" - Skylar Grey
15."Ana and Christian" - Danny Elfman
16."Spark In My Heart" - Adam O'donell
・Fifty Shades of Greyサントラを試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Wicked Games / The Weeknd (Trilogy 収録)
映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(原題:『NOWHERE BOY』)

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2015年05月01日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. FourFiveSeconds / Rihanna and Kanye West and Paul McCartney

 ビッグ・コラボレーションが実現。Kanye Westカニエ・ウェスト)とPaul McCartneyポール・マッカートニー)が参加したRihannaリアーナ)の来る新作に収録予定の新曲"FourFiveSeconds"が公開されました。2月8日現在、シングルチャートで全米15位・全英5位。

・Rihanna And Kanye West And Paul McCartney - FourFiveSeconds


 ポールの弾くアコースティックギターを基調に、オルガンやチェロだけというシンプルなサウンドで、リアーナの歌がストレートに響きます。カニエの歌も意外といいんだな。スーパースターの共演ということでもっと派手なこともできたのに、これはいい意味で裏切られた感じです。

 ソングライターには以下のメンツが名を連ねています。
Kanye West、Paul McCartney、Kirby Lauryen、Mike Dean、Tyrone Griffin、Dave Longstreth、Dallas Austin、Elon Rutberg、Noah Goldstein。

 ミュージックビデオはオランダの写真家デュオ、Inez and Vinoodhによるもの。

・メイキング:Behind the scenes of FourFiveSeconds by Rihanna and Kanye West and Paul McCartney


 尚、リアーナ、ポール、カニエの3組は日本時間2月9日(月)にロサンゼルスにて開催される「第57回グラミー賞授賞式」にてパフォーマンスを披露するそうです。きっとこの曲をやることでしょう。

2015年発表、第57回グラミー賞ノミネート発表!候補まとめ&受賞予想


Rihanna And Kanye West And Paul McCartney -『FourFiveSeconds』収録曲リスト



【サイト内関連記事】
Pon de Replay / Rihanna (Music of the Sun 収録)
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)
Russian Roulette / Rihanna (Rated R 収録)
Only Girl (In the World) / Rihanna (LOUD 収録)
You da One / Rihanna (Talk That Talk 収録)
The Monster (featuring Rihanna) / Eminem (The Marshall Mathers LP 2 収録)

THROUGH THE WIRE / Kanye West (THE COLLEGE DROPOUT 収録)
Gold Digger featuring Jamie Foxx / Kanye West (late registration 収録)
Diamonds From Sierra Leone / Kanye West (Late Registration 収録)
I still love H.E.R. feat.KANYE WEST / TERIYAKI BOYZ (I still love H.E.R. 収録)
Stronger / Kanye West ft. Duft Punk (Stronger 収録)
Love Lockdown / Kanye West (808's And Heartbreaks 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)
POWER / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
Runaway / Kanye West (My Beautiful Dark Twisted Fantasy 収録)
Black Skinhead / Kanye West (Yeezus 収録)
Band on the Run / Paul McCartney & Wings (Band on the Run 収録)


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2015年02月08日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Only One / Kanye West featuring Paul McCartney

 新年明けましておめでとうございます。当ブログ2015年一発目のオススメ曲更新は、Kanye Westカニエ・ウェスト)の新曲"Only One"。この曲はあのPaul McCartneyポール・マッカートニー)がフィーチャーされていることが話題に。

 曲はカニエ・ウェストの公式サイトで公開されています。すぐ消されそうだけど一応YouTubeもはっときます。

・Kanye West Feat. Paul McCartney - Only One


 ポールのオルガンとバックボーカルの元、カニエがやさしく歌い上げるこの曲は2007年に亡くなったカニエのお母さんDonda Westに捧げられています。

 この曲以外にも"Piss On My Grave"というコラボ曲もあるらしくそちらもいつ公開されるのか楽しみですね。『Yeezus』に続く来る新作にも入るはずなので、アルバムも楽しみ。2014年はフジロックへの出演もキャンセルしてレコーディングしてたらしいので、そのキャンセルの罪滅ぼしに傑作を作ってくれないと困りますね。あ、後は2015年は来日もぜひお願いします。

 それでは今年も本ブログ『K's今日の1曲』をよろしくお願いいたします。


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2015年01月03日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Money on My Mind / Sam Smith (In the Lonely Hour 収録)

 UKはロンドン出身のシンガー・ソングライター、Sam Smithサム・スミス)の全英1位/全米2位を記録したデビューアルバム『In the Lonely Hour』からの2ndシングル"Money on My Mind"。サム・スミス自身ととプロデュースも務めたベン・アッシュ作。シングルチャートでも全英1位を獲得しています。

・Sam Smith - Money On My Mind


 「お金の為に音楽をやっているんじゃない」っていうレコード会社に向けたような歌詞の曲。アメリカでも大ヒットしたこの後のシングル、"Stay with Me"(英1位/米2位)や"I'm Not the Only One"(英3位/米7位)が有名ですが、私は断然この曲の方が好き。アルバムの1曲目を飾るにふさわしいアップテンポなナンバーで、サムのファルセットも堪能できるし。彼がフィーチャーされて大ヒットしたDisclosureの"Latch"(英1位/米7位)やNaughty Boyの"La La La"などダンス系の曲の方を先に聴いてたってのも大きいかも。

・Disclosure - Latch feat. Sam Smith


 アルバムはどちらかというとバラード系の曲が多い印象で、まさに『In the Lonely Hour』という感じ。まぁこの"Money on My Mind"も歌詞はそんな感じなんですが。本作のスペシャルエディションなどでは先述の"Latch"のアコースティックバージョンが入ってるものがあって、これがしっとりとした感じになってて、これはこれでアルバムにあってて凄く良いので機会があれば聴いてみてください。

 彼と同じく『Sound of 2008』の1位に選ばれたAdeleと比較されて男版アデルなんて言われ方もされていて、「なんか酷い言われようだなぁ」って思ったけど、2ndで更なる大ヒットを飛ばしたアデルのようにさらに化けたら面白いですね。

 ちなみについ先日ノミネートが発表された、2015年2月に授賞式が行われる第57回グラミー賞で、「Album of the Year」「Record of the Year」「Song of the Year」「Best New Artist」の主要4部門全てを含む全6部門にノミネートされていてこれを獲ったらホント凄いことになりそう(獲る可能性結構高いと思います)。

(参考)
2015年発表、第57回グラミー賞ノミネート発表!候補まとめ&受賞予想

 そんなグラミー直後に待望の来日公演も決定!一夜限りのショーケースライブで、しかも、キネマ倶楽部という小さなとこでやるのでプラチナチケットになること間違いなし。これに行けたら一生自慢できそうですが、たぶんチケット取れないだろうな・・・

(2014.02.08追記)
グラミー賞で、主要4部門のうちの3部門を含む4部門を獲得しました!また、初来日のチケットもゲットできたのでレポ書きます!
2015年・第57回グラミー賞、受賞者・結果まとめ

(2014.02.19追記)
ライブ行ってきました。
Sam Smith@東京キネマ倶楽部 感想&セットリスト

■来日情報
Sam Smith Premium Showcase
〜In The Lonely Hour: Special Live in Tokyo〜
2015年2月18日(水)東京キネマ倶楽部
OPEN 18:30 / START 19:30
TICKET発売 12月20日(土)10:00〜
TICKET ¥3,600-(税込/All Standing/1Drink別)
※未就学児(6歳未満)入場不可
※ショーケースイベントのためセット時間は約30分、4人編成でのセットとなります

■Sam Smith 『In the Lonely Hour』収録曲リスト

1."Money on My Mind"
2."Good Thing"
3."Stay with Me"
4."Leave Your Lover"
5."I'm Not the Only One"
6."I've Told You Now"
7."Like I Can"
8."Life Support"
9."Not in That Way"
10."Lay Me Down"


【サイト内関連記事】
La La La ft. Sam Smith / Naughty Boy (Hotel Cabana 収録)
Chasing Pavements / Adele (19 収録)
Tired / Adele (19 収録)
Rolling in the Deep / Adele (21 収録)


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年12月11日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Thievery / Arca (Xen 収録)

 Kanye Westの『Yeezus』、FKA Twigs等のプロデューサーとして知られるベネズエラ出身、ニューヨークはブルックリン在住のアーティスト、ARCAアールカ、本名:Alejandro Ghersi)。EP『Baron Libre』、『Stretch 1』、『Stretch 2』や昨年リリースしたミックステープ『&&&&&』が話題になっていた彼が老舗インディーレーベルMUTEから1stアルバム『Xen』を10月末にリリースすることが発表されました。

 そんな待望のアルバムから先日"Thievery"という曲が先行公開されています。

・Thievery / Arca


 ヒップ・ホップなビートに不穏なシンセのメロディが心をざわつかせますね。Aphex Twinと比較されたりしますが、その清濁入り交じったところが相通ずるものを感じさせます。アルバムが楽しみ。

 また、Arcaは映像作家のジェシー・カンダという人とのタッグも話題。『&&&&&』を映像化した作品をMoMA(ニューヨーク近代美術館)で披露したりと、音楽と映像が一体となった活動も行っています。その辺はエイフェックス・ツインとクリス・カニンガムの関係性を彷彿させられますね。

・Arca & Jesse Kanda - TRAUMA Scene 1


■Arca 『Xen』収録曲

1. Now You Know
2. Held Apart
3. Xen
4. Sad Bitch
5. Sisters
6. Slit Thru
7. Failed
8. Family Violence
9. Thievery
10. Lonely Thugg
11. Fish
12. Wound
13. Bullet Chained
14. Tongue
15. Promise
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年09月15日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Two Weeks / FKA twigs (LP1 収録)

 UKはグロスタシャー出身、ジャマイカとスペインの血を引くシンガーソングライター、FKA twigsFKAツイッグス、本名:Tahliah Barnett。FKAは「Formerly Known As」の意)が2枚のEP、『EP1』と『EP2』を経て、満を持してフルアルバム『LP1』をリリース。The XXやSBTRKT等が属するレーベル、YOUNG TURKSより。全英16位、全米30位。

 "Two Weeks"はその『LP1』からのシングル。全英シングルチャート200位。

・【日本語字幕付】 FKAツイッグス「Two Weeks」


 抑制されたバックトラックの上を囁くように歌われるラブソング。と、ラブソングって言い切っていいのか迷うような倒錯した感情が歌われています。なんかちょっと昔のCoccoの歌詞の世界観に通じる物がある気がする。音は所謂インディーR&Bの系譜ではあるけど、トリップホップをもっと無機質にしたような雰囲気があって面白い。彼女の出自からの音楽的影響もあるのでしょうか。

 本アルバムはKanye Westの『Yeezus』も手がけたArcaがプロデューサーを務め彼女の評価を一気に高めた『EP2』に比べ、若干物足りないという批評もあるみたいですが、先鋭性に商業的なアピールも兼ね備えた今作はなかなかの傑作だと個人的には思います。

 BBCの選ぶ注目新人アーティスト「BBC sound of 2014」のリストにも選出(1位はSam Smith)、『LP1』はマーキューリー賞にノミネート、米ビルボード誌も2014年の注目新人に選んだりと、今後も目が離せないアーティストです。ちなみに過去には、Kylie MinogueやEd Sheeran、Jessie Jのビデオにダンサーとして出演していたらしいので、それを探してみるのも面白いかも。

■FKA twigs 『LP1』収録曲

1."Preface"
2."Lights On"
3."Two Weeks"
4."Hours"
5."Pendulum"
6."Video Girl"
7."Numbers"
8."Closer"
9."Give Up"
10."Kicks"

カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年09月14日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. The Man / Aloe Blacc (Lift Your Spirit 収録)

 米カリフォルニア出身のシンガー/ラッパー、Aloe Blaccアロー・ブラック。本名Egbert Nathaniel Dawkins III (エグバート・ナサニエル・ドーキンズ三世))の3rdアルバム『Lift Your Spirit』からのシングル曲で、全米8位・全英1位を獲得したヒット曲"The Man"。

・Aloe Blacc - The Man (Explicit)


 印象的なサビの"And you can tell everybody"という部分はElton Johnエルトン・ジョン)の代表曲"Your Song"から引用されています。上のミュージックビデオからも伝わるように「俺は俺だぜ」的な堂々とした歌いっぷり、元々はラッパーとして、プロデューサーのexileと組んでEmanonという名前で活動していただけあってソウルフルな歌の中にもリズミカルな部分があってすごく耳に残りますね。

 ちなみに彼の事をよく知らない人でも、昨年から世界中で大ヒットしているスウェーデンのアーティスト、aviciiアヴィーチー)の"wake me up"という曲を聴いた事ある人は多いかもしれません。それでヴォーカルでフィーチャーされているのがこのAloe Blaccです。Aloe Blaccヴァージョンの"wake me up"もあるので、下のほうにYouTubeの動画を貼っておきますので要チェック。

■Aloe Blacc 『Lift Your Spirit』収録曲

1."Wake Me Up (Acoustic)"
2."The Man"
3."Soldier In the City"
4."Love Is the Answer"
5."Here Today"
6."Wanna Be With You"
7."Lift Your Spirit"
8."Red Velvet Seat"
9."Can You Do This"
10."Ticking Bomb"
11."Eyes of a Child"


カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年05月03日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. La La La ft. Sam Smith / Naughty Boy (Hotel Cabana 収録)

 UK出身のプロデューサー/ソングライター、Shahid Khanシャイード・カーン)によるソロプロジェクト、Naughty Boyノーティー・ボーイ)のデビューアルバム『Hotel Cabana』からの2ndシングル"La La La"。

 この曲は昨年5月にリリースされ全英1位を獲得。2013年の年間チャートでも5位。ヨーロッパ各国でも大ヒットしていますが、ここ最近になって全米ビルボードHOT100でもTOP40入り(2014年4月末の時点で現在26位)。『MOBO Awards』で「Best Song」と「'Best Video」も受賞しています。

 フィーチャーされているのは今年最もブレイクが期待されるアーティストに贈られる『BBC Sound of 2014』で1位を獲得したSam Smithサム・スミス)。音域の広いソウルフルなヴォーカルを聴かせてくれます。しかし、元々はNaughty Boyが大半を共作し大ヒットさせた『Our Version of Events』で一躍有名になったEmeli Sandéエミリー・サンデー)を起用するつもりだったらしい。それはそれで聴いてみたいですが、こうして良い曲が出来たので結果オーライでしょう。

 サム・スミスのヴォーカルも聞き物ですが、やはりこの曲を強く印象づけてるのは少年の声で歌われる「ララ、ラララララ、ララ、ララ」っていうコーラス。最初聴いた時はちょっと耳障りなくらい耳に残るなって感じだったけど、聴けば聴くほど頭から離れずハマってしまいました。

 後はミュージックビデオを見ながら聴くとなお良いです。ボリビアで撮影されたこのPVは、ボリビアに伝わる耳の聞こえない少年の物語と、『オズの魔法使い』がモチーフになっているそうです。必見。

・Naughty Boy - La La La ft. Sam Smith


■Naughty Boy 『Hotel Cabana』収録曲

1. Act I (feat. George The Poet)
2. Welcome To Cabana (feat. Emeli Sand & Tinie Tempah)
3. Wonder (feat. Emeli Sand)
4. Think About It (feat. Wiz Khalifa & Ella Eyre)
5. Hollywood (feat. Gabrielle)
6. Act II (feat. George The Poet)
7. La La La (feat. Sam Smith)
8. One Way (feat. Mic Righteous & Maiday)
9. Pluto (feat. Emeli Sand & Wretch 32)
10. So Strong (feat. Chasing Grace)
11. No One’s Here To Sleep (feat. Bastille)
12. Lifted (feat. Emeli Sand)
13. Top Floor (feat. Ed Sheeran)
14. Epilogue (feat. George The Poet)
15. Never Be Your Woman (feat. Wiley & Emeli Sand) [Bonus Track]
16. Daddy (Ifan Dafydd Remix) [feat. Naughty Boy] [Bonus Track]
17. Get Lucky (feat. Tanika) [Bonus Track]
18. Lifted (feat. Emeli Sand & Professor Green) [Bonus Track]
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2014年05月02日(金)

Related Posts with Thumbnails