1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (1990年代以前)
  3. Wonderwall / oasis ((What's The Story)Morning Glory? 収録)

 There are many things that I would like to say to you I don't know how ♪

 リアムとノエルのギャラガー兄弟率いるoasisオアシス)のUKで400万枚以上、世界で2000万枚上を売り上げた1995年のいわずと知れた大ヒット2ndアルバム『(WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?』収録曲"Wonderwall"。UKシングルチャートでは意外にも最高は2位止まり。全米Billboard HOT 100ではTOP10に入るヒットでアメリカでのブレイクのきっかけにもなった曲です。そういや知り合いのアメリカ人もカラオケで歌ってたなぁ。

・Oasis - Wonderwall


 アコースティックな曲でメロディはオアシス史上屈指で、リアムの粘りのある歌声がすごく落ち着いていていい感じ。サビの部分の後ろでなってるアコギの音色がすごく好きです。個人的にはオアシスの中で一番好きな曲です。当時の彼女、メグ・マシューズに宛てて書いた曲だとか。

 モノクロのミュージックビデオも曲に合っていて素敵。ベースのポール・ "ギグジー" ・マッギーガンではなく、別の人物が映っていますが、疲労のため一時バンドを離れていたギグジーに代わってサポートに入っていたScott McLeodという人物のようです。

 ノエルに言わせればデビューアルバムの「Definitly Maybe」が最高傑作らしいけど、私はこの2ndが最高傑作だと信じて疑わないです。初期衝動という面では1stかも知れないけど、完成度は間違いなくこちらが上だと思います。


oasis -『(What's The Story)Morning Glory?』収録曲リスト
1. "Hello" 3:21
2. "Roll with It" 3:59
3. "Wonderwall" 4:18
4. "Don't Look Back in Anger" 4:48
5. "Hey Now!" 5:41
6. "Untitled" ("The Swamp Song") 0:44
7. "Some Might Say" 5:29
8. "Cast No Shadow" 4:51
9. "She's Electric" 3:40
10. "Morning Glory" 5:03
11. "Untitled" ("The Swamp Song") 0:40
12. "Champagne Supernova"
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
Acquiesce / oasis (The Masterplan 収録)
Fuckin' In The Bushes / oasis (Standing On The Shoulder Of Giants 収録)
Turn Up The Sun / oasis (Don't Believe The Truth 収録)
The Importance Of Being Idle / oasis (Don't Believe The Truth 収録)
Hello / oasis ((What's The Story)Morning Glory? 収録)
Don't Look Back In Anger / oasis (Familiar To Millions 収録)
Stand By Me / oasis (Be Here Now 収録)
Supersonic / oasis (Definitely Maybe 収録)
oasis@国立代々木競技場第一体育館 感想&セットリスト
NOEL GALLAGHER & GEM OF OASIS@恵比寿LIQUIDROOM 感想&セットリスト
D'You Know What I Mean? / oasis (Be Here Now 収録)
Whatever / oasis (Whatever 収録)
The Shock of the Lightning / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
Bag It Up / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
I'm Outta Time / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
oasis@幕張メッセ国際展示場 「JAPAN TOUR 2009」 感想&セットリスト


カテゴリ : UK Rock (1990年代以前) ・ comments(0) K 
2005年09月08日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. British Rock
  3. Sympathy for the Devil / THE ROLLING STONES (BEGGARS BANQUET 収録)

 Just as every cop is a criminal And all the sinners saints♪

 8年ぶりの新作「a bigger bang」を出したばかりのTHE ROLLING STONESローリング・ストーンズ)の'68年発表のアルバム『BEGGARS BANQUET』収録曲"Sympathy for the Devil"。ブライアン・ジョーンズ在籍時の最高傑作とも言われるアルバムの1曲目を飾る曲です。邦題は「悪魔を憐れむ歌」。

・The Rolling Stones Sympathy For The Devil A First 1968


 コンガ(ボンゴ?)とマラカスのリズムから始まり単純なフレーズを繰り返していくうちにだんだんと高揚していくサウンドはまるで人力トランスみたい。ミックのヴォーカルも神懸り的にかっこいい。後半のギターソロも攻撃的だし、ベースもすごく跳ねてて良いです。後はニッキー・ホプキンスが弾いてると思われるピアノが曲の重要な部分を担ってる気もします。歌詞も結構意味深。

・ROLLING STONES - Sympathy For The Devil (Live 1969)


 「Rock'n'Roll Circus」での演奏シーンでのミックの呪術的なパフォーマンスも必見です。
カテゴリ : British Rock ・ comments(0) K 
2005年09月07日(水)

Related Posts with Thumbnails