1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '04
  3. Fuji Rock Festival '04 帰路

 ついにフジロックも全日程を終了し後は帰るだけ。とりあえず朝起きてコインランドリーで洗濯したり荷物をまとめたり(布団圧縮機で寝袋をつぶしたり)することに。
 2日間泊まったテントは重くてもって帰るのがめんどくさくなったのでキャンプサイト近くにある宅急便で学校のうちの研究室まで送ることに。しかし、あて先をかなり適当に書いたのに無事とどくのかな?(翌日無事届きました。宅急便恐るべし)。

 宿と宅急便のとこの往復でシャトルバスに乗るための列がすごいことになっていたので、U宿、K谷さん、I川さんと早めに宿を出ることに。

 その列に並ぶこと1時間余りでシャトルバスに乗ることができました。これで苗場ともお別れですわ。

 シャトルバスに揺られ無事、越後湯沢駅に到着。新幹線の時間が結構迫っていたけど駅前の蕎麦屋で蕎麦を食べることに。時間がなかったので一番早くできるざる蕎麦(もり蕎麦?)を食べつつ生中を飲んで4泊5日の新潟フジロックの旅終了。

 新幹線にのり東京へ。上野でK谷さんと別れ山手に乗り換え家へ。山手を見たとたん一気に東京の生活がまた始まるんだなとちょっと凹み、さらに東京の暑さに凹みました。苗場に戻りたい。。。

 そして、最寄り駅に到着しU宿、I川さんと別れ家へ。別れ際にI川さんに「夏休みたのしんで」と言われたけどフジが終わったら毎年夏はおわりです。サマソニ??いややっぱフジロックでしょ。

 家に無事(途中コンビニで買った商品を忘れて帰ろうとするという失態を犯しつつ)にたどり着き、キャンプサイトと入場リストバンドをはずし全行程終了!!夏終了!!あーレポートやんなきゃ。。。

Fuji Rock Festival '04 前夜祭
Fuji Rock Festival '04 1日目
Fuji Rock Festival '04 2日目
Fuji Rock Festival '04 3日目
カテゴリ : Fuji Rock Festival '04 ・ comments(0)  
2004年08月02日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '04
  3. Fuji Rock Festival '04 3日目

 ついに来てしまいました、Fuji Rock Festival '04最終日。いやでもこの日で今年のフジは終わりです。
 昨日は結局4時くらいにしか寝ることができなかったのでちょっと遅めの起床。見ようと思っていた惑星をあきらめました。

 とりあえず最終日って事で「LEVI'Sゲーム」を完了せねばということで初日に知り合ったM田さんと連絡を取り1時にキッズランドで集合とすることに(ちなみに初日にも書いた通り自分は「L」、U宿は「E」、M田さんは「501」で、途中合流したらしいM田さんのお友達(S崎さんというそうです)は「I」ということで後は「V」と「S」を探すだけ)。

 とりあえず、昨日の夜は荷物だけ置いて無人にしておいたテントをたたみにキャンプサイトへ。T波は帰ってしまったので一人でたたんだけど思いのほかスムーズに終了。荷物とテントを別荘に持って帰り、みんなお疲れだったので一人でいざ会場へ。

 まずはレッドマーキーへ行きSTELLASTARR* をちょっと観る。ポップな感じがよかったです。

 それからグリーンへ移動しJAMIE CULLUMを座りながら観る。ピアノの弾き語りでジャズアーティストらしく静かな曲もあったけど、ピアノに飛び乗って足で弾いたり盛り上げるとこは盛り上げてかなりいいライブでした。自分の大好きなJeff BuckleyRadioheadのカヴァーとかやってたし。

 ここで待ち合わせの1時に近くなったのでキッズランドへ。そこでU宿、M田さんと合流し、そこで無事「V」と「S」の人も見つかり、S崎さんも到着し文字が完成。

 しかし訳あって(説明すると長くなるので省略)15:20に再集合することになり、ヘブンへハナレグミを見に行く。永積ののんびりしたMCとヘブンというもあっていい感じでした。

 ハナレを途中で切り上げ次はMUMを見るためホワイトへ。アイスランド出身ということでBjorkSigur Rosのイメージがあって「昼の野外はどうなんだろう?」って思っていたけど、これがまた意外と楽しい感じで違和感はなかったです。

 演奏中、友達のM山を見かけたので「今日何見るの?」とか話したところ、ほとんどかぶってなかったので「もう会わないかもね」って言ってたらやっぱりその後会場で会うことはなかったですね。

 同じイベントに来ててもやっぱりいろんな趣味の人が集まってできてるイベントなんだなって思いました('02のフジで偶然M山に会った時はほんとビックリしたなぁ。M山と初めてしゃべったのがフジロックだったってのは今考えるとすごいですね)。

 MUMを観終えキッズランドへ。全員集合し「LEVI'S501」完成。並んで写真撮って1つ目のゲーム終了。次の指令は「6人でNGOブースに行ってコンドームを6個もらってくる」というもの。

 しかし、自分と「V」「S」の人はグリーンでTHE LIBERTINESが観たかったので、指令はU宿とM田さんとS崎さんに任せてグリーンへ。事前情報としてVo.のピーターが来日しないと聞いていたので(薬中のため)ちょっと不安だったけどその分もう一人のVo.のカールががんばっててかっこよかったですわ。ピーターがいればもっと。。。

 またまたキッズランドに戻り2番目の指令もクリアし(クリアしてもらい)リーバイスとフジロックのダブルネームのリストバンドをゲット。

 そこで「V」「S」の人と別れレッドマーキーへTHE STILLSを見に行く。カナダ出身だけどUKっぽい感じでした。

 次はJETを見にグリーンへ。同じ時間にホワイトである!!!と迷ったけど!!!は夜にもあるのでここはジェットへを選択。最近ブレイクも果たし、iPodのCMの曲のヒットもあり盛り上がってました。

 盛り上がったジェットの後は、U宿とS崎さんと別れKEANEを見にレッドマーキーへ。ジェットのギターロックとは対照的にKEANEはピアノ主体のギターレスバンドだったけど結構よかったです。後ろの方で座ってみてたけどヒットした「Somewhere Only We Know」はちょっと立って前のほうで見てしまいしたわ。

 そして、ある意味本日のトリTHE WHITE STRIPESを観るためグリーンへ。欧米での人気を考えるとトリでもおかしくない、てか後述するけどこの日のトリを考えると誰もが「ホワイト・ストライプスがトリでよかったんじゃない?」っと思うようなライブでした。ジャックのギターは相変わらずすごいし、メグのドラムもいい味だしてるし、なんといっても二人の阿吽の呼吸って感じの演奏が圧倒的でした。


 ホワイト・ストライプスで満足した後、未だ発表されてない来日中止になったMorriseyに代わるトリが気になりつつもASHを観るためレッドへ。

 ホワイトのGRAHAM COXONもみたかったけど、アッシュの前作が好きで、グレアムはたぶん盛り上がらないだろうという予想のもとアッシュを選択。レッドについた頃には演奏は始まっていて初期の曲とかもやってて盛り上がってました。最新作はちょっといまいちかもとおもっていたので昔の曲をやってくれて楽しめました。ライブはまだ盛り上がってたけどグリーンのトリつまり今年のフジロックの大トリが気になったので最後のほうは諦めてグリーンへ向かうことに。

 グリーンへ向かう途中オアシスにあったモニターを見るとグリーンの様子が。「えっ!?モリッシー」と思いつつグリーンへ向かうとグリーンからは大量の人がレッドへ移動してくるではないですか。グリーンにつくと確かにモリッシーみたいな人が歌ってるじゃないですか。動きも似てるし顔も結構似てるけど、でもなんかおかしいし、もし本物ならこんなに客が引いてくはずはないということでホワイトに移動することに。

 そして、その途中に前を歩いている人の会話でついに答が判明、グリーンで歌っていたのはモリッシーが在籍していたTHE SMITHのトリビュート・バンドThese Charming Manでした。企画としては面白いとは思うけど、あれだけ引っ張っといて、結局これかよって感想です。せめてその日の朝くらいに発表してさえいればって感じで、「SMASHやっちゃったなぁ」って思いました。一番かわいそうだったのは、登場したとたんあれだけ客が減っていくさまをみながら演奏しなければならなかったバンドの人たちだと思います。こんなことならアッシュを最後まで見ればよかった。。。

 ま、気を取り直してホワイトへ。途中ホワイトからグレアムの演奏が聞こえてきて意外と激しい感じで見てたら楽しかったかも。ホワイトについたものの次のBELLE & SEBASTIANまで時間があったのでU宿とも合流してヘブンへ晩御飯でも食べに行くことに。

 ヘブンではmoe.(モエじゃなくてモーと読むそうです)が演奏中でした。ちょっとテクノも入ったジャムバンドで夜のヘブンのあの幻想的でキラキラした感じにマッチしててよかったです。

 そこで今年のフジで初のカレーを食べたけど(フジといえばカレーっしょ?)いやーあれはまずかった。もう一種類の方が美味しかった。腹ごしらえもすんだところでホワイトへ。

 すでにベルセバは始まっていました。昨日の夕方に見たけど夜に見るベルセバもよかったです。ベルセバも終わり今年のフジもいよいよ終わりが近づいてきたけどとりあえずグリーン、レッドへ移動することに。

 グリーンではCLOSING BANDとしてフジロックではおなじみの渋さ知らズオーケストラが演奏中で、去年オレンジでチラっと見たときより盛り上がってました。

 そこでU宿と別れ渋さを横目にSPACE COWBOYを見にレッドへ。Fat Boy Slimのノーマン・クックもお気に入りのように、アッパーでメロディアスなわかりやすい感じの曲が多くて楽しめました。

 そしてお次は昼に見れなかった!!!。ここ最近のマイ・ブームであるちょっとエレクトロの入ったファンクって感じでこの三日間の疲れも忘れて大盛り上がりでした。

 その後、結局今年のフジロックで一番最後に見たライブであるMONEY MARKを!!!で疲れたので座りながら見ることに。DJセットって聞いてたのに始まってみるとバンドを引き連れたライブでした。マーク西田のキーボードもいい感じでした。

 マニー・マーク終了後ほんとは深夜4時過ぎに演奏予定のDUBSENSEMANIAを観たかったけどもう体力の限界が近づいていて諦めました。

 再びU宿とも合流し宿に帰りながらパレス・オブ・ワンダーでも覗こうって話になり会場の外にあるパレス〜へ。パレスに移動して鉄でできたオブジェを見たりテントを覗いたりちょっとぶらぶらして宿へ帰ることに。

 そして、キャンプサイトの入り口辺りでM田さんとも別れ、AM4時ちょっと前、ついに自分の今年のフジロック終了!!宿でシャワーを浴び、満足感と疲労感と寂寥感に包まれ床に就きました。

Fuji Rock Festival '04 前夜祭
Fuji Rock Festival '04 1日目
Fuji Rock Festival '04 2日目
Fuji Rock Festival '04 帰路



【サイト内関連記事】
LOVER, YOU SHOULD HAVE COME OVER / JAMIE CULLUM (TWENTYSOMETHING 収録)
CATCH THE SUN / JAMIE CULLUM (CATCHING TALES 収録)
GET YOUR WAY / JAMIE CULLUM (CATCHING TALES 収録)
Last Post On The Bugle / THE LIBERTINES (THE LIBERTINES 収録)
Somewhere Only We Know / KEANE (HOPES AND FEARS 収録)
Spiralling / KEANE (Perfect Symmetry 収録)
FOREVER FOR HER (IS OVER FOR ME) / THE WHITE STRIPES (GET BEHIND ME SATAN 収録)
Seven Nation Army / The White Stripes (ELEPHANT 収録)
Icky Thump / The White Stripes (Icky Thump 収録)
TWILIGHT OF THE INNOCENTS / ASH (TWILIGHT OF THE INNOCENTS 収録)
You Can't Have It All / Ash (Twilight Of The Innocents 収録)
カテゴリ : Fuji Rock Festival '04 ・ comments(0)  
2004年08月01日(日)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails