1. K's今日の1曲
  2. フランス旅行記2004
  3. フランス旅行記 6日目 2004/11/1(月)くもり

 フランス旅行6日目。明日は朝には空港に行かねばならないため実質今日が最終日です。やりのこしがないように精一杯楽しむぞ!!


 (9:00)今日もいつものように朝食をすましてからホテル出発。まずはホテル近くのMONOPRIX(モノプリって読みます。グランプリみたいなもんね)ってお店へ。この近辺以外にもよく見かけるお店でどうやらスーパーのチェーン店らしいです。衣料品とかも売ってて日本でいうとダイエーとかジャスコみたいなもんですかね。


 (9:25)一通り店内を見てまわって結局何も買わず(朝一なので荷物増やしても困るしね)そのままCrimée駅から出発(駅へ降りる階段にて滑ってしりもちをつく。先が思いやられる。。)。目指すは3日目に見事に敗北したルーブルに再び挑戦。


 (9:50)前回と同じくピラミッドから入り、自動券売機にてチケットを購入し(クレジットカードを差し込むと買えるって楽でいいね)、いざルーブル再挑戦。今回は音声ガイドを借りずにサクサクっと見てまわることに。まずシュリー翼(SULLY)へ。


 (10:00)シュリー翼1階の「古代ギリシャ美術」にてあの「ミロのヴィーナス(Vénus de Milo)」をみる。ドゥノン翼で小さいやつ(ミニチュア??)は見てたけど、やっぱ本物はちゃうね。


 シュリー1階は他にも「ファラオ時代のエジプト美術」、「東方美術」、「古代イラン美術」が展示されていて「ラムセス二世座像」や「飛牛サルゴン二世の宮殿」などがありました。


 (10:30)そのままリシュリュウ翼(RICHELIEU)に移動し、「メソポタミア美術」で「ハムラビ法典(Code des lois de Hammurabi Suse)」鑑賞。ちょっとイメージと違う。こんな形してたんだねって感じ。そのほかは「5〜19世紀のフランス彫刻」が展示されてたり、後はマルリーの中庭という馬とかの彫刻がたくさんある中庭があったり。


 これで1階を制覇し2階へ。2階もシュリー翼から。2階は「ブロンズおよび貴金属工芸」、「ギリシャ時代の陶器」、「ファラオ時代のエジプト」、「17〜18世紀の美術」で「アメンヘテプ四世」や「書記(座像)」や「ブールの箪笥」などを鑑賞。(12:25)「ルイ十五世の戴冠式の冠」が展示されているはずだったけど展示室に入れず。残念。


 そのままリュシュリュウの2階へ。「ルネッサンス」、「17世紀」、「中世」、「7月王政」、「19世紀」など。(12:50)そのなかでも「ナポレオン三世の居室」があり、その豪華さにやられました。シャンデリアとか食事する部屋とかほんとすごかったね。さすがって感じ。(13:20)これでやっと半地階〜2階まで制覇。


 んで(15:20)シュリー〜リュシュリュウの3階部分をまわりルーブル完全制覇!!・・・ってはしょり過ぎですか。もうね、かなりの疲労ですよ。ルーブルすごいわ、やっぱり。


 一応簡単に3階を説明するとシュリー翼は「17〜19世紀フランス絵画」とフランス物が中心。「トルコ風呂(Le Bain turc)」やラ・トゥール(Georges De La Tour)の「いかさま師(La Tricheur)」やデューラーの「自画像」等々有名な絵がいっぱい。NHKでやっていたルーブル特集でも1位に選ばれていたコローの「モルトフォンテーヌの思い出」もここにありました。


 リュシュリュウ翼は「14〜17世紀のフランス絵画」、「オランダ派」、「ドイツ派」、「フランドル派」で「ジャン二世肖像」やフェルメール(Johannes Vermeer)の「レースを編む女(La denteliere)」などがありました。


 結局今回は急ぎ足で全部の作品に目を通したけど(ほんとは展示されてないけど、ルーブルが保持してる作品はもっともっといっぱいある)、いつかもっと時間をかけてゆっくりまわりたいと思った。他の美術館に貸し出されてるのとかもあったし、絶対いつかまた行こう!!まぁ制覇したっていうかやっぱり完敗でしたわ。


 (16:05)ルーブルから出て歩いてギャルリー・ヴィヴィエンヌ(Galerie Vivienne)へ。ギャルリー(パッサージュとほぼ同じ)とはガラス屋根のついたアーケード街で、大学の授業で取っていた「西洋美術史」で習って行ってみたいなぁと思ってたので。パレ・ロワイヤル(Palais Royal)の北のほうにいくつか集まってるみたいです。お店はあまり開いてなかったなぁ。古本屋とかアンティーク・ショップが多いらしい。


 (16:50)ギャルリーから再びルーブル近くにもどり(途中に喜劇作家モリエールをしのんで作られた噴水のモリエールの噴水(Fontaine Molére)を見る)、マック(もちろんマクドナルド)にて昼食。名前は忘れたけど(日本とメニューが違う)チーズバーガー系を食べる。フランス来てマックに2回入ったけど、なんとなくチーズが美味い気が。ま、気分のせいだと思うけど。ちなみにフランスは公衆トイレが有料だったりするので、トイレ代わりにマックに入ると便利です。


 マックをでてその近くの換金所にて最後の換金を済ませたあとは、ふらりと歩いてオペラ駅付近へ(パリの街って地図で見るより結構狭くて歩いていろいろいけます)。途中MONOPRIXによってお土産とか軽く購入。アヤシダが酒が安い安いって大騒ぎしてました。


 そういえば、オペラ付近をブラブラしてたらなんとBOOK OFFを発見。ガイドブックにはそこは日本の本屋があることになってたんだけど、行ってみると黄色い看板まさにブック・オフ。しかし今日11月1日は諸聖人祭で休日。ってことで多くの店同様に今日は定休日でした。外からのぞいた感じだとブックオフに違いないけど、料金表示がユーロになっててやっぱフランスなんだと実感しました。


 (19:15)で、そのほかにもオペラ付近で小物屋とか洋服屋とかぶらついた後は、数日前にも行ったCD屋Fnacへ。クメイがCDを購入後、先日は混んでたゲーム・コーナーが運良く空いてたので念願のウイイレ(こっちのソフト名はPro Evolution Soccerでした)。しかも、相手はフランス人の少年。クメイがつたない英語で話しかけ、クメイ(日本代表)×少年(フランス代表)にて試合実現。クマイのコントローラーが壊れてたのもあり(ていうか日本対フランスで勝負ありか?)0対1で少年の勝ち。結局オフサイドだったけど、クメイがシュートを決めたときの少年の悔しがりかたが面白かったなぁ。少年が軽く日本語をしゃべってくれたのがちょっと驚きでした。


 (19:45)フランスの少年に敗北を喫したあと、これからどうしようかって話をして、やっぱりフランス旅行の締めくくりとして最後にもう一度シャンゼリゼ大通り(Av. des Champs Élysées)へいくことに決定。メトロに乗り移動後、シャンゼリゼの入り口付近(凱旋門と反対側)にて美術館を発見するも展示が「浮世絵展」だったので断念。

 と、いうことで最後のシャンブラ(シャンゼリゼでぶらぶら)。ディズニーショップに行ってエッフェル塔を抱いたプーさんのぬいぐるみ買ったり、洋服屋(日本で言うとユニクロみたいな感じの店)でTシャツ買ったり買い物をした後、旅行最後のディナーをとることに。


 (21:30)シャンゼリゼのわき道を少し入ったところのビストロ風のお店で最後のディナー。うろ覚えだけど、フランス(ヨーロッパ?)だと、レストラン⇒ビストロ⇒カフェって感じのランクみたい。ビストロは居酒屋にちょっと近いかも。お決まりのワインのテイスティングも済ませ楽しく料理を頂きました。頼むだけ頼んでほとんど飲まないアヤシダのせいで自分とクメイでワインを飲み干しディナー終了。クメイは顔を真っ赤にして酔っ払ってました。それにしても毎日ワインを良く飲んだなぁ。日記の初めのほうにも書いたけど、この旅行前〜旅行中、自分は原因不明の頭痛に悩まされてたんだけど、それもこの最終日にはいつのまにか痛みがなくなってました。それもワインのおかげなのかなぁ。


 (23:15)ディナーも終わり最後に凱旋門(Arc de Triomphe)をもう一度拝んでホテルへ。(23:50)ホテル到着。そして就寝。これにて全日程終了。

カテゴリ : フランス旅行記2004 ・ comments(0)  
2004年11月01日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. フランス旅行記2004
  3. フランス旅行記 5日目 2004/10/31(日)くもり

 (2:00⇒1:00)今日10月31日をもってサマー・タイム終了。なので1時間、時間が戻ります。得した!!フランス滞在が1時間長くなったようなもんだし。なんつっても睡眠時間が1時間多く取れるのがうれしー。ってことで早速寝る。


 (10:00)いつものようにホテルにて朝食を食べてたり準備をして、ホテル出発。ここで昨日の日記でも書いたアヤシダの悲劇が。実は昨日のバスの中で携帯電話を落としたらしい。と、いうことでホテル近くのテレカルテ(テレフォンカード)屋から昨日のツアー・センターに電話で問い合わせ。結局みつからず(それがさらに悲劇へと繋がるのだが・・・それはま、あまりにかわいそうなのでここでは控えます)。


 (11:00)ついでにすこしホテル周辺を散策してから、メトロにて移動。今日はパリ市内からちょっと出たとこにあるヴェルサイユ宮殿(Château Versaille)へ。まずはホテル最寄のクリメ駅から7号線オペラ駅まで行って8号線に乗り換えアンヴァリッド駅(Invalides)へ。


 (11:30)アンヴァリッド駅にて、今回の旅で初のメトロ以外の電車へ乗り換え。RERエル・ウー・エルと読むらしい)というパリ郊外へ行く電車のC5線でヴェルサイユの最寄り駅へ。切符を無事購入し(片道€2.60)ホームへ。いまいちどの電車に乗っていいかわからないまま(他の外国人観光客も迷い気味)とりあえず来た電車に乗る。


 (12:00)で、やっぱり乗り前違えていて、降りて乗りなおそうとしたら(途中エスカレーターを3人で逆走したり。。。)、スペイン人らしき外国人に道を聞かれる。てきとーに教えたけど、こっちも迷ってるのでその後どうなったかなんて知りません。。。(12:34)やっと目的地行きの電車に乗る。


 (13:00)迷ったせいで予定より大分遅れて、最寄り駅のヴェルサイユ・リブ・ゴーシュ駅(Versaille-Rive Gauche)到着。観光客が多い。天気もあまりよくなかったのと、日曜ということもありお土産屋さん以外は開いてなかったからなのか、ちょっと寂れた感じが。。しかし、ちょっとお土産やに寄った後、いよいよ宮殿のみえるとこまで行くと、なんつーか、すごいの一言。太陽王ルイ14世が「史上最も大きく、最も豪華な宮殿を建てよ」と命じて造らせただけありますよ。


 で、敷地に入り入場チケットを買おうと思ったら長蛇の列が。しかも今日は風も強くてかなり寒い(10月の終わりと言っても、フランスの気温は東京の12月くらいの気温)。とりあえずただ立って並んでいるだけだと寒くてしょうがないので、3人で古今東西とかして時間つぶし。3人でバカみたいなこと言いまくってたけど、周りが外国人ばかりなのでギリギリセーフ。


 (14:15)やっと中へ。入場料は€7.5。中へ入ると美術品の数々や、あの鏡の間などあったんだけど、ちょっと何か物足りない。。。ルーヴルとかでちょっと麻痺しちゃったのかも。ま、中より外から見るほうがヴェルサイユはいいかも。。


 (15:00)宮殿内を一通り見た後は、外にでて庭園へ。入場料は€3。実はこの庭園、宮殿内よりぜんぜんよかった。まず広さに圧倒されます。当時の貴族はこんなとこで何をしてたんでしょうか。天気の良い日にここでダラダラしたり、スポーツしたら気持ちいいだろうなぁ。ヴェルサイユに行ったら、宮殿内に入らなくても庭園には絶対行った方がいいです。オススメです。


 (16:20)豪華な庭園を散策したあとは、腹減ったってことで外に出て豪華さとは程遠いマックへ。マックに行く途中、ハロウィンの時期だったので仮装した子供たちに遭遇。その子達の写真をとったりしました。メニュー的には名前は違うけど大体日本と同じ感じ。心なしかチーズが美味い気がしました。


 (17:00)マックで腹がみたった後駅に向かうと、駅のちかくで簡単な遊園地チックな催しをやってて、UFOキャッチャーがありました。へぇフランスにもあるんだなぁって思って値段を見るを種類によって違うんだけど大体€1で3回くらいできました。物価高いくせにこんなのは安いんだなぁ。


 (17:20)ヴェルサイユを満喫し、パリに帰ることに。帰りはさすがに電車で迷わずパリへ。旅行2日目に遠くから写真を撮ったエッフェル塔に登るため。遠くからみるだけぢゃだめっしょ


 (18:00)最寄り駅(←駅名忘れた)に到着し歩いてエッフェル塔の真下へ。真下に着くと人、人、人。モン・サン・ミッシェルの時にしゃべったカップルの言うとおりでした。しかも、さっきも書いたように今日は結構寒い。さらにもう夜ってことで並んでいる間寒かった。さらに、よっぱらった外人3人組とかに絡まれたりしながらも我慢して待つ。


 (19:00)待ってる間3人でくだらない3文字しりとり(実は結構盛り上がりました)をしてやっと中へ。エッフェル塔の足の部分を斜めに上がるエレヴェーターに乗って1階へ(今更だけど、フランスでいう1階は日本でいう2階。1階はグランドフロア)。


 (19:20)1階をぐるっと回った後、いよいよ最上階へ。一番てっぺんの展望台のところも外にでることができ、パリの夜景がじっくり堪能できます。それにしても、今日は風が強く寒い。高さもあるのでかなりの寒さでした。で、風に吹かれながらも夜景を楽しんでいると、離れたとこでなんか盛り上がってる集団が。よく見ると、アヤシダが外国人の集団とワッショイ!ワッショイ!と盛り上がってるじゃないですか。ま、ついでってことで、自分とクメイもその輪に加わりなんだか知らんけど盛り上がっときました。もみくちゃにされながらも一緒に写真撮ったり、テキトー英語で盛り上がったり。いやぁ、いい思い出になりました。てかやっぱアヤシダすげぇな。


 (19:40)外の寒さに耐え切れず中へ。中から外見たりうろうろして、みやげ物屋などを覗いたりしてエッフェル塔を満喫して下へ降りることに。


 (20:05)名残惜しげにエッフェル塔をしたから何度も見たり写真撮ったりしながら少しずつ離れていくと、(20:50)国会議事堂に到着。ガラスの板みたいなものに平和のメッセージなどが書かれていました。


 (21:15)近くにナポレオンのお墓があるというので、そこへ行って見る事に。もう結構いい時間なのでもちろん開いているわけもなく、塀の外からかるくチラ見。なんだか人気もないし、腹も減ったのでホテルへ帰ることに。


 (22:00)ホテル付近へ。ホテルの近くにあったメキシコ料理屋っぽいところで軽く飯を食った後、近くの雑貨屋を覗いてホテルへ。


 サマータイムが終わったからというわけでもないけど、今日はちょっと肌寒い天気でした。でも、ヴェルサイユ行ったり、エッフェル上ったりバッチリフランスを満喫した一日だった気がします。

カテゴリ : フランス旅行記2004 ・ comments(0)  
2004年10月31日(日)

Related Posts with Thumbnails