1. K's今日の1曲
  2. American Rock
  3. Hotel California / eagles (Hotel California 収録)

 Welcome to the Hotel California ♪

 もう説明不要、The Eaglesザ・イーグルス)の大ヒット曲"Hotel California"。日本でも絶大なる人気を誇ってますね。泣きのメロディにドラムのドン・ヘンリー(ヴォイス・オブ・ホテル・カリフォルニアですよ)のヴォーカルだけで最高です。

・The Eagles Hotel California [Remastered] 01 Hotel California


 しかし、この曲は歌詞が重要であって'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine' にもあるように「1969年」がキーワードになってます。1969年といえば、「ウッド・ストック」、「オルタモントの悲劇」等、ロックの世界での大事件、そして「ベトナム戦争」真っ只中という、いろんな意味でアメリカの転換点となった年です。イーグルス自身が体現してしまったロックの産業化、そしてアメリカンドリームを当の本人たちが否定した歌詞とされてます。

 ま、そんなことは置いといて、聴き所はやっぱり、唄が終わったあとのギターバトルですかね。特に新加入したジョー・ウォルシュとの絡みが最高です。

カテゴリ : American Rock ・ comments(2)  
2005年02月19日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. P.S. YOU ROCK MY WORLD / eels (electro-shock blues 収録)

 And I was thinkin' 'bout how everyone is dying♪
 And maybe it's time to live


 Eことマーク・オリヴァー・エヴェレット率いるeelsイールズ)の2ndアルバム『electro-shock blues』の最終曲"P.S. You Rock My World"。

・Eels - P.S. You Rock My World


 Eの早くに父を亡くし、母は末期がんを宣告され、制作時に姉が自殺するという悲劇を反映してか、アルバム全体的に「死」を思わせる曲が多いです。しかし、このアルバムのラスト曲では「死を受け入れて生きて行こう」という静かな決意みたいなものが感じられる名曲です。

 この曲の話だけすると、暗いバンドのような感じがするけど、そんなことはなく、どの曲もポップで、そしてちょっとひねくれてて、第2のベックといわれるのもわかるバンドです。ライブも一度見たことあるけど、趣向が凝らされてて面白かったです。4th,5thアルバムは結構ロック色の強いアルバムだったので、次作も楽しみ。

カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0)  
2005年02月18日(金)

Related Posts with Thumbnails