1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '04
  3. Fuji Rock Festival '04 2日目

 昨日のテント崩壊からも数回夜中にテントが壊れたり直したりを繰り返して朝を迎えました。なので、体力的には結構つらかったけど、がんばって起きてとりあえずまたお風呂を借りに別荘へ。
 お風呂に入った後、ビールを一缶いただき、その日から合流したフジロック初参加である研究室の先輩K谷さんと12時に入場ゲートで待ち合わせの約束をして一旦テントへ。

 この時点ですでに見ようと思ってた3バンドTHE FIERY FURNACES,JAMAICA ALL STARS,THE MOONEY SUZUKIを見逃してたけど、「ま、いっか」って感じ。待ち合わせに微妙に遅刻して(ごめんなさい)K谷さんと合流してとりあえずグリーンへ。

 そこで今年唯一の自分が写っている写真をとってもらい、2日目最初のバンドMitch Mitchell and Billy Cox of the Jimi Hendrix Experienceをみることに。

 ミッチ・ミッチェルといえばExperienceでドラムで、ビリー・コックスといえばBand Of Gipsyでベースとしてジミヘンとバンドを組んでた人で、すごい人達なんだけど、ミッチなんか太った陽気なお爺ちゃんって感じになってました。それでもドラムすごかったけどね。Gt.Vo.の人も完コピでした。

 それからホワイトにBACK HORNを見に移動、したのはいいけど最後の曲ですぐ終わっちゃいました。そのままK谷さんとボードウォークを通ってヘブンへ。

 THE SAVOY TRUFFLEが演奏中だったけど、またまた最後の曲でした。しょうがないのでとりあえずオレンジへ。LOS AGUJETASが演奏中だったけどグリーンでFranz Ferdinandがみたいのでグリーンに戻ることに。そこで、オレンジに次に出るUAを見るというのでK谷さんと別れグリーンへ。

 グリーンは注目の新人ってことでフランツ待ちの人が結構いました。ライブの方も結構ダンサブルな曲もあるので盛り上がってました。ダイブしてる人までいたなぁ。

 それからレッドに移動MO`SOME TONEBENDERを見る。相変わらずベースのホットパンツが。。。そこでノリノリのT波を発見し、一緒にグリーンへBEN HARPER And The Innocent Criminalsを見るため移動。

 ベン・ハーパーの心地よいスライドギターと昨日の疲れでちょっとウトウトしちゃったけどかなりよかったです。特にレゲエっぽい曲よかったですわ。

 T波と別れまたまたレッドに戻るとBEN KWELLERが演奏中。顔に似合わず結構激しくてびっくり。

 次のグリーンではほんとに来るのか心配だったCOURTNEY LOVE。かなり時間はおしたけどコートニーおばちゃんの登場。なんかやっぱ見た目の迫力はすごいすな。ライブはあんま声出てないし、2曲目で早速「MONO」をやったので満足して移動することに。

 ここでレッドで見る予定だったYEAH YEAH YEAHSを見ないと決心して、ホワイト〜ヘブン〜オレンジへ行くことに。ホワイトではDROPKICK MURPHYSが演奏中で、ただ通り過ぎる予定だったけど、ちょうどThe Whoのカヴァーをはじめたのでその1曲だけ聴いてヘブンへ。

 ヘブンでBELLE & SEBASTIANがでてて明日のホワイトのトリでまた出るけど明日は見れるか分からないので2,3曲だけ聴くことに。ほのぼのとしてていいわぁ。もっとほのぼのするためにオレンジへ。

 前からちょっと見たかった吾妻光良&THE SWINGING BOPPERSをちょこっと見ました。ビッグ・バンドのスイングジャズに「栃東の歌」とか面白系の歌詞の乗る楽しいライブでした。吾妻のおっさんのMCもおもろかった。

 それからJIMMY EAT WORLDを見るためにホワイトへ。その途中アヴァロンでは原田郁子が準備中でハナレグミの永積やポラリスのメンバーもバックにいたのでちょっと見ようかと思っていたら、ホワイトでJEWが始まっちゃいました。

 しかも自分の好きな「Sweetness」からだったので急いでホワイトへ。聴きたかった「Breed American」やヒット曲「middle」を聴き終え急いでまたオレンジへ。


 朝見れなかったJAMAICA ALL STARSを最前列で見ることに。ジャスティン・ハインズ以外は知らなかったけど他のメンバーもいい味出してました。最後まで聴いていたかったけど後ろ髪を引かれる思いでオレンジからボードウォークを逆そうしつつTHE CHARLATANSを見るためレッドへ大移動。

 ゆらゆら帝国もみたかったけどシャーラタンズを選択。この選択は間違いじゃなかったと思うくらい、いいライブでした。マンチェグルーブいいですね。フジのレッドマーキーのトリって毎回はずれがない気がします。

 シャーラタンズで盛り上がった後、とりあえず見とくかと言う気分でグリーンにTHE CHEMICAL BROTHERSを見に行くことに。ケミカル好きなんだけど、どうもライブでは中だるみする感じがして、4年前フジで見たときも途中で見るのをやめてしまったんだけど、今回もやっぱそんな感じは否めなかったですね。

 しかし、グリーンへ移動中スタッフとしてバイト中のK井に遭遇。彼から「ケミカル解散するらしいよ」と聞かされ最後まで見ることに。中だるみの間も暇そうにしてるK井のバイトの邪魔をしたり、忙しそうにバイトしているT淵と話したりして暇をつぶし、アンコールではシャーラタンズのVo.ティムも登場し、ラストはお決まりのこの曲「The Private Psychedelic Reel」でしめました。ちなみにこの曲、自分の好きなMercury Revのジョナサンが曲作りに参加してます。てかほんとに解散すんのかな?

 で、ケミカルの日本でのラスト(?)ライブ終了後急いで、レッドへTHE STREETSを見に行くことに。ほんとはケミカルを途中で切り上げるつもりだったけど最後まで見たので、もう半分近く終わっていたけど、予定時間より長く演ってたし、誰だかよくわからない黒人のサポート・シンガーが目立ちまくりだし「ゲンキデスカ?1,2,3ダー」やマーク・スキナー:「アリガトウゴザイマシタ」、客:「ドウイタシマシテ」などのコール・アンド・レスポンスなどあって楽しかったです。もっと盛り上がらない感じを想像してたのにいい意味で裏切られました。

 次のSANTOSの間はオアシスエリアをうろうろしたりして次のBUFFALO DAUGHTERまで時間をつぶしてました。でも、bdの時は眠気と寒さのピークで結構辛かった。相変わらずシュガーのギターうまいですね。ムーグのMCがなかったのがちょっと残念だったけど。

 bd終了後、U宿とK谷さんと合流し帰ることに。U宿達の泊まっていた別荘の持ち主がその日に東京へ帰られたのでそこに宿泊する許可がおりて、テントに戻り必要な荷物だけもって引っ越すことにしました。

 一緒にテントに泊まっていたT波も、その日で帰っちゃって一人になったのでほんと助かりましたわ。T田さんありがとうございます。風呂にも入り布団で寝れるという幸せを味わいつつフジロック2日目は終わりました。

Fuji Rock Festival '04 前夜祭
Fuji Rock Festival '04 1日目
Fuji Rock Festival '04 3日目
Fuji Rock Festival '04 帰路




【サイト内関連記事】
コバルトブルー / THE BACK HORN (ヘッドフォンチルドレン 収録)
夢の花 / THE BACK HORN (ヘッドフォンチルドレン 収録)
Do You Want To / FRANZ FERDINAND (You Could Have It So Much Better 収録)
ペチカ / MO'SOME TONEBENDER (ペチカ 収録)
BLACK CHRISTMAS / MO'SOME TONEBENDER (Download Only)
Bleed American / Jimmy Eat World (Bleed American 収録)
GALBANIZE / The Chemical Brothers (Push The Button 収録)
Block Rockin' Beats / The Chemical Brothers (dig your own hole 収録)
Fit but you know it. / the streets (a grand don't come for free 収録)
FAKE STREETS HATS / the streets (the hardest way to make an easy living 収録)
カテゴリ : Fuji Rock Festival '04 ・ comments(0)  
2004年07月31日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '04
  3. Fuji Rock Festival '04 1日目

 ついに来ました、フジロック初日。夜寝ているとテントを打つ雨の音&テントを揺らす凄い風でかなり不安だったけど、朝起きてみると一応晴れてて一安心(しかし、結局一日中雨が降ったり止んだりの微妙な天気でした)。
 とりあえずお風呂だけ入らせてもらおうと、友人Tと一緒に友人U達の泊まってる先輩Tさんの別荘へ。シャワーを浴びた後、またテントに戻り、準備をして会場へ。

 とりあえず今年のフジ一発目は全ステージ中で一番早く始まるレッド・マーキーで韓国のロックバンドCOCOREを見る。ぶっちゃけ演奏もそんなにうまくなくすぐ飽きたので、いよいよメインステージであるグリーンステージへ。その途中でブリティッシュ・カウンシルのブースにて「UKキャラクター診断!あなたは何系?」をしてビニールシートをゲット(ちなみに結果「ロンドン系」でした)。

 そしていよいよ一年ぶりのグリーンです。グリーン一発目はBRITISH SEA POWERで、メンバーが頭に草を巻いていたり、太鼓を持って客席の中に入っていったりとなんだか訳わからん感じのバンドですた。その演奏中にU宿から「キッズランド」にいるとのメールが入り、ここでT波と別れ(ま、フジロックは基本的にほとんど1人行動ですわ。見たいものが全部かぶるなんてありえないしね)キッズランドへ。

 なぜキッズランドへ行ったかというと、今回のフジロックのある意味個人的目玉と言える「LEVI'Sゲーム」のタンクトップを受け取りに行ったわけですよ。「LEVI'Sゲーム」とは事前に応募して当たるとリーバイスのそれぞれの文字「L」「E」「V」「I」「S」「501」のうちのどれかが書かれたタンクトップを受け取り、そのタンクトップを着た人を集めて「LEVIS501」という文字を完成させると商品がもらえるというゲームで、ちなみ自分は「L」でU宿は「E」でした。よし「VIS510」さがすぞ!!と、意気込んでみたものの結論から言うと着てる人は結構見かけるけど、歩いてる人に話し掛けるのはむずいですわ。てか無理。と、いうことでおとなしくライブを見ることに。

 ここでせっかく事前に立てた計画を崩してLittle Tempoを見にホワイトステージに行きました(途中でM邦とK昭に会いました、いやーーフジは頻繁に知り合いに会う事もあれば、一日まったく会わないこともあります)。

 ホワイトにつくとライブは始まっており山の中にスティール・パンの気持ちいい音が響き渡ってました。ほんとフェス栄えするバンドですね。そういやライブ中にU宿と自分の間をLOSARIOSの中村達也と加藤たかしが通り抜けて前の方にいきました。リトルテンポすきなんかな?で、リトルテンポは絶対M山も見てるだろうと思ってたら、やっぱりいました。しかも、自分らのとなりのとなりくらいで。今日はどちらかというと知り合いに会う日のようです。

 次もまたまた予定を変えグリーンにもどりPE'Zを見る。インストバンドなんだけどやっぱメロディアスだしキーボードをたたくようにひいたり衣装などの視覚的にも楽しめました。そんなPE'Zの演奏終了を待たずにレッドマーキーへ移動。

 そこでThe Killersをみる。感想は・・・特にありません。その後、特に見たいのがなかったのでHさんにたのまれたゆらゆら帝国のTシャツが売ってるかどうか確認するためにグリーン後方の物販へ。

 しかし、遠目で見る限りでもゆら帝のTシャツが売っているか確認できなかったので(後に、結局売ってなかったことが判明)とりあえず列に並ぼうとしたら、ちょうどそこでスタッフのバイトで来ていたK井と遭遇。彼に「2時間待ちらしいよ」といわれ断念。さらに一緒にいたU宿に「外の物販ならすいてんじゃん?」といわれわざわざ外の物販まで行ったのに結局そこも混んでいて、また会場にもどってとりあえずレッドマーキーにてSNOWPATROLを見る。

 グラスゴーのバンドらしくやっぱメロディアスな曲が多かったけど、思ったほどピンときませんでした。。レッドマーキーの次の出演者はASIAN KUNG-FU GENERATIONで、SNOWPATROLの時に合流したT波とU宿はアジカンは前の方で見たいというので、そこで別れ1人でHAVENを見にグリーンへ。そういえば去年のフジで一番最後に見たのは深夜のルーキー・ア・ゴー・ゴーで見たアジカンだったんだよなぁ。

 ここで、今回のフジロックで初めてモッシュピットに入りました(結局これが最初で最後でした。なんか年を追うごとに前で見なくてもいいやって思うことが多くなったからかな?)。ヘイブンはまともに聴いたことある曲は「Say Something」くらいだったけど、結構好きな曲だったので他の曲も大丈夫だろうと思ってたら、案の定よかったです。「Say Something」もやってくれたしね。

 で、モッシュピットに入るとライブ終了後ちょっと出口あたりで混むのでなかなか出れなかったときに、ちょうど先ほどのリーバイスゲームのタンクトップの「501」を着た人が1人でいたので、せっかくだから声をかけてみました。普段なら知らない人に声をかけるなんて普段ならしないし、できない人なんですが、これがフジロック・マジックか自然話し掛けてしまいましたわ(ま、はたからみると自然じゃなかったかもしれないですが。。。)。

 その人(お名前はMさんというそうです)といろいろ話をしつつBEGINを見にボードウォークを通って今年初のフィールド・オブ・ヘブンへ。ちょうどヘブンについたら代表曲「恋しくて」を歌ってました。でも、そこで時計を見ると思ったより時間がたっていてなんと個人的目玉のひとつであるThe Roostersの始まる時間になっていたので泣く泣くヘブンを後にすることに。せっかくBEGINのTシャツを着ていたのに滞在時間数分という残念な結果に。うーん、もっと見たかった。

 グリーンに戻る途中に今年初のアヴァロン・フィールドを通り、ホワイトではCharが演奏中でそれも素通りして着いた時にはルースターズ始まってました。(歩いてる途中に大学の友達でバイトで来ていたT淵に会いました)。そこでMさんがキャンプサイトにいったん戻るというのでメアドだけ聞いて別れ、一人ステージ前へ。


 ルースターズはそんなに詳しくはないけど、約20年ぶりのオリジナルメンバーでのステージで更にこれがラストライブというのでなるべく前でみることに。Vo.の大江のソロは今年のMROで見ていたけど、ルースターズはやっぱ全然ちゃいますね。ミッシェル等に多大な影響を与えたバンドであるだけに切れのあるギターサウンドがめちゃいい。特に後半にやった「C.M.C.」「ロージー」「DO THE BOOGIE」「恋をしようよ」の4連発は感動しました。やっぱ精神的におかしくなってバンドを脱退したといわれる大江はかなり怪しいオーラ出してました。

 感動のルースターズ終了後、レッドマーキーへ移動しちょこっとTHE ZUTONSを見ました。結局1曲くらいしか聞けなかったので、メンバーのSaxの人が遠目にも美人だなぁってことくらいしかわかりませんでした。

 そして、またまたグリーンに引き返し、またまた個人的メインのPJ HARVEY(ま、今年のフジの個人的メインはこの日のルースターズピクシーズのグリーン3連発なんですけど)を見ました。真っ赤な衣装を着たポーリーは思ってた以上にちっちゃくなんか結構かわいかったです(ぱっと見、Yeah Yeah Yeahsのカレン・Oに似てました)。

 ライブの方もポーリー自らギターも弾き、歌も迫力がありかなりよかったです。なんかフジで見る女性ソロアーティスト(パティ・スミスビョークアラニス・モリセット等)は外れがないですね。途中でバンドのメンバーをひっこませてエレキ一本で弾き語りしたのが特によかったけどレッドから聞こえてきたLOSALIOSの音がかぶってちょっと残念。去年のビョークの時にホワイトから聴こえてきたイギー・ポップの時みたいでした。

 で、PJ Harvey終了後、そんなロザリオスを聴きにレッドへ。相変わらず中村達也のドラムはすごいですね。歌ものじゃないので逆にそのドラムの凄さがわかりますわ。後ベースのTOKIEもかっこよし。今回はSaxの武田真治は参加してないのが残念でした(しんじー見たかったなぁ。今回はバイオリンの人がいました)。

 ロザリオスを後にし、いよいよ今年の個人的というかフジロック的目玉、再結成&初来日PIXESですよ。このバンドがなければRadioheadNirvanaも存在しなかったというバンド。レディヘもニルヴァーナも大好きな自分のような人間にとって見ておかな絶対だめなバンドですわ。

 しっかし、登場するなりびっくりしたのはVo.フランク・ブラックのあの巨体。太りすぎでしょあれは。でも、ノイジーなのにポップな曲にあの甲高い声に引き込まれましたわ。彼らの最大のヒット曲「Monkey Gone To Heaven」も2,3曲目でやってしまうわ、その後も名曲のオンパレード。自分の大好きな「Velouria」とか歌詞もろくにわかんないけど一緒に歌ってしまいました。最後はギターノイズ大会みたいになって終わっていったとこもなんからしくてよかったです。

 ピクシーズの後は、SUPERCARと東京事変とで迷った挙句、スーパーカーは見たことあるし、東京事変は今後も見る確率は低そうなのでここはホワイトの東京事変を選択。で、ライブ見た感じだと微妙でした。椎名林檎の曲とかもやってたけど、元のアレンジの方がよかった気が。。。基本的にオリジナルの曲のアレンジの方が好きなことが多い気がします。後こんとき思ったけど、ホワイトって音悪くない?近くだといいけど遠いと風で音が流されていまいちな気がします。

 東京事変に不満を感じつつこの日のトリ、LOU REEDを見るためグリーンへ。ヴェルヴェッツ時代からのロックの伝説であるルーリードをとりあえず一目見ておきたかったので、ぶっちゃけライブ自体は盛り上がんねぇだろうなぁと思いつつ一番前の柵に寄りかかりつつ見ました。

 案の定ライブが始まると客がちょっとずつ減っていくのがわかるような地味なライブでした。でも座って見たりしながら聴いていると、だんだん惹きこまれていってなんか厳かな儀式を見ているかのような感じでした。特にチェロの人のソロとかやばかったですね。当初の予定ではルーリードを途中で切り上げてホワイトにBASEMENT JAXXを見に行く予定だったのに最後までルーリード見ちゃいました。ベースメントジャックスも見た人に聞くととてもよかったらしいけど、アンコールでポエトリー・リーディングも聴けたし、「Sweet Jane」と「Perfect Day」も聴けたしルーリードを最後まで見たのは全然後悔してません。

 これで、一日目のメインステージは終わったけど、深夜のレッドマーキーやオレンジコートでのオールナイトフジなどフジロックの夜はまだまだこれから。とりあえずどっちに行こうか迷ったけどオアシスエリアに行ってみると、なんとそこには先ほど東京事変で出演してた椎名林檎がステージ衣装のままフラフラ歩いていたのでちゃっかり握手してもらいました(握手しながら「ボンジュール」って言ってました。明らかに酔っ払いです)。

 で、握手してもらったことで結構テンションがあがったままテントに一旦帰る事に。したらなんとテントが風で飛ばされてました。そこで1人で雨の中テントを張りなおしテンションは激下がり。レッドマーキーにもオールナイトフジにも行く気がなくなり、T波を呼び戻しその日は結局そのまま寝ました。

 なんかいい日だったのかわかんなくなったけど、これもまたフジロック。まだまだ後2日も残ってるしこれは大人しく体力を温存しろってことだと思いあきらめやした。明日もいっぱい音楽聴くぞー!!

Fuji Rock Festival '04 前夜祭
Fuji Rock Festival '04 2日目
Fuji Rock Festival '04 3日目
Fuji Rock Festival '04 帰路



【サイト内関連記事】
LITTLE TEMPO 『真夏のワイワイ祭りスペシャル!』@日比谷野外音楽堂(Guest:EGO-WRAPPIN'、こだま和文 他)
FACTORY LIVE 0119@フジテレビ(PE'Z、B-DASH、サカナクション、鶴、suzumoku)
Somebody Told Me / THE KILLERS(HOT FUSS 収録)
Shadowplay / The Killers (Music From the Motion Picture CONTROL 収録)
Signal Fire / Snow Patrol (Spider-Man 3: Music from and Inspired By 収録)
til the end / haven (between the senses 収録)
ROSIE / THE ROOSTERS (BEST SONGS COLLECTION 収録)
C.M.C. / THE ROOSTERS (BEST SONGS COLLECTION 収録)
恋をしようよ / THE ROOSTERS (BEST SONGS COLLECTION 収
PRESSURE POINT / THE ZUTONS (WHO KILLED......THE ZUTONS 収録)
Why Won't You Give Me Your Love / THE ZUTONS (TIRED OF HANGING AROUND 収録)
HOW DOES IT FEELS? / THE ZUTONS (TIRED OF HANGING AROUND 収録)
YOU'VE GOT A FRIEND IN ME / THE ZUTONS (TIRED OF HANGING AROUND 収録)
Shame / PJ harvey (Uh Huh Her 収録)
When Under Ether / PJ Harvey (WHITE CHALK 収録)
Dig For Fire / PIXIES (Bossanova 収録)
Velouria / PIXIES (Bossanova 収録)
カテゴリ : Fuji Rock Festival '04 ・ comments(0)  
2004年07月30日(金)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails