1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. From The Floorboards Up / PAUL WELLER (AS IS NOW 収録)

 モッズファーザーことPaul Wellerポール・ウェラー)の通算8作目のソロアルバム『AS IS NOW』からの先行シングル"From The Floorboards Up"。イントロのJAM時代を彷彿とさせるキレのあるギターのカッティングからオー!!って感じになります。サウンドもウェラーサウンドの要といえるドラムのスティーブ・ホワイト(スタカン時代からの盟友)とギターのスティーブ・クラドックとベースのデーモン・ミンチェラのオーシャン・カラー・シーン組に支えられ、凄くグルーヴィーでノリのいい曲になってます。

・Paul Weller - From The Floorboards Up


 ウェラーはジャム時代に「街で輝いているのはすべて25歳以下」と上の世代を口撃していて、26歳の自分には耳がいたい話だけど、今年47歳になるウェラーがこれだけ若々しく輝いている作品を作れるってことはウェラーも嘘つきだってことですね(笑)
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(2)  
2005年09月28日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)

 奥田民生の最新シングル"トリッパー"。昨年の秋に行われた広島市民球場での「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」を題材にした映画『カスタムメイド 10.30』(主演:木村カエラ)の主題歌。

・奥田民生 トリッパー


 ひとり股旅にかけてか、アコギのカッティングから始まり途中からバンドサウンドになって行きます。バックはこれまでのDr. Strange Love(+古田たかし)ではなくミニアルバム「Comp」のときのメンバーみたいですね。PVは夏フェスとかのライブの様子と映画の場面が織り交ぜられていて、ライブも映画も観たくなります。
カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2005年09月27日(火)

Related Posts with Thumbnails