1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. コールドスリープ / のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一) (OOPTH 収録)

松井文折坂悠太夜久一からなる音楽ユニットかつレコードレーベル、のろしレコードの2019年10月30日リリースの2ndアルバム『OOPTH』収録曲"コールドスリープ"。

・のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一)- コールドスリープ MV


 この曲は作詞・作曲ともに折坂悠太。アコースティックでフォーキーなサウンドが心地よい。マンドリンとサックスの音色が優しい。アメリカのフォークロック的な感じも良い。

 タイトルの「コールドスリープ」とはウィキペディアによると、こういう意味らしい。
コールドスリープ(和製英語: cold sleep)とは、宇宙船での惑星間移動などにおいて、人体を低温状態に保ち、目的地に着くまでの時間経過による搭乗員の老化を防ぐ装置、もしくは同装置による睡眠状態。移動以外にも、肉体の状態を保ったまま未来へ行く一方通行のタイムトラベルの手段としても用いられる。


 サウンドとは裏腹なSFな歌詞だけど、SFっていわゆる20世紀に考えてた未来で、21世紀になって20年近く経とうとしているこの2019年にはある意味、未来でもありつつ、過去の懐かしい感じもあって、それがのろしレコードのこの感じにすごくマッチしてる気がします。

 アルバムには3人それぞれが作ってきた新曲や自身の曲のセルフカバーが収められています。バックにはライブを共にするコントラバスの宮坂洋生、SAXのハラナツコ、ドラムのあだち麗三郎からなる悪魔のいけにえをサポートに迎え合宿形式でレコーディング。そのドキュメントなんかもYouTubeに上がってたりします。

 折坂悠太を昨年初めて知り、平成の最後に良いアーティストを知ったなぁと思ったけど、令和になったらまた彼のおかげで2人も素晴らしいアーティストに出会えた。ぜひ皆さんも狼煙を上げてどんどんこの3人を広めてって欲しいね。

・インタビューなどなど
ANTENNA:https://kyoto-antenna.com/post-34465/
CINRA.net:https://www.cinra.net/interview/201911-noroshi_ymmts

・松井文『ダイジョーブ』


・夜久一『深い河』(のろしレコード企画 第1回「在りしひ」)



のろしレコード -『OOPTH』収録曲リスト
01. コールドスリープ(折坂悠太 新曲)
02. チャイナガール (夜久一 新曲)
03. さなぎ (松井文 新曲)
04. よるべ (折坂悠太 セルフ・カバー)
05. OOPTH (新曲)
06. 深い河 (夜久一 セルフ・カバー)
07. 道 (折坂悠太 セルフ・カバー)
08. ダイジョーブ (松井文 セルフ・カバー)
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
芍薬 / 折坂悠太 (ざわめき 収録)
平成 / 折坂悠太 (平成 収録)



カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年11月21日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. 2020年・第62回グラミー賞ノミネート発表!候補一覧まとめ&受賞予想 #grammy #グラミー #GRAMMYs

米・現地時間2020年1月26日(日本時間1月27日)にロサンゼルスのステープルズ・センターにて授賞式が開催される第62回グラミー賞62nd Annual Grammy Awards)のノミネート作品が発表されました。



・62nd Annual GRAMMY Awards Nominations Announcement


2019年の結果はこちら。
2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ

まずは主要4部門。



私の受賞予想も載せています。
予想マークは競馬風に。

・予想マーク(上から本命)
◎=本命
○=対抗
▲=単穴
△=連下

Record Of The Year(最優秀レコード賞)


HEY, MA - Bon Iver
BAD GUY - Billie Eilish
7 RINGS - Ariana Grande
HARD PLACE - H.E.R.
TALK - Khalid
OLD TOWN ROAD - Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus
TRUTH HURTS - Lizzo
SUNFLOWER - Post Malone & Swae Lee

この中で一番売れたのは全米チャートNo.1最長記録を更新したリル・ナズXだけど、本命はアリアナ・グランデかなと思う。
ビリー・アイリッシュと甲乙付けがたいけど、今回はこっちかな。
グラミー的にはカリードとか好きそう。

Album Of The Year(年間最優秀アルバム)


I,I - Bon Iver
NORMAN F***ING ROCKWELL! - Lana Del Rey
WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? - Billie Eilish
THANK U, NEXT - Ariana Grande
I USED TO KNOW HER - H.E.R.
7 - Lil Nas X
CUZ I LOVE YOU (DELUXE) - Lizzo
FATHER OF THE BRIDE - Vampire Weekend

アルバムもアリアナかなと思う。
個人的にはビリー・アイリッシュに取って欲しいけどどうだろうか。
リゾも好きだけどグラミーっぽくないかな。
意外なとこではボン・イヴェールとか取っちゃうこともありそう。

[スポンサードリンク]


Song Of The Year(最優秀楽曲賞)


ALWAYS REMEMBER US THIS WAY - Lady Gaga
BAD GUY - Billie Eilish
BRING MY FLOWERS NOW - Tanya Tucker
HARD PLACE - H.E.R.
LOVER - Taylor Swift
NORMAN F***ING ROCKWELL - Lana Del Rey
SOMEONE YOU LOVED - Lewis Capaldi
TRUTH HURTS - Lizzo

こちらはリゾを推してみる。
実はこの曲は今年の曲じゃないけど、可能性はあると思う。
こちらも対抗はビリー・アイリッシュ。

Best New Artist(最優秀新人賞)


BLACK PUMAS
BILLIE EILISH
LIL NAS X
LIZZO
MAGGIE ROGERS
ROSALÍA
TANK AND THE BANGAS
YOLA

こちらはビリー・アイリッシュが取れなきゃおかしいと思う。
もちろんリゾ、リル・ナズも可能性高いけど。

以上、主要4部門。

今回の最多ノミネートはリゾの8部門。
主要4部門全部にノミネートされています。
同じく主要部門制覇のビリー・アイリッシュとリル・ナズ・Xがそれぞれ6部門。
リゾとビリーの一騎打ちな感じもありますが、シングル的にはリゾの方が分があるんじゃないかと思うけど、そこは他にも強敵がいっぱいいてわかりませんね。
でも、できればアルバムと新人賞はビリーにとったら面白いなと期待しています。

授賞式が楽しみ。
type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0a07f664.8042505a.1315c8b1.12bb73d2";rakuten_items="tra-ranking";rakuten_genreId="tra-allzenkoku";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1573193707779";

その他の部門も下にまとめます。
POP
DANCE/ELECTRONIC MUSIC
CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC
ROCK
ALTERNATIVE
R&B
RAP
COUNTRY
NEW AGE
JAZZ
GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC
LATIN
AMERICAN ROOTS MUSIC
REGGAE
WORLD MUSIC
CHILDREN'S
SPOKEN WORD
COMEDY
MUSICAL THEATER
MUSIC FOR VISUAL MEDIA
COMPOSING/ARRANGING

【サイト内関連記事】
bad guy / Billie Eilish (When We All Fall Asleep, Where Do We Go? 収録)
Truth Hurts / Lizzo (Cuz I Love You 収録)
2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2018年・第60回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2017年・第59回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2016年・第58回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2015年・第57回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2014年・第56回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2013年・第55回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2012年・第54回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2011年・第53回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2010年・第52回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
2009年・第51回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
2019年11月20日(水)

Related Posts with Thumbnails