<< 【随時更新】2020年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系 #ヒップホップ #テクノ home ユートピア / andymori (革命 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2020年代)
  3. OH MY GOD / 小山田壮平 (THE TRAVELING LIFE 収録)

 元andymori、現在はALとしても活動する小山田壮平の初ソロアルバム『THE TRAVELING LIFE』(2020年8月26日リリース)収録曲"OH MY GOD"。

・小山田壮平 - OH MY GOD (Official Music Video)


 キレの良いエレキギターのストロークが印象的な曲。小山田壮平が一人、視界の開けた山の上でギターをかき鳴らすミュージックビデオと超絶マッチしてて映像と合わせて聴くとさらに気持ちイイ。この曲は映画『#ハンド全力』(主演・加藤清史郎)の主題歌になってて、ドローンで撮影されたMVは映画の監督を務めた松居大悟が手がけています。

アルバムにはベースにandymori〜ALと活動を共にする藤原寛、小山田の設立したSparkling RecordsのレーベルメイトであるGateballersの濱野夏椰がギター、久富奈良がドラムとして参加。伊豆で合宿レコーディングしたのだとか。全編バンドサウンドが鳴っています。

・Gateballers 配信One-man LIVE from伊豆スタジオ


 なんか個人的にはandymoriって『andymori』、『ファンファーレと熱狂』まではそれこそ"熱狂"して聴いたんだけど(特に後者は個人的2010年代のベストアルバムでTOP10には絶対入る)、その後は徐々になんとなく聴かなくなってた。音楽よりも彼自身のお騒がせ話題とか、解散後もほぼandymoriなメンバーでやってるんだなぁくらいの認識だった。でも、今作を聴いて、なんか解放されたような感覚があってすごく嬉しかった。東京から地元・福岡に拠点を移したのも影響あるのかな。というか、今作と合わせてandymoriの中後期〜ALのアルバムを聴いたら、これがまた全然良くて最高だった。小山田壮平にとってはずっと地続きなんだなって思った。ソロと合わせてまた愛聴盤が増えました。


小山田壮平 -『THE TRAVELING LIFE』収録曲リスト
01. "HIGH WAY"
02. "旅に出るならどこまでも"
03. "OH MY GOD"
04. "雨の散歩道"
05. "ゆうちゃん"
06. "あの日の約束通りに"
07. "ベロべロックンローラー"
08. "スランプは底なし"
09. "Kapachino"
10. "君の愛する歌"
11. "ローヌの岸辺"
12. "夕暮れのハイ"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
FACTORY LIVE 0508@フジテレビV4スタジオ (andymori、UNCHAIN、SISTER JET、1000say、OKAMOTO'S) 感想&セットリスト
CITY LIGHTS / andymori (ファンファーレと熱狂 収録)
andymori@日比谷野外大音楽堂 「東名阪ワンマンツアー ぼくたちアンディモリ」 感想&セットリスト
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011@山中湖交流プラザ きらら 初日 part2 (岡村靖幸、髭、HY、The Mirraz、BRAHMAN、andymori、Sal
「andymori ラストライブ」@日本武道館 セットリスト #andymori


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2020年代) ・ comments(0) K 
2020年09月22日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT