<< 【速報】2020年・第62回グラミー賞、受賞者・受賞作・結果・ノミネートリスト一覧まとめ #grammy #グラミー #GRAMMYs home フジロック2020、早割チケット発売決定!! #fujirock >>
  1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. 2020年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2020』決定!音源・動画まとめ

UKの国営放送・BBC(British Broadcasting Corporation)が発表するその年の期待の新人リスト『Sound of』。
その2020年版『BBC Sound of 2020』が発表されました。

2020年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2020』決定!音源・動画まとめ

(参考)2019年のロングリストと動画はこちら。
英BBC『Sound of 2019』音源・動画まとめ

それでは以下、『BBC Sound of 2020』のロングリストを順位順にまとめたリストです。
アーティストの説明はBBCのサイトに載っていたものを和訳しています。
参考までにYouTube動画と合わせてどうぞ。

■BBC Sound of 2020


●1位:Celeste


・本名Celeste Waite。すでにブリット賞の「Rising Star Award」とBBCミュージックの「Introducing artist of the year」に選ばれている25歳。
・ロサンゼルスで生まれ、ブライトンで育った彼女は、エラ・フィッツジェラルド、オーティス・レディング、ビリー・ホリデイ、アレサ・フランクリンなどのジャズやソウルの名曲を聴いて育った。
・彼女は、1年前に肺癌で亡くなったジャマイカ人の父親に敬意を表して、17歳で最初の歌、"Sirens"を書く。そして、彼女の最初のEP『Milk & Honey』を、リリー・アレンのバンク・ホリデー・レコード・レーベルからリリース。
・現在、ポリドールと契約を結んでいるセレステは、タイムレスな歌とエモーショナルで、ストーリー性のある歌詞で称賛されています。彼女は単に「長い間音楽を作ることができ、実際に人々にとって重要な音楽を作ること」が目標だと言っています。

・Celeste - Strange (Official Video)


●2位:Easy Life
・レスター出身のイージーライフは、(ディープ・ブレス)ヒップホップ、ジャズ、インディー、ポップ、アフロビート、スローグルーブ、アンビエントハウス、サイケデリックエレクトロニカ、機知に富んだ、鋭い楽観的な楽観的な歌詞のブレンドにより、つかみどころはないが好きになるのは難しくない音楽。
・地元のいくつかのバンドでそれぞれ活動していた5人が2年前に「きまぐれに」結成。
・フロントマンのMurray Matraversは両親の農場で育ち、鶏の世話とジャガイモを育てながら形成期を過ごす。
・彼の歌詞は、不眠症(“Nightmares”)や金銭問題(“Pockets”)から恋に落ちた愛(“Frank”)に及びます。

・Easy Life - Nightmares (Official Video)


●3位:YUNGBLUD
・超アクティブで率直、大胆に脆弱なYungbludは、ロックスターになることの意味の定義に挑戦してる。
・本名ドミニク・ハリソン。22歳。彼は、ヒップホップビート、ジェットストリームギター、抗うことができないポップなメロディーをもって、銃規制(“Machine Gun”)と自己嫌悪(“Original Me”)について歌うことを恐れていない。
・しばしばドレスをきてステージ立つ。NMEに「箱は穀物用。ラベルは衣服用。私たちは人間であり、境界の必要性は日々重要ではなくなっている」
・彼の​​ファンは、中指に2本のハート型のタトゥー(1つは完全、もう1つは壊れている)をしていて、自身を「The Black Hearts Club」と呼んでいる。

・YUNGBLUD - Parents (Official Music Video)


●4位:Joy Crookes
・ジョイ・クルッカーが覚えている最初のレコードはThe Clashの『London Calling』で、彼らの音楽的探究心、ロンドンの多様性を祝すスタンスは、彼女自身の音楽の試金石のままである。
・ロンドンでバングラデシュ人の母親とアイルランド人の父親の間に生まれた彼女は、毎週行われるアイルランドのダンスレッスンにかり立てられ、幅広い音楽に触れた。「父は本当の教育を受けさせたいと思っていました。ニック・ケイブからキング・タビー、パキスタンのすべての音楽まで」と彼女は言う。「彼は「これはあなたの世界の側にあるものです。あなたはこれを聞くべきだ」と言います。」
・ピアノ、ベース、ギターを学び、エイミー・ワインハウスとローリン・ヒルの"mad honest"「狂ったような正直さ」のリリシズムに触発され、10代にして自分の音楽を書き始めた。

・Joy Crookes - Don't Let Me Down (Demo)


●5位:Inhaler
・Inhalerは、学校の友人であるイライジャ・ヒューソン、ロバート・キーティング、ライアン・マクマホン、ジョシュ・ジェンキンソンによって結成。共通で好きなバンドはジョイ・ディビジョン、ザ・ストロークス、ザ・ストーン・ローズ、ザ・キュアーなど。
・イライジャの急上昇するような、探究心のあるボーカルは、彼の父親であるU2のボノに似ていると気づくかもしれない。
・「私にとっても、バンドとしての私たちにとっても、門戸が開かれることはわかっています」と彼はNMEに家族のつながりについて話した。 「しかし、これらのドアは、私たちが良くない場合、門戸が開くのと同じくらいの速さで閉じてしまう。」
・しかし、Inhalerは父親の名前を使って活動することなく、小さなパブやクラブを周り、"My Honest Face"や"Ice Cream Sundae"などのポストパンクな曲で忠実な支持得ている。

・Inhaler - Ice Cream Sundae (Official Video)


1位のセレステや4位のジョイ・クルッカーはこのBBC Sound of ...シリーズがいかにも好きそうなアーティストですね。
この辺のアーティストを推してきた場合はまずハズレがないので、要チェックです。
イージー・ライフとかヤングブラッドあたりは個人的にはなんかつかみどころがなくて、もうちょっとチェックしてみたいところ。
正統派に近いロックバンドがトップ5に入るのは珍しいインヘーラーですが、ボノの息子がいるという先入観なしには聞けませんが(笑)、なかなか良さそう。

以下、その他ロングリストに入ったアーティスト。

[スポンサードリンク]


(順不同)
Arlo Parks
ロンドン出身の19歳のソウルシンガー、アーロ・パークス。

・Arlo Parks - george (Official Music Video)


beabadoobee
マニラ生まれ、ロンドン育ちの19歳、Bea Kristiのソロプロジェクト、べアバッドゥービー。

・beabadoobee - If You Want To


Georgia
プロデューサー、ソングライター、ビートメーカーのジョージア・バーンズ。父はLeftfieldのニール・バーンズ。

・Georgia - About Work The Dancefloor (Official Video)


Joesef
グラスゴー出身のシンガーソングライター。24歳。

・Joesef - Don't Give In (Official Audio)


Squid
ブライトンを拠点に活動する5人組ロックバンド。

・Squid - Houseplants (Official Audio)


5位に入らなかった5組では、ジョージアが個人的にはお気に入り。
今年出た2ndアルバムめっちゃ良いです。
10組の中にロックバンドが2つも入ったのがいい感じですね。

以下、これまでの受賞者。(左から年、Winner、2位〜5位)

2003 50 Cent/Electric Six/Yeah Yeah Yeahs/The Thrills/Dizzee Rascal
2004 Keane/Franz Ferdinand/Wiley/Razorlight/Joss Stone
2005 The Bravery/Bloc Party/Kano/The Game/Kaiser Chiefs
2006 Corinne Bailey Rae/Clap Your Hands Say Yeah/The Feeling/Plan B/Guillemots
2007 Mika/The Twang/Klaxons/Sadie Ama/Enter Shikari
2008 Adele/Duffy/The Ting Tings/Glasvegas/Foals
2009 Little Boots/White Lies/Florence + the Machine/Empire of the Sun/La Roux
2010 Ellie Goulding/Marina and the Diamonds/Delphic/Hurts/The Drums
2011 Jessie J/James Blake/The Vaccines/Jamie Woon/Clare Maguire
2012 Michael Kiwanuka/Frank Ocean/Azealia Banks/Skrillex/Niki & The Dove
2013 Haim/AlunaGeorge/Angel Haze/Laura Mvula/Chvrches
2014 Sam Smith/Ella Eyre/Banks/Sampha/George Ezra
2015 Years & Years/James Bay/Stormzy/Raury/George the Poet
2016 Jack Garratt/Alessia Cara/NAO/Blossoms/Mura Masa, WSTRN
2017 Ray BLK/Rag'n'Bone Man/Raye/Jorja Smith/Nadia Rose
2018 Sigrid/Rex Orange County/IAMDDB/Khalid/Pale Waves
2019 Octavian/King Princess/Grace Carter/slowthai/Rosalìa

【サイト内関連記事】
BBC sound of 2009
BBC Sound of 2014
BBC Sound of 2015 音源・動画まとめ
BBC Sound of 2016 音源・動画まとめ
BBC Sound of 2017 音源・動画まとめ
BBC Sound of 2018 音源・動画まとめ
BBC Sound of 2019 音源・動画まとめ
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
2020年01月28日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails