<< 町あかり@柏Thumb Up 「あかりおねえさんと一緒にステージに立とう!!」 感想&セットリスト home 『OUR FAVORITE THINGS 2020』出演者第1弾発表!ミツメ、王舟など5組決定 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 年間ベスト
  3. MY BEST ALBUM 2019 (洋楽編) TOP10 #ベストアルバム

2019年の年間ベスト、MY BEST ALBUM 2019を選びました。
洋楽編です。

My Best Album 2019 洋楽編

以下、マイベストアルバム2019 TOP10です。

邦楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2019 (邦楽編) TOP10

MY BEST ALBUM 2019 (洋楽)



1位 Billie Eilish -『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?

bury a friend / Billie Eilish (When We All Fall Asleep, Where Do We Go? 収録)
bad guy / Billie Eilish (When We All Fall Asleep, Where Do We Go? 収録)


2位 Sharon Van Etten -『Remind Me Tomorrow

Seventeen / Sharon Van Etten (Remind Me Tomorrow 収録)


3位 FKA twigs -『MAGDALENE

holy terrain (feat. Future) / FKA twigs (MAGDALENE 収録)


4位 Lizzo -『Cuz I Love You

Truth Hurts / Lizzo (Cuz I Love You 収録)
Juice / Lizzo (Cuz I Love You 収録)


5位 Kanye West -『JESUS IS KING

Follow God / Kanye West (JESUS IS KING 収録)

まずはマイベストアルバム2019の5位まで。

2019年の1位は文句なしのビリー・アイリッシュのデビュー作
音楽的に最も優れているとか、革新的なサウンドか、とかそういうのはおいといても、10代とは思えぬカリスマ性、ポップスターとして若者からの圧倒的支持だけでなく、私を含めた大人も虜にしてしまう佇まいなど、いかにも新しい世代が出てきたなぁって感じがたまらんね。

10代でブレイクしたアーティストっていうと最近だとLordeなどが思い出されるけど、消費されることなく彼女のような着実なキャリアを築いて欲しい。

2位は、NYのシンガーソングライター、シャロン・ヴァン・エッテンの5thアルバム
これまでの作品も評価は高いアーティストだったけど、なぜかあんまり聴いてこなくて、いざ聴いてみたらハマってしまいました。
インディーロック系では2019年で一番好きな作品でした。

3位は、FKAツイッグスの5年ぶりの2ndアルバム
フィーチャリングアーティストとかではたまに目にしてたけど、5年も経ってたとはね。
彼女を紹介するときにどうしても出てきてしまうのは、ライブが最高でどうしてもスタジオ盤だと物足りないってことだけど、1stよりこっちの方が音だけでも楽しめるかかも。
といいつつ、ライブを見たら同じことを言ってそうだけど(笑)。

4位は、ラッパー/シンガー、リゾの3rdアルバム
もう3枚目ですが、2019年に初めて知ったアーティスト。
1番ヒットした“"Truth Hurts“は実際は去年の曲ではないけど、他の曲も魅力的なものが多かった。
ビリーとのグラミー賞などの賞レースでどちらに軍配が上がるかも見ものです。

5位は、お騒がせ男、カニエ・ウェストの9枚目のアルバム
ここでやっと男性アーティスト登場。
性別で分けて考えちゃいけないけど、ホント最近は女性アーティストの方が自由で面白い。
というわけで自由で自分のやりたいように我が道を行くカニエさんに惹かれるのかも。
ゴスペル色が強く出た作品で割と落ち着いてメロディアスな感じの曲が多いけど、個人的にカニエのメロディセンスが好きなのかもって思った。

6位〜10位は順不同で5作品選びました。(アーティスト名アルファベット順)

ベストアルバム2019 6位〜10位



Deerhunter -『Why Hasn't Everything Already Disappeared?


James Blake -『Assume Form


Liam Gallagher -『Why Me? Why Not.


Thom Yorke -『ANIMA


The Who -『WHO

6位以下は全部男性アーティストになった(笑)
ディアハンターはライブも見れて、そこでこのアルバムの曲も聴けたんだけどそれも良かった。
ジェイムス・ブレイクはどんどんUSヒップホップの世界に接近していってて、このアルバムもそれが強く出てた。
こちらもフジロックでライブ見れた。
同じくフジで見たトム・ヨーク、次のリアム・ギャラガーと90年代〜00年代前半にもっともロックを聴いてた世代としてはこの2アーティストは外せない。

最後は大御所中の大御所、ザ・フーの新作。
新作をその年のベストに入れる日が来るとは思わなかったけど、「昔の人達でしょ?」って思わず、これは多くの人に聴いてほしい。

以下、次点というかあまりちゃんとチェックしてなかったのでちゃんと聴きたいアルバム。
他の年間チャートなんか見てると、ラナ・デル・レイとかエンジェル・オルセンとか評価高かったのでちゃんとチェックしなくては。

Bon Iver - 『i,i』
Solange - 『When I Get Home』
Lana Del Rey - 『Norman Fucking Rockwell!』
Big Thief - 『U.F.O.F.』
Foals - 『Everything Not Saved Will Be Lost Part 1』
The Raconteurs - 『Help Us Stranger』
Tool - 『Fear Inoculum』
Angel Olsen - 『All Mirrors』
Tyler, The Creator - 『Igor』
Vampire Weekend - 『Father Of The Bride』

2019年はビリー・アイリッシュのアルバムを聴いた瞬間にこれは年間1位だなってビビッと来るものがありました。
2020年もそういう「これぞ!」ってアルバムに出会えると良いね。

邦楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2019 (邦楽編) TOP10

【サイト内関連記事】
MY BEST ALBUM 2018 (洋楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2018 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2017 (洋楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2017 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2017 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2017 (邦楽編) TOP6
MY BEST ALBUM 2016 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2016 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2015 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2015 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2014 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2014 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2013 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2013 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2012 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2012 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2011 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2011 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2010 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2010 (邦楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (US, Canada, etc編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (UK編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 UK編 11位〜20位
MY BEST ALBUM 2007
MY BEST ALBUM 2006
MY BEST ALBUM 2005
MY BEST ALBUM 2004
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 年間ベスト ・ comments(0) K 
2020年01月18日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails