<< Slipknot主催『KNOTFEST JAPAN 2020』出演者第3弾発表!マリリン・マンソン、MAN WITH A MISSIONなど3組決定 home BLACK FLAG@吉祥寺Club Seata 感想&セットリスト #ブラックフラッグ >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 / 怒髪天 (怒髪天 収録)

 怒髪天、結成35周年を記念し2019年10月16日にリリースするその名も『怒髪天』に収録されているトリビュート曲"オトナノススメ〜35th 愛されSP〜"。オリジナルは2009年にリリースされたシングル(2010年のアルバム『オトナマイト・ダンディー』収録)

・怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。トリビュート「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜」Music Video


・オリジナル 怒髪天/オトナノススメ


 ギターウルフのセイジによるギターのフィードバック、そして「ロッケンローッ!」のシャウトから始まり、KING BROTHERSのマーヤの「ロッケンローッ!」のシャウトで終わるまで、総勢220名参加というなんとも豪華というか、これを編集した人の苦労が想像を絶する(笑)トリビュート作になってます。下にレコーディングに参加したアーティストの一覧を載せておきます。

オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 参加者一覧


【Vocal & Chorus】
綾小路 翔 (氣志團)
飯室大吾 (FM802)
石川純 (HOT STUFF PROMOTION)
内田絢子 (FM802)
うつみようこ
Oi-SKALL MATES
大木温之 (The ピーズ)
大槻ケンヂ
岡峰光舟 (THE BACK HORN)
掟ポルシェ (ロマンポルシェ。)
奥野真哉 (ソウル・フラワー・ユニオン)
オサナイユウタ (The Jerry)
ガガガSP
影山ヒロノブ
梶芽衣子
勝手にしやがれ
加藤ひさし (THE COLLECTORS)
川中美幸
ギターウルフセイジ
吉川晃司
木村充揮
京都磔磔
クジヒロコ
クラブカウンターアクション宮古
グループ魂
黒崎栄介 (名古屋ハックフィン)
KOHKI (BRAHMAN/OAU)
コヤマシュウ (SCOOBIE DO)
近藤"OSSAN"寛 (名古屋CLUB UPSET)
斉藤和義
THEイナズマ戦隊
ザ50回転ズ
THe COMMONS
佐々木たくお (札幌スーパーギャグメッセンジャーズ)
THE BAWDIES
サンボマスター
ZIP (LATLX (LUCY & THE LIPSTIX))
柴山俊之
清水音泉
ジョージ・ウィリアムズ
陣谷良将 (長野CLUB JUNK BOX)
四星球
スガ シカオ
菅波栄純 (THE BACK HORN)
菅原 卓郎 (9mm Parabellum Bullet)
杉作J太郎
鈴木圭介 (フラワーカンパニーズ)
須藤寿 (髭)
スマイリー原島
SLANG
騒音寺
TARSHI (ex.LONESOME DOVE WOODROWS)
TAISEI (SA)
タカハシマイ (Czecho No Republic)
滝 善充 (9mm Parabellum Bullet)
田島貴男 (ORIGINAL LOVE)
田中要次
チバユウスケ
土屋大輔 (ジェイルハウス)
鐵槌
10-FEET
土井コマキ (FM802)
東狂アルゴリズム
TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)
トータス松本 (ウルフルズ)
怒髪天CREW (小野仁子, 岡田"どらごん"聡, 木村"Q太郎"至, 横山隆義)
TOMOVSKY
トライシグナル
中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン)
中島ヒロト (FM802)
仲野茂 (亜無亜危異)
奈良美智
二井原実 (LOUDNESS)
ニュータウン御意見無用バンド
ニューロティカ
BAZRA
板東さえか (FM802)
PIGGY BANKS (矢沢洋子 keme)
日高央 (THE STARBEMS)
BUGY CRAXONE
POLYSICS
前田亘輝 (TUBE)
MAKOTO (BRAHMAN/OAU)
まちゃまちゃ
松川隆 (夢番地)
松田晋二 (THE BACK HORN)
祭の妖精・祭太郎
マーヤ (KING BROTHERS)
ミスター小西 (フラワーカンパニーズ)
MR.PAN (THE NEATBEATS)
壬生狼
MILK&WATER
MONGOL800
柳家睦
山田将司 (THE BACK HORN)
山中さわお (the pillows)
山本譲二
よーかい (LTD EXHAUST/画鋲)
雷矢
riverロマンチック日本代表!!!
リリー・フランキー
LUCY (LATLX (LUCY & THE LIPSTIX))
RONZI (BRAHMAN/OAU)
ワタナベイビー (ホフディラン)
渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET, THE ZOOT16, 猪苗代湖ズ)
渡辺美里

【Guitar】
内田勘太郎
カトウタロウ
KOHKI (BRAHMAN/OAU)
佐藤タイジ (シアターブルック・THE SOLAR BUDOKAN主宰)
菅波栄純 (THE BACK HORN)
ギターウルフセイジ
竹安堅一 (フラワーカンパニーズ)
NAOKI (SA)
古市コータロー (THE COLLECTORS)
マツキタイジロウ (SCOOBIE DO)
真鍋吉明 (the pillows)
横山健 (Ken Yokoyama, Hi-STANDARD)
和嶋慎治 (人間椅子)

【Bass】
上田ケンジ
ウエノコウジ
岡峰光舟 (THE BACK HORN)
グレートマエカワ (フラワーカンパニーズ)
Jun Gray (Ken Yokoyama)
ナガイケジョー (SCOOBIE DO)

【Drums】
池畑潤二
オカモト"MOBY"タクヤ (SCOOBIE DO)
クハラカズユキ
小関純匡 (マチルダロドリゲス, VooDoo Hawaiians, 玉響楽団)
ナカジマノブ (人間椅子)
RONZI (BRAHMAN/OAU)

 この参加者が登場するレコーディング風景を組み合わせたミュージックビデオもなかなか良くて、チバ・クハラ・ウエノの元Thee Michelle Gun Elephantの3人が並ぶとことか、The ピーズのはるとTOMOVSKYの大木兄弟が並ぶととこが熱い!

 このレコーディングに参加した人たちが怒髪天に向けてコメントをする動画も公開されているんだけど(期間限定って書いてあるのでいつみれなくなるかわからないので早めにチェックしてね)、「検査が大事ととく」と山本譲司と、増子が梶芽衣子が好き過ぎてドスにサインをもらいに来たエピソードを披露する梶芽衣子の話がツボです。

・怒髪天トリビュート「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 THE MOVIE」【期間限定】



怒髪天 -『怒髪天』収録曲リスト
01. シン・ジダイ  
02. やるイスト
03. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜
04. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜カラオケver
05. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜インストver
(コーラスも入ってません。みなさんで大合唱してお楽しみください)
06. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜GUITAR mainMIX ver
(細部にわたるギタリストの緻密なプレイをお楽しみください)
07. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜DRUM/BASS mainMIX ver
(普段は歌とギターに主役の座を奪われがちなリズム隊を大フィーチャー。うねるベースライン、ドラムのゴーストまでお楽しみください)

■DVD(Blu-ray)収録内容■
【1】6/23(日)渋谷TSUTAYA O-EAST / TSUTAYA O-WESTで行われた『大怒髪展』のドキュメント映像、怒髪天メンバーによる雑エンターテインメントSHOWをダイジェストで収録。
<雑エンターテインメントSHOW収録詳細>
・増子直純 シャンソンショー『例の紅いドレスで…』
・上原子友康 三味線LIVE SHOW『留萌のカマリ』
・清水泰次 演芸ショー
・坂詰克彦 THE MOVIE

【2】怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。極楽元年(予想)四都巡啓
6/24(月)渋谷TSUTAYA O-WEST「〜嗚呼!花の東京28年生〜ワンマンライブ映像。さらに、名古屋編、札幌編、大阪編のダイジェスト映像を収録。
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする




【サイト内関連記事】
労働CALLING / 怒髪天 (労働CALLING 収録)
DIENOJI ROCK FESTIVAL VOLUME 2@CLUB CITTA'
DIENOJI ROCK FESTIVAL 4 LAST DAY@川崎CLUB CITTA'

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月29日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails