<< 涙はふかない / カーリングシトーンズ (氷上のならず者 収録) home ライジングサン / 奥田民生 (ライジングサン 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 海辺に咲くばらのお話 / Cocco (スターシャンク 収録)

 Cocco、2019年10月2日リリースの約3年ぶり、記念すべき10作目となるフルアルバム『スターシャンク』のリード曲"海辺に咲くばらのお話"

・Cocco 「海辺に咲くばらのお話」 Music Video


 柔なかな電子音、鍵盤、ストリングスに導かれ始まる曲。ダークな雰囲気なんだけど、包み込むように歌い上げるCoccoの歌声が優しく響く。ロンドンで服飾を専攻する20歳の大学生TON TON GARNETという人が手がけた美しいミュージックビデオも素晴らしく、そちらと合わせて聴くとなお良いです。そこに映るCoccoの表情は、穏やかでもあり、力強さもあるもので、紆余曲折がありながらもこんなに長く彼女が音楽活動をしてくれているという事実と重ね合わせてなんかグッとくるものがあります。後、映像の雰囲気も相まって、穏やかさと狂気、神秘的な部分も兼ね備えたところはビョークに近いものを感じさせます。

 ビデオの話で言うと、最後の方でCoccoの息子さんが一瞬登場します。一瞬すぎて気づかなかった人は、同アルバム収録の"願い叶えば"のMVも観てみるといいですよ。

・Cocco 「願い叶えば」 Music Video


 この曲も含め、アルバムのプロデュースを2作品ぶりに根岸孝旨がつとめているのも注目。デビューの頃から追っかけているものとしてはやっぱりこのタッグは特別なんですよねぇ。2017年に20周年記念で武道館で一緒にステージに立ってる姿を見て「これだよこれー」って思ったもんなぁ。90年代オルタナを感じさせる曲もあってオールドファンは嬉しい人多いのでは。リリース後に出演したミュージックステーションを観てCoccoを初めて知った人にも入門編としてもちょうど良いのではないでしょうか。

 12月には全国6ヶ所で「Cocco Live Tour 2019 “Star Shank”」と題してツアーが行われます。こちらも要チェック。最後にアルバムにたいしてのCoccoのコメントをどうぞ。一気にではなくても一歩ずつ進んでいくCoccoのこれからも楽しみ。

Cocco コメント
アクセサリー作りにおいて、
「シャンク」=繋ぐという技術を教わりました。
それは、今まで無理だと諦めていた類いの物まで
作れるようになる新しい術(すべ)との出会いでした。
人生を照らすそんな小さな光を、ひとつづつ繋いで、
また一歩、その先へ進んで行けるということ。
何度も、何度も何度も。
結局、どうしたって止められない歌を
またあなたに届けさせてほしい。
「スターシャンク」
光を繋いで、みんなで生きていけますように。

Cocco



Cocco -『スターシャンク』収録曲リスト
01. 花爛
02. 2.24
03. 夕月
04. 海辺に咲くばらのお話
05. Gracy Grapes
06. くちづけ
07. Ho-Ho-Ho
08. 願い叶えば
09. 極悪マーチ
10. Come To Me
11. Being Young
12. フリンジ
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
Rainbow / Cocco (焼け野が原 収録)
雲路の果て / Cocco (ラプンツェル 収録)
ニライカナイ / Cocco (エメラルド 収録)
「CまでNight ♥ ワンツースリー」@Zepp DiverCity Tokyo (Cocco、Plenty、ヒトリエ) 感想&セットリスト
Cocco@日本武道館 『Cocco 20周年記念 Special Live』 感想&セットリスト 

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月22日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails