<< 『TRIANGLE’19』出演者一覧 home フジロック2019、YouTube生中継予定アーティスト一覧&放送予定 #fujirock >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '19
  3. フジロック2019「ROOKIE A GO GO」出演者一覧まとめ #fujirock

FUJI ROCK FESTIVAL '19フジロック2019)、新人の登竜門的ステージ『ROOKIE A GO GO』(ルーキー・ア・ゴー・ゴー)の出演者を一覧です。

フジロックのROOKIE A GO-GO

全体の出演者はこちら。
フジロック2019、全出演者一覧

・当日、苗場からもフジロックについてつぶやくのでフォローお願いします


各アーティストごとに1曲ずつですが、動画を貼り付けておきます。
(プロフィールはフジロックオフィシャルサイトより引用)

【ROOKIE A GO-GO@フジロック2019 一覧】


■初日・7月26日(金)

KOTORI


出演時間:23:00 - 23:30
Member
横山優也(Vo./Gt)上坂仁志(Gt./Cho)佐藤知己(Ba)細川千弘(Dr.)
Profile
2014年、埼玉県越谷市にて結成された4人組バンド。small indies table所属。横山優也(G, Vo)の繊細な歌声と荒々しいロックサウンドで日常を描く。圧倒的なメロディーラインと独特の世界観をもった歌詞が聴く人の耳を寄せ付ける。
オフィシャルサイト:http://kotori-band.com/
Twitter:@kotori_band
・KOTORI - RED


E.scene


出演時間:24:00 - 24:30
Member
真琴(Vo) yoshinao(Dr) CHIPPI(Ba)
Profile
2018年7月に結成、平均年齢19歳のスリーピスバンド。 R&B、Funk、HIPHOPなど主にブラックミュージックを中心に様々な音楽の要素を取り入れオリジナルな音楽を目指し、活動中。2019年4月には、1st single「麗しい日々/いいじゃん」をリリース。結成わずか一年にして『FUJI ROCK FESTIVAL’19 ROOKIE A GO-GO』に出場が決定。また、恵比寿リキッドルームにて行われた『出れんの!?サマソニ!?』の最終選考ライブにも出場し、着々と実力をつけている。

Twitter:@e_scene_
・E.scene - 麗しい日々


HOPI


出演時間:25:00 - 25:30
Member
ミヤオヨウ(Vo)、キシノジュンヤ(Gt)、ワタナベシンペイ(FX)
Profile
2015年にthe morningsのキシノジュンヤ、ワタナベシンペイと、thai kick murphのミヤオヨウを中心に結成。ミヤオヨウによる多重ボーカリゼーションと妖艶なトラックが同居したその楽曲は音源・ライブともに高いクオリティで発信されており、『悪夢のよう』『壊れたソウルミュージック』などと形容され、独特な世界観でファンを着実に増やしている。

Twitter:@hopitokyo
・HOPI - Sono Felice


paranoid void


出演時間:26:00 - 26:30
Member
MEGURI (guitar) YU-KI (bass) MIPOW (drums)
Profile
paranoid voidは、女性3人によるマスロックバンド。浮遊感あるギターサウンドと絶え間なく表情を変えるリズムフレーズが特徴。変拍子やポリリズムを織り交ぜたインストゥルメンタルを展開する。

2016年1stミニアルバム「POP MUSIC」、2017年「Litelary Math」を Apple Of My Eyより全国リリース。2019年5月、初のシングル作品となる「01」をリリース。

日本国内でのライブ活動は大阪・東京をメインとしている。活動拠点である大阪では定期的に自主企画も開催。
また、2015年にはマレーシアにて3公演、2018年には「Next music from tokyo」に参加しカナダ3都市でライブを行う。

このほか、2017年にはクリエイティブブランド「squra by paravoi」を設立。バンドの世界観をアウトプットしたアクセサリーやウェアなどを制作している。

オフィシャルサイト:http://paranoidvoid.com/
Twitter:@paranoid_void
・paranoid void - redo


mildrage


出演時間:27:00 - 27:30
Member
MEG(Vo.),t.e.p.p.e.i(Vo.),Jun(Gt.),Kaz Nakamura(Ba.),Kengo(Dr.)
Profile
2016年結成。都内を中心に活動。
シャウト兼クリーンもこなす器用さで、他と一線を画すオリジナリティを見せつける男女ツインスクリーマーバンド。
2017年12月発表1st demo収録曲「Armeria」のMVがyoutubeで100万再生を突破。2018年4月2nd demoを発表。渋谷で開催されたリリースイベントはSOLD OUT。同年12月に1st mini Album『INSIDE』をリリース。ツアーファイナルO-NEST公演はSOLD OUTとなる。

オフィシャルサイト:http://mildrage.com/
Twitter:@mildrage_010
・mildrage - Armeria


[スポンサードリンク]


■2日目・7月27日(土)

ゆうらん船


出演時間:23:00 - 23:30
Member
Guitar.Vocal 内村 至 Bass 本村 拓磨 Key 伊藤 里文 
Pf 永井 秀和 Dr 砂井 慧
Profile
内村イタル
1994年10月31日神奈川生まれ。中学在籍時に同級の伊藤里文、永井秀和とともにバンド「葡萄園」を結成し約三年間活動。葡萄園活動休止後の高校在籍時に「内村イタル」で東京FM主催「閃光ライオット2012」に出場し、審査員特別賞受賞。高校卒業後の2014年に、猪爪東風(ayU tokiO)、つなかわ和行(ex.The Keys)、上野恒星(JAPPERS、Yogee New Waves)のサポートのもと自身初のスタジオアルバム「内村イタル&musasaviband」をリリース。2016年には弾き語りEP「Veranda」、シンガーソングライターのカネコアヤノとスプリットCD「カネコアヤノ 内村イタル」をリリース。また同じく2016年に、伊藤里文、本村拓磨(Gateballers)、砂井慧(Wanna-Gonna)とともに、バンド「ゆうらん船」を結成。バンド、弾き語り、ユニット、サポートギタリストなど様々な形で活動中。
ゆうらん船
2016年結成。Vo/G 内村イタル B/本村拓磨 Key/伊藤里文 Piano/永井秀和 Dr/砂井慧 の百人力。
2017年4月に1stEP「ゆうらん船」を自主リリース。渋谷7thFloorにて弦楽四重奏を迎え自主企画開催。

オフィシャルサイト:https://itruuchimura.jimdo.com/
Twitter:@thetourboat
・ゆうらん船 - サブマリン


君島大空


出演時間:24:00 - 24:30
Member
Vocal,Guitar
Profile
1995年生まれ日本の音楽家。高井息吹と眠る星座のギタリスト。
2014年からギタリストとして活動を始める。
同年からSoundCloudに自身で作詞/作曲/編曲/演奏/歌唱をし多重録音で制作した音源の公開を始める。
ギタリストとしてタグチハナ、konore、坂口喜咲、婦人倶楽部、Orangeade、などのアーティストのライブや録音に参加する一方、2017年には霞翔太監督作品「離れても離れてもまだ眠ることを知らない」の劇中音楽を担当。
アイドルグループsora tob sakanaへの楽曲提供など様々な分野で活動中。
2019年3月13日に1stEPとなる『午後の反射光』をリリース。

Twitter:@ohzr_kshm
・君島大空 - 遠視のコントラルト


森永陽実とイル・パラディソ


出演時間:25:00 - 25:30
Member
森永陽実 (Vocal) 、Ryosuke Tomita (Drums)、坂本宗介 (Bass)、二階堂亜美 (Piano)、渡辺洋輔 (Violin)、石川ゆう太 (Guitar)、カガユウ (Chorus)、高野いづる (Chorus)
Profile
古今東西の音楽を渉猟し、独自の手つきで仕立てるシンガーソングライター。ノスタルジーを湛えたポップで洒脱な楽曲群は、短編小説家の様な作家性とフィジカルな快楽を併せ持つ。 都内中心に、アコースティックスタイルや8人編成の大所帯バンド「森永陽実とイル・パラディソ」名義で現在活動中。 2018年、デモテープをもとに1年がかりで制作した1st EP『オマージュの部屋』全6曲を発表。

オフィシャルサイト:https://morinagaakimi.com/
Twitter:@akimimorinaga
・森永陽実 - もののけ天使


YAZEKA


出演時間:26:00 - 26:30
Member
Saxヤスオ Gtカンタ Baヒナタ Drダイスケ Keyアルト
Profile
平均年齢 20歳。 ファンクを基盤としてキャッチーなメロディセンスで、聴く人を時に踊らせ、時に泣かせ、時に笑わせ る’’令和のスーパーファンキーインストバンド ’’である。
長崎県出身であるドラムのダイスケの口癖 ’’やぜか’’(長崎弁で『うざったい』の意味)からバンド名は 『YAZEKA』となった。
2017年7月東洋大学のジャズ研にて結成。 12月の渋谷での路上ライブをきっかけにサークル外で の活動を開始。
2018年7月下北沢 DaisyBarでの初のライブハウスでのライブをきっかけに、キーボードのアルトが 加入。その後も路上や下北沢のライブハウスを中心に活動している。

Twitter:@yazeka_band
・YAZEKA - YAZEKAのテーマ


World Maps


出演時間:27:00 - 27:30
Member
・Kenny(Gt&Acoustic) ・長崎千尋(Gt&Key) ・後藤圭太(Ba) ・荒井一平(Dr&Per)
Profile
大自然の中ではしゃぎたくなるような音を生み出す4人組のインスト・バンド。
ジブリやディズニーのサウンド・トラック、Snarky PuppyなどのJazz、 VulfpeckなどのFunk、Stevie WonderやJACKSON5などのR&Bに影響を受け、自らの解釈でインストというかたちで表現。
バンド名(世界地図)のごとく、自分たちのインスト音楽で世界にWorld Mapsを発信していくこと、バンド主催の野外イベントや世界中でのパフォーマンスの実現を目標とする。
レコーディング・エンジニアは、never young beach、Yogee New Waves、ペトロールズなどを手掛ける、hmcスタジオの池田洋氏が担当。マスタリング・エンジニアには、英国Abbey Road StudiosのAlex Wharton (Paul McCartney、Radiohead、Beastie Boys etc...)が担当した1stアルバム「CAMP」を18年2月14日にリリース。18年8月10日には、配信限定シングル「UTAGE」をリリース。

オフィシャルサイト:https://worldmaps.jp/top.html
Twitter:@worldmaps_
・World Maps - UTAGE


[スポンサードリンク]


■3日目・7月28日(日)

AGATHA


出演時間:23:00 - 23:30
Member
三宅 良典(Gt), 松下 皓(Ba), 中川 航(Dr)
Profile
北千住発 3ピースインストマスロックバンド

主な活動
2016年
 2月 結成
 12月 『WIRED e.p.』リリース

2017年
 1月 WIRED e.p.リリースツアー敢行
 5月 TOTORRO来日公演
 7月 cetow共同企画"struggle my squad"敢行
 10月 CHON来日公演
 10月 the velvet teen来日公演

2018年
 4月 gulfer来日公演
 5月 Hemingway/Walter etc.来日公演
 10月 eleventwelfth 来日公演
 11月 Blind Girls来日公演
 11月 Social Circuit 来日公演
 11月 Valerian Swing 来日公演
 12月 『AGATHA/stereo type SPLIT』リリース

2019年
 4月 自主企画『AGATHA/stereo type SPLIT』リリースパーティ
 4月 VASUDEVA 来日公演
 4月 Push 来日公演
 5月 CARB ON CARB 来日公演

Twitter:@agatha_japan
・AGATHA - enhance


んoon


出演時間:24:00 - 24:30
Member
JC - Vocal
Naoto Sekijima - Bass
Yuko Uesu - Harp
Kensaku Egashira - Key
Masamichi Kubota - Drums/ Percussion (Support)
Profile
2014年結成。バンド名の由来は、感嘆(あるいは無関心)を表す日本語の擬態語「ふーん」から。(発音アクセントは「不運」と同じ。)「ん」は"h"であり、ハープのアウトラインでもある。直観と思いやりをコアコンセプトに、ジャンルを無駄にクロスオーバーさせるより、その境界面に揺蕩うことを重視する。2018年6月に1st EP”Freeway”をFLAKE SOUNDSよりリリース。同年8月、ボーカルのJCが、toeのアルバム”The Latest Number”に参加。HarpのYuko Uesuは2019年4月発表のTENDREのシングル"SIGN"に参加。2019年6月5日に2nd EP “Body“をFLAKE SOUNDSよりリリース。

オフィシャルサイト:https://hoon.tokyo/
Twitter:@hoon_jp
・んoon - Freeway


揺らぎ


出演時間:25:00 - 25:30
Member
Mirai Akita (Vo,Gt) / Kantaro Kometani (Gt) / Yusuke Suzuki (Ba,Cho) / Yusei Yoshida (Dr)
Profile
2015年結成。2018年8月、FLAKE SOUNDSより初の全国流通EP『Still Dreaming, Still Deafening』をリリースし、Yogee New Waves、OKAMOTO''S等のMVを手掛ける映像ディレクターPennackyのディレクションの元、収録曲から「Unreachable」のMVを公開。2019年2月、自主企画"Wearing The Inside Out"を開催し、チケットが発売と同時にソールドアウト。これまでに、Turnover, Japanese Breakfast、Tigers Jaw等多くの海外アーティストのゲストアクトに抜擢され、今後も国内外での活躍が期待される。同バンドのギターであるKantaro Kometaniは、「もしもBon Iverと共演出来たら解散である。もしくはステラドネリーちゃん。」と宣言している。

オフィシャルサイト:https://yuragiyurajapan.jimdo.com/
Twitter:@_yuragi_yura
・揺らぎ - Unreachable


MIRRROR


出演時間:26:00 - 26:30
Member
Takumi Vo.
Mei Vo.
Profile
カリフォルニア州ベイエリア育ち、現在東京とアメリカを行き来しながら活動中のTakumiとMeiからなる日系アメリカ人の2人組ユニット。

2018年にユニットを結成。今年2月に1st EP『what it was』を配信リリースし、Spotifyの急上昇チャートにランクインするなど、早耳リスナーを中心に話題を集めている。直近では、ネオ・ソウルの真打ちJMSNの初来日ライブのオープニング・アクトにも大抜擢されるなど、早くも頭角を現している。

確かなスキルに裏打ちされた流れるようなフロウのTakumiと艶っぽいウイスパーヴォイスのMei。
ミニマルに構成されたトラックの上を自由奔放に乗りこなす2人の息の合った掛け合いはまさに互いを映し出し乱反射する鏡のように楽曲ごとに様々な表情を見せる。

Twitter:@MIRRROR_MIRRROR
・MIRRROR - never fall in love


dodo


出演時間:27:00 - 27:30
Member
dodo(ラッパー)shakke tha beats(DJ)
Profile
神奈川県川崎市中原区在住の24歳、職業訓練校に通いながら音楽活動を行う求職者アーティスト(内定ゲトリ済み)
Bazooka第三回高校生ラップ選手権初戦敗退。前職で訪れた「名将・徳川家康の街」静岡県浜松市で感化され未知なるブランニューなオリジナルHIPHOPを開拓し始めた絶滅危惧種コアラ的なアーティスト。日本における現代先端プレイヤーに愛されるエッセンシャルな男。
それが、dodo 別名 近藤大貴。
2019年2月に自身初となるアルバム"importance"を発表。実家の一室でmacbookproMid2012と向き合いながら、クリックによって形成されていく唯一無二のビートは、まさしく男子のドリップ。今後の更なる発展余地のある途上アーティストと自負しております。よろぴこ!

Instagram:@dodo_fnt_pokimonisforever
・dodo - kill more it


2018年の出演者の中からは突然少年がルーキー選抜枠で、会場内の本ステージ進出を果たしています。

今年も来年に向けて先取りしておきましょう。

参考までに過去の歴代出演者を一覧にまとめておきます。

【フジロックROOKIE A GO-GO 歴代出演者一覧】


【2018年】
東京塩麹
底なしのバケツのようにざらざら
paionia
東郷清丸
突然少年
THE RODEOS
RiL
ANYO
1inamillion
裸体
Manhole New World
阿佐ヶ谷ロマンティクス
いーはとーゔ
NOT WONK
GLARE SOUNDS PROJECTION

【2017年】
イロハオーケストラ
CHAI
ヘンショクリュウ
踊Foot Works
NENGU
バレーボウイズ
tatara
MINAKEKKE
バスクのスポーツ
落差草原 WWWW / Prairie WWWW
おとぼけビ〜バ〜
THE GURL
fornow
King Gnu
ディープファン君

【2016年】
踊る!ディスコ室町
LOVE SPREAD
The Taupe
Nao Kawamura
yahyel
50/50's
Gi Gi Giraffe
Wanna-Gonna
polloca
Gateballers
HERO COMPLEX
SIX LOUNGE
羊文学
South Penguin
MONO NO AWARE

【2015年】
SABANNAMAN
DAM
オールドローズ
Atomic stooges
Walkings
THE FULL TEENZ
told
D.A.N.
Hysteric Picnic
BOMBORI
Tempalay
Taiko Super Kicks
ampel
umber session tribe
Two Lead

【2014年】
Manic Sheep
Yogee New Waves
吉田ヨウヘイgroup
Cubetone
Dizzy Sunfist
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
SHOKA OKUBO BLUES PROJECT
The fin.
ARTIFACT OF INSTANT
Wedance
Potlucks
Suchmos
Creepy Nuts(R-指定 & DJ 松永)
odol
秘密のミーニーズ

【2013年】
静カニ潜ム日々
Homecomings
爆弾ジョニー
ircle
ミツメ
MONSTER大陸
ENTHRALLS
森は生きている
My Hair is Bad
水中図鑑
THE OTOGIBANASHI'S
bacho
溺れたエビの検死報告書
音の旅crew
鬼の右腕

【2012年】
STERUSS
Tam Tam
下山
NINGEN OK
ヤセイ・コレクティブ
KETTLES
思い出野郎Aチーム
アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
THE MASHIKO
deepNow
THE KEYS
ばけばけばー
NOA
ボトルズハウス
マクマナマン

【2011年】
cero
SiM
TADZIO
空きっ腹に酒
ヤーチャイカ
ZeZeZaZa
NOKIES!
mOt
股下89
AWAYOKUBA
KING COLUMBIA
THE XXズ
The kingstompers
Super Spreaders
ヘルメッツ

【2010年】
女王蜂
快速東京
踊ってばかりの国
HEY-SMITH
The SALOVERS
99RadioService
宇宙人
core of bells
go chic
THE RICH
carib jams
HIGURASHI RECORDS INC.
ALT
アラゲホンジ
カンタス村田とサンバマシーンズ

【2009年】
SuiseiNoboAz
撃鉄
JariBu Afrobeat Arkestra
壊れかけのテープレコーダーズ
nenem
泰山に遊ぶ
レイト
KATE SIKORATHE CENTERHITS
THE DESCRIPTIONS
animanimus
Harp On Mouth Sextet
打首獄門同好会
ボウズマンズ
マヒルノ

【2008年】
mudy on the 昨晩
OLEDICKFOGGY
YOLZ IN THE SKY
24-twofour-
テングインベーダーズ
でぶコーネリアス
乍東十四雄
AFRICAEMO
太平洋不知火楽団
MOTHER
imamon 
カルマセーキ
うつぼ
SUBMARINE
Charlie Brown&Baseball Team

【2007年】
THE BAWDIES
avengers in sci fi
a flood of circle
group_inou
サイプレス上野とロベルト吉野
GELLERS
LITE
KINGDOM☆AFROCKS
mass of the fermenting dregs
DOIMOI
BO-PEEP
The Jerry of Beat's
Nikujaga
THE SPYZZ
soul dimension

【2006年】
ザ50回転ズ
ズクナシ
オレスカバンド
sister jet
ヤパニ!
SAMURAI HIGH
VENI VIDI VICIOUS
THE BAND OF GREMERS
swan
TEX&the Sun Flower Seed
六畳人間
OHIO101
Moody☆Rudy
TEGWON
CLARABELL

【2005年】
The Cherry Coke$
STAN
ワッツーシ ゾンビ
マッカーサー・ア・コンチ
Herish
ロザンナ
MOTOR MUSTANGQUATTRO
Lucky13
understatements
かまボイラー
pocketLife
dub'n'rush
the CHICKEN masters
ジャズネコ

【2004年】
アナログフィッシュ
風味堂

SAKE ROCK
FLUID
ダムダム団
サザンハリケーン
ソープランド揉美山
東京リズム
ザ・サーキュレーターズ
HOLSTEIN
The Sushi Cabaret Club
THE HOMESICKS
POMERANIANS
Empty Black Box

【2003年】
サンボマスター
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Limited Express(has gone?)
SABROSURA DEL SONIDO
rallypapa & carnegiemama
ラウンドスケープ
BOTH CHEESE
ピンクフラミンゴMG
Dogggy style
コンタクト
FANTASY★S CORE
田中雄一郎
BLUE?
グランド・モナーク
MOCMOCREW

【2002年】
ART-SCHOOL
SPARTA LOCALS
DOPING PANDA
Spinna B-ill & The Cavemans
JET MARIE GO-AROUND
MERENGUE
Bivattchee
惑星
インビシブルマンズデスベッド

【2001年】
セツナブルースター
monoral
babamania
サンプリングサン
ザ・マーガレットラブランジェリー
COCK ROACH


フジロック2018「ROOKIE A GO-GO」出演アーティストまとめ

※2000年以前の情報募集中

出演者の予習はAmazon Music Unlimitedがおすすめ。30日無料です。
Amazon Music Unlimited

フジロック2019、全出演者一覧
フジロック2019、出演者最終&タイムテーブル
フジロック2019、出演者第5弾&ステージ割
フジロック2019、出演者第4弾
フジロック2019、出演者第3弾
フジロック2019、出演者第2弾
フジロック2019、出演者第1弾
フジロック2019、チケット詳細
フジロック2019、開催決定

FUJI ROCK FESTIVAL '19
日時:2019年7月26日(金)、27日(土)、28日(日)
場所:新潟県湯沢町苗場スキー場
フジロック2019、チケット詳細

フジロック2019の最新情報はこちらで更新していきます。
Fuji Rock Festival '19

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '16
Fuji Rock Festival '17
Fuji Rock Festival '18
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '19 ・ comments(0) K 
2019年07月19日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails