<< 『RUSH BALL 2019』出演者一覧 home 『MURO FESTIVAL 2019』出演者一覧 #ムロフェス >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Not The News / Thom Yorke (ANIMA 収録)

 言わずと知れたRADIOHEADレディオヘッド)のフロントマン、Thom Yorkeトム・ヨーク)の、2019年6月27日リリースのソロアルバム『ANIMA』収録曲"Not The News"。

・Thom Yorke - Not The News


 弾むようなリズムに漂うメロディ。徐々に激しさを増す後半は圧巻。長年のコラボレーターであるプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチと作り上げた音像は、トムのエレクトロニカ好きが前面にでたものになっており、歌詞の切迫感とともに「あー、トム・ヨークだなぁ」って思わせる曲ですね。「Not The News」なんてタイトルからしてトムらしいというかなんというか(笑)。「フライング・ロータスに影響を受けた」とされるその音は、確実にアップデートされているんだけど、『Kid A』もしくは『OK Computer』のころからトムも世界も変わってないんだなぁって感じる。なんとなくだけど、「警告」から「諦め」を通り過ぎて「達観」の域に達した感はあるけど。

 このソロアルバムのリリース1ヶ月ほど前からロンドンやミラノで『Anima Technologies』という謎のスタートアップ企業の広告が街中に出現。そこに書かれていた番号に電話するとメッセージの後にこの"Not The News"が流れるというバイラルマーケティングや、アルバムに関連する15分ほどの映像作品をNetflixで公開するなどのプロモーションが行われていました。


 ちなみに広告の内容としては「夢を取り戻す」ことができる「ドリーム・カメラ」を開発したというもの。タイトルの『ANIMA』とともに心理学者・ユングの夢分析に影響を受けたもであるということがインタビューなどで語られています。トムの見る夢が「明るい未来」なのか、「取り戻す」ということは「過去の良き思い出」なのか、それとも「悪夢」なのか、そのどれかはわかりませんが、そんなことができるデバイスがこの先誕生するような未来があるとすれば、それはそれで怖いですね。。

 昨年の『Suspiria』のサントラも含め、近年はソロ活動も活発なトムですが、2019年はフジロックにも登場。すでにこの"Not The News"も含めライブでは演奏されているようなので、生演奏でどのように進化しているのかを体験できるのが楽しみです。


Thom Yorke -『ANIMA』収録曲リスト
1. "Traffic"
2. "Last I Heard (...He Was Circling the Drain)"
3. "Twist"
4. "Dawn Chorus"
5. "I Am a Very Rude Person"
6. "Not the News"
7. "The Axe"
8. "Impossible Knots"
9. "Runwayaway"
・Vinyl bonus track
10. "(Ladies & Gentlemen, Thank You for Coming)"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
There There. (The Boney King of Nowhere.) / Radiohead (Hail to the Thief 収録)
my iron lung / RADIOHEAD (the bends 収録)
Where I End and You Begin (The Sky is Falling in.) / Radiohead (Hail to the Thief. 収録)
RADIOHEAD Japan Tour 2008@さいたまスーパーアリーナ 2日目 感想&セットリスト
Burn The Witch / Radiohead (A Moon Shaped Pool 収録)
Atoms For Peace@新木場STUDIO COAST (support act:ANSTAM) 感想&セットリスト



【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年06月29日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails