<< モーモールルギャバン@恵比寿LIQUIDROOM 『Yeahhhh!! ムチャしやがって』 感想&セットリスト home 奥田民生@日本武道館 「ひとり股旅スペシャル」 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2018)
  3. 奥田民生@日本武道館 「MTRY LIVE AT BUDOKAN」 感想&セットリスト

奥田民生、日本武道館2days公演の初日「MTRY LIVE AT BUDOKAN」に行ってきました!

奥田民生MTRY LIVE AT BUDOKANの日本武道館看板の写真

明日の弾き語り「ひとり股旅スペシャル@日本武道館」も行きます。
(追記)ライブレポートとセトリです。
奥田民生@日本武道館 「ひとり股旅スペシャル」 感想&セットリスト

今日はバンドセットです。
MTRYはいわずもがなの
M:湊雅史 drum
T:奥田民生 vocal & guitar
R:小原礼 base
Y:斎藤有太 keyboard
というメンツ。

民生がソロで武道館公演やるのが15年ぶりだとか。
てか、その15年前のライブ行った気がする(このブログもまだ始めてなかったから記憶が曖昧)。
ちなみにMTRYでは初の武道館です。

ほぼ定刻通りに暗転し、後方のステージ下からメンバー登場し、定位置につく。
民生の咆哮と共に演奏開始。

1曲目はなんだ?と思ったら鋭いギターリフが鳴り響き"ギブミークッキー"が始まる。
これは予想してなかった。
めっちゃカッコイイ!
さらに続けて"快楽ギター"とミニアルバム『comp』の冒頭2曲という流れ。
つまりあれですか?初めてMTRY編成で作った作品(『LION』は混ざってた)だからですかね。

粋なセトリだなぁって思ってたら3曲目にして"イージュー☆ライダー"。
民生が「ありがとー」なんて言って始めるから、なんかもうライブ終わってしまいそうでした。
しかも、サビどころか出だしから「トキオー」って言って客に歌わせるっていうね(笑)
まぁもうこれは「みんなの歌」だから仕方ない。

「武道館は久しぶり。広いっ!」と一言だけしゃべってすぐに演奏。
最近民生ソロはご無沙汰でユニコーンばっかり行ってたから、短いMCが新鮮。

まさにバンドのテーマソングともいえる"MTRY"をかます。
これが1曲目だと勝手に思ってたんだけど、完全に外されました。
演奏はちゃんと歌詞に合わせてドラム、ベース、ピアノと見せ場を作らせるとこはさすが!

ここで長めのMC。
「ジョン・レノンの曲ばかり歌ってきました」とよく出演していた「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」ネタを。
てか、ユニコーンで何度も武道館立ってきたでしょうに(笑)
ちなみにホントは今年行ったMTRYツアーのファイナルを武道館でやりたかったらしいんだけど、武道館が押さえられなかったらしい。
で、今回武道館が取れて、しかも2日間も取れたのでこういう形になったんだとか。

ここでMTRY編成以前の曲"荒野を行く"を。
この曲では民生ソロをずっと支え続けてきた斎藤有太のキーボードが炸裂。
今日のライブのハイライトのひとつに数えられるくらい良かった。

ツアー後に発表されたアルバム『カンタンカンタビレ』から木村カエラに提供した"BEAT"も披露。
全部一人でレコーディングした音源とは全く違った音になるのがやっぱバンドって面白い。
MRYにつられて民生のギターも演奏が進むにつれノっていく感じが伝わってくる。

リフが印象的な"KAISUIYOKUMASTER"の後は「順調すぎるのでここでちょっと休憩を」と言ってメンバー紹介。
礼さん、湊さん、有太さんと紹介し、礼さんから「たみぃーお、おくぅーだ」となぜか外国人風に紹介。
それを受けて「ツギノキョクハ」と外タレ風に曲紹介する民生。
日本ロック界のレジェンド2人がふざけてるのを見守る1万人っていうのはよく考えるとめっちゃシュールで笑えますね(笑)

そのままゆったりと"歩くサボテン"が始まるとステージ両脇に巨大なヘロ・ディギン(RCMRのマスコットキャラ)とサボテンギター(『サボテンミュージアム』のジャケットのやつ)が登場。
どうやら空気が入ってるっぽい。
(その他、ステージの様子は終演後に撮った写真を下の方に載せておきます)

雄大なメロディの後は一転、"サケとブルース"でブルージーな音を聞かせる。

ここで趣向を変えて、先ごろ16年ぶりのソロアルバム『The Band Goes On』をリリースした斎藤有太の曲を1曲。
いやぁ有太さんしゃべる声がいい声してるなぁと思ったら歌も上手いなんて反則ですね。

[スポンサードリンク]


再び民生に戻り、"The STANDARD"、"白から黒"をやってMC。
民生が上京したての時に武道館でChicagoを観たという話に。
昔は武道館の音が酷かった、と。
個人的には先にひどいひどいと聞いてたからか、実際にはそれほど悪くないって印象でしたが、年々機材もよくなってるからねって話に。
そりゃ民生の上京当時って80年代だもんな・・・

そんなこんなで「15年ぶりで成長した部分も、衰えた部分もあってプラマイゼロ」的なことを言って演奏に戻る。
"エンジン"をやってじわじわと加速したところで"イナビカリ"と"御免ライダー"を連投されて個人的な盛り上がりのピークに。
そこでトドメとばかりに民生曲で私の好きなTOP3にはかならず入る"CUSTOM"が始まって感極まった。
この曲の魂の叫び感がハンパないって。
そんなん他の歌手にはできひんやん。
明日もぜひ弾き語りでも聴かせてください。

ここでギターを自慢げに掲げ始めたと思ったら、挙げ句の果てにステージ中央に置かれたソファに鎮座させたりして、何をしてるんだろうと思ったら"俺のギター"が始まった(我ながら気づくの遅っ・・・)。
ユニコーンだとこういう楽器へのこだわりとかあんまり見せないので、これはソロならではだなぁって思った。

いよいよ終盤。
"風は西から"で王道なロックサウンドを聴かせた後、まさに「最強」なバンドによる"最強のこれから"を。
ユニコーンでのデビュー以来ずっと最強を更新し続ける奥田民生という人物が、最強のバンドを引き連れるだけでなく、まだやってないようなことをひとつひとつ実現していく最近の活動(一人でどんどん曲作ってレコーディングの過程も見せて配信したり)を考えると「奥田民生になりたいけど、なれないボーイ」を作り続ける罪なお人だなって思いながら聴いてました。

本編最後は"さすらい"の大合唱でシメ。

アンコールに応え再登場。
メンバー紹介からの"マシマロ"へ。
なんかかなり演奏がルーズな感じになってたけど、まぁアンコールっぽいからいっか(笑)

最後はライブの定番なのかな?"解体ショー"で締めくくり。
両手を挙げてダブルピースで拍手に応える民生を見て満足感に浸る。
最高で最強のライブだった。

「また武道館が取れたらやるから来てね」って言ってたけど、ホントにやってくれたら絶対行くと心に決めた。

ま、まずは明日の「ひとり股旅スペシャル@日本武道館」に行きますが。
こちらは「明日はこんなに体力は使わないです」って言ってたけど、どうなることか。
楽しみ!

以下、セットリスト。

奥田民生MTRY LIVE AT BUDOKANの日本武道館ステージの写真

2018.10.13 奥田民生@日本武道館 「MTRY LIVE AT BUDOKAN」 Setlist

01. ギブミークッキー
02. 快楽ギター
03. イージュー☆ライダー
04. MTRY
05. 荒野を行く
06. BEAT
07. KAISUIYOKUMASTER
08. 歩くサボテン
09. サケとブルース
10. Go On (斎藤有太 song)
11. The STANDARD
12. 白から黒
13. エンジン
14. イナビカリ
15. 御免ライダー
16. CUSTOM
17. 俺のギター
18. 風は西から
19. 最強のこれから
20. さすらい
―encore―
21. マシマロ
22. 解体ショー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとり股旅スペシャル@広島市民球場 [ 奥田民生 ]
価格:6612円(税込、送料無料) (2018/10/14時点)


 



【サイト内関連記事】
奥田民生@日本武道館 「ひとり股旅スペシャル」 感想&セットリスト
手引きのようなもの / 井上陽水奥田民生 (ショッピング 収録)
マイカントリーロード / 奥田民生 (O.T. Come Home 収録)
MTRY / 奥田民生 (サボテンミュージアム 収録)
BEAT / 奥田民生 (カンタンカンタビレ 収録)



【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2018) ・ comments(2)  
2018年10月13日(土)

COMMENT
K    (2018.10.14 Sun 10:24)
>さすらい さん
やりました!
すみません、修正しました!
さすらい    (2018.10.13 Sat 22:15)
さすらい
やりましたよね?
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails