<< Fuji Rock Festival 18 レポート・初日・7月27日(金)part2 #フジロック #fujirock home フジロック2018 セットリストまとめ 初日編 #fujirock >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '18
  3. Fuji Rock Festival 18 レポート・初日・7月27日(金)part3 #フジロック #fujirock2018

Fuji Rock Festival '18フジロック2018)のレポート・初日編・7月27日(金)part3です。

Fuji Rock Festival 18 レポート・初日・7月27日(金)part2から続く。
フジロック2018 セットリストまとめ 初日編

今年新しくできたAvalonからGreen Stageへの迂回路を使って一気に戻ってきた。
まずはオアシス方面へ向かう。

途中、前夜祭を盛り上げたDJ MAMEZUKAさんが歩いているのを見かけた。
てか、フジロック参戦10数年にして初めて彼の顔を覚えた(笑)

苗場食堂でZOMBIE-CHANGをチラ見。
フジロック2018・初日。ZOMBIE-CHANG
サポートでドラム、ベース、ギターがいた。
メイリンは面白いメガネをしてました。
人もかなり集まってて盛り上がった。

続いてRed Marqueeでカナダのシンガーソングライター、MAC DEMARCOを見る。
初日レッドのトリです。
フジロック2018・初日。MAC DEMARCO
ステージの後方スクリーンにはなにやらRPGのような映像がずっと流れてた。
個人的にはあんまり彼の楽曲にピンとこないんだけど、メロウな曲なのに急に絶唱したりとなかなか面白い人なんですね。
(ちなみにステージ上には水原希子がいたり、終盤にはポスト・マローンが登場したりしたそうです)

さて、早くも初日のヘッドライナーのお時間。

グリーンでN.E.R.Dです。
フジロック2018・初日。N.E.R.D
バンドとDJ、ダンサーなどを引き連れた編成。
ファレル・ウィリアムスはレモン柄のロンT(グッズらしい)を着てた。
冒頭は『SEEING SOUND』からの曲など自分たちの曲をやりつつ、いきなりヒット曲メドレーへ。
今年のフジの目玉、ケンドリック・ラマーの"Alright"など、ファレル個人やThe Neptunesでのプロデュース曲をやったのかな。
個人的には今年のヒット曲、Migosの"Stir Fry"と、スヌープの"Drop It Like Its Hot"が好きだなぁ。
しかし、やっぱりN.E.R.Dの曲が聴きたい!って思ったところで私の大好きな"Spaz"が投下されてテンション上がった。

それにしても、後半にもグウェン・ステファニーとかネリーとかダフトパンクとかの(セルフ)カバーとかやって、たしかに盛り上がってはいるんだけど、「もっとN.E.R.Dの曲を聴かせてくれよ」って気持ちにさらになってきた。
これがファレルのソロだったら別にいいんだけど、せっかくN.E.R.Dで来てんだからさ。
というわけで私としては"She Wants to Move"と"Rock Star"が今回のハイライトだったかな。

ちなみに余談ですが、ライブの後ツイッターとかで「日本人の客はヒップホップのライブを理解してなくてダメ」とか「日本人は英語がわかんないやつが多いから、ファレルがやりたいことができなくて困ってた」だの言ってる人が多かったのを目にした。
でも、個人的には「ここはロシアじゃなくて日本だぜ、もっと自由にやろうぜ」的なMCとか、やたらとでかいモッシュピットを作らせようとか、やたら長いお辞儀をしたりと、ファレルのわざとらしい演出にちょっと冷めたのが本音です。

後、「一番盛り上がったのがホワイトストライプスの"Seven Nation Army"だったのがフジの客(日本人)はダメ」って意見。
それこそこの前終わったサッカーW杯の選手入場シーンもそうだったけど、この曲のイントロが流れると無条件で大合唱するってのは海外でも当たり前なんだよなぁ(アメリカでダンス系のDJ見た時もそうでした)。

そんなこんなで最後は"Lemon"をやって(そういえば、Lemonのミュージックビデオで踊ってたダンサーも今日出てた?)、アンコール代わりにレモンのリプライズがあって終了。
まぁ盛り上がったけど、やっぱりちょっと消化不良感はあったかなぁ。

[スポンサードリンク]


White Stageに移動してPOST MALONEを観る。
フジロック2018・初日。N.E.R.D
ケンドリック以上に「よくぞ呼んでくれたな、フジロック」感のあるアーティスト。
海外のチャートではここ数年、彼の名前を見ないことはないのが続いていたけど、日本では全然そこまでじゃなかったからね。
こういうのはサマソニの十八番感があったけどフジもやりますな。
まぁでも私もなんだか彼の魅力がよくわからない一人ではあったんだけど、これがライブが想像以上に良い。

N.E.R.Dのこれぞエンタメっていうバンド編成とは対照的に、ステージにはマイクスタンドのみ。
腹に響く重低音が効いたバックトラックに、彼の代名詞的なラップと歌の間のようなフロウがかっこいい。
単色ながらまばゆいライトに照らされたシルエットもいい感じ。
背中に「JAPAN」と書かれたシャツに、両膝に日の丸をつけたズボンというなんとも言えない衣装はご愛嬌。
全米チャートで1位になったヒット曲"Psycho"を中盤でやって大盛り上がり。
かと思えば、突然スニーカー(客席から投げ込まれた?)にビールを注ぎ入れ、それを飲みほすっていうサイコっぷり。
一転、アコースティックギターを抱え、2曲弾き語ったかと思えば、大ヒット曲"rockstar"でそのアコギを叩き壊すっていうね。
面白すぎ。
そこから、彼を一躍有名にした出世曲"White Iverson"をやって、"Congratulations"でシメた。

グリーンもホワイトも終わってしまったので、さらに奥に行くことに。
Avalonは通り抜け禁止ということでボードウォークにて。

一気にUNFAIRGROUNDへ。
フジロック2018・初日。UNFAIRGROUND1

フジロック2018・初日。UNFAIRGROUND2

フジロック2018・初日。UNFAIRGROUND3

わざわざ英グラストンベリーから呼んだということで何やらすごいことが行われているのではないかとワクワクして行ってみたけど、わりとこじんまりとしたな感じで拍子抜け。
オブジェの感じとか場外のPalace Of Wonderとあんまり変わらない感じかなぁってところ。
パフォーマーの方々もわりと脱力感があって、まぁそれはそれでよかった気もする。

で、このアンフェアグランドには2つステージがあって、そのうちの大きい方(と言っても2、30人でいっぱい)のTENTでD.A.N. (DJセット)がやってた。
フジロック2018・初日。D.A.N. (DJセット)
D.A.N.は今年、レッドの2日目や、ボーカルの櫻木のDJがGAN-BAN-SQUAREであったりするけど、私はこれしか見れなさそうなので、ここで楽しむ。
ターンテーブルの卓の前にメンバー3人でギュウギュウに並んでいるのがなんか微笑ましかった。
(2人がZOMBIE-CHANGのTシャツ着てた気がする)

続いて、KEN ISHIIにバトンタッチ。
フジロック2018・初日。KEN ISHII
入れ替わる時にしばらく櫻木と2ショットになってたのが見れたのはちょっと嬉しかったな。
てか、KEN ISHIIのプレイをこんな小さなとこで目の前で見れるなんて贅沢すぎる。
UNFAIRGROUNDのパフォーマーの人や一般の客もステージに上がって踊ったりしてめっちゃ盛り上がった。

そして、もう一つのステージ、というかBARスペースでGOTH-TRADも見る。
フジロック2018・初日。GOTH TRAD
こちらはもっとドープな感じで、夜中1時を回って疲れた体に沁みた。

ボードウォークを逆走して一気に移動。
レッドの深夜でJON HOPKINSをチラ見。
フジロック2018・初日。JON HOPKINS
アニメな映像が曲とマッチしてて良かった。

まぁ初日ってことで早々に切り上げ帰ることに。

オアシスエリアではまたグリムスパンキーのボーカルさんを見かけた。
その後、ゾンビーチャングもすれ違った。
夜中は出演者との遭遇率が上がります。

帰りにパレスをちょっとのぞく。
サーカスとかやってた。
フジロック2018・初日。rookie a go go
ROOKIE A GO GOでは底なしのバケツのようにざらざらがリハをやってた。

帰りに昨日と同じく苗プリのコンビニでヤスダヨーグルトを購入。
最後の一個だった。

2時過ぎに帰宿。風呂って3時過ぎ就寝。
もう1日終わってしまった。

フジロック2018、備忘録、2日目編part1に続く。
【30日無料】Amazonなら4000万曲聞き放題!夏フェスの予習に最適!!

最新情報はこのブログでもお伝えしていきます。
Fuji Rock Festival '18

フジロック2018、出演者一覧
フジロック2018「ROOKIE A GO GO」出演アーティスト一覧まとめ
フジロック2018、出演者最終&タイムテーブル発表
フジロック2018、James Bayキャンセル&Johnny Marr決定
フジロック2018、第9弾
フジロック2018、第8弾&ステージ割
フジロック2018、第7弾
フジロック2018、第6弾
フジロック2018、第5弾&日割り
フジロック2018、第4弾
フジロック2018、第3弾、ボブ・ディラン出演決定
フジロック2018、第2弾発表
フジロック2018、第1弾発表
フジロック2018、早割チケット
フジロック2018、開催決定

FUJI ROCK FESTIVAL '18
日時:2018年7月27日(金)28日(土)29日(日)
場所:新潟県湯沢町苗場スキー場

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '15
Fuji Rock Festival '16
Fuji Rock Festival '17
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '18 ・ comments(0)  
2018年07月28日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails