<< ユニコーン 『SHINKIBA JUNCTION 2018 〜SMAちゃん祭りジャン〜』出演決定! #unicorn home 『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』出演アーティスト第3弾&ステージ割り発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2018)
  3. GOING UNDER GROUND@下北沢CLUB Que 感想&セットリスト

GOING UNDER GROUNDゴーイング・アンダー・グラウンド)のワンマンライブ『GUG 20th ANNIVERSARY ICE CREAM TOUR』を観に下北沢CLUB Queに行ってきました。

GOING UNDER GROUNDの『GUG 20th ANNIVERSARY ICE CREAM TOUR』下北沢CLUB Que公演に行ってきた

インディーズでの1stミニアルバム『Cello』が出たのが1998年12月12日、今年20周年を迎えたバンドによる、シングル「スウィートテンプテーション」リリース記念ツアー。
今日はその最終日。

メジャーデビュー当初から聴いてたし、イベントとかフェスで何度かライブ見たことあったけど、何気にワンマンは初参戦。
ギター/ボーカルの松本素生、ギター・中澤寛規、ベース・石原聡の3人編成になってからライブ見るのも初です。

あいにくの大雨だったので、早めに下北に着いたけどぷらぷらせず会場へ。
30分ほど入場の列に並び中へ。

GOING UNDER GROUNDの『GUG 20th ANNIVERSARY ICE CREAM TOUR』下北沢CLUB Que公演ステージ

ちなみになぜか今まで機会がなく、初めてQueに行きました。
Queのキャパは300人弱くらい。

ライブ中にMCで「今日はチケット売りすぎちゃったんで」と言ってたんだけど、気づけばパンパンの状態に。
開演予定時間から待つこと10分ほどストリングスのSEが流れ出し、いよいよメンバー登場。
3人に加え、サポートのドラムとキーボードの人を合わせて5人編成。

"ランブル"が始まり、1曲目から大盛り上がり&合唱。

20周年のツアーってことで昔の曲多めかなと思ったら、2曲目は2017年に出た今のところ最新アルバム『真夏の目撃者』から"夏が僕らに嫉妬する"と続き、一気に10数年飛ぶ。
でも違和感ないのはすごい。

と思えばまた振り戻して"ボーイズライフ"へ。
曲名を松本が叫んだ瞬間から大歓声。
そして、大合唱。
後半はほとんど客に歌わせ、それに応えるQue。
熱い。

ここで最初のMC。
昔のおもいで話など。
「初めて先輩に殴られたのもQue」という松本。
「今日はわれわれのことをシャンシャンだと思って」という中澤。
(ここで松本の見た目がパンダっぽいと思ったのは内緒(笑))

ここからアコギに持ち替え"Shining"、"夜行列車"、そして、最新シングルのカップリングの"アワーハウス"など。

再びMCではQueについて。
下北のライブハウスではShelterと251は「すごくいい」と言ってすぐ出してくれたけどQueはなかなか出してくれなかったという話など。
でも初めてワンマンやったのはQueだそうです。

演奏に戻り、比較的新し目の曲が続く。
中澤がメインボーカルをとる"ダニーボーイ"などなど。

"ラストダンスウィズミー"とか後半のギターの盛り上がりがめっちゃかっこいい。

一気に昔に振り戻し、「声を聞かせてくれ」言って"ダイアリー"へなだれ込む。
もちろんそれに応えるフロア。
ライブ中何度もステージの前に出てきて客を煽る松本。

続く"LONG WAY TO GO"も「おーおーおーおー」というコーラスを合唱し熱気に包まれる。
歌い終わって松本が一言「今一番欲しいものは・・・空気」(笑)

「ステージには5人しかいないけど、6人いると思って」と言って始まった"超新星"。
この曲はサポートキーボードを務めていたシンガーソングライターで、2016年に亡くなった橋口靖正への追悼ソングですね。
彼が関わっていた時期は個人的にはゴーイングをほとんど聴かなくなっていた時期だったんだけど、どうやらバンド自体も辛い時期だったらしく、そんなバンドを支えてくれた大事な存在だったという話をインタビューか何かで読んことがあります。

ツアーのタイトルにもなっている最新シングル"スウィートテンプテーション"をやって(途中で曲調が変わるのがかっこいい)、"東京"へ。
ほんと「東京」って名前の付く曲は名曲が多い。
そして、「20年たっても集まれたんだ、まだまだやりますんで、またこうやって集まったら俺と一緒にバンドやろう」と言って"the band"。

作った時期もバラバラな3曲だけど、なんか地続きな感じがしてすごく良かった。

これにて本編終了。

アンコールで再登場。
MCで「再録盤をやったことが大きかった。ずっとメタルスライムを倒してた感じ(レベルが一気に上がったって意味?」と中澤。

そして、松本から9月19日にニューアルバム『FILMS』が出ることが告知される。
そのアルバムに収録予定の新曲を披露。

最後は"天国の口、終わりの楽園"
曲の途中にブルーハーツの青空を挟む

「俺たちがゴーイングアンダーグラウンドでした。また集まろー」と言って去っていきました。

以下、セットリスト。

2018.06.23 GOING UNDER GROUND@下北沢CLUB Que Setlist
GOING UNDER GROUNDの『GUG 20th ANNIVERSARY ICE CREAM TOUR』下北沢CLUB Que公演、セットリスト
01. ランブル
02. 夏が僕らに嫉妬する
03. ボーイズライフ
04. Shining
05. 夜行列車
06. アワーハウス
07. ラストダンスウィズミー
08. ダニーボーイ
09. Driffting Drive
10. Teenage Last
11. さかさまワールド
12. ダイアリー
13. LONG WAY TO GO
14. 超新星
15. スウィートテンプテーション
16. 東京
17. the band
-encore-
18. 新曲
19. 天国の口、終わりの楽園 (青空)
[スポンサードリンク]


■GUG 20th ANNIVERSARY ICE CREAM TOUR
6月8日(金) 札幌 SOUND CRUE​
6月17日(日))大阪 十三ファンダンゴ
6月23日(土))下北沢CLUB Que

【サイト内関連記事】
トワイライト / GOING UNDER GROUND (ハートビート 収録)
アゲハ / GOING UNDER GROUND (h.o.p.s. 収録)
きらり / GOING UNDER GROUND (TUTTI 収録)
Happy Birthday / GOING UNDER GROUND (TUTTI 収録)
STAND BY ME / GOING UNDER GROUND (TUTTI 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2018) ・ comments(0)  
2018年06月23日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails