<< 『THE CAMP BOOK 2018』出演者一覧 home サマソニ 2018、「SUMMER SONIC×TOKYO IDOL FESTIVALステージ」出演者発表! #summersonic #sonicmania >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2018)
  3. 町あかり@Eggman tokyo east 感想&セットリスト

シンガーソングライターの町あかりのライブを見に岩本町(秋葉原近く)にあるライブハウス、Eggman tokyo eastに行ってきました。

町あかりワンマンライブ、Eggman tokyo east公演、出演者

このライブハウスの7周年記念も兼ねたイベントで、題して『(夜)町あかりワンマンライブ〜町あかりエッグマン・トーキョー・イースト 7周年だから夜も唄う!』というもの。

「(夜)」とあるように今日は昼間も彼女のライブがあって、そちらは「町あかり被害者の会〜頭から離れない!vol.23〜」というものだったようです。
私は夜だけ。

ちなみに私が彼女のことを知ったのはほんの数日前。
Apple Musicの新着でたまたま見かけた「もぐらたたきのような人 2018 (Dance Mix)」というタイトルと80年代を感じさせるジャケットの絵と、「石野卓球」の文字。

・Apple Music(iTunes Store)


・Amazonならこちら


これを聴いたらまんまとハマってしまったわけです。
しかも、それを聴かせた妻と二人揃ってまんまと。

その日のうちに過去のアルバムも聴いて、ライブの日程も調べたら、今週末にあるじゃんということでチケット予約。
ここ数日気づけば2人とも気をぬくとつい「もぐーらたたき♪」って口ずさむ日々を過ごして今日を迎えたわけです。

雨の中、Eggman tokyo eastへ。
入り口はこんな感じ。
町あかりワンマンライブ、Eggman tokyo eastの入り口

中に入ると30席ほど椅子が並べられててだいたい埋まってた。
もっと人が多いと思ってたのでちょっとびっくり。
お客さんは40代平均かな。
彼女の昭和歌謡的な音楽性からしてさもありなんというところ。

ワンドリンクチケットでギネスを購入し、席に着く。
よく見るとピコピコハンマーを持ってる人が多く、「しまった」と思った。

開演時間になりピコピコハンマーを手に登場する町あかり。
そうだよねぇ。
赤い衣装がかわいい。

町あかりワンマンライブ、Eggman tokyo east。ピコピコハンマー

1曲目は"ア、アイシャドウ"。
初めてライブを見るのでいつもはどうなのかわからないけど、ステージ上に彼女一人で基本的にカラオケでのステージ。
コーラスも一人でこなす。

次の"アッチャ〜"からの"のっぴきならない事情"って曲順がいいね。
(アッチャ〜の中に「のっぴきならない事情」って歌詞が入ってるというつながり)

続く"ちょっとバタバタしてまして"は妻が好きな曲で、思わず顔を見合わす。

それにしてもここ数日聴いただけなのに曲名もほとんど覚えてしまうくらいどの曲もキャラが立っててすごい!

ライブが進み、突然「エッグマンナイトニッポン」と言ってオールナイトニッポン風のコーナーが始まる。
もちろんBGMは「Bittersweet Samba」です。

リスナーからのハガキを読み上げ質問に答える町あかり(もちろん自作自演)。
芸が細かい。
ラジオ風に曲紹介し、"脳みそをマッサージ"を自ら歌ってラジオ終了。

とともに、第1部が終わり、休憩。

休憩中、今度はハートランドを購入し、さらにほろ酔いで第2部へ。

ゲストに池尻ジャンクションのギタリスト・村雲順樹と元・池尻ジャンクションのドラマー・ゴン後藤をパーカッションに迎えて3人で3曲。
どれもライブではあまりやらないレア曲らしい。
今回は3人なのでしっとりとした曲が多めでした。
フルメンバーでのライブも観てみたい。

ゲストが去った後は、7月4日リリースのアルバム『収穫祭!』から4曲。



01. 夜に起きるパトロン
 ※ギャランティーク和恵への提供曲 / 2017年配信
02. ナンタラカンタラっていう人
03. 電球を替えてくれた人
04. ぽんぽん
 ※中村祐太郎監督映画「ぽんぽん」への提供曲 / 2013年公開
05. バーヨコハマ
 ※姫乃たまへの提供曲 / 2017年「もしもし、今日はどうだった」収録
06. ヒントがほしい
 ※チャマタソ。への提供曲 / 2015年配信
07. わだち
 ※中村祐太郎監督映画「わだち」への提供曲 / 2013年制作(未公開)
08. 乗り換えがチャンスです
09. 大丈夫よ
10. やさしい麦茶
 ※ブルートリップ.への提供曲 / 2016年「アンタの友達じゃナイ!」収録
11. 激辛デスソースの人生
 ※美広まりな(現“秘密のオト女”ゴリな)への提供曲
12. ハートが疲れてる
 ※ばんびと薔薇への提供曲 / 2014年制作

今作は他のアーティストへ提供した曲や映画などに提供した曲を池尻ジャンクションと録りなおした作品らしい。
提供曲を自ら刈り取るという意味の「収穫」ですね。

7月には渋谷・新横浜・西川口・町田を回るアルバムリリースツアーもあって、そちらはオフィシャルサイトにあらかじめ、どの会場でどのセトリでやるかが告知されているので、聴きたい曲をチェックして来て欲しいとのことでした。

・告知ページ
http://akrmc.blog135.fc2.com/blog-entry-503.html

今日のライブに話を戻します。
アルバムからの曲を終え、一気に佳境へ。
"あのコは高画質"で盛り上がり、「今日のセットリストはいかがでしたかー」という振りとともに(もちろん会場からは「最高!」と返事が)"最高のセットリスト"と続く。

本編最後は"コテンパン"。
この曲ではファンが紙テープを投げるというのがお決まりらしく、次から次と投げ込まれる。
町あかりワンマンライブ、Eggman tokyo east。紙テープまみれの町あかり
そして、振り付けもあって楽しかった。

アンコール中は「もぐらたったきー、もぐらたったきー」と客席から掛け声が飛んで、町あかり再登場。
歌に行く前に、ずっとステージ端に飾られてた町あかり直筆イラスト入りのTシャツの購入権を巡ってのジャンケン大会が始まる。
ジャンケンの相手を務めるのはゴン後藤。
激戦の末、1人勝者が決まり、無事にTシャツが売れていきました。

最後は待ってましたの"もぐらたたきのような人"。
ここで客席の皆さんは持参したピコピコハンマーを取り出し、叩けや歌えやの盛り上がりでライブ終了。
楽しかった。
これは次回行くまでにハンマーを買っておかねば。

ちなみに卓球リメイクバージョンは最新のSpotifyバイラルチャートで4位だそうです。
後、「石野卓球が応援してくれるくらいなので、皆さん町あかりのファンであることに胸を張って大丈夫です」って言ってた。

でも、きっかけは卓球ミックスを発見したことだったけど、結局聴いてうちに彼女のオリジナルバージョンばかり聴くようになってしまってた私。
他の曲も最高だし、これを機にもっと売れて欲しいですね!

以下、セットリスト。

2018.06.10 町あかり@Eggman tokyo east Setlist

---第1部---
01. ア、アイシャドウ
02. アッチャ〜
03. のっぴきならない事情
04. ちょっとバタバタしてまして
05. 寄りかかってゴメンなさい
06. ウットリしちゃう
07. 優先席に座りたい
08. いい子にしてたらこうなった
09. 東京名物・人混み
---エッグマンナイトニッポン---
10. 脳みそをマッサージ
---第2部---
11. 窓をあけてよ(with ゴン後藤・村雲順樹)
12. 今夜もお部屋で聴きます(with ゴン後藤・村雲順樹)
13. カラフルあげます(with ゴン後藤・村雲順樹)
14. 夜に起きるパトロン
15. 乗り換えがチャンスです
16. やさしい麦茶
17. 激辛デスソースの人生
18. あのコは高画質
19. 最高のセットリスト
20. コテンパン
---encore---
手書きTシャツ販売のコーナー
21. もぐらたたきのような人
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2018) ・ comments(0)  
2018年06月10日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails