<< モンパチ主催『MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18』出演アーティスト第2弾発表! home 『阿蘇ロックフェスティバル 2018』出演者一覧 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2018)
  3. The Cribs@代官山UNIT (support:MONO NO AWARE) 感想&セットリスト

The Cribsザ・クリブス)の来日公演、代官山UNITに行ってきました。

The Cribsの来日公演2018、代官山UNITに行ってきました

ほぼ定時ダッシュを決めたもののちょっと間に合わずライブが始まってた。

まずはオープニングアクトのMONO NO AWARE
昨年発表の『人生、山おり谷おり』をよく聴いてたので楽しみにしてた。
(ライブは2016年のフジロックのRookie A Go Goでチラ見したくらい)

日本語の響きをうまく生かしたユーモアある歌詞と軽快なサウンドがいい感じ。
ライブならではのアレンジも加わって("イワンコッチャナイ"とか特に。スキャットマン的なフレーズも挟まってたね)楽しい!

MCではボーカルの玉置とベースの竹田が2年前にクリブスの渋谷QUATTRO公演に見に行った際、ライブ後に出待ちしてメンバーからサインをもらった話など。
その時は全員からもらえなかったけど、今回楽屋でコンプリートできたらしい。

最後は打ち込みも入った"駆け落ち"で爆音を鳴らして終了。

さてさて、いよいよThe Cribsです。
セットチェンジは意外と長かったけど、誰の選曲かBGMが楽しかったので良し。
フロアも気づけばいっぱいになってて熱量が増してきた。

20時過ぎてやっとメンバー登場!
まずはドラムのロスが出てきてイスの上に立ち上がり煽る!
ゲイリー、ライアンとジャーマン3兄弟が出揃って始まったのは"Our Bovine Public"。
のっけから合唱&モッシュがおこり、ダイヴする人まで!
ゲイリーもマイクスタンドごと客席に投げたりといきなり盛り上がる。

The Cribsの来日公演2018、代官山UNITのライブ中

続く"Come On, Be a No-One"も"I'm a Realist"も大合唱。
同じくUKバンドの代表格オアシスのようなビッグメロディって感じでもないんだけど、この一体感。
コンスタントに来日してるから人気があるのか、人気があるからよく来るのかわからないけど、熱狂的なファンベースがあるのは間違いない。
15年くらい活躍しててアルバムも途切れず出して、どれもそれなりに売れてるっていうのはすごいことだなぁ。
昨年出た最新作『24-7 Rock Star Shit』も全英8位だしね。

「こんにちは東京、僕たちクリブスです」と今回もカンペをガン見しながらのライアンによる日本語MC。
(その他「日本に戻ってこれて嬉しいです」とか「スポンサーはフレッシュネスバーガー。オニオンリング食べてね」とかあった)

MCから、最新作収録の"Rainbow Ridge"。
他の曲と遜色なく盛り上がる!

合唱といえば"Another Number"。
ギターリフをみんなで合唱するっていうね。
ライブが始まる前も気合い入りまくった客たちが歌ってたんだけど、ここで本番!
歌のパートよりも盛り上がってたんじゃ?

この後も新しいのをはさみつつ基本的にグレイテストヒッツ的なセトリで進む。
その塩梅が絶妙。
"In Your Palace"とか代表曲に比べても遜色ないくらいカッコよかった!

"Shoot the Poets"、"It Was Only Love"とアコースティックな2曲が終わり終盤へ。
"Mirror Kissers"は特に盛り上がり、まさにクライマックスっていう感じでした。

"Be Safe"ではおなじみのソニック・ユースのリー・ラナルドの映像が流れ、これが相変わらずのかっこよさ。

再びギターリフ大合唱の"Men's Needs"が終わり、ラストは"Pink Snow"。
ライアンはベースを客席に投げ入れて去って行きました。

今回もアンコールなしの潔い最後。

客電が付くと汗だくの人がいっぱいでした。

以下、セットリスト。

2018.05.18 The Cribs@代官山UNIT Setlist
The Cribsの来日公演2018、代官山UNITのセットリスト
01. Our Bovine Public
02. Come On, Be a No-One
03. I'm a Realist
04. Rainbow Ridge
05. Different Angle
06. What About Me
07. Another Number
08. Partisan
09. Sticks Not Twigs
10. We Share the Same Skies
11. Burning for No-One
12. In Your Palace
13. Shoot the Poets
14. It Was Only Love
15. Martell
16. Mirror Kissers
17. Leather Jacket Love Song
18. Be Safe
19. The Wrong Way to Be
20. Men's Needs (with Baby Bug Eye intro)
21. Pink Snow
[スポンサードリンク]


・MONO NO AWARE Setlist
01. me to me
02. 井戸育ち
03. マンマミーヤ!
04. イワンコッチャナイ
05. 駆け落ち

■Hostess Club Presents The Cribs 2018
2018年5月17日(木)京都・CLUB METRO
サポートアクト:おとぼけビ〜バ〜
2018年5月18日(金)東京・代官山Unit
サポートアクト:MONO NO AWARE

【サイト内関連記事】
Cheat On Me / The Cribs (Ignore The Ignorant 収録)
The Cribs@赤坂BLITZ(guest:OGRE YOU ASSHOLE) 感想&セットリスト
Hostess Club Weekender@恵比寿ガーデンホール (The Cribs、Mystery Jets、Gaz Coombes、Cloud Nothings、
井戸育ち / MONO NO AWARE (人生、山おり谷おり 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2018) ・ comments(0)  
2018年05月18日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails