<< 『Vans Warped Tour Japan 2018』出演者一覧 home 『Rocks ForChile 2018』最終出演アーティスト発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. US Indie
  3. Feel It Still / Portugal. The Man (Woodstock 収録)

 アラスカで結成、現在はポートランドを拠点に活動するバンド、Portugal. The Manポルトガル・ザ・マン。ポルトガルはメンバーとは関係ないぽいです)の全米シングルチャートで4位まで昇った2017年の大ヒット曲"Feel It Still"。2017年6月リリースの通算8枚目のアルバム『Woodstock』(全米32位)収録。

・Portugal. The Man - "Feel It Still" (Official Video)


 ベースが印象的なイントロ、ファルセットで歌われるポップなメロディ(ビートルズのカバーで有名なThe Marvelettesの"Please Mr. Postman"から拝借されてます)、サビ前に入るギターフレーズとか一々めちゃくちゃクセになる曲。3分にも満たない曲なのでホント繰り返し何度でも聴いてしまいます。

 私は毎週テレビ神奈川(TVK)で放送しているBillboard TOP40を観てるんだけど、この曲はずーっとチャートインしていて、ワンフレーズ聴くだけで耳に残るキャッチーさがあったんだけど、当初なぜか番組ではミュージックビデオが流れなくて、結構年の後半になって流れるようになって改めてビデオを見直したらこれまたハマってしまいました。

 歌詞には「1966年」と「1986年」ってのが出てくるのが印象的なんだけど、こちらの歌詞サイト(英語)でヴォーカル&ギターのJohn Baldwin Gourleyが解説するところによると、1966年はアシッドテストの始まった年で、1986年はBeatie Boysの"Fight for Your Right (to Party)"がリリースされた年(「Kick it!」ってフレーズが本曲でも引用されていますね)とのこと。アシッドテストっていうのが実はよくわからなかったので調べてみると、このページにたどり着きました。

ACID TEST
65年〜66年にかけて作家のケン・ケーシーとメリー・プランクスターズがホスト役となり、ロサンゼルスやベイエリア付近で行なったイベント。即興演奏、ストロボとブラックライト、映像とスライド、テープループ、隠しマイク、そしてLSD(当時はまだ合法的なドラッグだった)などが主な特徴。後にクールエイド(Kool-Aid)へと統合された。


 まぁドラッグカルチャーやラブ&ピース的な60年代の空気、なんだか体制にはむかう雰囲気を表してるんじゃないでしょうか。ちなみにアルバムタイトルの「ウッドストック」もそうですね(ジョンの父親がウッドストックフェスのチケットの半券を持ってて、それをみたジョンが父親から当時のことを聞いてアルバム製作したらしい)。で、一方のビースティーの方は「己の権利のために戦え!」(Fight For You Right」と言いながらも「パーティーするための」(to Party)と注釈のつく曲で、相反する反抗(rebel)でどちらもすでに遠い昔のことだけど、「今もそんな気分なんだ」(Feel It Still)と歌ってしまうのが面白いですね。歌詞の「Am I coming out of left field?」の「out of left field」は「不意打ちで」って意味だけど「Left Field」(左翼、主流とは離れた)ともかかっているのかな。

 それにしても2017年全米で流行りまくったこの曲は日本ではほとんど全然流行ってなかった気がします。先日発表された第60回グラミー賞では「Best Pop Duo/Group Performance」(最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ))まで受賞したのに取り残されているなぁって思ってたら、グラミー直後にサマソニへの出演が発表されました!これを機に日本でも流行るかもね。ちなみに2013年のフジロックでも来日してますが、その頃は私もよく知らなくて完全スルーしてた(同じ年に出てたOf Monsters and Menぽい名前だな(ManとMenしか共通点ない。アホですね。。)くらいの認識でした)けど、その後、海外のフェスのストリミーング中継でめっちゃ盛り上がってるライブ観て、フジで観なくて失敗したなって記憶があります。今回こそ要チェック!


Portugal. The Man -『Woodstock』収録曲リスト
1. "Number One" (featuring Richie Havens and Son Little)
2. "Easy Tiger"
3. "Live in the Moment"
4. "Feel It Still"
5. "Rich Friends"
6. "Keep On"
7. "So Young"
8. "Mr. Lonely" (featuring Fat Lip)
9. "Tidal Wave"
10. "Noise Pollution"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード




【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : US Indie ・ comments(0)  
2018年03月07日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails