<< 2018年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2018』決定!音源・動画まとめ home My My My! / Troye Sivan (My My My! 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Everybody Wants To Be Famous / Superorganism (Superorganism 収録)

 UKはロンドンを拠点に活動する8人組バンド、Superorganismスーパーオーガニズム)の2018年3月2日に名門Dominoからリリースされるデビューアルバム『Superorganism』からの先行シングル"Everybody Wants To Be Famous"。

・Superorganism - Everybody Wants To Be Famous (Official Video)


 さまざまな音がつまった遊び心溢れるサウンドに、日本人ボーカリスト(まだ17歳なんだとか!)・Oronoのやる気があるのかないのかすらわからない脱力系ボーカルがこれまた気持ち良い曲。"Everybody Wants To Be Famous"(みんな有名になりたい)って歌われる歌詞が、子供のなりたい職業の上位に「ユーチューバー」がランクインするような今の世相を表しているようないないような。

 そんなバンド、Superorganismはそれこそ結成の経緯も今風。前述のOnoroが日本出身(当時はアメリカ在住)なのをはじめ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなどからインターネットを通じて知り合い、当初は曲作りもネット経由でリモートで行っていたそう(1stシングル"Something For Your M.I.N.D."はその当時作られています。現在はロンドンで共同生活中)。メンバーの名前はこんな感じ。なんかハンドルネームっぽいですねぇ。

・Superorganism member
Orono
Harry
Emily
Ruby
B
Tucan
Soul
Robert

 当初あまりに情報がなさすぎたこともあり、OronoがGorillazのヌードルのルックスに似てるとかで、デーモン・アルバーンの覆面ユニットなんじゃないかと噂されたこともあったんだとか。言われてみればゴリラズに通じるところもありますね。

 ちなみにバンド名にあるorganism(オーガニズム)は日本語にすると「生物」とか「有機体」を意味する言葉(スペルをちょっと変えると全然別の意味になるのでご注意を・・・)で、そこにsuperってついてて、つまり「超有機体」ってことですよね。なんかこの「超」ってつけちゃうところがちょっとテキトーな感じでかっこいいと思います。

 ちなみにバンドはBBCの選ぶ有力新人リスト「Sound of 2018」にもリストアップされているので要チェック!ブレイク必至です。すでに来日も決まっています。(残念ながらチケットソールドアウト。チケット余ってる人いたら譲って下さい!)

■Superorganism “A Tour For Your M.I.N.D. 2018”
日時:2018年2月5日(月) Open 18:00 / Start 19:00
場所:東京・Shibuya WWW

 というわけで、この"Everybody Wants To Be Famous"が新年最初のおすすめ曲紹介記事となりました。今年も少しでも多く紹介できればと思います!


Superorganism -『Superorganism』収録曲リスト
1. "It’s All Good"
2. "Everybody Wants To Be Famous"
3. "Nobody Cares"
4. "Reflections On The Screen"
5. "SPRORGNSM"
6. "Something For Your M.I.N.D."
7. "Nai’s March"
8. "The Prawn Song"
9. "Relax"
10. "Night Time"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2018年01月14日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails