<< ユニコーン 2018年新年コメントで「ファンクラブ発足」発表! home 『Coachella 2018』出演者発表!ヘッドライナーにザ・ウィークエンド、ビヨンセ、エミネム決定! #コーチェラ >>
  1. K's今日の1曲
  2. 年間ベスト
  3. K's今年の1曲 2017 (邦楽編) #ベストソング

K's 今日の1曲」で2017年中に紹介した楽曲の中から、2017年のベストソングとして"K's 今年の1曲 2017"を選びたいと思います。



まずは、邦楽編。

洋楽編はこちら
K's今年の1曲 2017 (洋楽編)

2017年にブログで紹介した曲一覧はこちら。
2017年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト

以下、TOP5。
(レビュー/試聴は各リンク先をご覧ください)

K's 今年の1曲 2017(My Best Song 2017)[邦楽編]



1位 SSWB / D.A.N. (TEMPEST 収録)


2位 感情のピクセル / 岡崎体育 (XXL 収録)


3位 井戸育ち / MONO NO AWARE (人生、山おり谷おり 収録)


4位 MTRY / 奥田民生 (サボテンミュージアム 収録)


5位 A.G.I.T. / Suchmos (THE KIDS 収録)


以下、総評。

1位に選んだD.A.N.の"SSWB"(Super Shy Without Beerの略。ビールなしじゃ超シャイって意味)は年初にブログで紹介して以来ずっとアクセスが集まった曲で、気になってた人が多かったんだなぁって印象。
11月くらいにライブでこの曲を聴いたら、スタジオ音源からまたワンランク、ステージが上がった感じになっててとても良かった。
世間的には5位に選んだSuchmosの方がブレイクした感があるけど、個人的にはD.A.N.の方が好きかな。

2位に選んだ岡崎体育なんてイロモノっぽさはあるけど、ホント曲がよくできてて頭からこびりついて離れないドポップな曲でした。

MONO NO AWAREはアルバムを通してよく聴いた。
奥田民生はとにかく私が大好きなアーティストなのでそれ以上の説明は特にありません(笑)

次点はこんな感じ(順不同)
N.E.O. / CHAI (PINK 収録)
Arma / Grapevine (Roadside Prophet 収録)
ホーミング・ユー / 集団行動 (集団行動 収録)
ミクロボーイとマクロガール / スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'
Lights / warbear (warbear 収録)

洋楽編はこちら
K's今年の1曲 2017 (洋楽編)

【サイト内関連記事】
K's今年の1曲 2016 (洋楽編)
K's今年の1曲 2016 (邦楽編)
K's今年の1曲 2015 (洋楽編)
K's今年の1曲 2015 (邦楽編)
K's今年の1曲 2014 (洋楽編)
K's今年の1曲 2014 (邦楽編)
K's今年の1曲 2013 (洋楽編)
K's今年の1曲 2013 (邦楽編)
K's今年の1曲 2012 (洋楽編)
K's今年の1曲 2012 (邦楽編)
K's今年の1曲 2011 (洋楽編)
K's今年の1曲 2011 (邦楽編)
K's今年の1曲 2010 (洋楽編)
K's今年の1曲 2010 (邦楽編)
K's今年の1曲 2009
K's今年の1曲 2008
K's今年の1曲 2007
K's今年の1曲 2006
K's今年の1曲 2005
K's今年の1曲 2004
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 年間ベスト ・ comments(0)  
2018年01月02日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails