<< 『METROCK 2018』第1弾出演者発表! #メトロック home イエモン 福岡 ヤクオク!ドーム公演「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 九州SPECIAL」セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. MTRY / 奥田民生 (サボテンミュージアム 収録)

 奥田民生、自身のレーベル・ラーメンカレーミュージックレコードRCMR)から初めてリリースするアルバム(通算12枚目)『サボテンミュージアム』(オリコン5位)の1曲目を飾る曲"MTRY"。

・奥田民生「MTRY MV mix OT special(mono)」


 「MTRY」とはファンならお馴染みの民生バンドMTR&Yのことですね。一応、メンバーを下記にまとめます。

・MTR&Y
M;湊雅史
T:奥田民生
R:小原礼
Y:斎藤有太

 このメンバーでだからこそ作れるサウンドを奏でるロックンロールナンバー。「バンドは今夜も ちょっぴりずれてる」って歌詞の一行が全てを語っているというか、打ち込みだけじゃなくて生演奏ですら後からいくらでもイジれる今の時代、この「ずれ」っていうのがグルーヴであり曲の魂なんじゃないかと思います。ちなみに民生自身インタビューで
我ながら、なかなか独特なバンドだと思うので。特にベースとドラムのすごいところが録れればいいなと

と語っています。「ギターとピアノは 跳ね回るだけさ」とあって、ある意味ソロになってから唯一変わらずサポートし続けてきたキーボード・斎藤有太への信頼の厚さもうかがえますね。

 そのほか、歌詞で気になるのは「ドラムは今夜も Gでハウってる」って冒頭部分。これはドラム・湊雅史曰く
バンドが「G」のコードをブゥーン!と鳴らしたときに、ドラムもブワワワッと、いい感じでハウることが多い

とのこと。それがバンドがいい音出せてる時だって意味らしいです。

 「ジャンプを決めろ」とか「ベイベーをつけて歌え」とか先人(忌野清志郎とか?)へのリスペクト溢れるフレーズも最高だし、「ド、ド、ド、ドラムは〜」とか「バ、バ、バ、バンドは〜」ってのがThe Whoの"My Generation"なんてロックの名曲中の名曲も彷彿とさせますね。ちなみにソロもバンドもデジタルもアナログもなんでもござれのここ最近の民生の活動はニール・ヤングを思い起こさせるんだけど、いまさらながらMTR&Yってニール・ヤングも在籍したCSN&Y(Crosby, Stills, Nash & Young)が元ネタですね。

 前作『O.T.Come Home』(2013年)、前々作『OTRL』(2010年)とソロレコーディングしてきた民生。MTR&Yでレコーディングするのは2008年の『Fantastic OT9』以来。『Fantastic OT9』は割と作り込まれた曲が多かった印象がありますが、9年の歳月をともに過ごし、今作はまさに「阿吽の呼吸」的な境地になった感がありますね。

 11曲収録で38分。私はアナログ盤を買いましたが、1枚に収まるのはホント良い(ユニコーンは5人のメンバーのバランスがあって曲も多くなるし1曲あたりも長くなるのは仕方いないけどね)。何度も何度も繰り返し聴けるし。民生自らが監督を務めたミュージックビデオは曲もアルバムとは別に映像用に「mono mix」されていて、mono版をアナログ盤で出したら面白いかもね。ちなみにこの曲以外もビデオが作られているので下の方にまとめておきます。

 また、2017年は露出も多かったですね。テレビ・ラジオ・雑誌、そしてネットと出まくってました。本作収録のシングル"エンジン"はディズニー/ピクサー制作の映画『カーズ/クロスロード』の日本版のエンディングソングに使われたり、"ゼンブレンタルジャーニー"はAmazonプライム・ビデオで配信されるドラマ『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』(主演:濱田岳)の主題歌だし、果ては民生を崇拝する男性コーロキを主人公にした漫画を原作にした『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(監督:大根仁、主演:妻夫木聡・水原希子)も公開されて、「奥田民生」って文字を見ない時期がなかったって感じ。

 アルバムも出すわ、ユニコーンでツアーもするわ、バンドではなくソロでの宅録プロジェクト『カンタンカンタビレ』まであるわ、本当働きすぎでしょう。こちらも下の方にリンクをまとめておきます。

 2017年フル稼働の奥田民生。2018年もすでに『サボテンミュージアム』を提げたツアー『MTRY TOUR 2018』も決まっててさらにエンジン全開ですね。来年も民生の活動をおっかけるぞー!!!


奥田民生 -『サボテンミュージアム』収録曲リスト
01. MTRY
02. いどみたいぜ
youtube start
03. サケとブルース
youtube start
04. エンジン
05. ミュージアム
youtube start
06. 俺のギター
youtube start
07. 白から黒
youtube start
08. 歩くサボテン
youtube start
09. ゼンブレンタルジャーニー
10. 明日はどっちかな
11. ヘイ上位
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


■カンタンカンタビレ(それぞれ第1回目のYouTubeリンクをつけてます)
第一弾:2017/11/01 
トキオドライブ

第二弾:2017/11/07
俺の車

第三弾:2017/11/13
プールにて

第四弾:2017/11/19
嵐の海

第五弾:2017/11/25
スロウサーフィン

第六弾:2017/12/01
R.G.W.

【サイト内関連記事】
恋のかけら / 奥田民生 (股旅 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
光の世界 / 桑田佳祐&奥田民生 (TOP OF THE POPS 収録)
トリッパー(one light club mix) / 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)
サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF THE YEARS 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic OT9 収録)
かたちごっこ / 奥田民生 (OTRL 収録)
手引きのようなもの / 井上陽水奥田民生 (ショッピング 収録)
ぼくら / 奥田民生 (O.T. Come Home 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
■奥田民生「MTRY TOUR 2018」日程
4/14(土)埼玉県・三郷市文化会館 大ホール
4/19(木)千葉県・市川市文化会館 大ホール
4/21(土)宮城県・東京エレクトロンホール宮城
4/22(日)福島県・いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
4/28(土)福岡県・福岡サンパレス
4/29(日)宮崎県・都城市総合文化ホール 大ホール
5/11(金)神奈川県・川崎市スポーツ・文化総合センター
5/12(土)神奈川県・川崎市スポーツ・文化総合センター
5/19(土)広島県・広島文化学園HBGホール
5/26(土)兵庫県・神戸国際会館こくさいホール
5/27(日)岡山県・岡山市民会館
6/02(土)北海道・わくわくホリデーホール
6/08(金)東京都・中野サンプラザホール
6/09(土)東京都・中野サンプラザホール
6/12(火)大阪府・フェスティバルホール
6/16(土)滋賀県・滋賀県立文化産業交流会館
6/17(日)愛知県・名古屋特殊陶業市民会館フォレストホール
6/23(土)長野県・長野市芸術館 メインホール
6/24(日)石川県・本多の森ホール
6/30(土)沖縄県・ミュージックタウン音市場
▼チケット
全席指定 前売¥6,500(税込)
※沖縄公演のみ、オールスタンディング別途ドリンク代(¥500)
※小学生以上有料。未就学児童、大人1名につき子供1名まで膝上可。沖縄公演のみ、未就学児童入場不可。
一般発売日:[4月公演]1/13(土) / [5月公演]2/10(土) / [6月公演]3/10(土)
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2017年12月26日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails