<< Blue Train Lines feat. King Krule / Mount Kimbie (Love What Survives 収録) home 『LOUD PARK 17』出演者一覧まとめ >>
  1. K's今日の1曲
  2. Australian / New Zealand
  3. Green Light / Lorde (Melodrama 収録)

 2013年、ニュージーランドからデビューシングル"Royals"を全米&全英1位に送り込み彗星の如く現れたLordeロード)。そんな彼女が、4年ぶりとなる2ndアルバム『Melodrama』を2017年6月にリリース(US1位・UK5位・NZ1位)。"Green Light"はアルバムからの先行シングル。

・Lorde - Green Light


 前作『Pure Heroine』からのタッグであるJoel Little、Fun.やBleachersで活動するJack Antonoffとの共作。シングルチャートで全米19位、全英20位、もちろんニュージーランドで1位を獲得を獲得しています。

 最初にこの曲を聴いたときは驚いた。ロードというと感情的ではあるけれどもサウンドや歌い方はどこか冷めたようなところがって、ある意味その年齢とは裏腹な達観した雰囲気が個人的には好きだったんだけど、この曲ではそれが薄れてなんだかパッとしないなって思った。でも、これが聞いているうちになんだか良くなってきて、決定打になったのは今年のフジロック。メインステージであるGreen Stageに登場した彼女が最後に歌ったのがこの曲。序盤からデビュー時の来日公演よりも安定感と王道感を増したライブをみせてたんですが、締めのこの曲の圧倒的なパワーがすごかった。"Royals"で歌われるセレブな世界も実際に体験したであろうロード。そして、自らの失恋から生まれたこの曲に"Green Light"(緑の光。いわゆる「青信号」)ってつけたところに思いの強さがあって、それがサウンドにも現れているような気がします。

 10代から20代へ。まだ20歳。これからまたどんどん音楽性も変わっていくと思うし楽しみ。


Lorde -『Melodrama』収録曲リスト
1. "Green Light"
2. "Sober"
3. "Homemade Dynamite"
4. "The Louvre"
5. "Liability"
6. "Hard Feelings/Loveless"
7. "Sober II (Melodrama)"
8. "Writer in the Dark"
9. "Supercut"
10. "Liability (Reprise)"
11. "Perfect Places"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Royals / Lorde (Pure Heroine 収録)
LORDE@品川ステラボール 感想&セットリスト
Magnets ft. Lorde / Disclosure (Caracal 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Australian / New Zealand ・ comments(0)  
2017年10月13日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails