<< No Reason / Bonobo (Migration 収録) home サマソニ2017、出演者第1弾発表!ヘッドライナーにカルヴィン・ハリス、大阪にリアム・ギャラガーなど20組決定 #summersonic #サマーソニック >>
  1. K's今日の1曲
  2. Techno/House
  3. Kerala / Bonobo (Migration 収録)

 前回に続きNinja TuneよりリリースされたBonoboボノボ)の6枚目のアルバム『Migration』(全英5位・全米59位)からの1stシングル"Kerala"を紹介。

・Bonobo : Kerala


 この曲は2014年に行ったDJツアーのツアーバスの中で作ったラフバージョンが下地となってできあがったもので、アルバム『Migration』で一番最初にレコーディングを行ったものなのだそう。ビートと完全にシンクロした一度見たら忘れたられないくらいのインパクトのあるミュージックビデオはColdplayのツアーでの映像演出を行っているBISONが手がけたもの(参考リンク)。出演している女性は、映画『007 慰めの報酬』(原題:『007 Quantum of Solace』)でボンドガールだった女優のGemma Arterton(ジェマ・アータートン)。

 ちなみにボーカルパートはR&Bシンガー、Brandyブランディー)の"Baby"がサンプリングされています。これにすぐ気付いた人はすごい!

・Brandy - Baby - Music Video


 曲名の「Kerala」ってどういう意味だろう?と調べてみたところインドの州の一つである「ケーララ州」というものがあるみたい。アルバムが『Mgration』(=「移住」)なので、これまでボノボ自身が住んだことのあるところなのでしょうか。
 
 アルバムにはLAのデュオ、ライやSkrillexことソニー・ムーアのレーベル「OWSLA」に所属するバンド・Hundred Watersのニコル・ミグリス、LAのブルックリンを拠点にモロッコの伝統音楽「グワナ」を演奏するバンド・Innov Gnawa、前回紹介したチェット・フェイカーことニック・マーフィーなどが参加。どの曲から聴くかで印象も大きく変わるので、アルバムを通して聴くことをおすすめします。


bonobo -『migration』収録曲リスト
1. "Migration"
2. "Break Apart" (featuring Rhye)
3. "Outlier"
4. "Grains"
5. "Second Sun"
6. "Surface" (featuring Nicole Miglis)
7. "Bambro Koyo Ganda" (featuring Innov Gnawa)
8. "Kerala"
9. "Ontario"
10. "No Reason" (featuring Nick Murphy)
11. "7th Sevens"
12. "Figures"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード




【サイト内関連記事】
No Reason (featuring Nick Murphy) / Bonobo (Migration 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Techno/House ・ comments(0)  
2017年02月05日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails