<< DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展@寺田倉庫G1ビル #ボウイ展 home MY BEST ALBUM 2016 (洋楽編) TOP10 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 年間ベスト
  3. MY BEST ALBUM 2016 (邦楽編) TOP5

2016年の年間ベスト、MY BEST ALBUM 2016を選んでみました。
まずは邦楽編です。

洋楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2016 (洋楽編) TOP10

以下、TOP5です。

■『MY BEST ALBUM 2016』(邦楽)


1位 D.A.N. – 『D.A.N.

Zidane / D.A.N. (D.A.N. 収録)
Native Dancer / D.A.N. (D.A.N. 収録)


2位 Galileo Galilei – 『Sea and The Darkness

ウェンズデイ / Galileo Galilei (Sea and The Darkness 収録)


3位 OGRE YOU ASSHOLE – 『ハンドルを放す前に

なくした / Ogre You Asshole (ハンドルを放す前に 収録)


4位 Boom Boom Satellites – 『LAY YOUR HANDS ON ME

Lay Your Hands On Me / Boom Boom Satellites (Lay Your Hands On Me 収録)


5位 ユニコーン – 『ゅ 13-14
エコー / ユニコーン (ゅ 13-14 収録)

以上、トップ5。
実は昨年は久しぶりにTOP10を選んだんですが、今年は5作品を選ぶに止まりました。
Apple Musicで音楽を聴くようになってこれまで以上に邦楽に触れる機会が増えて10作品選べるようになったと思ったら、それ以上に洋楽を聴く機会が増えてしまったってのが実情です。。

気を取り直して短評。

1位は、D.A.N.の1stフルアルバム『D.A.N.』。
前置きでApple Musicのせいで邦楽を聴く割合が減ったと書いたけど、こちらはApple Musicのおかげで出会えたバンド。
クラブっぽいサウンドにフィッシュマンズにも通じる叙情性。
洋楽ぽいとかそういうのとも何か違う。
新しいことをやってやるって感じでもなく、自然体に音を鳴らしたらこうなりましたって(そうじゃないかもしれないけど・・・)とこが良いです。
間違いなく2016年一番聴いたアルバム。

2位は、ガリレオ・ガリレイのラストアルバム『Sea and The Darkness』。
1位がデビューフルアルムで、2位がラストアルバムっていうのがね。
ちなみに、そこそこのキャリアがある彼らはたぶんD.A.N.のメンバーとはほとんど年は変わらないんじゃないかな。
2組の出発点は全く違えどもなんとなく目指す方向性は近かったんじゃないかと勝手に思っています。
本作で「解散」ではなく「活動終了」という言葉を選んだ彼らの今後を期待させる(ラストアルバムなのに)アルバムでした。

3位は、オウガ・ユー・アスホールの『ハンドルを放す前に』。
毎回作品が出るたびに上位に選んでいる気もするけど、今作もやっぱり良い。
東京や大阪などの大都市ではなく地元長野で純粋培養を続ける彼らがセルフプロデュースにまで踏み切り究極的に音にこだわった作品で、派手さは決してないけど何度でも聴け、聴くたびに新鮮な感じもするアルバムでした。

4位は、Boom Boom Satellitesの『LAY YOUR HANDS ON ME』。
4曲しか入っていないながらもメンバーの中野雅之が「『遂に10枚目のアルバムが完成した』と、僕は言い切ってしまおうと思います」と語るとおり「アルバム」1枚を聴いたかのような充足感を感じる作品でした。
今作を持ってブンブンは活動を終了。
そして、10月9日に川島道行が脳腫瘍のために亡くなってしまいます。
2016年と言えば、年頭のデヴィッド・ボウイを始め、プリンス、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、ジョージ・マイケルと言った大物、日本でも冨田勲など錚々たる面々が逝ってしまいましたが、彼らの死に匹敵するくらい衝撃的で悲しい出来事でした。
でも、ボウイの『★』と同様素晴らしいエンディング作を残したと思います。

5位は、ユニコーンの『ゅ 13-14』。
「ゆのいちさんいちよん」と読む本作はユニコーンの13枚目で14曲入りのアルバムという意味のタイトル。
もはや作品に意味を持たせることも必要もないくらい再結成後のユニコーンはやりたいことをやりたいようにやるって感じが伝わって来る快作。
これをアナログ盤で購入したんですが、その音の良さにもやられました。
このオッサンたちに本気で遊ばれたら誰も太刀打ちできないですね。

以上、トップ5。
後、次点でいくつか挙げておきます。
2017年は10作品選べるといいな。

(次点)
きのこ帝国 – 『愛のゆくえ
あらかじめ決められた恋人たちへ – 『After dance/Before sunrise
綿めぐみ – 『ブラインドマン

洋楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2016 (洋楽編) TOP10

【サイト内関連記事】
MY BEST ALBUM 2015 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2015 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2014 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2014 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2013 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2013 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2012 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2012 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2011 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2011 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2010 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2010 (邦楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (US, Canada, etc編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (UK編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 UK編 11位〜20位
MY BEST ALBUM 2007
MY BEST ALBUM 2006
MY BEST ALBUM 2005
MY BEST ALBUM 2004
【同じカテゴリの最新記事】
(参考)
■My PC・スマホでの再生回数ランキング TOP 10(last.fm 調べ)

1. D.A.N. — D.A.N.
2. あらかじめ決められた恋人たちへ — After dance/Before sunrise
3. tricot — KABUKU EP
4. Galileo Galilei — Sea and The Darkness
5. OGRE YOU ASSHOLE — ハンドルを放す前に
6. D.A.N. — EP
7. 綿めぐみ — ブラインドマン
8. Galileo Galilei — 車輪の軸
9. Boom Boom Satellites — LAY YOUR HANDS ON ME - EP
10. Roth Bart Baron — ATOM
カテゴリ : 年間ベスト ・ comments(0)  
2017年01月10日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails