<< MY BEST LIVE 2016 home MY BEST ALBUM 2016 (邦楽編) TOP5 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展@寺田倉庫G1ビル #ボウイ展

David Bowieデヴィッド・ボウイ)の大回顧展、『DAVID BOWIE is』を天王洲にある寺田倉庫G1ビルにて観てまいりました。

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」に行ってきました

生きていれば70歳の誕生日となる2017年1月8日(日)から開催されている本展をその2日目、1月9日に行ってきた。
ちなみに明日はボウイの一周忌です。
(会期は4月9日(日)まで。期間中使えるAll Time チケットなるものがありますが、時間指定チケットで空きがあるときのみ入場可なので、時間指定してしていくことをおすすめします)

まずは、『DAVID BOWIE IS』の概要をオフィシャルサイトより引用。
2013年に英国の芸術とデザインの殿堂、 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回。 約150万人を動員した 『DAVID BOWIE is』 が、アジア唯一の開催地となる日本に上陸する。 この壮大なスケールの回顧展には、 デヴィッド・ボウイのキャリアを網羅する300点以上の貴重なアイテムが集められ、誰でもなりたい人間になれるのだと教えてくれた不世出のアイコンが、人々をインスパイアし続ける理由を解明。 マスコミの絶賛を浴び、 ファンを熱狂させ、 各地で大ヒットを博した最高のロックンロール・ショウがもうすぐ始まる!


というわけで、会場の寺田倉庫へ。

外には、ボウイ仕様の車が展示されてた。
デヴィッドボウイ仕様の車が置かれてた

会場に着くと入り口には長蛇の列が。

私は18時の回のチケットをもってて、17時過ぎに行ったんだけど、16時〜18時の回の人の列でした。
会場の混み具合によって入場を制限してるみたいでした。

で、その列がはけて、17時40分くらいに私たち18時の回も展示フロアである5階に上がるエレベーターに案内されて中へ。
そこでまた列に並ばされて18時になってやっと入ることができました。

これから行く人は、最終の回ではなくて、早めの時間の回のチケットを買って、その時間帯の後半に会場に行くとスムーズに入場できるかも。

入場の際に解説用の機械とヘッドフォンが渡され、各展示エリアに近づくと自動的に音楽や音声が流れるという仕組み。

序盤のセクションではボウイの生い立ちやデビュー前の部分に焦点を合わせたもので貴重なものばかりでしたが、説明などの情報量が多い分前に進むのがちょっと大変でした。
"Space Oddity"で弾いているギターやボウイが最初に買ってもらったプラスチック製のアルト・サックスなどそれはそれは貴重なものが展示されてた。

その後は特に時系列というわけでなく、BBCの『TOP OF THE POPS』に出演した際の伝説のパフォーマンス(ボウイに指差してもらえます)や、ファッションに焦点を当てた展示(歴代のステージ衣装がずらり。ボウイの細さに驚き!)、レコーディング、ミュージックビデオ、俳優としてのボウイなどなどについて展示があって、どれもどれだけ時間があっても足りないくらいのボリュームで、あっという間に時間が過ぎてしまった。

また、今回日本独自で「DAVID BOWIE MEETS JAPAN」として、『戦場のメリークリスマス』で共演した北野武坂本龍一がボウイを語る映像なんかもありました。

最後の方はボウイの各時代のライブ映像が見ることができて、そこだけでいつまでも楽しめる感じでした。
(私は幸いにも最後の来日になった「A Reality Tour」の武道館公演を見ることができたのが、今でも自慢の一つです。あーメッチャかっこよかったなー)

時間のある人は何回も見に行っても楽しめる(というか何回か行かないと全部網羅できない)ものなので、私もぜひもう1回は見に行きたいと思います。
時間のない人は映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』は見てから行った方がいいかも。

当然、展示品は写真が撮れなかったので会場の外の写真をいくつか載せておきます。







■開催概要
期間 2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
休館日:毎週月曜日(但し1/9、3/20、3/27、4/3は開館) 会場 寺田倉庫G1 ビル(天王洲)
住所:東京都品川区東品川二丁目6 番10 号
開館時間 10:00〜20:00
毎週金曜日は21:00まで。入場はいずれも閉館1時間前まで。
※入場時間枠等に関する詳細はこちらをご覧ください。 料金 一般 : 2,400 円(2,200 円)
中高生 : 1,200 円(1,000 円)
( )内は前売り、小学生以下は無料。

【サイト内関連記事】
The man who sold the world / David Bowie (The man who sold the world 収録)
RUBBER BAND / DAVID BOWIE (THE DERAM ANTHOLOGY 1966-1968 収録)
Rock 'n' Roll Suicide / DAVID BOWIE (ZIGGY STARDUST 収録)
HEROES / DAVID BOWIE (HEROES 収録)
Sue (Or In A Season Of Crime) / David Bowie (Nothing has changed 収録)
鋤田正義/デヴィッド・ボウイ写真展「TIME - David Bowie by Masayoshi Sukita」@スパイラルガーデン1F
鋤田正義 写真展 『Flash Back!』@箱根彫刻の森美術館
Lazarus / David Bowie (★ (Blackstar) 収録)
Blackstar / David Bowie (★ (Blackstar) 収録)
映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』@新宿ピカデリー


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0)  
2017年01月09日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails