<< フジロック2017、開催決定!! #fujirock home 『METROCK 2017』出演アーティスト第1弾発表! #メトロック >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2016)
  3. Zazen Boys@赤坂BLITZ 「TOUR MATSURI SESSION」 感想&セットリスト

Zazen Boysザゼン・ボーイズ)の「ZAZEN BOYS TOUR MATSURI SESSION」の赤坂BLITZ公演に行ってきました。

Zazen Boys@赤坂BLITZ 「TOUR MATSURI SESSION」に行ってきた

ザゼンのライブは何度も見てますが、何気にワンマンを見るのはお初です。

開演時間ほぼちょうどにTelevisionの"Marquee Moon"が流れ、メンバー登場!
たぶん私にとってこのライブが2016年のライブ参戦納めになるんですが、今年の1月に2公演もテレヴィジョンのライブを見たのを思い出した。

(参考)
Television@下北沢Garden (Television plays MARQUEE MOON) 感想&セットリスト
Television@shibuya duo MUSIC EXCHANGE (Guest:THE ROOSTERZ) 感想&セットリスト

そして、始まった1曲目は"SUGAR MAN"だ!
結構意外な選曲。

全人口の80%(はちじゅうパーセント、八割、エイティーパーセントっていろいろ言葉を変えて歌ってた)が「HENTAI」って歌詞だけど、それを演奏している「HENTAI」の四天王のような4人(笑)
いやぁ濃いねー。

序盤から"RIFF MAN"が飛び出し『Presence』期のツェッペリンかのようなメタリックなリフを繰り出す。
どの曲もギターがキレッキレ。
赤坂ブリッツといえばASAHIスーパードライがスポンサーで中にも看板が目立つとこにあるんだけど、キレの良さでいったら比較にならんね。
柔道二段・松下敦のジョン・ボーナムばりのドラミングがかっこいいのもいわずもがな。

MCもキレキレ。
「履き古したパンツをごま油で炒め食う人の歌」と"サイボーグのオバケ"を始めると、「長澤まさみの」と前置きして「パンツ、パンツッ!」と連呼。
それをギターで再現するカシオメン!

そこからの"Asobi"。
チープな打ち込みがKraftwerkを彷彿とさせる初期テクノな感じで心地よい。
それを考えながらステージ上に立てれらた6本のライトもクラフトワークぽい気がしてきた。
(・そういやブリッツでクラフトワークのライブ見たな

続く"COLD BEAT"ではおなじみの向井による各メンバーへの息の詰まるような指揮とチャルメラ。
いつもよりその指揮タイムは短かった気がしたけど、まだ序盤ってことで勢いが途切れなくてよかったかも。

水曜日だけど"Friday Night"が終わり、「赤坂の道端でズボッとはまった泥沼!」と"泥沼"が始まり、そこから「右下半身が泥沼にはめられてるのにボールにいっぱいのアレが食いてぇ」と"ポテトサラダ"に繋がり、さらに「ボテサラミッドナイト」と"気がつけばミッドナイト"を挟み、また"泥沼"に戻るというメドレーも最高!

再びMCで向井節が炸裂したのは"天狗"のから。
「夕暮れ時にばさーばさーばさーと飛んでいくチャレンジングな人を見ました」と言って始まった"天狗"、そして、その天狗に街に連れてこられたタヌキの話から"TANUKI"。
そのタヌキの会話が博多弁ってとこが天才!
さらに、そのタヌキがハクビシンと遭遇するって話が最高に面白かった。

再び水曜日だけど"Weekend"が終わり、次の"HIMITSU GIRL'S TOP SECRET"では、カシオメンと吉田一郎による口での「ダカダカダカダカ・・・」というリフも炸裂。
なんかこれまで見たザゼンのライブでやってたネタを一気に見れて、「ワンマンすげぇ」と今更ながらに感動。

いよいよ終盤。
"WHISKY & UNUBORE"で「酔っ払い〜」と合唱をした後は、"はあとぶれいく"〜"破裂音の朝"ときて、最後は"自問自答"で「諸行無常」を「繰り返し」、「性的衝動」を「蘇らせ」て本編終了。

5分ほど経ってアンコールで再登場。

まずはライブの告知。
来年のゴールんデンウィーク、5月6日の土曜日に「THE MATSURI SESSION」と題して日比谷の野音でイベントをやるらしい。
吉田一郎アンタッチャブルワールド、Zazen Boys、LEO今井、KIMONOS、向井秀徳アコエレが出演と、向井ファミリー大集合。
これは楽しそう!

アンコール1曲目は"暗黒屋"。
"半透明少女関係"も聴きたいなぁって思ってたけど、この曲の流れ的には「今日はないな」って思った。

最後は"KIMOCHI"を歌い上げて、「乾杯っ!」と言って去って行きました。

いやぁ今さら初体験の2時間以上のザゼンライブは、想像以上に濃くて、どっと疲れた(笑)
年末の疲れた体に追い討ちをかけるような疲れなのに、この満足感。

最高でした!
良い年が越せそうです。

以下、セットリスト。

2016.12.21 Zazen Boys@赤坂BLITZ Setlist

01. SUGAR MAN
02. MABOROSHI IN MY BLOOD
03. IKASAMA LOVE
04. RIFF MAN
05. サイボーグのオバケ
06. Asobi
07. COLD BEAT
08. Friday Night
09. 泥沼〜ポテトサラダ〜気がつけばミッドナイト〜泥沼
10. 開戦前夜
11. Honnoji
12. 天狗
13. TANUKI
14. Weekend
15. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
16. 約束
17. WHISKY & UNUBORE
18. はあとぶれいく
19. 破裂音の朝
20. 自問自答
---encore---
21. 暗黒屋
22. KIMOCHI

■ZAZEN BOYS TOUR MATSURI SESSION 日程
2016年12月20日(火) 梅田 CLUB QUATTRO
2016年12月21日(水) 赤坂 BLITZ
2016年12月22日(木) 名古屋 CLUB QUATTRO

【サイト内関連記事】
CRAZY DAYS CRAZY FEELING / ZAZEN BOYS (ZAZEN BOYS ? 収録)
NO TIME / ZAZEN BOYS (ZAZEN BOYS ? 収録)
RIFF MAN / ZAZEN BOYS (ZAZEN BOYS ? 収録)
『王様vs侍』2010@渋谷CLUB QUATTRO (ZAZEN BOYS、KING BROTHERS)  感想&セットリスト
「∀ 3D」 iLL × ZAZEN BOYS@新代田FEVER 感想&セットリスト
COUNTDOWN JAPAN 10/11@幕張メッセ国際展示場 1日目 Part3 (BUCK-TICK、くるり、Galileo Galilei、ZAZEN BOYS 他)
向井秀徳アコースティック&エレクトリック@KOMAMO'10 東京大学本郷キャンパス 野外特設ステージ
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2016) ・ comments(0)  
2016年12月21日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails