<< ユニコーン@東京・府中の森芸術劇場 どりーむホール・感想 「ツアー2016『第三パラダイス』」 #unicorn home ユニコーン 「ツアー2016『第三パラダイス』」@千葉・市川市文化会館 大ホール・セットリスト #unicorn >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Being Unguarded / Tim Burgess & Peter Gordon (Same Language, Different Worlds 収録)

 UKを代表するバンド、The Charlatansザ・シャーラタンズ)のフロントマンTim Burgessティム・バージェス)と、Love Of Life Orchestraでの活動で知られるNo Wave系のサックス・プレイヤー、Peter Gordonピーター・ゴードン) がTim Burgess & Peter Gordon名義でアルバム『Same Language, Different Worlds』をティムのレーベルO Genesis Recordingsからリリースしました。

 アルバムから最初にカットされた曲"Unguarded"(アルバム収録時には"Being Unguarded"に変更)をどうぞ。

・Tim Burgess & Peter Gordon - Unguarded


 DubbyかつJazzyな雰囲気のサウンドにティムのボーカルが浮遊する曲。コンガのリズムと抑えの効いたホーンが呪術的で、聴いているとトリップしてしまいそう。ミュージックビデオは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などでも作品を発表している映像作家のKit Fitzgeraldという人によるものです。

 アルバムはゴードンがプロデュースで、元The Modern Loversのベーシスト・Ernie BrooksARTUR RUSSELL作品への参加などで知られるNYCのトロンボーン奏者・Peter Zummo、コンガ奏者・Mustafa AhmedFactory Floorのギタリスト、Nik Voidらが参加。

 この曲だけを聴くと結構難しい作品なのかなって思ったりもしますが、もっとエレポップだったり、New Waveっぽかったり、アシッドハウスぽかったり、ティムのボーカルを堪能できるナンバーがあったりとアルバム全体を通して聴くと意外ととっつきやすいものになっています。まずは日本語訳のついた"Begin"のPVとかから入ると良さそう。

・Tim Burgess & Peter Gordon - Begin


 私はシャーラタンズは好きですが、このピーター・ゴードンさんを良く知らなかったので、そちらもチェックしてみたいと思います!


Tim Burgess & Peter Gordon -『Same Language, Different Worlds』収録曲リスト
1. Begin
2. Say
3. Around
4. Being Unguarded
5. Ocean Terminus
6. Temperature High
7. Like I Already Do
8. Tracks Of My Past
9. Oh Men
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
One To Another / The Charlatans (Tellin’ Stories 収録)
THE HACIENDA OISO FESTIVAL@大磯ロングビーチ (Peter Hook & The Light、The Charlatans、Takkyu Ishino 他)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2016年09月06日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails