<< 『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016』第1弾出演者発表! home アナログ盤レコード購入履歴 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. MUSIC VIDEO / 岡崎体育 (BASIN TECHNO 収録)

 京都府出身の26歳、岡亮聡によるソロユニット、岡崎体育の2016年5月発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』収録曲"MUSIC VIDEO"です。

・岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video


 いわゆる世の中に溢れるミュージックビデオ(最近PV/プロモーションビデオって言いかたしなくなりまたよね?)のあるあるをそのまま歌詞にした曲。また、それをそのまま映像にしたミュージックビデオも面白いですね。

 先日、ヤフトピにまでこの曲がすごいって載っててその時はスルーしてしまったんだけど、Apple Musicの今週のおすすめでプッシュされててアルバムを聴いたら全部面白くてはまった。

 ネット上にある情報をもとに彼のことをざっくり調べてまとめてみるとこんな感じらしい。「盆地テクノ」(京都だから?アルバムタイトルである『BASIN TECHNO』は盆地テクノを英語にしたもの)と自称し活動(テクノポップに近い)。中学生の頃にニンテンドーDSの「大合奏!バンドブラザーズ」というゲームのおまけ機能にあった作曲機能で作曲にはまり、バンドも経験しつつも、ベースを買おうと立ち寄った楽器屋でDTMソフトを勧められて購入して打ち込みでの作曲をするようになったらしい。

 岡崎体育というアーティスト名の由来は憧れのアーティストが電気グルーヴで、石野卓球の「卓球」を超えるのはそれを包括する「体育」だろうと考え、さらに本名の「岡」ではなく母親がかつてMC業をしていた時の芸名「岡崎」をゴロのよさでくっつけて「岡崎体育」になったとのこと。

 インディーズで活動をしていた時にソニーミュージックの新人発掘のスタッフに見初められ、育成契約から今回のメジャーデビューに至るというわけです。(メジャーデビュー前にメジャー(巻尺)に音源をつけた『MEASURE』って作品も出してるらしい。面白すぎ!)

 ミュージックビデオ(曲名じゃない方)以外にもネタっぽい動画もいっぱいあって、YouTubeとかで探してみてください。

 アルバムもめっちゃ面白い。個人的には1曲目を飾る"Explain"が一番好きです。機会があればまたこちらで紹介します。

 口パクだというライブを生でみてみたい。ちなみに予定される以下のワンマンは全てソールドアウト。さいたまスーパーアリーナで観れる日も近い?!

■岡崎体育ワンマンライブ 2016
2016年5月27日(金)「クソワロタ共和国」東京都 TSUTAYA O-WEST
2016年6月5日(日)「バリウケル帝国」大阪府 LIVE HOUSE Pangea
2016年6月17日(金)「バリイケメン王国」奈良県 奈良NEVER LAND


岡崎体育 -『BASIN TECHNO』収録曲リスト
1. Explain
2. MUSIC VIDEO
3. 家族構成
4. FRIENDS
5. Voice Of Heart
6. Outbreak
7. スペツナズ
8. エクレア

・初回限定盤DVD収録内容
1. Outbreak
2. MUSIC VIDEO
3. Explain
4. Voice Of Heart
5. FRIENDS
6. 家族構成
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
感情のピクセル / 岡崎体育 (XXL 収録)

(2017.10.21最終更新)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2016年05月21日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails