<< 『BAYCAMP 2016』出演アーティスト第1弾発表! home サマソニ2016、出演者第6弾発表!でんぱ組.inc、Gotch、SWVなど12組追加 #summersonic #サマーソニック >>
  1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. California Kids / Weezer (Weezer (The White Album) 収録)

 Weezerウィーザー)、通算10作目のアルバム『Weezer』(通称:『The White Album』。全米4位・全英24位)の1曲目を飾る曲"California Kids"。

・Weezer - California Kids


 ボーカルのRivers Cuomo(リバース・クオモ)がALLiSTERScott Murphy(スコット・マーフィー)と組んだ日本語ロックユニット、Scott & Riversが2014年に配信限定でリリースした"カリフォルニア"が原型になっています(Apple Musicで聴く→)。シンセの入ったスコット&リバースの方より、ギターロックソングな感じに仕上がってます。サビ以外の歌詞は違いますが、基本的な世界観は一緒ですね。

 リバースも随分おっさんになったなぁと感慨深く見てしまうミュージックビデオですが、アルバムから先行して公開されていた"Thank God for Girls"と"King Of The World"、そして"L.A. Girlz"のシーンとシンクロする作りになっていて面白いです。

・Weezer - Thank God for Girls (Lyric Video)


・Weezer - King Of The World


・Weezer - L.A. Girlz


 というわけで『Blue Album』(1994年)、『Green Album』(2001年)、『Red Album』(2008年)に続く4枚目のセルフタイトルアルバム、その名も『White Album』。ホワイト・アルバムと聴いて真っ先に思い浮かぶのは The Beatlesですが、カリフォルニアのビーチを意識して製作された今作は60年代そのビートルズにポップさでも芸術面でも唯一対抗できたアメリカのバンドと言える「ビーチ・ボーイズ、そしてブライアン・ウィルソン的なヴァイブがある」とリバース自身がインタビューで語っています。白い砂浜に照り返す太陽。眩しさのあまり目の前が真っ白に見えるビーチ。そんな風景の広がるカリフォルニアが浮かびます。まぁリバースにあんまりビーチが似合うイメージはないですが、実際にはサーフィンなんかしたことなかったブライアン・ウィルソン然り、そのミスマッチが曲に独自の色を加えてる気がします。

 それにしても今作は気持ち良いくらいにウィーザー節を聞かせる曲が揃っていて、どの曲も過去の名曲に引けを取らない出来のものばかり。34分という長さもちょうどよくて何度もリピートしてしまいます。ちなみにプロデューサーのJake Sinclair(ジェイク・シンクレア)はWannabeezerというウィーザーのカバーバンドでボーカルをやってたこともあるらしく、それが今作の雰囲気に大きく寄与したのは間違いないでしょう。後、リバースは最近「Tinder」という所謂出会い系アプリで色々な人と知り合って歌詞のインスピレーションにしてるんだとか。その辺がどのように反映されてるかも注目です。(浮気してないといいけど・・・)

 ウィーザーはSUMMER SONIC 2016での来日も決定しています。サマソニだけでなく、ワンマンやってくれるともっと嬉しいな。


Weezer -『Weezer (The White Album)』収録曲リスト
1. "California Kids"
2. "Wind in Our Sail"
3. "Thank God for Girls"
4. "(Girl We Got A) Good Thing"
5. "Do You Wanna Get High?"
6. "King of the World"
7. "Summer Elaine and Drunk Dori"
8. "L.A. Girlz"
9. "Jacked Up"
10. "Endless Bummer"
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
the good life / weezer (pinkerton 収録)
Beverly Hills / weezer (MAKE BELIEVE 収録)
Pork and Beans / weezer (weezer (The Red Album) 収録)
weezer festival@国立代々木競技場第一体育館 (Asian Kung-fu Generation、Going Under Ground) 感想&セットリスト


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0)  
2016年04月24日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails