<< 『第15回 東京JAZZ』出演アーティスト第1弾発表! home 『BAYCAMP 2016』出演アーティスト第1弾発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. Punk / Hardcore
  3. Sunday / Iggy Pop (Post Pop Depression 収録)

 Queens of the Stone Age(以下、QOTSA)のJosh Homme(ジョシュ・ホーミ)、同じくQOTSAやThe Dead Weatherで活躍するDean Fertita(ディーン・フェルティータ)、Arctic MonkeysMatt Helders(マット・ヘルダース)が集結!と聞いて「スーパーバンド誕生か!」と思ったそこのあなた、違います。ゴッドファーザー・オブ・パンク、Iggy Popイギー・ポップ)の17枚目のアルバム『Post Pop Depression』です。

 "Sunday"はその『Post Pop Depression』収録曲。

・Iggy Pop - Sunday


 グルーヴィーなドラムとベース、キレのいいカッティングをきかせるギター、女性コーラスまで入ってきたりと「ダンサブル」な1曲。「自由」と「孤独」について歌ったというこの曲の最後に「Got all I need and It is killing」(必要な物は全て手に入れた。そしてそれに殺されようとしている)とリフレインされる歌詞が耳に残ります。

 本作についてイギー本人が「ラストアルバムのつもりで作った」と様々なインタビューで語っていますが、その言葉に違わぬ力作になっていると思います。というか、イギーの代表作になる傑作かと。バックを固める自分の息子世代(マットに至っては下手すると孫世代?)の3人もイギーの気持ちに見事に応えています。

 このメンツが集まったきっかけはイギーがジョシュに「一緒に曲を作らないか」と声をかけたところから始まったそう。そこから歌詞のやりとりなどと共に70年代、David Bowieとやりとりしたノートなどもジョシュに送ったんだとか。『The Idiot』や『Lust For Life』に続く作品という思いがあったんでしょう。ちなみに今作はUSチャートで17位、UKチャートで5位と、これまでの最高位だった『The Idiot』(全米72位)と『Lust For Life』(全英28位)を大きく超えています。

 『★』という傑作を残してボウイが去った2016年に、奇しくもイギーが今作を出したのは運命的なことを考えてしまいます。これが最後になっても惜しくない作品ですが、"Break into Your Heart"の深いバリトンボイスから始まり"Paraguay"の絶唱に近い歌声で終わる今作を聴いているとまだまだ先にいけるじゃないかと期待してしまいます。

・Iggy Pop - Post Pop Depression | ALBUM SAMPLER



Iggy Pop -『Post Pop Depression』収録曲リスト
1. Break into Your Heart
2. Gardenia
3. American Valhalla
4. In The Lobby
5. Sunday
6. Vulture
7. German Days
8. Chocolate Drops
9. Paraguay
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
LUST FOR LIFE / Iggy Pop (Lust For Life 収録)
I Wanna Be Your Dog / The Stooges (The Stooges 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Punk / Hardcore ・ comments(0)  
2016年04月23日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails