<< 『LOUD PARK 16』出演者第1弾発表!スコーピオンズなど22組決定! #ラウパ home サマソニ2016、和田アキ子出演決定!&『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 2016』第3弾発表! #summersonic #サマーソニック >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2016)
  3. Bob Dylan@Bumkamuraオーチャードホール 感想&セットリスト #ボブディラン

Bob Dylanボブ・ディラン)のライブを見に渋谷はBumkamuraオーチャードホールに行ってきました。


左がタイムテーブル(休憩有り)、右は入り口にあった若かりし日のパネル

今回私が見たのは2016年4月19日(火)、来日10日目で、東京だけで5日目の公演です。
4月4日に始まったので、かれこれ2週間以上も日本にいるんですね。
(そしてさらに4月28日の横浜公演まで続くっていうね)

(参考)
Bob Dylan 「JAPAN TOUR 2016」セットリスト一覧まとめ

さて、前回2014年、前々回2010年と全国のZepp系のライブハウス公演だったんですが、今回はホール公演ということで落ち着いて。
オーチャードホールといえば昨年キング・クリムゾンを見て音の良さに感動したので、今日も期待して行ってきました。


ほぼ定刻どおりに客電が落ち、SEが流れメンバー登場。
1曲目は"Things Have Changed"からスタート。

オリジナルよりもライブ仕様でテンポ早めでカッコイイ。

3本立てられたマイクの中央で歌うディラン(遠くてよく見えなかったけど、他の2本は使っていたのでしょうか?)。

バンドメンバーはこんな感じ。

スチュ・キンボール(リズム・ギター)
ジョージ・リセリ(ドラム)
トニー・ガルニエ(ベース)
チャーリー・セクストン(リード・ギター)
ドニー・ヘロン(マンドリン、スチール、バンジョー)

鉄壁の演奏です。
ディランの力強いのにヘロヘロという不思議な歌声にぴったり。


基本的にディラン自身はギターは弾かず数曲でピアノを弾くんだけど、2曲目の"She Belongs to me"ではハーモニカを吹いて会場は盛り上がった。


チャーリーの甘くエロいギターが映える"Beyond Here Lies Nothin'"の後は、現時点での最新アルバム『Shadows In The Night』から"What'll I Do"。

今回はこのアルバムのコンセプトであるスタンダード曲をやるのがメインなはずなのでこのオーチャードホールっていう場所は正解ですね。
これをライブハウスでスタンディングで観るのは、ちょっと雰囲気に合わない。

それにしてもやっぱりこのホールは音が良いね♪

しっとりした曲から軽快な"Duquesne Whistle"へ。
ライブに行くにあたってあまり聴いていなかった『Tempest』を聴いたんだけど、この曲すごく好きです。

続いて、来日記念盤『メランコリー・ムード』から"Melancholy Mood"。
曲名に違わぬムードを醸し出す曲。
シナトラばりにしっとり歌い上げる。
物販でアナログ盤が売ってたら買おうかなって思ってたけど、すぐに売り切れたみたいです。。。


切れの良いギターが気持ちいい"Pay in Blood"からまたまたしっとりと"I'm a Fool to Want You"。
なんかもうディラン様のカラオケ大会って感じもしなくもないけど、許そう(笑)


来日記念盤からもう1曲"That Old Black Magic"をやって、第1部は名曲"Tangled Up in Blue"(ブルーにこんがらがって)で締め。
「ミナサーン、アリガトウ」と言って笑い出すディラン。

ライブ中も左右に歩いてポーズとったりと上機嫌なのが伝わってきて楽しい。

ここで20分間の休憩。
席から離れ、ホールをうろうろ。
物販を見て回る。


物販(パンフレット)


物販(CD)

Tシャツとかも結構かっこいいのがあったけど、チケット代だけでも高いのでガマン、ガマン。

さて、第2部です。

20時5分くらいに再開。
ブルージーなジャムからの"High Water (For Charley Patton)"でスタート。
カントリーっぽい軽快なギターワークが気持ちいい。


しっとりと"Why Try to Change Me Now"を歌い上げたかと思ったら次はブルースナンバー"Early Roman Kings"(徐々に熱を帯びる歌と演奏が最高でした)ときて、またメロウな"The Night We Called It a Day"といった構成でセトリが進む。

ピアノをメインとしたジャジーな"Spirit on the Water"、これぞメランコリックと言えるギターの旋律が美しい"Scarlet Town"、箸休めと言ったら失礼だけどほっこりさせられる"All or Nothing at All"、次の"Long and Wasted Years"は照明もスゴくかっこよかった。

"Autumn Leaves"(枯葉)で本編を締めくくり、アンコール。
ここで代表曲中の代表曲"Blowin' in the Wind"(風に吹かれて)。
もちろんオリジナルのアレンジで聴けるなんて思ってません。
だってそもそもギターなんて弾かないもん。

スタンダード曲をいっぱい歌ってきたライブだけど、多くの人にカバーされ、もはやスタンダード曲と言っても過言ではない自身の名曲を「スタンダードになんかさせないぞ」って言われてるようなアレンジ。

そして、最後は"Love Sick"で締めくくりました。

人によってはもっと昔の代表曲をいっぱいやってほしいって思った人もいるかもしれないけど、まぁ歌ってもオリジナルとは全く違うアレンジだろうからむしろ今日のセットリストでいいじゃないかと個人的には思いました。
(ま、2010年のツアーを2回見て、結構聴けてるっていう余裕がありますが)

というわけで、ホクホクな気分で会場を後に。
これが最後の来日にならなきゃいいけど。
(死ぬなんて1ミリも思ってなかったデヴィッド・ボウイが亡くなっちゃうくらいだから・・・)

余談ですが、会場の外に出るとお客さんで来てたサカナクションのボーカルの山口さんがいて、快く握手に応じてくれてスゴくいい人でした♪

以下、セットリスト。

2016.04.19 Bob Dylan@Bunkamura オーチャードホール Setlist

---第1部---
01. Things Have Changed
02. She Belongs to me
03. Beyond Here Lies Nothin'
04. What'll I Do (Irving Berlin cover)
05. Duquesne Whistle
06. Melancholy Mood (Frank Sinatra cover)
07. Pay in Blood
08. I'm a Fool to Want You (Frank Sinatra cover)
09. That Old Black Magic
10. Tangled Up in Blue
---第2部---
11. High Water (For Charley Patton)
12. Why Try to Change Me Now (Cy Coleman cover)
13. Early Roman Kings
14. The Night We Called It a Day (Frank Sinatra cover)
15. Spirit on the Water
16. Scarlet Town
17. All or Nothing at All (Frank Sinatra cover)
18. Long and Wasted Years
19. Autumn Leaves (Yves Montand cover)
---encore---
20. Blowin' in the Wind
21. Love Sick
[スポンサードリンク]


Bob Dylan 「JAPAN TOUR 2016」セットリスト一覧まとめ

【サイト内関連記事】
BOB DYLAN Japan Tour 2010 演奏曲集 前半
BOB DYLAN@Zepp Tokyo Japan Tour 2010 東京2日目
BOB DYLAN@Zepp Tokyo Japan Tour 2010 東京追加公演
BOB DYLAN Japan Tour 2010 演奏曲集 後半
BOB DYLAN Japan Tour 2010 全演奏曲 演奏回数別
MASTERS OF WAR / BOB DYLAN (THE FREEWHEELIN' 収録)
ボブ・ディラン自伝 Bob Dylan:Chronicles, Vol. 1
Like A Rolling Stone / Bob Dylan (No Direction Home - The Soundtrack 収録)
I'm Not There / Bob Dylan with The Band (I'M NOT THERE ORIGINAL SOUNDTRACK 収録)
HURRICANE / BOB DYLAN (DESIRE 収録)
SARA / BOB DYLAN (DESIRE 収録)
Beyond Here Lies Nothin / BOB DYLAN (TOGETHER THROUGH LIFE 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2016) ・ comments(0)  
2016年04月19日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails