<< 井上陽水「UNITED COVER 2」@NHKホール 感想&セットリスト home 『氣志團万博2016』出演者第1弾発表!ももクロ、小林幸子など5組決定! >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. ブラインドマン / 綿めぐみ (ブラインドマン 収録)

 「東京生まれ HIPHOP育ち 悪そなヤツは だいたい友達」と日本の音楽史に残る名リリックを残したのは、実はいいとこの子だと良く知られる某ラッパーさんですが、「香港生まれ、インターネット育ち」とプロフィールに書かれた、何者だか良くわからない美少女・綿めぐみ(とりあえずインタビューとか読むとアニメ・漫画オタクのだってことだけわかりました)が初の全国流通盤『ブラインドマン』をリリース。

・綿めぐみ - ブラインドマン


 アルバムのタイトルトラックであるこの"ブラインドマン"は、どこか浮遊感のあるサウンドにふわふわした綿めぐみ(こうして名前をみると、フワフワ感ありますね)の声で物語のような歌詞が儚げなメロディで歌われる曲。曲を手がけるのは、音楽レーベル『Tokyo Recordings』のOBKR酒本信太水曜日のカンパネラの"ナポレオン"などを手がけたコンビ。歌詞は、OBKRが子供の頃に目の不自由な人の世話をするボランティアをした経験が元になっているそうです。

 全7曲(内3曲はインタールード的なものです)で17分という簡潔な作品ながら、ストーリー性があって面白いです。以下、今作についての本人のコメント。

■綿めぐみコメント
「この作品は盲目の男「ブラインドマン」に私が出会い、幻想の中を旅していくストーリーを歌ったミニアルバムです。五感の中で唯一閉ざすことのできない”聴覚”について考えたり、ブラインドランナーと伴走者の関係性について考えたり、感覚を研ぎ澄まして感謝と愛に思いを寄せました」


・綿めぐみ 「ブラインドマン」 【オフィシャルトレイラー】


 MikikiのインタビューFlaming Lipsなどを手がけるデイヴ・フリッドマン的なサウンドを意識して作ったと語る製作陣を傍目に、「全然何の話をしてるのかわからないけど、自分たちの好きなものについて語ってる時のイキイキした感じが大好き」となんだか他人事のように話す綿めぐみの飄々した感じがいいですね。ちなみに個人的には一番リップスっぽい"ラン! ラン! ラン!"もお気に入りです。

 というわけで、結局「香港生まれ」ってとこも「インターネット育ち」ってところも良くわからなかったけど、気になった人は調べて教えてください。最後に彼女を有名にした"災難だわ"のミュージックビデオも貼っておきます。ますます「気になるだけさ 気になるだけよ」。ついでに「Tokyo Recordings」も気になる気になる。

・綿めぐみ - 災難だわ



綿めぐみ -『ブラインドマン』収録曲リスト
1. ブラインドマンは知っている
2. この街の夜は明るい星だけがきらり
3. ブラインドマン
4. 決心
5. ラン! ラン! ラン!
6. 追憶
7. インビジブルマン
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2016年03月21日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails