<< 在日ファンク@TSUTAYA O-EAST 感想&セットリスト home ユニコーン ABEDON 50祭『サクランボー/祝いのアベドン』出演者決定! #unicorn >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. ウェンズデイ / Galileo Galilei (Sea and The Darkness 収録)

 2016年1月25日、Galileo Galileiガリレオ・ガリレイ)「終了」。そんなニュースの後1月27日リリースされた4thフルアルバム『Sea and The Darkness』(オリコン29位)収録曲"ウェンズデイ"。

・Galileo Galilei 『ウェンズデイ』


 うっすら漂うようなシンセサウンドの空間の中で鳴るギターのトーンが印象的な曲。哀愁あるメロディアスで綺麗な曲なんだけど、「葬式」や「」、「葬儀屋の裏で僕らは繋がる」や「君の下の茂みに火をつける」といった歌詞から、背徳的なエロスを感じさせ、サウンドとのギャップが良いです。歌詞のストーリーに近いミュージックビデオも必見。ちなみに歌詞に出てくる「ウェンズデイ・アダムス」ってのは映画『アダムス・ファミリー』のウェンズデーのことでしょう。

 というわけで、ガリレオ・ガリレイは本作をもって終了。「解散」ではなく「終了」というところに様々な意味が込められているみたい。「閃光ライオット」という10代によるフェス/コンテストの初代グランプリとして世に登場し、アルバムを追うごとにエレクトロサウンドを取り入れたり、USインディーに接近したりと音楽性を発展させていっただけに、いつまでも「学校を飛び出してきたスクールボーイたち」のやってるギターバンドというイメージを払拭できず、一旦リセットをしたいというのが主な理由のよう。

 確かに本作は、1st『パレード』の頃のような所謂バンプフォロワー的な曲(私は好きです)とはまったく違うステージにいますね。というか2ndの『Portal』の時点でかなり違ってました。本作なんか音だけ聴くとざっくりな括りで申し訳ないけど「洋楽」を聴いているみたいです。洋楽と邦楽どっちが良いとかすごいとかって言うことではなく、彼らの目指す音が今の邦楽シーンとリスナーに合わなかったってことかな。ちなみに本作のミックスにはArctic MonkeysやJake Bugg、The 1975などUKの名だたるギターロック系を手がけるMike Crosseyを迎えています。

 それにしてもアルバムタイトルトラック"Sea and The Darkness"から始まり"Sea and The Darkness II(Totally Black)"までの本編から既発曲のリマスターのボーナストラックまで含め、すごく濃い作品になってます。さらっと1回聞くと暗い印象を受けるかもしれないけど、歌詞によく耳を傾けるとどんどんその魅力にはまって抜け出せなくなります。アルバムジャケットのアートワークには、ジョン・コーディ・キムというアニメーターに依頼し、彼の作品『Steadfast Stanley』のキャラクターを使わせてもらったもの。元々ガリレオ・ガリレイの音楽を聴いてたというジョンが本作を聴いて描いたそうです。「アップビートなのに緩やかな曲たち」って評してたのが面白いです。

・Steadfast Stanley


 現在行われている『Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Tour 2016』をもって終了する彼ら。その後も音楽を続けることは間違いないですが、改名して3人で再出発するのか、別々の道に進んで行くのか、どちらにしても次の一手が気になりますね。


Galileo Galilei -『Sea and The Darkness』収録曲リスト
・CD収録曲
01. Sea and The Darkness
02. カンフーボーイ / Kung Fu Boy
03. ゴースト / Ghost
04. ウェンズデイ / Wednesday
05. ベッド / Love Song
06. 鳥と鳥 / Bird Cage
07. 燃える森と氷河 / Different Kinds
08. 日曜 / Her Surprise
09. 恋の寿命 / Limit of Love
10. 嵐のあとで / Aftermath
11. ユニーク / Unique
12. ブルース / Blues
13. 青い血 / Blue Blood
14. Sea and The Darkness II(Totally Black)
---bonus track---
15. クライマー(re-master ver)
16. ボニーとクライド(re-mix, re-master ver)

・期間限定通常盤DVD収録内容
恋の寿命 -Music Video-
嵐のあとで -Neue Vox Session-
クライマー -Music Video-
カンフーボーイ with POP ETC

『恋の寿命』TVアニメ「まじっく快斗1412」エンディングテーマ
『嵐のあとで』映画『台風のノルダ』主題歌
『クライマー』TVアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」エンディングテーマ
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
僕から君へ / Galileo Galilei (パレード 収録)
夏空 / Galileo Galilei (パレード 収録)
明日へ / Galileo Galilei (PORTAL 収録)
Galileo Galilei@日本武道館 「Last Live〜車輪の軸〜」 感想&セットリスト


【同じカテゴリの最新記事】
以下、終了にあたってのメンバーのコメント。(ナタリーより引用)
Galileo Galilei コメント

Galileo Galileiを愛してくれているみんなへ

僕たちは、今月27日にリリースする4枚目のアルバム「Sea and The Darkness」と、3月から行われる春のツアーをもって、
Galileo Galileiを終わらせることにしました。

僕たち3人は10代の頃、北海道・稚内の小さなガレージで、友達とゲームで遊ぶような感覚で音楽を始めました。
その“遊び”はGalileo Galileiというバンドになり、僕たちを乗せてここまで連れてきてくれました。
突然の成功に戸惑いながらも、自分たちが鳴らすべき音楽を探求し続けるうちに、ぼんやりしていた僕たちの人生は、意義のあるものに変わっていきました。
そんな素晴らしい数年間の中で成長し、遊びで始めた音楽が、いつのまにか人生すべてを賭けて極めたいと思えるような、かけがえのないものになっていたのです。

振り返ってみると、Galileo Galileiというバンドは僕たちにとって、子供の時に大切に乗っていた“おもちゃの車”のようなものだったのかもしれません。
けれど“おもちゃの車”では、庭の芝生から先へとは進めなかったのです。
僕たちはその先にある、どこまでも続く険しいコンクリートの道路を走ってみたくなってしまったのです。
そして大人になった今、この愛する“おもちゃの車”から降りることを決心しました。

みんな知ってるとおり、僕たちは言葉で伝えるのがとても苦手なので、
すべての想いは、実質上のラストアルバムとなる「Sea and The Darkness」に詰め込みました。
このアルバムの中から、愛するみんなに何かを感じとってもらえたら嬉しいです。

今後のことは、まだ何も決まっていませんが、きっと良いニュースを伝えることができると信じています。
みんなにライブ会場で会えるのを楽しみにしています。

2016年1月25日
Galileo Galilei


■Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Tour 2016 日程

3月1日(火)北海道 苫小牧ELLCUBE
3月4日(金)岡山県 IMAGE
3月6日(日)広島県 CAVE-BE
3月8日(火)香川県 DIME
3月12日(土)熊本県 熊本B.9 V2
3月13日(日)福岡県 DRUM Be-1
3月15日(火)石川県 vanvan V4
3月18日(金)大阪府 Music Club JANUS
3月19日(土)京都府 磔磔
3月21日(月・祝)兵庫県 神戸VARIT.
3月23日(水)愛知県 ElectricLadyLand
3月25日(金)静岡県 Sunash
3月27日(日)東京都 LIQUIDROOM
3月28日(月)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
3月30日(水)茨城県 mito LIGHT HOUSE
4月1日(金)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
4月3日(日)宮城県 darwin
4月6日(水)東京都 LIQUIDROOM(※追加公演)
4月10日(日)北海道 札幌PENNY LANE24
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2016年03月05日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails