<< フジロック2016、出演者第2弾発表!ヘッドライナー最後の1組にBeckなど5組決定 #fujirock home ワンミーツハー / ヒトリエ (DEEPER 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. A Hundred Ropes / Minor Victories (Minor Victories 収録)

 UKのインディー/オルタナのスーパーグループ誕生?!その名もMinor Victoriesマイナー・ヴィクトリーズ)。メンバーは以下の4人。

Rachel Goswel(レイチェル・ゴスウェル、vocal) - Slowdive
Stuart Braithwaite(スチュアート・ブレイスウェイト、guitar) - MOGWAI
Justin Lockey(ジャスティン・ロッキー、guitar, electronics) - Editors
James Lockey(ジェイムス・ロッキー) - Hand Held Cine Club

 スーパーグループって言うには、派手さはないですが(笑)、スロウダイヴ×モグワイ×エディターズって熱いですね。ジェイムスはジャスティンの兄弟で映像作家だそうです。

 2015年から活動を開始したMinor Victoriesが6月にFat Possumからリリースが予定されるセルフタイトルデビューアルバム『Minor Victories』から"A Hundred Ropes"を公開しました。

・Minor Victories - A Hundred Ropes (Official Video)


 エレクトロニックでダークなサウンドがカッコいい曲。レイチェルの声に引っ張れるからか、スロウダイヴの曲にデジタルビートが加わったような感じがしますね。メンバーのジェイムスによって撮影されたミュージックビデオは甲冑を着た侍たちが迫ってくるモノクロームな映像が印象的。スローモーションで10秒間撮影されたものが使われているそうです。

 アルバムはモグワイやベルセバ、ティーンエイジ・ファンクラブなどのスコットランド系のバンドのプロデュースを多く手がけるTony Dooganプロデュース。また、レイチェルとSun Kil Moonのマーク・コズレックによる"For You Always"やThe Twilight Sadのジェイムズ・グレアムとのコラボ曲"Scattered Ashes (Song for Richard)"なども収録予定とのこと。ちなみにレイチェル曰く「正直に言うと、各メンバーのこれまでの音楽性を知ってる人にとっては、驚くようなサウンドにはなっていない」とアルバムについて語ってたりするんですが、「各バンドの良い要素がたくさん集まった音」とも言っているので、ある意味期待していいのかもしれません。

Minor Victories -『Minor Victories』収録曲リスト
01.Give Up The Ghost
02.A Hundred Ropes
03.Breaking My Light
04.Scattered Ashes (Song for Richard)
05.Folk Arp
06.Cogs
07.For You Always
08.Out To Sea
09.The Thief
10.Higher Hopes


【サイト内関連記事】
MOGWAI@恵比寿LIQUIDROOM(guest:Remember Remember) 感想&セットリスト
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2016年02月27日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails