<< Numbers / Daughter (Not To Disappear 収録) home The Fall / Be The Wolf (Imago 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. 【速報】2016年・第58回グラミー賞、受賞者・結果まとめ #grammy #グラミー #GRAMMYs

2016年2月15日(アメリカ時間)にロサンゼルスはステイプルズセンターにて授賞式が行われた第58回グラミー賞58th Annual Grammy Awards)。

早速、受賞速報結果まとめてみます。

2016年・第58回グラミー賞、受賞者・結果まとめ

ちなみに、主要4部門の受賞予想を以前していたので、そちらとの答え合わせをしてみたいと思います。
第58回グラミー賞結果予想

※受賞者/受賞作品にはを付けて行きます。

58th Annual GRAMMY Awards Winners
Record Of The Year年間最優秀レコード賞
D’Angelo & The Vanguard – "Really Love"
Mark Ronson Feat. Bruno Mars – "Uptown Funk"
Ed Sheeran – "Thinking Out Loud"
Taylor Swift – "Blank Space"
The Weeknd – "Can’t Feel My Face"

レコード・オブ・ザ・イヤーは対抗に予想したマーク・ロンソンが受賞。
(マーク・ロンソンというかブルーノ・マーズの印象が強いですね)
全米チャートの1位独占状態を考えると妥当な結果ですが、なんだか無難すぎて面白みには欠けるというのが個人的な印象です。


Album Of The Year年間最優秀アルバム
Alabama Shakes – Sound & Colour
Kendrick Lamar – To Pimp A Butterfly
Chris Stapleton – Traveller
Taylor Swift1989
The Weeknd – Beauty Behind The Madness


アルバム・オブ・ザ・イヤーはテイラー・スウィフトの『1989』が受賞。
売り上げ的にはテイラーで文句なしですが、やはり今年もHIP HOP/RAPアルバムは受賞できませんでしたね。
ケンドリック・ラマーをしても無理だと、グラミーではもう無理なんじゃないかと思えてきました。


Song Of The Year年間最優秀楽曲賞
Kendrick Lamar – "Alright"
Taylor Swift – "Blank Space"
Little Big Town – "Girl Crush"
Wiz Khalifa Feat. Charlie Puth – "See You Again"
Ed Sheeran – "Thinking Out Loud"

エド・シーランが見事獲得!予想的中しました。
昨年は同じくイギリス出身のソロシンガー、サム・スミスに主役を奪われましたが今年はやりましたね。
本当ずっと売れ続けてましたね。

Best New Artist最優秀新人賞
Courtney Barnett
James Bay
Sam Hunt
Tori Kelly
Meghan Trainor

こちらはメーガン・トレーナーが受賞。
すでに昨年の時点で"All About That Bass"で主要部門のRecord of the YearとSong of the Yearの2つにノミネートされてただけに新人って感じは一切しませんが、まぁノミネートされたからには獲っちゃいますよね。
個人的に応援していた、コートニー・バーネットは残念。。
こちらも受賞予想は当たりました。

[スポンサードリンク]


以下、主だった部門の受賞をまとめてみました。
最終的には、ケンドリック・ラマーが最多5部門、アラバマ・シェイクスが4冠、テイラー・スウィフトが3冠獲得してます。

■最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞/Best Pop Solo Performance
Heartbeat Song - Kelly Clarkson
Love Me Like You Do - Ellie Goulding
Thinking Out Loud - Ed Sheeran
Blank Space - Taylor Swift
Can't Feel My Face - The Weeknd

最優秀ポップ・デュオ・グループ・パフォーマンス賞/Best Pop Duo/Group Performance
Ship To Wreck - Florence & The Machine
Sugar - Maroon 5
Uptown Funk - Mark Ronson Featuring Bruno Mars
Bad Blood - Taylor Swift Featuring Kendrick Lamar
See You Again - Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞/Best Pop Vocal Album
Kelly Clarkson – Piece By Piece
Florence + The Machine – How Big, How Blue, How Beautiful
Mark Ronson – Uptown Special
Taylor Swift1989
James Taylor – Before This World


最優秀ダンス・レコーディング賞/Best Dance Recording
Above & Beyond Feat. Zoë Johnston – "We’re All We Need"
The Chemical Brothers – "Go"
Flying Lotus Feat. Kendrick Lamar – "Never Catch Me"
Galantis – "Runaway (U & I)"
Jack U Feat. Justin Bieber – "Where Are U Now"

最優秀ダンス・エレクトロニカ・アルバム賞/Best Dance/Electronica Album
Caribou – Our Love
The Chemical Brothers – Born In The Echoes
Disclosure – Caracal
Jamie xx – In Colour
Skrillex And DiploSkrillex And Diplo Present Jack Ü


最優秀ミュージックビデオ賞/BEST MUSIC VIDEO
"LSD" – ASAP Rocky
"I Feel Love (Every Million Miles)" – The Dead Weather
"Alright" – Kendrick Lamar
"Bad Blood" – Taylor Swift Featuring Kendrick Lamar
"Freedom" – Pharrell Williams

最優秀R&B・パフォーマンス賞/Best R&B Performance
Tamar Braxton – "If I Don’t Have You"
Andra Day – "Rise Up"
Hiatus Kaiyote – "Breathing Underwater"
Jeremih Feat. J. Cole – "Planes"
The Weeknd – "Earned It (Fifty Shades Of Grey)"

最優秀R&B・アルバム賞/Best R&B Album
Leon Bridges – Coming Home
D’Angelo & The Vanguard – "Black Messiah
Andra Day – Cheers To The Fall
Jazmine Sullivan – Reality Show
Charlie Wilson – Forever Charlie


最優秀メタル・パフォーマンス賞/Best Metal Performance
AUGUST BURNS RED - Identity
GHOST - Cirice
LAMB OF GOD - 512
SEVENDUST - Thank You
SLIPKNOT - Custer

最優秀ロック・パフォーマンス賞/Best Rock Performance
Alabama Shakes – "Don’t Wanna Fight"
Florence + The Machine – "What Kind Of Man"
Foo Fighters – "Something From Nothing"
Elle King – "Ex’s & Oh’s"
Wolf Alice – "Moaning Lisa Smile"

最優秀ロック・ソング賞/Best Rock Song
Don't Wanna FightAlabama Shakes
Ex's & Oh's – Elle King
Hold Back The River – James Bay
Lydia – Highly Suspect
What Kind Of Man – Florence & The Machine

最優秀ロック・アルバム賞/Best Rock Album
James Bay – Chaos And The Calm
Death Cab For Cutie – Kintsugi
Highly Suspect – Mister Asylum
MuseDrones
Slipknot – .5: The Grey Chapter


最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞/Best Alternative Music Album
Alabama ShakesSound & Color
Björk – Vulnicura
My Morning Jacket – The Waterfall
Tame Impala – Currents
Wilco – Star Wars


最優秀ラップ・ソング賞/Best Rap Song
Nicki Minaj – “Anaconda”
Kanye West – “Bound 2″
Kendrick Lamar – “i
Wiz Khalifa – “We Dem Boyz”
Drake – “0 to 100 / The Catch Up”

最優秀ラップ・パフォーマンス賞/Best Rap Performance
J. Cole – "Apparently"
Drake – "Back To Back"
Fetty Wap – "Trap Queen"
Kendrick Lamar – "Alright"
Nicki Minaj Feat. Drake & Lil Wayne – "Truffle Butter"
Kanye West Feat. Theophilus London, Allan Kingdom, & Paul McCartney – "All Day"

最優秀ラップ・アルバム賞/Best Rap Album
J. Cole – 2014 Forest Hills Drive
Dr. Dre – Compton
Drake – If Youre Reading This Its Too Late
Kendrick LamarTo Pimp A Butterfly
Nicki Minaj – The Pinkprint


最優秀カントリー・アルバム賞/Best Country Album
Sam Hunt – Montevallo
Little Big Town – Pain Killer
Ashley Monroe – The Blade
Kacey Musgraves – Pageant Material
Chris StapletonTraveller


最優秀R&B・ソング賞/Best R&B Song
Miguel – "Coffee"
The Weeknd – "Earned It (Fifty Shades Of Grey)"
Jazmine Sullivan – "Let It Burn"
D’Angelo & The Vanguard – "Really Love"
Tyrese – "Shame"

最優秀アーバン・コンテンポラリーアルバム賞/Best Urban Contemporary Album
The Internet – Ego Death
Kehlani – You Should Be Here
Lianne La Havas – Blood
Miguel – Wildheart
The WeekndBeauty Behind The Madness


最優秀オペラ・レコーディング賞/BEST OPERA RECORDING
Ravel: L'Enfant Et Les Sortilèges; Shéhérazade - 小沢征爾Seiji Ozawa
Janáček: Jenůfa - Janáček: Jenůfa
Donald Runnicles - Martin Pearlman
Martin Pearlman - Mozart: Die Entführung Aus Dem Serail
Yannick Nézet-Séguin - Paul O'Dette & Stephen Stubbs


最優秀プロデューサー/Producer Of The Year, Non-Classical
Jeff Bhasker
Dave Cobb
Diplo
Larry Klein
Blake Mills


●過去のグラミー賞の結果はこちら
第57回グラミー賞・結果
第56回グラミー賞・結果
第55回グラミー賞・結果
第54回グラミー賞・結果
第53回グラミー賞・結果
第52回グラミー賞・結果
第51回グラミー賞・結果
第50回グラミー賞・結果
【同じカテゴリの最新記事】
年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

【サイト内関連記事】
Earned It / The Weeknd (Fifty Shades of Grey Original Motion Picture Soundtrack 収録)
Can't Feel My Face / The Weeknd (Beauty Behind the Madness 収録)
The Hills / The Weeknd (Beauty Behind the Madness 収録)
i / Kendrick Lamar (To Pimp a Butterfly 収録)
Hold Back The River / James Bay (Chaos and the Calm 収録)
Pedestrian at Best / Courtney Barnett (Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit 収録)
Courtney Barnett@恵比寿LIQUIDROOM 感想&セットリスト
カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0)  
2016年02月16日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails