<< Nothing But Thieves@shibuya duo MUSIC EXCHANGE 感想&セットリスト home James Chance & the Contortions@Blue Note Tokyo 感想 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2016)
  3. Television@shibuya duo MUSIC EXCHANGE (Guest:THE ROOSTERZ) 感想&セットリスト

NY Punkの雄、Televisionテレヴィジョン)のライブを観にshibuya duo MUSIC EXCHANGEに行ってきました。

televison@shibuya duo MUSIC EXCHANGEに行ってきました

つい先日、1st『MARQUEE MOON』を全曲演奏ライブにも参戦しましたが、通常公演も参戦。
(参考)
Television@下北沢Garden (Television plays MARQUEE MOON) 感想&セットリスト

今日は何と言ってもオープニングアクトにあのザ・ルースターズを迎えた豪華版。(昨日の灰野敬二も捨てがたかったけど)

しかも、THE ROOSTERSではなくTHE ROOSTERZってとこがレア。
違いがわからない人は詳しくは自分で調べてもらえばいいけど、簡単に言うとオリジナルがTHE ROOSTERSで、1984年の5thアルバム『GOOD DREAMS』からがTHE ROOSTERZです。

厳密に言うと違うけど、大江慎也が元気だった時がTHE ROOSTERSで、元気なくなってきた時期〜脱退〜花田裕之がメインボーカルになったのがTHE ROOSTERZって感じでしょうか。

今日の編成はこんな感じ。
花田裕之(vo,g)
下山淳(g,vo)
穴井仁吉(b)
三原重夫(ds)
木原龍太郎(key)

さてさて、まずはルースターズ
個人的にはやっぱり初期ルースターズ派なので、曲はあまり馴染みがなかったんですが、なかなかカッコ良かった。

時代的には80年代中盤〜後半なので80sな感じは強かったけど(キーボードが入ってたのがでかいかも)、ブルージーなとこやルードなロックンロール感もあって面白かったです。

花田裕之ももちろんですが、下山淳のギターがカッコ良かったです。
下山ボーカルの曲も2曲ありました。

最後の"再現出来ないジグソウ・パズル"は知ってる曲で結構アガりました。


1時間以上やったルースターズの熱いライブの後は、15分くらいセットチェンジがあって、いよいよTelevisionです。

テレヴィジョンのメンバーは以下の4人。
トム・ヴァーレイン - Tom Verlaine(vo.gt.)
フレッド・スミス - Fred Smith(ba.)
ビリー・フィッカ - Billy Ficca(dr.)
ジミー・リップ - Jimmy Ripp(gt.)

出てくるなりトムが震えるフリをして「エアコンが寒いっす」とアピール。
3日前に見た下北のライブでは「暑い、照明が明るすぎる」って言ってたのに(笑)

この人ホント気難しそうだ。
他のメンバーはよく長らく一緒にバンドやってられるね(笑)

(ちなみにトムが寒い寒い言うから後半は空中が切れてちょっと暑かった)

もはや恒例とも言えるチューニングといかジャムというかがあって、1曲目は"1880 or So"からスタート。
この曲は再結成後、92年の3rd『Television』収録曲で、割とライブでも演奏されるのでメンバーも結構気に入ってるんでしょうね。
確かに、あのアルバムでは初期に雰囲気が近いかも。


続いて『MARQUEE MOON』から"Elevation"と"Prove It"を。
この前の時よりもトムの声が出てた気がする。
このコンディションで全曲ライブも聞いてみたかったな。

トムがMCで「次は新曲をやる。良い曲かどうかわからないけど」的なことを言って新曲を披露。

ブルージーかつオルタナっぽいギターフレーズがあって、確かに過去の名曲に匹敵するかというと全然だけど、悪くはないという印象でした。
トムのギターソロも冴えてたし。

ジミーをリードギタリストと紹介してたけど、トムも負けてないね。

それにしても、ジミーのギターはかっこいい。
ジミーを含めた編成で新曲を作りたくなる気持ちもわかるね。

ここで日曜はアンコールでやった"Little Johnny Jewel"が始まる。
今日は長尺なナンバーが多い。

極め付けは、続く"Venus"の後にやった"Persia"。
前々回の来日の時に見た高円寺HIGH公演でも聴いたけど、これがまたカッコイイんだ。

フレッドのベースリフを基調とし、2本のギターが絡み、そして、今日もかっこいいビリーのドラミング。
いまいちこの曲がいつの曲かわからないけど、何かスタジオ盤に入ってるんですかね?

"Persia"が終わり、"Guiding Light"を経てラストは"Marquee Moon"。
今日は私の観ていた場所の問題なのか、最初ちょっとジミーのギターとトムのギターのバランスが変な感じがしたけど、曲が進むにつれどんどん良くなってった。

なんだかんだでやっぱり一番この曲が好きだなぁ。


アンコールは1曲。
トムが「バンドで一番最初に作った曲。1972年くらいだったけな?」という"I'm Gonna Find You"でシメ。

今日は割とトムの声が出てて良かった。
でも、トムの声が厳しい部分はもうちょっと他のメンバーがサポートしてもいいかもなって思ったのは正直なのところ。
演奏は衰えることなく、むしろどんどんかっこ良くなってるので尚更ね。

全体的に見るととても満足な公演でした。


以下、余談ですが一緒に行った妻が一番聴きたかった"See No Evil"をやらなかったことは心残り。
昨日の公演ではやったらしい。
灰野敬二の日に行きたいと言った妻に、ルースターズ見たさに今日にしてもらったので、申し訳なくて。。。

また来たら行くしかないな。


では、今日のセットリスト。

2016.01.20 Television@shibuya duo MUSIC EXCHANGE Setlist

01. 1880 or So
02. Elevation
03. Prove It
04. 新曲
05. Little Johnny Jewel
06. Venus
07. Persia
08. Guiding Light
09. Marquee Moon
---encore---
10. I'm Gonna Find You

2016.01.20 THE ROOSTERZ@shibuya duo MUSIC EXCHANGE Setlist

01. 鉄橋の下で
02. OASIS
03. Stranger In Town
04. GUN CONTROL
05. SEARCHIN'
06. Hurt By Love〜LAND OF FEAR
07. 曼荼羅
08. Everybody's Sin
09. LADY COOL
10. 再現出来ないジグソウ・パズル

その他の公演日程はこちら。

■Television 来日公演2016
・1月17日(日) 東京・Shimokitazawa Garden
 TELEVISION plays MARQUEE MOON
・1月19日(火) 東京・Shimokitazawa Garden
 Guest:灰野 敬二
・1月20日(水) 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE
 Guest:THE ROOSTERZ
 花田裕之(vo,g)/下山淳(g,vo)/穴井仁吉(b)/三原重夫(ds)/木原龍太郎(key)
・1月22日(金) 大阪・大阪MUSE
 Guest:KING BROTHERS
・1月25日(月) 東京・新宿MARZ
 TELEVISION the Instrumental & Improvisation Show

【サイト内関連記事】
DAYS / TELEVISION (ADVENTURE 収録)
Television@高円寺HIGH 感想&セットリスト
Television@下北沢Garden (Television plays MARQUEE MOON) 感想&セットリスト
花田裕之 神楽坂流れ@KAGURAZAKA EXPLOSION (ゲスト 桂歌蔵)
ROSIE / THE ROOSTERS (THE ROOSTERS 収録)
C.M.C. / THE ROOSTERS (BEST SONGS COLLECTION 収録)
恋をしようよ / THE ROOSTERS (BEST SONGS COLLECTION 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2016) ・ comments(0)  
2016年01月21日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails