<< MY BEST LIVE 2015 #ベストライブ home MY BEST ALBUM 2015 (洋楽編) TOP10 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 年間ベスト
  3. MY BEST ALBUM 2015 (邦楽編) TOP10

2015年の年間ベスト、MY BEST ALBUM 2015を選んでみました。
まずは邦楽編です。

洋楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2015 (洋楽編) TOP10

基本的には2015年リリース(一部2014年のもあるかも)の作品を選んでいます。

以下、TOP10です。

■『MY BEST ALBUM 2015』(邦楽)


1位 OGRE YOU ASSHOLE – 『workshop

ROPE (meditation ver) / OGRE YOU ASSHOLE (workshop 収録)
OGRE YOU ASSHOLE@赤坂BLITZ 感想&セットリスト


2位 eastern youth – 『ボトムオブザワールド
直に掴み取れ / eastern youth (ボトムオブザワールド 収録)


3位 フジファブリック – 『BOYS/GIRLS

夢みるルーザー / フジファブリック (BOYS 収録)
Girl! Girl! Girl! / フジファブリック (GIRLS 収録)


4位 きのこ帝国 – 『猫とアレルギー

猫とアレルギー / きのこ帝国 (猫とアレルギー 収録)
怪獣の腕のなか / きのこ帝国 (猫とアレルギー 収録)


5位 おとぎ話 – 『Culture Club



6位 tricot -『A N D

E / tricot (A N D 収録)


7位 水曜日のカンパネラ -『ジパング

小野妹子 / 水曜日のカンパネラ (ジパング 収録)


8位 Taiko Super Kicks -『霊感EP

霊感 / Taiko Super Kicks (霊感EP 収録)


9位 The Birthday -『Blood And Love Circus

Mother / The Birthday (Blood And Love Circus 収録)


10位 The SALOVERS -『青春の象徴 恋のすべて

喉が嗄れるまで / The SALOVERS (青春の象徴 恋のすべて 収録)

まず最初に、今回邦楽編を10作品選べたのが2011年以来ってこと。
しばらくTOP5にしかできなかったのに。
なんと言ってもApple Musicが始まったことが大きい。
おかげで例年より邦楽もチェックしやすくなりました。
ま、逆にこれまでずっとチェックしてたモーモールルギャバンとか、新作がApple Musicに無かったためにチェックし忘れてたりなんてことも・・・

前置きはさておき、簡単に一言ずつ。

1位は、OGRE YOU ASSHOLEの『workshop』。
ライブ録音やライブテイクにスタジオで音を重ねた作品だけにちょっと1位に選ぶのは躊躇しましたが、2015年に一番愛聴した盤なので選ばざるを得ませんでした。
全ての曲がオリジナルのスタジオ録音とは別の作品と言っても良い出来で、ライブではここからさらに進化していくというすさまじい展開。
もう既に今作に入ってるバージョンが過去になっているというのが凄かった。


2位は、イースタン・ユースの『ボトムオブザワールド』。
永遠に変わることの無いと思っていたイースタンの3人からベースの二宮が脱退するということが発表され、その彼が参加した最後のアルバムとなった本作。
寂しくもありつつも、3人の集大成とも言える力作でした。
こちらはストリーミングにはなく、CDで聴いた1枚。


3位は、ちょっと反則ですがフジファブリックが2015年にリリースした2枚のEP『BOYS』と『GIRLS』を2つで1つと考えてこの順位にしました。
どちらかと言うと彼らの曲では異色ともいえるストレートな曲が多かったけど、とても良かった。


4位は、きのこ帝国の『猫とアレルギー』。
サウンドの変化以上に、バンド自身のヴィジュアル面での変化もある意味衝撃的だった作品。
リリースは年末でしたが、何度もリピートしました。


5位は、今年初めてまともに聴いたおとぎ話の『Culture Club』。
サウンド自体はどこか懐かしいんだけど、歌詞の世界観が今っぽくてそこが面白かった。


6位以降も、割と新し目のバンドのアルバムを選出。
海外での評価も上げたtricotに、下手すると2015年最もブレイクしたと言っても過言ではない水カンこと水曜のカンパネラ、ちょいゆるいUSインディーぽさがカッコいいTaiko Super Kicks、残念ながらラストアルバムになってしまったThe SALOVERSの青さも良かった。

そんな若手が台頭する中、The Birthday貫禄あるの骨太ロックンロールを聴いて「やっぱこれだよ」って思ったりもした2015年邦楽でした。

洋楽編はこちら。
MY BEST ALBUM 2015 (洋楽編) TOP10

【サイト内関連記事】
MY BEST ALBUM 2014 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2014 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2013 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2013 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2012 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2012 (邦楽編) TOP5
MY BEST ALBUM 2011 (洋楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2011 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2010 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2010 (邦楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (洋楽編) TOP20
MY BEST ALBUM 2009 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (US, Canada, etc編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (邦楽編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 (UK編) TOP10
MY BEST ALBUM 2008 UK編 11位〜20位
MY BEST ALBUM 2007
MY BEST ALBUM 2006
MY BEST ALBUM 2005
MY BEST ALBUM 2004
【同じカテゴリの最新記事】
(参考)
■My PC・スマホでの再生回数ランキング TOP 10(last.fm 調べ)

1. きのこ帝国 — 猫とアレルギー
2. おとぎ話 — CULTURE CLUB
3. フジファブリック — GIRLS - EP
4. チャットモンチー — 共鳴
5. きのこ帝国 — フェイクワールドワンダーランド
6. イツエ — 「今夜絶対」
7. The SALOVERS — 青春の象徴 恋のすべて
8. フジファブリック — BOYS - EP
9. クリープハイプ — 一つになれないなら、せめて二つだけでいよう
10. tricot — A N D
カテゴリ : 年間ベスト ・ comments(0)  
2016年01月01日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails