<< 『JAPAN JAM BEACH 2016』開催&第1弾発表! home Black Sun / Death Cab For Cutie (Kintsugi 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2015)
  3. モーモールルギャバン@Zepp DiverCity Tokyo 感想&セットリスト

モーモールルギャバンの全国ツアー『Tour 2015 “Would you be my friend”』のツアーファイル、Zepp DiverCity Tokyo公演に行ってきました!

モーモールルギャバン@Zepp DiverCity

今ツアーは様々なゲストを呼んで行われた「Champs-Elysées de ツーマン」編(日程と対バン相手一覧はこちら)の後、東京・大阪での「ワンマン à Tokyo et Osaka」編の2部構成で今日はその最終日です。

3年3ヶ月ぶりのニューアルバム『シャンゼリゼ』をリリースしてのツアー。
・・・なのですが、チェックするの忘れてて、ほとんど聴くことなくライブを迎えてしまいました。。。


開演に先立ち諸注意のアナウンスが流れる。
程なくして、暗転。

ステージには幕がかかってたんだけど、虹色にライトがあたり、幕が開いてライブスタート!

1曲目は『シャンゼリゼ』から"さらば人類"。
この曲はミュージックビデオを見てたのでバッチリ。

ステージを見ると、PVに出てきた千手観音ばりのセットが3人それぞれの後ろに。
ゲイリーはあんまり変わってなかったけど、T-マルガリータはパーマの部分がさらに伸びてるし、ユコは髪が黒くなってて印象がだいぶ変わってた。

そんなユコはキーボードだけでなく、ギターも持ち出し、弾くというよりひたすらノイズを出して、初っ端からアゲまくる。

ゲイリーの「ベース!T−マルガリータ!!」という掛け声から鳩尾直撃の低音を響かせ"ユキちゃんの遺伝子"と続く。
マルのベースはいつも超カッコイイのはもちろんなんだけど、改めてこの曲の演奏を見てると、ゲイリーのドラムがヤバすぎ。
歌いながらあんなドラム叩けるとか天才かもしれない。

ちなみにいつもモーモーのワンマンを見るときは前の方でほぼモッシュをするように見るんだけど、今日は割と下り目でじっくりと落ち着いて見たので、演奏をじっくりと見てしまいました。

演奏といえば、"POP! 烏龍ハイ"〜"愛のテーマ"の後の"細胞9"が特にカッコよかった。


中盤は『シャンゼリゼ』からの曲を中心に。
個人的には"ナイトメアダンス"と"ハイパーライター"が結構お気に入りです。

若干、音が割れていたので聴きなじみのいい曲以外だとたまによくわからない部分があったのはちょっと残念だったかな。


終盤、"悲しみは地下鉄で"をじっくり聞かせた後、"裸族"〜"ユキちゃん"〜"サノバビッチェ"と畳み掛ける。

ここで『シャンゼリゼ』から"バイララ"。
曲の内容的に本編はこれで終わりにするだろうなって思ってたら、もう1曲始まった。

お待ちかねの"サイケな恋人"。
結構、初期の代表曲を封印しちゃうバンドが多いけど、やってくれるのは嬉しいね。
パンティーは永遠です(笑)

ゲイリーがお立ち台にのって、パンツを脱いで客席に投げるのもやってくれた。
脱いだら下にはくまモンのパンツ履いてた(笑)

最後は全員壊れまくりの圧巻の演奏で、最後はユコが銅鑼を鳴らして去って行きました。


アンコール。
まずはマルだけ登場し、ゲイリーのお立ち台にのって「まるでゴミのようだ」といつものように客を弄ってから、告知。

一瞬溜めたから、なんか解散とか悪い発表かと思ったら良いニュース。

新作のレコーディングに入って、来年夏前にリリース予定とのこと。
人気アニメキャラクターのデザインなどを手掛けるイラストレーター・すしおとのコラボもあるとのこと。

別のコラボ話もあったけど、そっちはまだ秘密だそうです。

なんか今日は客の入りがちょっとイマイチかなぁと思ってただけに活動が縮小したらいやだなぁって思ったけど、まだまだ攻める感じで一安心。

で、アンコールは"俺、風呂入るTonight"と"野口、久津川で爆死"という両極端なナンバーを。
野口では定番のマルの喋りがあったんだけど、今回のツアーに触れて、「“Would you be my friend”ってタイトルで、友達を作るツアーだったのに、結局LINEの友達が1人増えただけだった」という話でした。

どうやら溺れたエビの検死報告書のメンバー1人だけだったらしい。
すると、ユコが「私もLINE友達になった」って話からゲイリーが「俺だけ友達になっていないことが今発覚しましたー」と完璧な三段落ちで爆笑。

美味しすぎです。

爆発的な演奏でアンコールが終わり、これで終了かと思ったら、再アンコール。

"スシェンコ・トロブリスキー"をやってシメ。

ゲイリーがライブ中しきりに「貴重な土曜日の夜に時間とお金を割いてきてくれてありがとう」って言ってたけど、また何度でも見たくなるライブでした。


以下、セットリスト。

2015.12.12 モーモールルギャバン@Zepp DiverCity Tokyo Setlist

01. さらば人類
02. ユキちゃんの遺伝子
03. POP! 烏龍ハイ
04. 愛のテーマ
05. 細胞9
06. ナイトメアダンス
07. クレイジーベイビー
08. N
09. MAD MADONNA
10. ハイパーライター
11. ATTENTON!
12. ハイヒールブルース
13. 紅のベッド
14. 悲しみは地下鉄で
15. 裸族
16. ユキちゃん
17. サノバビッチェ
18. バイララ
19. サイケな恋人
---encore1---
20. 俺、風呂入るTonight
21. 野口、久津川で爆死
---encore2---
22. スシェンコ・トロブリスキー

モーモールルギャバンのステージセット

【サイト内関連記事】
POP!烏龍ハイ / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
サイケな恋人 / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
Hello!!Mr.Coke-High / モーモールルギャバン (BeVeci Calopueno 収録)
モーモールルギャバン@恵比寿LIQUIDROOM 『Oneman The BeVeci Calo☆Too-Ah』
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『31歳、それでも若さを叫ぶ!!Too-Ah!!』
日芸ROCKS@日本大学芸術学部 (モーモールルギャバン、0.8秒と衝撃。) 感想&セットリスト
モーモールルギャバン@新木場STUDIO COAST セットリスト&感想 
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『URBAN NIGHT! 騒ぎまSHouT!』 感想&セットリスト
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『「乱れうち。」からの、「打止め!」』 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
■Tour 2015 “Would you be my friend”

・Champs-Elysées de ツーマン
09.11(金) w/ Awesome City Club 奈良 NEVER LAND
09.13(日) w/THEこっけんろーるBAND(OA) 京都 磔磔
09.18(金) w/ POLYSICS 高崎 club FLEEZ
09.19(土) w/ POLYSICS 宇都宮 HEAVENʼS ROCK Utsunomiya VJ-2
09.21(月祝) w/ 小林太郎 水戸 LIGHT HOUSE
09.23(水祝) w/ 最終少女ひかさ 札幌 PENNY LANE 24
09.25(金) w/ 溺れたエビの検死報告書 仙台 MACANA
09.27(日) w/ 溺れたエビの検死報告書 盛岡 the five morioka
10.02(金) w/ cinema staff 名古屋 CLUB QUATTRO
10.04(日) w/ キュウソネコカミ 静岡 サナッシュ
10.09(金) w/ ひめキュンフルーツ缶 埼玉 HEAVENʼS ROCK Shintoshin VJ-3
10.11(日) w/ 黒猫チェルシー 福岡 DRUM Be-1
10.12(月祝) w/ 四星球 高松 DIME
10.17(土) w/ Awesome City Club 熊本 B.9 V2
10.18(日) w/ Awesome City Club 鹿児島 SR HALL
10.22(木) w/ 女王蜂 浜松 窓枠
10.24(土) w/ group_inou 松山 サロンキティ
10.25(日) w/ group_inou 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
11.02(月) w/ ひめキュンフルーツ缶 広島 セカンド・クラッチ(旧ナミキジャンクション)
11.03(火祝) w/ ひめキュンフルーツ缶 松江 Aztic canova
11.06(金) w/ tricot 新潟 CLUB RIVERST
11.07(土) w/ tricot 金沢vanvan V4

・ワンマン à Tokyo et Osaka
11.15(日) 大阪 BIGCAT
12.12(土) 東京 Zepp DiverCity(Tokyo)
カテゴリ : LIVE (2015) ・ comments(0)  
2015年12月12日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails