<< Black Sun / Death Cab For Cutie (Kintsugi 収録) home 『ARABAKI ROCK FEST.16』出演アーティスト第1弾発表で42組決定! #荒吐 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2015)
  3. King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール 感想&セットリストまとめ #キングクリムゾン

プログレッシヴ・ロックの雄、King Crimsonキング・クリムゾン)の12年ぶりの来日公演『THE ELEMENTS OF KING CRIMSON TOUR in JAPAN 2015』の7日目、東京追加公演の初日、渋谷は東急のBunkamuraオーチャードホール公演に行ってきました。

会場に着くと年季の入ったファンが詰め掛けていて、グッズ売り場は大行列。
並んでまではって感じだったので、早速中へ。

入ってすぐにステージ前列に並ぶ3台のドラムセットに圧倒される。
写真では見たことあったけど、実際に見るとやっぱすごいですね。

King Crimson 2015 トリプルドラム
(終演後に撮らせてもらったトリプルドラム)


席は10列目という好位置。
ステージが近い!

会場に入ってすぐにもあったけど、開演中の注意事項(撮影してるのがばれたら即退場とか)の立て看板、および、アナウンスが流れた。
まずは日本の女性スタッフによるアナウンスの後、フリップと思しきイギリスアクセントの英語アナウンス。

15分ほど過ぎてメンバー登場。
皆さん正装。
フリップがお辞儀をして会場が拍手に包まれる。

今回の来日メンバーはこんな感じ。

Robert Fripp(ロバート・フリップ、Guitar)
Jakko Jakszyk(ジャッコ・ジャクスジク、Guitar and vocals)
Mel Collins(メル・コリンズ、Flute and saxhophones)
Tony Levin(トニー・レヴィン、Bass and chapman stick)
Bill Rieflin(ビル・リーフリン、Drums and Keyboard)
Pat Mastelotto(パット・マステロット、Drums)
Gavin Harrison(ギャヴィン・ハリソン、Drums)

ステージ上の並び順としては、前面が左からパット、ビル、ギャヴィンのドラマー3人、一段上がった後段が左からメル、トニー、ジャッコ、そして御大ロバート・フリップ大先生という並び。

ちょっと焦らした感じで始まった1曲目はなんと"太陽と戦慄パート1"("Larks' Tongues in Aspic, Part One")。
緊張感ある演奏と、これが生クリムゾン、しかも現在進行形の、って考えると興奮してきた。
普段あまり着席のライブを見ないのでちょっと勝手は違うけど、なんか体が熱くなりました。

途中、メル・コリンズがフルートでソニー・ロリンズの"St. Thomas"のあの可愛らしいフレーズを挟んでほっこりしたところで、続けて"君が代"のメロディを挟み込んできて、またもや拍手が巻き起こった。


ライブではついついドラマーを見てしまうことが多いんですが、今日は3人もいて目移りして大変だったんですが、この1曲目でパット・マステロット中心に見ることに決定。
見てるだけで楽しすぎです。


続く"平和/終章"("Peace - An End")でも「ヘイワーワー」と日本語で歌い、次は"冷たい街の情景"("Pictures Of A City")と『ポセイドンのめざめ』(『In The Wake Of Poseidon』)から2曲のボーカルナンバーを披露。
ジャッコさんの声はなかなか伸びやかで良いですね。


ここで、"Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)"の1、2とそれに挟まれる形で"Meltdown"という構成の新曲群へ。
ただの懐メロに終わらせないロバート・フリップのロバート・フリップたる所以を見せつけられた感じ。
(ま、このトリプルドラムっていう攻撃的な編成の時点で明らかですが)

曲は割と近年のクリムゾンサウンドという感じ。
"Meltdown"は歌メロがオルタナっぽさもあってカッコよかった。


このメドレーから"Level Five"に流れるのが今ツアーの定番のようですが、ここでなんと始まったのは"Red"。
これは意表を突かれた!
個人的に最も聴きたかった曲の1つだけに、イントロのギターから痺れまくり。

トリプルドラムのアンサンブルが凄すぎ。
下手するとただ音数が増えるだけになりかねないところを、三者三様のドラミングが一緒になることで3倍以上の効果をもたらす。
でも、リズムが原曲と結構変わったので、違和感を覚えた人お多かったかも。
個人的にはすごくよかった。

そのリズムに絡むメル・コリンズのサックスも最高。
フルートに始まり、ソプラノ、アルト、テナーとサックスも曲によって使い分け、その音が入るたびにクリムゾンらしさを再認識する感じ。

"Red"が終わり(私同様に興奮して叫んでる人がいましたね)、"エピタフ(墓碑銘)"("Epitaph")が始まるという流れにもびっくり。
Confusion will be my epitaph」(混乱こそ我が墓碑銘)というこのフレーズをボーカルは違えど、生で聴ける日が来るとは。

ここではビル・リーフリンがドラムの代わりにシンセを弾いてメロトロンの音を再現していました。

ここからしばらく往年の名曲群から離れ新しめの曲を。
個人的には"Hell Hounds of Krim"や"Banshee Legs Bell Hassle"といったリズムを主体とした流れが良かった。
(Hell Hounds〜で3人のドラマーたちがそれぞれ片手に2本、計2×2×3=12本のスティックでリズムを刻む中、後ろでトニー・レヴィンがちょっと踊るようなしぐさをしてたのがツボでした)

"Easy Money"でのコブシの効いたジャッコの歌や、"The Letters"の後半の展開も堪能し、今日は珍しくところで演奏された"Level Five"のハードな側面も満喫。

極み付きは、再びビルがキーボードに向かって始まったのは、"Starless"。
『RED』の最後を飾るこの曲は、つまり、70年代クリムゾンを締めくくる曲ともいえますが、それにふさわしい重厚さを備えた名曲ですね。

曲の後半に照明が変わり、ステージが真っ赤に染まったのがあまりにかっこよくて痺れました!


スターレスで本編が終わり、スタンディングオベーション。

ここで、トニー・レヴィンの写真撮影タイム。
この時だけ、客席からも写真を撮っていいことになっていたので、私も何枚か撮りましたが赤い照明のせいであまりうまく撮れませんでした。。。

トニーだけでなく、フリップも写真撮ってたのはなんかかわいかったな。


撮影後メンバーがはけ、しばらくしてからアンコール。

アンコールは2曲か多くて3曲なので、まだやってなくて、聴きたい曲が4,5曲あって、どれをやるんだろう?とやきもきしてたところで"太陽と戦慄パート2"("Larks' Tongues in Aspic, Part two")がスタート。

これは外せない。

そして、最後は"21世紀のスキツォイドマン"("21st Century Schizoid Man")。
オープニングのエフェクトの時点で歓声が上がる!

個人的にはこの瞬間、"クリムゾンキングの宮殿"("The Court of the Crimson King")をやらないであろうことがわかってそのショックがあったんだですが、結局なんだかんだでこの日一番心躍ったのはこの曲でした。

ヴォーカルのあの感じも再現されてて大満足。

途中にギャヴィンだけドラムソロコーナーがあって、それがまた最高で、それを他の2人が拍手で称える姿がまたすごく良かったです。


というわけで大団円。

それぞれステージを捌けていく中、フリップが再びお辞儀をして、最後の最後まで素敵でした。


それにしても、まさかの「宮殿」がセトリ落ちしたのは結構ひきづったけど、よくよく考えるとそれ以外は最高のセトリだった。

時間さえ許せば他の公演も行きたかったけど、今回はこの1回で私は終了です。
本公演が行われた先週だけだったら仕事的に1回も行けなかったので、1回行けただけで良しとします。


以下、日程とセトリのリストです。
※セトリに間違い等あればご指摘よろしくお願いします。

THE ELEMENTS OF KING CRIMSON TOUR in JAPAN 2015 日程&セトリ
・東京
12月7日(月) Bunkamuraオーチャードホール セットリスト
12月8日(火) Bunkamuraオーチャードホール セットリスト
12月9日(水) Bunkamuraオーチャードホール セットリスト
12月10日(木) Bunkamuraオーチャードホール セットリスト
12月16日(水) Bunkamuraオーチャードホール(追加公演) セットリスト
12月17日(木) Bunkamuraオーチャードホール(追加公演) セットリスト

・大阪
12月12日(土) フェスティバルホール セットリスト
12月13日(日) フェスティバルホール セットリスト

・高松
12月19日(土) サンポートホール高松(追加公演) セットリスト

・名古屋
12月21日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール セットリスト


2015.12.07 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Larks' Tongues In Aspic Part I
02. Pictures of a City
03. Epitaph
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
07. Level Five
08. Peace - An End
09. Hell Hounds of Krim
10. The ConstruKction of Light
11. The Letters
12. Banshee Legs Bell Hassle
13. Easy Money
14. The Talking Drum
15. Larks’ Tongues In Aspic Part II
16. Starless
---encore---
17. Devil Dogs of Tessellation Row
18. The Court of the Crimson King
19. 21st Century Schizoid Man



2015.12.08 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Peace - An End
02. 21st Century Schizoid Man
03. Epitaph
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind I)
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
07. Level Five
08. Hell Hounds of Krim
09. The ConstruKction of Light
10. One More Red Nightmare
11. Banshee Legs Bell Hassle
12. The Letters
13. Sailor's Tale
14. Easy Money
15. Starless
---encore---
16. The Court of the Crimson King
17. The Talking Drum
18. Larks' Tongues in Aspic, Part II



2015.12.09 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Peace - An End
02. Pictures of a City
03. Epitaph
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind I)
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
07. Level Five
08. A Scarecity of Miracles
09. Hell Houns of Krim
10. Easy Money
11. Red
12. Interlude
13. Letters
14. Larks' Tongues in Aspic, Part II
15. The Court of the Crimson King
16. 21st Century Schizoid Man
---encore---
17. Devil Dogs of Tessellation Row
18. Starless



2015.12.10 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Peace - An End
02. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
03. Meltdown
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
05. Level Five
06. Epitaph
07. Banshee Legs Bell Hassle
08. One More Red Nightmare
09. VROOOM
10. Easy Money
11. Hell Hounds of Krim
12. Suitable Grounds for the Blues
13. Letters
14. Sailor's Tale
15. The Court of the Crimson King
16. Starless
---encore---
17. Larks' Tongues in Aspic, Part One
18. 21st Century Schizoid Man



2015.12.12 King Crimson@大阪フェスティバルホール Setlist

01. Peace - An End
02. Larks’ Tongues In Aspic Part I
03. Pictures Of A City
04. Epitaph
05. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)
06. Meltdown
07. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
08. Level Five
09. Easy Money
10. The Letters
11. The ConstruKction of Light
12. Red
13. Hell Hounds of Krim
14. 21st Century Schizoid Man
15. Starless
---ecnore---
16. The Talking Drum
17. Larks’ Tongues In Aspic Part II
18. The Court of the Crimson King



2015.12.13 King Crimson@大阪フェスティバルホール Setlist

01. Peace - An End
02. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
03. Meltdown
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
05. Level Five
06. Pictures of a City
07. Epitaph
08. The ConstruKction of Light
09. VROOOM
10. Banshee Legs Bell Hassle
11. Easy Money
12. A Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)
13. The Letters
14. Sailor's Tale
15. Starless
---encore---
16. The Court of the Crimson King
17. 21st Century Schizoid Man



2015.12.16 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Larks’ Tongues In Aspic Part I
02. Peace - An End
03. Pictures of a City
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
07. Red
08. Epitaph
09. Hell Hounds of Krim
10. The ConstruKction of Light
11. A Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)
12. Banshee Legs Bell Hassle
13. Easy Money
14. Interlude
15. The Letters
16. Level Five
17. Starless
---encore---
18. Larks’ Tongues In Aspic Part II
19. 21st Century Schizoid Man



2015.12.17 King Crimson@Bunkamuraオーチャードホール Setlist

01. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)
02. Meltdown
03. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
04. Level Five
05. Peace - An End
06. Epitaph
07. Red
08. Pictures of a City
09. Hell Hounds of Krim
10. The ConstruKction of Light
11. A Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)
12. VROOOM
13. Banshee Legs Bell Hassle
14. Easy Money
15. Sailor's Tale
16. Starless
---encore---
17. Devil Dogs of Tessellation Row
18. The Court of the Crimson King
19. 21st Century Schizoid Man



2015.12.19 King Crimson@サンポートホール高松 Setlist

01. Larks' Tongues In Aspic Part I
02. Pictures of a City
03. Epitaph
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
07. Level Five
08. Peace - An End
09. Hell Hounds of Krim
10. The ConstruKction of Light
11. Red
12. A Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)
13. Easy Money
14. The Talking Drum
15. Larks’ Tongues In Aspic Part II
16. Starless
---encore---
17. The Court of the Crimson King
18. 21st Century Schizoid Man



2015.12.21 King Crimson@名古屋国際会議場センチュリーホール Setlist

01. Larks' Tongues in Aspic, Part One
02. Pictures of a City
03. Peace - An End
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
05. Meltdown
06. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
07. Level Five
08. Epitaph
09. Hell Hounds of Krim
10. The ConstruKction of Light
11. A Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)
12. The Letters
13. Sailor's Tale
14. Red
15. Banshee Legs Bell Hassle
16. Easy Money
17. Starless
---encore---
18. The Court of the Crimson King
19. 21st Century Schizoid Man
[スポンサードリンク]




【サイト内関連記事】
21ST CENTURY SCHIZOID MAN including MIRRORS / KING CRIMSON (IN THE COURT OF THE CRIMSON KING 収録)
IN THE BEGINNING / Genesis (from genesis to revelation 収録)
Another Brick In The Wall Part 2 / PINK FLOYD (Echoes;The Best Of Pink Floyd 収録)
BLUES VARIATION / EMERSON, LAKE & PALMER (PICTURES AT AN EXHIBITION 収録)
Blues in Bob Minor / Robert Wyatt (Shleep 収録)
KLAUS SCHULZE Japan Live 2010@東京国際フォーラム ホールC
Hocus Pocus / Focus (Moving Waves 収録)
UNIT 6th Anniversary Premier Showcase feat. Cluster@代官山UNIT (Cluster、Boris、evala 他)
YES@TOKYO DOME CITY HALL セットリスト&感想
HAWKWIND@下北沢GARDEN 感想&セットリスト
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2015) ・ comments(8)  
2015年12月16日(水)

COMMENT
K    (2015.12.23 Wed 22:51)
>ばずあらうんどさん、わいわいさん
ご指摘ありがとうございます。
修正してみましたがこちらでいかがでしょうか。
K    (2015.12.23 Wed 22:47)
>わいわいさん
コメントありがとうございます。
最終公演に行かれたのですね。羨ましいです。
私も東京1公演しか行けませんでしたが、セトリも毎回違って複数公演見たくなるすばらしいライブでしたね。
ほんとあっという間でした。
わいわい    (2015.12.23 Wed 21:59)
まずあらうんどさんが言われるように、the lettersやってます。ボーカルがよく声がでてました。sailior's taleの前にやったんですね。
ほとんど連続でやったので、islandsのアルバムとは曲順が違ったのに、違和感なく2つで1曲という感じでした。全部すごかったけど、ここも凄かったです。
ばずあらうんど    (2015.12.23 Wed 01:10)
最終名古屋公演ですが、Sailor's Taleの前にThe Lettersを演奏した記憶があるのですがいかがでしょうか?
わいわい    (2015.12.22 Tue 23:12)
こんにちわ
名古屋しか見てませんが、少なくとも、power to believeやconstruction of lightのliveよりよかったと思います。
3ドラムの迫力と演奏レベルの高さ。2時間15分があっという間でした。しかも誰か一人がフューチャーされているのではなくて、全員大活躍。

LARKS鵯, PICTURES OF A CITY, EASY MONERY, SAILOR'S TALE, STARLESS, SCHIZOID MAN。。。凄すぎて、やばかったです。
マックとタルト    (2015.12.21 Mon 21:46)
ご対応いただきありがとうございました。
名古屋公演のUPも楽しみにしています。
K    (2015.12.20 Sun 23:45)
>マックとタルトさん
コメントありがとうございます!
修正してみました。
Banshee Legs Bell Hassleやってないという情報もあったので、そこに入れてみましたが如何でしょう。
マックとタルト    (2015.12.20 Sun 06:54)
昨夜の高松も素晴らしかったです。
連日のセットリスト掲載ありがとうございます。大変参考になり、十分予習ができました。
昨夜のセットリストにA Scarcity of Miracles (Jakszyk, Fripp and Collins cover)が載ってません。
確かREDの前後(すみません明確に覚えてません)に演ったと思うんですが…

この曲が一番聴きたかったので印象に残ってます。
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails