<< ROPE (meditation ver) / OGRE YOU ASSHOLE (workshop 収録) home Cheer Up London / Slaves (Are You Satisfied? 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2015)
  3. OGRE YOU ASSHOLE@赤坂BLITZ 感想&セットリスト

OGRE YOU ASSHOLEオウガ・ユー・アスホール)の活動10周年記念公演『OGRE YOU ASSHOLE LIVE 10th anniversary』の最終日、赤坂BLITZ公演に行ってきました。

ogre you assholeの活動10周年記念ライブat赤坂ブリッツに行ってきました

2005年に1st『OGRE YOU ASSHOLE』をリリースして10年という記念のライブ。

ブリッツでオウガと言えば、2009年にCribs(クリブス)の前座で見たのを思い出すなぁ。
なんて思いながら。

ブリッツについたころにはグッズも結構売り切れていてなかなかの盛況ぶり。
フロアの中もいい感じに埋まっていて期待感に溢れてた気がする。

開演時間を5分ほど過ぎたころBGMが終わり、客電が一気にではなくじわりじわりと落ちていく。
そして、メンバーが登場し、1曲目"ロープ"が始まる。
最近出たばかりのライブアルバム『workshop』に収録されているMeditationバージョンでした。

ステージには薄く透ける幕がかかっていて、演奏するメンバーの背後からの照明でスクリーンのようにシルエットが映って幻想的というかなんというか、このスペイシーなアレンジの音にピタリとハマるハマる。

ちなみにあまりよく見えなかったけど、ドラムの勝浦はドラムではなくシンセを弾いていたかな。

ロープが終わりそのままリズムマシンの刻むビートが続く中、一転メロウな"いつかの旅行"へ。
振り幅がでかい!

と思ってたら次の"素敵な予感"がヤバすぎた。
獰猛にウネるベースラインにけたたましく鳴り響くドラム。
バンドの演奏だけでなく、PAエンジニアも含めたチームとしての音作りの真骨頂を見せられるようなサウンド。

クラウトロック的サウンドで溜めに溜めた"素敵な予感"に続く"見えないルール"の途中でステージと客席を隔ててた幕が上がり、一気に解放されていく感じも良かった。


"ムダがないって素晴らしい"〜"フェンスのある家"と最近の曲が続いた後(もちろんどちらもアルバムとは違うアレンジ)、今日初MC。

「あーどうもこんばんわ。オウガユーアスホールです。」
という出戸の簡単な挨拶の後、「10周年ということでこれから過去の曲をやっていきます。」と言って過去曲コーナーへ。

まずはこの10年では中期くらいにあたりそうな『フォグランプ』から"クラッカー"、『浮かれている人』から"真ん中で"を披露。
この辺りはリリース時にリアルタイムで聴いてて、イベントとかで彼らのライブを見たので、個人的にはすごく懐かしく感じました。


しかし、なんと言ってもこの後の流れがやばかった。
アルファベータ vs. ラムダ』からの"フラッグ"は当然『confidential』に入ってるAlternativeバージョンで、このバージョンの破壊力が凄まじく、テンポをぐっと落とした前半から後半の馴染みのリフになだれ込み爆発する感じがたまらない。
そこから一気に客席もヒートアップした感じ。

で、"コインランドリー"〜"ピンホール"〜"アドバンテージ"と初期曲を連発。
しかも、ほぼ原曲のアレンジで。
これは反則すぎる。

1曲1曲、イントロがなり始める度に大歓声が上がる。

10周年記念ライブと言ってもこんなに大サービスしていいのでしょうか。

トドメは"しらない合図しらせる子"。
完全に意表を突かれた!

私がオウガの音に初めて触れたのが2009年に、サカナクションthe telephonesと3組が出演した『version 21.1』というイベントで、その時の最新作がミニアルバム『しらないあいずしらせる子』だったので、なんかすごく感慨深く、感涙。

余談ですが、その後サカナクションは何度も武道館公演をやってるし、電話ズも今年10周年で武道館をやったけど、地元の長野とか、東京も赤坂ブリッツ規模の10周年をやるオウガぽくていいなと思った。
武道館なんて似合わないもんね。


というわけで、過去曲で感慨にふけった後は、最新型のオウガへ。

一瞬の沈黙から"夜の船"が始まり、それが終わるとライブのクライマックス、再び"ロープ"へ。
もちろん2度目のロープはロングバージョン。

これはもう筆舌に尽くしがたいのでライブで実際に体験してもらうしかないかっこよさ。
終盤の大事なところで馬渕のギターの音が出なくなったのか、本人自ら絡まるギターのシールドさばいて差し替え、もうここしかないという間一髪のタイミングで音が出て大団円。

そんなハプニングがさらに感情を掻き立てるものになりました。

曲が終わり、ギターを置く出戸。
他のメンバーはそのままステージを去っていく。

どうした?って思ったら、一人残った出戸が、後ろに置いてあったラジカセを取り出して、再生ボタンをオン。
曲が流れ出し、マイクを通さず地声で"他人の夢"を歌いきった。

静かな分、ロープの爆音でやられた耳が軽くジーっと耳鳴りしてたけど、そのノイズも逆にいい感じに歌にマッチしてたい。

歌い終わって、一旦去って、アンコールで再び登場。

さっきのロープのハプニングについてMC。
どうやら昨日は清水のベースが鳴らなくなったらしい。
「呪われてるロープ」って(笑)


で、ギターの音が出なかったらアンコールは止めにしますと言ってたら、どうやら音がちゃんと出るようになったので、最後に1曲。
ラストは"バランス"でシメ。

いやぁ演奏もセトリも最高だった。
これ以上言うことなし。

とりあえず現時点で今年のベストライブ。

以下、セットリスト。

2015.07.12 OGRE YOU ASSHOLE@赤坂BLITZ Setlist

01. ロープ (meditation ver.)
02. いつかの旅行
03. 素敵な予感
04. 見えないルール
05. ムダがないって素晴らしい
06. フェンスのある家
07. クラッカー
08. 真ん中で
09. フラッグ
10. コインランドリー
11. ピンホール
12. アドバンテージ
13. しらない合図しらせる子
14. 夜の船
15. ロープ (long ver.)
16. 他人の夢
---encore---
17. バランス

OGRE YOU ASSHOLE活動10周年記念公演
OGRE YOU ASSHOLE LIVE 10th anniversary
公演日:2015年7月2日(木)
会場:名古屋 club rock'n'roll愛知県

公演日:2015年7月5日(日)
会場:心斎橋Music Club JANUS大阪府

公演日:2015年7月11日(土)
会場:長野ネオンホール長野県

公演日:2015年7月12日(日)
会場:赤坂BLITZ東京都

【サイト内関連記事】
version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST
ピンホール / OGRE YOU ASSHOLE (ピンホール 収録)
ヘッドライト / OGRE YOU ASSHOLE (フォグランプ 収録)
CHAMPION ROAD Vol.1 OGRE YOU ASSHOLE vs DEERHOOF@LIQUIDROOM
OGRE YOU ASSHOLE Live in 日芸 ―浮かれている学校―@日本大学芸術学部 江古田校舎 大ホール
バランス / OGRE YOU ASSHOLE (浮かれている人 収録)
EGO-WRAPPIN’ × OGRE YOU ASSHOLE@渋谷CLUB QUATTRO
フラッグ(alternate version) / Ogre You Asshole (confidential 収録)
Ogre You Asshole@渋谷CLUB QUATTRO 感想&セットリスト
ムダがないって素晴らしい / Ogre You Asshole (ペーパークラフト 収録)
ROPE (meditation ver) / OGRE YOU ASSHOLE (workshop 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2015) ・ comments(0)  
2015年07月12日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails