<< ユニコーン 「奥田民生50祭 ”もみじまんごじゅう”」@広島文化学園HBGホール 5月12日 セットリスト #unicorn home ユニコーン 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015』出演決定! #unicorn >>
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン 「奥田民生50祭 ”もみじまんごじゅう”」ライブビューイング@TOHOシネマズ日本橋 5月12日 感想

UNICORNユニコーン)の『奥田民生50祭 ”もみじまんごじゅう”』@広島文化学園HBGホールの2日目、まさに民生の50歳の誕生日である2015年5月12日公演が開催されました。
ユニコーン 「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」ライブビューイングに行ってきました。
しかし、ど平日で開催が民生の地元・広島ってことで東京に住む私は、参戦を早々に断念。
でも、全国の映画館にてライブビューイングが開催されるとのことで、これ幸いと行ってきたわけです。

先にセトリを知りたいからはこちら。
ユニコーン 「奥田民生50祭 ”もみじまんごじゅう”」@広島文化学園HBGホール 5月11日 セットリスト
ユニコーン 「奥田民生50祭 ”もみじまんごじゅう”」@広島文化学園HBGホール 5月12日 セットリスト


人生初のライブビューイング。東京ではライブハウスのZepp Tokyoでも開催されていて、グッズとかも販売され他とは違っていたんですが、職場からは遠かったので、無難に映画館で観ることにしました。

選んだのはTOHOシネマズ日本橋。
入り口で、今回の50祭のために作られた新曲「私はオジさんになった」と「ロック!クロック!オクロック! 」がダウンロードできるコードの入った紙を渡されました。

まずはライブビューイングの感想を簡単に。
結論を先に書くと、ライブビューイングも悪くはないなって感じ。どうしても行きたかったけど、現地に行けない時にはアリかも。

平日の夜ということで普段のライブに比べ、スーツ姿のサラリーマンやOL風の女性が多め。
ポップコーンのキャラメルの甘い香りがプンプンしてた。

冷房も程よく効いてて涼しいし、椅子がフカフカで心地よい。

いざライブ中継が始まると、音はなかなか良いけど、さすがにライブでの臨場感には程遠いし、何より会場の空気感がやっぱり現地とは全然違うのでやはり違和感はありましたが、リアルタイムでやってることを意識しつつ、大画面で大音量で観れるというのは、後に家でDVDやブルーレイを見るのとはわけが違って楽しい。

ま、若干、家で観てるんじゃないんだから・・・って突っ込みたくなるくらいぺちゃくちゃ喋ってる人がいたのはアレでしたが。。。
思いの外、演奏中でも席を立つ人も多かったかな。

ライブビューイング自体の感想はこれくらいにして、ライブレポートを。


開演時間から5分くらい過ぎたところでライブ開始。

まずは、奥田民生〜弾き語り〜
良く古い会社にあるような事務用の椅子(OTマーク入り)に座る民生。
新しいオフィス用椅子だとタイヤが回りすぎてて安定しないらしんですが、今日のライブではあまりに動かないと嘆いていました(笑)

まずはアコースティックギターで弾き語り。映画館だけに、ライブ会場でのスクリーン以上にデカイので、民生の表情まで良く見える。
老けたなぁ、としみじみ思ったけど、50歳だから当たり前か。

後はアコギの年季の入り方が良く見えたのはすごく良かった。

お馴染みのiPadを譜面台に載せ、アコギ、エレキ、メトロノームを駆使して弾き語っていく。
曲によっては、弾き始める前に練習したりしてた(笑)

曲と同じくらいの長さのMCをしたら、曲をあまりやらなくて済む的な、相変わらず飄々としたMCをかましつつ、中盤でさらっと重大発表。

なんと所属しているキューンレコードを離れ、自主レーベル「RCRM」(「ラーメンカレーミュージックレコード」<RAMEN CURRY MUSIC RECORDS>)を設立して独立するとのこと。
自主レーベルだとリリース頻度が下がるんじゃないかって不安もちょっとありますが、楽しみの方が勝りますね。
ちなみに、まだロゴしかできてないようです。(インド人みたいな人がレコードからラーメンをすすっています)

後、ユニコーンはキューン所属のままだそうです。

そんな重大発表を挟みつつ、50になったからイージューじゃなくてゲージューだ(業界用語で3がEで5がGなのでゲージュー)と言って、50歳ぽくヨレヨレ渋い感じに"イージュー☆ライダー"をやって弾き語りは締め。


弾き語りが終わり、セットチェンジの間は、現地のスクリーンでも流れているであろう、「私はオジさんになった」と「ロック!クロック!オクロック!」のPV、そしてユニコーン関連のCM(ライブ告知など)が流れていました。


15分ちょっとそれがあって、次はサンフジンズ

映像でもほとんど見たことなかったので楽しみに。
コンセプト通り、Dr.カイ ギョーイこと民生、Dr.ケン シューイこと伊藤大地(SAKEROCK)、Dr.ジューイ ラモーンこと岸田繁(くるり)の3人とも白衣を着て登場。
白衣の下は、襟とネクタイがプリントされたTシャツを着てました。
民生は聴診器も持ってたな。

ステージバックには富士山の形をした「産」の文字が!

とまぁなんともユルい感じですが(MCもユルかったなぁ)、演奏が始まるとこれが意外とハードでストイックな感じ。
歌詞の方は言葉遊び的なものが結構あって民生お得意の雰囲気が漂ってましたが、この辺りは岸田とかと役割分担はどうなってるのかな。

個人的には伊藤大地のドラムが想像以上にツボだったので、早くサンフジンズの音源化を希望。
アルバムは民生のレーベルRCMRからのリリースになるのでしょうか。


サンフジンズが終わり、次の転換の時は、民生と川西さんがドラムの工場見学に行く映像が流れていました。
民生の使っていたドラムの皮(っていうのか?)が気に入った川西さんがぜひともそれを作ってるとこに行きたいってことになったっぽい。


程なくしてセットチェンジも終わり、最後はユニコーン

現地の客電が落ち、現れたステージセットは、どこのメタルゴッドですかって雰囲気の2段セット。
(80〜90年代辺りのメタル系のライブ映像とか見るとその雰囲気がよくわかります)

今回のコスプレコンセプト通りです。

メンバーが登場し、いきなりABEDONがギターを持って客席を練り歩いてもみくちゃになった。
現地が羨ましい。。

最後に本日の主役・民生が登場し、1曲目は新曲"ロック!クロック!オクロック!"からスタート。
途中歌詞を忘れたか笑っちゃってた場面とかあり若干GDGDだったけど、ハイトーンヴォーカルもバッチリでかっこいい。
他のバンドが出る普通のフェスにも合いそうです。
歌詞が結局聞き取れない部分があったんですが、現地のスクリーンには字幕が出てて「情けない」の部分が「情けNight」になってたのが確認できた。

その流れから"大迷惑"へ。
飛ばしますねー。50歳なのに無理させられてるのもそれはそれ良いね。

続く"WAO!"では、ABEDONがOTコールを煽って盛り上げる。

ここでMC。
「誕生日なのにしんどい、どうせなら家にいたい。」なんて冗談ぽくも本音ぽい話を続き、次は本日最大のサプライズとも言えるあの曲へ。

後ろを向いてスタンバイする民生。
マイクを上下逆にもってテッシーに突っ込まれながらも、「とーどーかない、みうごきーもできない!」と、なんと"I'm A Loser"を歌い出す。
・・・と思ったら、まだ民生はマイクを逆に持ったまま。。
「ここでまた別の曲に切り替わるんじゃないの?」って若干やられた感を持ってたら、マイクをきちんともって、演奏が続き民生が歌い出した!

現地はもちろん、ライブビューイングの会場でもこれはみんな驚きだったようで凄い歓声が上がりました。
Zツアーでいうところの"Maybe Blue"のようなもので、「まさかこの曲をやるとは!」って感じ。

さすがにキーが高くてしんどそうでしたが、なんとか歌いきった民生。
なんかこれを生じゃないけど、現地と同じ時間に聴けただけで今日は来てよかったなって思いました。

お次は"ペケペケ"と初期ナンバーが続く。(『Panic Attack』の再現ライブとか今のユニコーンがやったらどうなるんだろう・・・)
しかも、ヴォーカルパートを、民生とEBIが交代するという内容。
もちろん民生がベース、EBIがギターという編成で。

民生のEBIパートは割とすんなり聞けたけど、EBIの民生パートが無理がありすぎた感はあったけど、祭ならではってことで。


それにしてもこうなってくるとEBIの50祭「海老乃大漁祭」も同じようなものを期待しちゃいますがどうでしょう。

ちなみに民生が地元・広島でやっただけに、EBIは親戚一同に「なぜあんたは広島じゃないの?」って言われているらしい。
確かに、なんで横浜なんでしょうか。ま、個人的には近くていいけど。

"ユトリDeath"、もう1曲の新曲"私はオジさんになった"をやって"SAMURAI 5"へ。
今回は旗ではなく、今回のイベントでパワーアップして再登場した「ふるえるもん宝Z」を現地では振ってた。
(こういうのを見ると、現地にいられない寂しさが・・・)

続いて"はいYES!"とハイテンションなナンバーが続き、本編最後は"Feel So Moon"。

再結成後のハイライトナンバーが続くなぁと思ったら、なんとアンコールは"人生は上々だ"と来たもんだ。

これで、再結成後の3つのツアーのそれぞれのアンコールで阿部ショーに使った曲を全部披露することに。
と思ったら、"ペケペケ"に続き、今度は民生とABEDONがパートチェンジし、さらに阿部ショーならぬ民生ショーまで飛び出した。

阿部がやってたようなことを照れながら民生がやってる姿がなんともかんとも楽しそう。

阿部ショーよろしく「走りつー」で止まるところで、さっさと民生ショーを切り上げて曲に戻ろうとするのを川西さんがわざとボケて演奏に入らず、さらに引っ張ったところで、PUFFYの2人がケーキをもって登場。

ハッピーバースデイを歌って誕生日を祝ってから、曲再開。

阿部パートだからってもあるけど、これもかなりキーが辛そうだったな。

それで喉を酷使しすぎたか、オーラスの"すばらしい日々"で一瞬声が出なくなってましたが。

とまぁなかなかGDGDでしたが(現地で見たらまた違う感想だったかな)、さっきも書いたけど、遠くでもリアルタイムで見れたのはよかったです。

EBIの50祭も楽しみにしつつ、フェスにもいくつか出るので、1度は見にいこう。


ユニコーン 『ツアー2014“イーガジャケジョロ”』日程&セットリスト&感想まとめ&2015年のフェスセトリも!

■過去のセトリ集
ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト

奥田民生50祭「もみじまんごじゅう」
日程:2015年5月11日(月)12日(火)
開場 / 開演:両日18:00 / 19:00
会場:広島広島文化学園HBGホール
チケット料金:特等席 10,800円(税込/お土産・ダウンロード音源付き) / 一等席8,640円(税込/ダウンロード音源付き)※3才以上チケット必要
お問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571<平日11:00〜19:00>

■ライブ・ビューイング「ユニコーン 奥田民生50祭"もみじまんごじゅう"」
日程:2015年5月11日(月)・12日(火) 両日19:00〜開演
チケット料金:鑑賞席 ¥4,300(税込/ダウンロード音源付き)
※Zepp Diver City Tokyoのみ、別途ドリンク代¥500

【同じカテゴリの最新記事】


【サイト内関連記事】
雪が降る町 / ユニコーン (The Very Best Of Unicorn 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
wao! / ユニコーン (シャンブル 収録)
HELLO / ユニコーン (シャンブル 収録)
キミトデカケタ / ユニコーン (シャンブル 収録)
オッサンマーチ / ユニコーン (シャンブル 収録)
AUTUMN LEAVES / ユニコーン (シャンブル 収録)
R&R IS NO DEAD / ユニコーン (シャンブル 収録)
ひまわり / ユニコーン (シャンブル 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録)
最後の日 / ユニコーン (シャンブル 収録)
パープルピープル / ユニコーン (シャンブル 収録)
裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録)
ぶたぶた / ユニコーン (デジタルスープ / ぶたぶた 収録)
デジタルスープ / ユニコーン (Z 収録)
頼みたいぜ / ユニコーン (Z 収録)
SAMURAI 5 / ユニコーン (Z 収録)
Feel So Moon / ユニコーン (Feel So Moon 収録)
ゴジュから男/新甘えん坊将軍 / ユニコーン (手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 収録) #ucjp
あなたが太陽 / ユニコーン (イーガジャケジョロ 収録)
はいYES! / ユニコーン (残念な夫。 サウンドトラック 収録)
私はオジさんになった / ユニコーン
ロック!クロック!オクロック! / ユニコーン
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2015年05月12日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails