<< フジロック2015、出演者第2弾発表!ジョニー・マーなど5組決定 #fujirock home FourFiveSeconds / Rihanna and Kanye West and Paul McCartney >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Taking All The Blame / The Subways (The Subways 収録)

 UKの3ピースロックバンド、The Subwaysザ・サブウェイズが2011年の『Money and Celebrity』から4年振りの4thアルバム『The Subways』をリリース。"Taking All The Blame"はアルバムからのリード曲。

・The Subways - Taking All The Blame (Official Video)


 サブウェイズと言えば1stの『Young For Eternity』のころは良く聴いてたのが、だんだん聴かなくなってたんだけど、久々に彼らの名前を見て、この曲を聴いてその頃と変わらずカッコイイ音を鳴らしてて嬉しくなりました。変わらずってのはまぁポジティヴな意味だけでなくネガティヴな意味もなくはないけど、この青く激しいサウンドにビリー・ランとシャーロット・クーパーの男女ツインボーカルが絡み合う感じは、無条件にアガりますね。ちなみにこの曲は昔付き合ってたビリーとシャーロットが破局し、その別れた当時の振る舞いについてビリーがシャーロットに謝罪した歌詞を2人でやりとりして出来上がったものらしいです。


 アルバムもばっちりこれぞサブウェイズって曲がならんでます。まさにバンド名を冠した作品としてピッタリ。プロデュースも彼ら自身で行い、100%サブウェイズ印。ポップパンク的な部分とイギリス産なメロディがどちらも楽しめる作品になってるかと。後、今作のアートワークはファンがFacebookに上げていたのを採用したとか。以前、サマソニで見て朝一から汗だくになって超楽しかったので、ライブもまた見てみたい!

The Subways -『The Subways』収録曲リスト

1. My Heart Is Pumping To A Brand New Beat
2. I'm In Love And It's Burning In My Soul
3. Taking All The Blame
4. Dirty Muddy Paws
5. Good Times
6. Because Of You (Negative Love)
7. Just Like Jude
8. We Get Around
9. Pet Boy
10. Black Letter
11. Twisted Game
12. Is That Enough
・試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
rock & roll queen / The Subways (YOUNG FOR ETERNITY 収録)
Oh Yeah / The Subways (YOUNG FOR ETERNITY 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2015年02月07日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails